【芸能】SMAP・香取慎吾と草なぎ剛は一般女性と交際中か、17年春に結婚も?

2016年09月24日 09:44

 これまで月9の帝王として、君臨してきたSMAPのキムタクこと木村拓哉だが、SMAP解散により仕事の影響が深刻だ。キムタクといえば、これまで、「若者のすべて」「人生は上々だ」「ロングバケーション」「ラブジェネレーション」「HERO」など高視聴率を記録して、大ヒットとなったドラマは数多い。しかし、その勢いはすでにないのが現状。テレビでのドラマ自体の衰退もあるが、いわゆる“キムタク演技”が視聴者に飽きられているのもあるだろう。

 そんな中、SMAP解散の衝撃である。1月からはじまったSMAPの解散&離脱騒動で、すっかりキムタクは騒動の戦犯であり、裏切者であるという扱いを受けてしまっている。これで好感度は急落。非常に厳しい立場で追いやらてしまった。演技力というよりは、“イメージ”で仕事をしてきたキムタクにとっては、今後、痛いはずだ。

 一方、今回の騒動でキムタクと敵対する関係となった香取慎吾と草なぎ剛はSMAPの解散後にプライベートが充実する。現在、二人とも一般人と交際中であり、来年の3月を目処にどちらかの結婚の報告が飛び出しそうだ。そんな二人のプライベートの充実を見てなのか、12日深夜に放送されたバラエティ番組「Momm!!」(TBS系)で、結婚願望を語っている。これまで結婚願望について聞かれても、まったくないとの答えを出していたことが多く、自身を“結婚不適合者”とも語っていた中居だが、心境の変化があったようだ。

 SMAP解散後、メンバーはそれぞれの道に進むことになる。

http://news.livedoor.com/article/detail/12056482/

【芸能】ジャニーズ・滝沢秀明がSMAP独立組を批判?「感謝は当たり前。わからなかったらアホ」

2016年09月24日 09:42

 SMAP解散騒動に、ジャニーズ事務所のタッキーこと滝沢秀明(34)も参戦したことが大きな波紋を呼んでいる。今週発売の「週刊文春」の直撃に対し滝沢は、中居正広(44)をはじめとする“SMAP独立派”を痛烈に批判するような強烈な言葉を口にしたのだ。ジャニーズ内で「将来の幹部候補」と言われる滝沢から出た言葉により独立派はいよいよ追い詰められて「これでジャニーズと決別するしかなくなった」との見方が浮上している――。

「文春」の緊急連載「“ジャニーズの女帝”メリー副社長の正体」で滝沢は、SMAP解散騒動に関する同誌の直撃に対し「ただの少年が百八十度人生を変えてもらったわけですから、(ジャニーズ事務所に)感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう」「僕らの仕事は、ただキャーキャー言われてるだけじゃないんです。自分の後ろにはスタッフとかたくさんの方がいて、その人たちの生活もかかっている」などと答えた。

 芸能関係者は「SMAPの固有名詞こそ出してないが、どう考えてもこれはジャニーズからの独立を画策した中居、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の4人を滝沢が批判するもの。つまり4人はジャニーズへの恩を忘れた“アホ”であり、SMAPに関わるスタッフのことをまったく考えていないと糾弾している」と指摘する。

“独立派批判”と取れる滝沢の厳しいコメントは、あまりにも異色だ。というのもSMAPの解散が発表された8月14日以降、ジャニーズの後輩たちはみな、当たり障りのないコメントしか出していないからだ。

 例えばTOKIOの国分太一(42)はTBS系「白熱ライブ ビビット」の中で、「非常に残念ですし、ショックです」「まだなんか信じられないというか、僕の中で半信半疑でいます」などと、ワイドショーのMCとしては何とも物足りないコメントしか話さなかった。

「喜多川一族にかわいがられている滝沢は、ジャニーズでは近藤真彦、東山紀之、木村拓哉に続く世代の幹部候補と目されている。そう考えると今回の発言は、ジャニーズの実権を一手に握るメリー喜多川副社長の意向を代弁しているということ。ジャニーズに忠誠を誓った滝沢のコメントに、メリー副社長も喜んでいるようだ」と言うのは芸能プロ関係者だ。

 まるで中居ら4人の独立派に事務所のトップが差し向けた“刺客”のような役割を滝沢が果たしたようだ。

 SMAP解散発表から1か月余り、将来の幹部候補から飛び出した“独立派批判”は、いったい何を意味するのか?

