FC2ブログ

【芸能】ストーカー女逮捕・Hey!Say!JUMP崩壊寸前、メンバーのモチベーション低下深刻

2019年08月26日 09:02

 令和の時代に「Hey!Say!」はどうなる!? ジャニーズの人気グループ「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔(26)に付きまとった20代のファンの女が、23日までにストーカー規制法違反容疑で警視庁赤坂署に現行犯逮捕されていたことがわかった。同グループをめぐっては5月に過激ファンの行為によってアリーナツアーが見送られたばかり。ジャニーズ事務所は「今後も同様の事案が発生した際には、厳正に対処してまいりたいと思います」と声明を発表したが、収まらぬファンの暴走にメンバーのモチベーションは下がる一方で、グループは崩壊の危機を迎えている。

 逮捕容疑は