「メリー副社長は、独立を画策した4人をいまだに許していないことが改めて如実になった。もし許しているのならば、滝沢がここまで言うことはない。世間ではキムタクが裏切り者扱いされて人気が急落しているが、メリー副社長からすれば、裏切り者はあくまでも中居ら4人。SMAPは年内で解散、年明けからメンバーはそれぞれソロで活動すると発表されたが、4人は徐々に仕事を減らされ、いずれは干されたような状態になるのは間違いないだろう」(同)

 中居ら4人も、自分たちの立場は重々分かっている。だからこそ「来年秋の契約満了をもってジャニーズを退社する」という噂が絶えないのだ。

 テレビ局関係者も「後輩からもメディアを通じて盾突かれた4人は、改めてジャニーズに居場所がなくなったと感じているだろう。滝沢の批判により、ジャニーズ退社に向けて(の動きが)ますます加速することは間違いない」と指摘する。

“SMAP育ての親”と言われる元チーフマネジャー・I女史とともに独立しようとした中居ら4人は、キムタクと決別してSMAPを解散する道を選んだ。今度は“刺客”滝沢の言葉によって、ジャニーズ事務所とも決別する決意を固めることになるのか?

http://news.livedoor.com/article/detail/12057500/

【芸能】アイドルの“再就職先”、フリーアナが受け皿として拡大!・SKE48、現役東大生アイドル

2016年09月24日 09:38

 ここ数十年、日本中の男性たちの間で“美人・知的・お嫁さんにしたい”女性として君臨し続けてきた“女子アナウンサー”という職業に地殻変動が起こりつつある。美人女子大生→テレビ局の厳しい採用試験に合格→局アナという定番、もしくは芸能事務所に所属してフリーアナウンサーとなるパターンに加え、さらに“アイドルの再就職先”として女子アナがチョイスするパターンが増えおり、今後もその流れに拍車が掛かりそうだ。

◆タレント出身・フリーアナの活躍で、女子アナの“くくり”が曖昧に

 先ごろ、アイドルグループ・SKE48を卒業した柴田阿弥が9月からセント・フォースに所属し、今後はフリーアナウンサーとして活動していくことが発表された。また、現役東大生アイドルとして活躍していた澤田有也佳も今年、朝日放送に入社している。元アイドルが女子アナになる現象は数年前から起きており、テレビ東京の女子アナとして活躍する紺野あさ美も元・モーニング娘。だったし、元・フジテレビアナウンサーの平井理央も『おはスタ』(テレビ東京)のマスコット「おはガール」の一員だった。さらに遡れば元・桜っ子クラブで元・読売放送アナウンサーの中元綾子という例もある。

 「ただ、元アイドルの紺野アナや平井さんにしろ、あるいは大学在学中にミスコンでグランプリを獲ってタレント活動をしていた多くの女子アナさんにしろ、みなさん名門大学を卒業し(紺野、平井は慶應義塾大学、中元は上智大学)、超難関の女子アナ採用試験をくぐり抜けてきた“才女”なわけです。アナウンサーとして最低限のスキルを身につけるために、局による実習や訓練を積むという慣習がこれまでの流れだった。そこに、アイドルやタレントさんたちが“フリーアナ”として参入してきたんです。フリーアナと言っても芸能活動の延長線上にあるので、それまでの女子アナの“くくり”が曖昧になってきたきらいはありますね」(エンタメ誌編集者)

◆フリーアナと局アナとの“線引き”とは? 局アナとの二極化が加速する可能性も

 アイドル並みの人気を誇った女子アナで言えば、1970年代の田丸美寿々、80年代の寺田理恵子や長野智子、90年代の有賀さつきや八木亜希子など、フジテレビ系の女子アナたちにその嚆矢を見ることができる。そして、2000年に始まる『チノパン』(千野志麻)や『アヤパン』(高島彩)からはさらにタレント化が進み、女子キャスターやレポーターに特化したセント・フォースのような芸能事務所も登場していく。以後、局アナのフリー化も進んでいくが、アナウンサーとしてのキャリアがないタレントやアイドルも、“フリーアナ”として情報番組やバラエティ番組で活躍するようになった。

 「そのきっかけのひとつが、『ひるおび!』(TBS系)のお天気アナウンサーとしてAKB48の柏木由紀さんが出演したことでしょうね。当時、柏木さんは現役アイドルであり、まだ17歳でした。意外にトークも上手く、天気予報やニュースを現役アイドルが読んでも別にいいんだ、という前例を作ったんです。以来、ソロ歌手になるか、女優になるか、バラエティ番組で頑張ってタレントになるかというアイドルの再就職先のひとつとして、“女子アナ”という選択肢が加わったのです」(前出の編集者)。

 近年、フリーのアナウンサーなのかタレントなのかわからない、ということがよく言われるくらい、フリーアナが増えている。確かに元アイドルや元タレントのフリーアナのほうが知名度もあるし、仮にバラエティに出演するにしても局アナよりも叩かれにくいという面もあるだろう。そうした意味では、今やフリーアナとタレントとの“線引き”の必要はなくなってきたのかもしれないが、局アナの存在に対しては、依然としてステイタスが付与されているようにも思われる。今でも局側は従来通りにアナウンサーを育てているし、例えばNHKの女子アナの実力は高く評価され、大河ドラマや朝の連続テレビ小説の“語り”で局アナが採用されると、“女子アナの再評価”が進んだりするという現状もある。

 しかし、アイドルたちの再就職先として、歌手や女優に加えてフリーアナウンサーが定番化していくことも間違いないと思われる。そして今後は、フリーアナへの門戸はさらに開かれていくだろうし、女子アナウンサーという職業の“あり方”自体、局アナとフリーアナとで大きく二極分化していく可能性もある。テレビ文化の隆盛から、ここ十数年のメディア環境の激変は、“女子アナ”というポジショニングにも大きな影響を及ぼしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00000362-oric-ent

【芸能】女優・藤原紀香の挙式に一般客600人詰めかけ細殿から本殿に変更!

2016年09月24日 09:34

 歌舞伎俳優片岡愛之助(44)と女優藤原紀香(45)が23日、ユネスコの世界遺産に認定されている京都市北区の賀茂別雷(かもわけいかづち)神社(通称・上賀茂神社)で挙式した。事前に報じられたこともあり、一般客約600人が詰め掛けた。2人は平安風挙式で人気の「細殿(ほそどの)」ではなく、国宝の「本殿」を使っての結婚式になった。

 心配された天候も雲の合間から晴れ間がのぞき、朱色の相合い傘が太陽に照らされた。「雨女」を自認する紀香は“晴れ”の日を祝福されると、両手のひらを上に向け「ほんとに!」と笑みをこぼした。

 挙式を終え、帰り際には愛之助が「感謝しています」。境内に集まった園児たちからも「おめでとう」と声がかかり、2人も手を振った。

 2人が、挙式場所に選んだのは通称「上賀茂神社」。同神社によると、京都市内にある無数の神社の中でも最古。本殿は国宝で、94年にユネスコ世界遺産に認定された。愛之助、紀香はともに、以前、別々に同神社へ参拝。「由緒ある所で(挙式を)したくて、探していた。(同神社は)世界遺産でもあり、雰囲気がとても気に入った」などと話していたという。

 愛之助にはもともと、28日の都内での披露宴とは別に、京都で挙式したい意向が強かった。81年、13代目片岡仁左衛門の部屋子となり、京都・南座で片岡千代丸を名乗り、初舞台。この日夜、ブログにも「歌舞伎俳優として産声を上げたのは京都」と、こだわった理由をあげた。

 京都の神社の中でも、同神社では、平安時代の建物を思わせる「細殿」を使った平安風挙式が人気で、紀香も気に入ったようだ。ただ、報道陣約80人、一般客約600人が集まったため、祈りの儀(式)は「細殿」ではなく、国宝の「本殿」に。同神社は「大勢の方がいらしたので、本殿に変更した」と説明した。

 式には片岡秀太郎、紀香の両親ら、親族約20人が出席。紀香は京都の友禅作家で、長嶋茂雄夫妻らの婚礼衣装も手がけた秋山章氏による白無垢(むく)に、角隠し姿だった。2人は秋山氏と、念入りに相談。衣装は「愛と香」をイメージして作られ、うちかけはパール箔(はく)に金が添えられていた。【村上久美子】

 ◆賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ=通称・上賀茂神社)京都市内でも最古の神社で、本殿は国宝。94年にユネスコ世界遺産。公式ホームページによると、挙式料金は10万円。厄よけの守護神がまつられ、春は桜の名所。境内の「片岡社」は女性の守護神で、紫式部が通ったという話も伝わり、縁結びスポットとしても人気が高い。また、近隣の下鴨神社には、同神社の「母親の神」がまつられ、愛之助は今年、紀香は数年前に、葵祭で下鴨神社の「社頭の儀」に参列した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160924-00000024-nksports-ent

【芸能】ガンで闘病中の小林麻央「子供の運動会に行くのが目標」…闘病女性の夫からの投稿に返信

2016年09月23日 09:28

 歌舞伎俳優・市川海老蔵の妻で、闘病中の小林麻央が22日夜にブログを更新。同じ進行がんと闘っている30代女性の夫から届いたメッセージに対し「書かずにはいられなくて、書きました」と返信を綴った。

 その夫は、妻の病状は世間には伏せており、妻は週末の子供の運動会を見たいが、周囲に現状を知られるのを怖がっていることを麻央のブログにコメント投稿した。

 これに麻央は「私には目標があり、それは、幼稚園の運動会に行くことです」と返信。この日、見舞いに来た姉の小林麻耶に「もし運動会にヨチヨチ歩いていったら、れいかとかんげん、かっこ悪いママで恥ずかしいかな?」と問うと、麻耶から「そんなことないよ!どんなママでも、ママが一番だよ」と言ったことを紹介した。

 そのうえで麻央は6月に自身の病状が公となったことを挙げ「私も、あの日、強制的に新聞やテレビで公になってしまわなかったら、運動会を目標にしようという気持ちにもまだならなかったかもしれません」と記した。

 それだけにメッセージ主に向け「奥様の怖い気持ち、分かる気がします。家族のために悩んで、考えて、心を痛めて、旦那様の優しい深い愛ですね。。。」と綴った。

 「子供達は、運動会に来てくれても、来てくれなくてもママが大好きです。でも、奥様が、人目が気になり、見たい子供達の姿が見られないのなら、100パーセントご自身のために…と勇気を送りたいです」と綴る一方で「でも、気力も体力もその日の状態があるし、色んな複雑な気持ちが湧き出てくるのも想像できるので、正直、言えません」とも。

 ただ「でも、書かずにはいられなくて、書きました。」と、返信した心境を明かした。

http://news.livedoor.com/article/detail/12052612/

【芸能】木村&中居は出たい派?”紅白”を巡るSMAPメンバーの新対立!

2016年09月23日 09:23

 ついにラブコールが発せられるーー。12月31日をもっての解散が決定しているSMAPだが、NHKは『紅白歌合戦』への出演オファーを行う方針を明かしたのだ。これにより、SMAPの紅白出場について、可否にさらなる注目が集まっている。

「NHKは一部の取材に『内容や出演者は調整中』としつつ、SMAPへの正式オファーについては『10月に入ってからになるでしょう』とコメントしました。SMAPは過去23回にわたって紅白で歌ってきたので、最後のステージにはもってこいです。NHKとしても、紅白で有終の美を飾ってもらえたら……と、熱望しています」(テレビ局関係者)

 思えば、9月8日の定例会見では、籾井勝人会長(73)が「ぜひ(紅白に)出ていただきたい。誠意を尽くすという意味で、私が出掛けて行くことはいとわない」と、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84)に直接交渉する構えを示していた。SMAP出場となれば目玉になることは間違いなく、視聴率も約束されることから、NHKとしては何としてでも実現させたいところだろう。

 しかし、実際は解散発表当初から「紅白出場は絶望的」との見方が強い。

■ケジメとして紅白には出場すべき?
 週刊誌記者が見立てを語る。

「あえて“12月31日解散”と発表したのは、ジャニーズとしても当初は『紅白にだけは出てくれるかも』という打算があったから。ですが、メンバーの様子からそれも厳しいことが分かってきた。もともと解散に反対していた木村拓哉(43)は、ケジメとしてせめて紅白には出場するべきだと主張しており、リーダーの中居正広(44)も『出られるなら出た方がいい』というスタンスです。しかし、他の3人が断固拒否しているのが現状で、意見がまとまらない以上、10月の正式オファーは実らないでしょう」

 5人のモチベーションが一致していない状態では、全員が納得のいくパフォーマンスは実現不可能だろう。

「ただ、10月のオファーは断ったとしても、放送直前の土壇場でも彼らが首を縦にさえ振れば、NHKは特別枠を用意する体制です。放送当日まで、何らかの形で“SMAP枠”の企画も用意していくつもりのようです」(前出・関係者)

 まもなく10月を迎えるが、NHKはどのような“二の矢三の矢”を準備していくのだろうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/12052087/

【芸能】シンガーソングライター・GACKTがのめりこんだ詐欺ファンド!3億超の自宅を売却して出資?

2016年09月22日 09:17

 遠藤周作、高倉健、小田和正……。彼らの共通点は何か。さるコーヒーのCMに出演した「違いがわかる男」ということである。さて諸賢は、当代きっての違いがわかる男といえば誰を思い浮かべるだろうか。

 もはや風物詩となった感すら漂う正月の人気番組「芸能人格付けチェック」(テレビ朝日系)で、ワインや牛肉の味、はたまたバイオリンの音色や映像演出の巧拙など、味覚、聴覚、視覚を駆使してあらゆるものの違いを見極めてきた男。その名は、ミュージシャンにして俳優のGACKT(43)。彼は目下、この「見極め戦」で2009年来、42連勝を重ね、和田アキ子や梅宮辰夫らをものともせず、同番組内で「一流芸能人」の称号をほしいままにしてきた。

 GACKT、またの名、ザ・違いがわかる男。

 だが、そんな「完全無欠」な彼にも見定められないものがあった――。

〈資産運用装い詐取容疑/無登録ファンド、113億円集金か〉(朝日新聞)

〈投資会社社長ら逮捕 警視庁/詐欺容疑 113億円集める〉(毎日新聞)

 8月25日の夕刊各紙にはこんな見出しが躍った。

■自宅まで売却
「問題のファンドには芸能人も出資している」

 と、ある捜査関係者が声を潜める。

「GACKTだ。12年には、東京都世田谷区にある彼の自宅に東京国税局が査察に入り、14年にはGACKTの元ファンクラブ運営会社と元所属事務所の経営者が脱税したとして東京地裁で有罪判決が下された。最近の彼は、何というかケチがつきまくっているな。クエストのファンドにも億単位の金を注(つ)ぎ込んだようだ。被害届が出されているみたいだな」

 警視庁関係者が後を受ける。

「GACKTは投資にかなりのめり込んでいた様子です。というのも、クエストのファンドに出資する際、彼は世田谷の自宅まで売却したと言いますからね」

 実際、登記上、GACKTの自宅は一昨年7月に売却されているが、この家は界隈や芸能界では「名所」として知られている。

「約400平方メートルの土地に、地上4階、地下2階のデザイナーズ・マンションが建ち、地上階は事務所やスタッフの居住スペースで、地下階はGACKTの自宅スペース。そこには、なんと滝が流れていて、古代ローマ風のバスルームは広さが30畳もある。この豪華な自宅スペースに、丸刈りで話題になった当時の恋人で歌手のICONIQ(アイコニック)を住まわせていました。そんな愛の巣も、投資の『元手』を工面するために、彼の知人で九州の有名企業グループの社長に買い取ってもらったと言うんです」(前出記者)

 なお、近隣の不動産屋が「格付け」するには、

「坪単価を考えると土地は2億4000万円から3億円、建物を加えて計3億5000万円くらいで売れた可能性があります」

 仮にこの売却益をそのままクエストのファンドに出資していたとなれば、今頃、GACKTがガク然としていることは想像にかたくない。

■「LUNA SEA」も登場!?
 驚ガクのGACKT詐欺被害情報――。GACKTの所属事務所は、

「自宅の売却と本件は関係ありません」

 としつつも、本人に確認した話として、

「親族が代表取締役をしていました会社(GACKTの著作権等を管理する個人事務所)にて資産運用目的で当該会社を信用し出資した事実はあるようです」

「(被害届が)受理されているようです」

「出資金回収の有無に関しましては無いと聞いております」

 要は、クエストのファンドに出資したものの、その資金を回収できていない事実を認めたのだ。

 さらに、都内在住の被害者のひとりが、こんな興味深い証言をする。

「13年の夏、クエストの松井の真っ赤なフェラーリに乗せてもらったことがあり、その時、彼はフェラーリ愛好家のつながりで、GACKTと『LUNA SEA』のボーカルの河村隆一と知り合ったと話していました。河村のことは『リュウイッちゃん』と呼んでいて、コンサートに招かれる仲だとも。GACKTのことは『ちょっと変わった人』と言っていましたね」

 が、河村の事務所担当者は、

「ご指摘の出資をしたことも、松井直幸という人物と親交を持ったこともないと本人が否定しています」

 と答えた。

http://news.livedoor.com/article/detail/12047027/

【芸能】タレント・ベッキー、自身初の生放送ラジオレギュラー!10月1日からの新番組で

2016年09月22日 09:12

 歌手でタレントのベッキーが、10月1日スタートのJFN系列FMラジオ新番組『ミッドナイト・ダイバーシティ― ~正気のSaturday Night~』で週替わりレギュラーを務めることがわかった。ベッキーが生放送のラジオ番組でレギュラーは務めるのは今回が初めて。

 番組は、多様性の時代の中で独自のスタイルで輝いている表現者たちが、情報過多の世の中で彷徨う若者たちにメッセージを届ける、新たなエンタメラジオプログラム。週替わりでDJが担当する。

 1週目は、生放送のラジオレギュラー番組が初めてとなるベッキー。2週目は、2人でのラジオレギュラー番組は久々となるオアシズ。3週目は、芸人でありながらDJでロックフェスなどを席巻するダイノジ。そして、4週目はm若手ロックバンドのキュウソネコカミからヤマサキ セイヤとなる。

 番組プロデューサーは番組開始に当たり、ベッキーを起用した背景を「バラエティ番組を通して培われた彼女自身の能力・スキルは非常に高度なものをもっており、高く評価しております。現在、彼女はどうしているのかと思われている方々、そしてなによりも彼女を待っているファンの方々が数多くいる中で、きっと前向きな彼女の心意気、想いは、困難にぶつかっている人や、ラジオを拠り所としている人、多くの人々の心に伝わると信じております」と語っている。

 なお、同番組では、ラジオに加え、スマホアプリ「LISMO WAVE」「ドコデモFM」や、サイマルラジオ「radikoプレミアム」でも配信される。

■番組情報
「ミッドナイト・ダイバーシティ― ~正気のSaturday Night~」
2016年10月1日(土)24時~26時でOAスタート
(※1時間のみ活用の局あり)

▽出演者
ベッキー(各月1週目)/オアシズ(各月2週目)/ダイノジ(各月3週目)/ヤマサキ セイヤ(キュウソネコカミ)(各月4週目)/各月5週目はスペシャル出演者

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00010001-musicv-ent

【芸能】アンジェリーナ・ジョリーはうそつき!ブラッド・ピット側が離婚理由に反論!

2016年09月22日 09:07

 今月離婚を申請していたことが明らかになったブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー夫妻について、ブラッド側の関係者が、アンジー側は「悪質なうそをついている」と語ったとTMZ.comが報じている。

 「和解しがたい不和」のため、アンジー側から申請したとされている今回の離婚。TMZ.comの情報筋の話では、アンジーが離婚に踏み切った一因にはブラッドのマリファナやアルコールの消費量にうんざりし、それらを摂取したときにブラッドが感情的になるため、子供たちにとって危険だと考えたことがあるとされていた。

 しかしこれに、ブラッドと親しい関係者が反論。ブラッド側の関係者は「彼は決してそのようなことはしませんし、彼の子供たちを危険な目に合わせることもありません。彼は子供たちを愛しており、良き父親であろうとしています」とコメントしたという。

 アンジーとブラッドは2004年から交際を始め、2014年8月に結婚。二人の間には実子が3人、養子が3人おり、アンジーは子供たちの親権を要求している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00000009-flix-ent

【芸能】俳優・三浦春馬が熱愛!気鋭のダンサー・菅原小春にアタック成功!

2016年09月22日 09:02

 人気俳優、三浦春馬(26)が世界的に注目される気鋭のダンサー、菅原小春(24)と交際していることが21日、分かった。関係者によると、最近になって交際がスタートしたとみられる。今月に入って都内の高級住宅街などでは、体を寄せ合うなど親しげなツーショットも目撃されている。

 菅原は独創的なダンスが注目を集め、世界中の人気アーティストからオファーが絶えない売れっ子だ。米人気歌手リアーナのバックダンサーを務めたほか、米歌手スティービー・ワンダーと共演したTDKのCMでも認知度をさらに上げた。SMAP、安室奈美恵らのバックダンサーを務めた経験もある。少女時代、倖田来未らを担当したこともあるなど、振り付けのオファーも殺到している。170センチのスレンダーなスタイルとエキゾチックな美貌も印象的。モデル、広告の仕事などの依頼も多い。

 2人が知り合ったきっかけは、春馬からのアプローチだった。春馬は先月中旬、菅原がレギュラー出演するラジオ番組に主演舞台のPRで出演。2人の出会いについて明かしていた。

 菅原は歌手三浦大知(29)が昨年2月に発売した「Unlock」のPVに出演。春馬がスタイリストの勧めで同PVを見たという。独創的なパフォーマンスに「こんなスキルを持った方にいつかお会いしたい」と思い、知人などを介して菅原を紹介してもらったと明かした。さらに、今年2月に菅原の公演を観賞。「お芝居に悩んでいた時に、小春さんの踊りにインスピレーションをもらって、うまくいった感じがあったので、本当に感謝している」などと話していた。

 ◆三浦春馬(みうら・はるま)1990年(平2)4月5日、茨城県生まれ。97年NHK連続テレビ小説「あぐり」でデビュー。連続ドラマはTBS系「ブラッディ・マンデイ」フジテレビ系「ラスト■シンデレラ」「僕のいた時間」など、映画は「恋空」「進撃の巨人」前後編など多数。趣味はサッカー、料理など。178センチ。血液型AB。

 ◆菅原小春(すがわら・こはる)1992年(平4)2月14日、千葉県生まれ。10歳でダンススタジオに入り、本格的にレッスンを開始。10代の時から数々のダンスコンテストで優勝する。高校卒業後の10年に渡米。ロスで独特のダンススタイルを確立する。日本を拠点に、世界数十カ国でダンスのワークショップも開催。170センチ。血液型A。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000024-nksports-ent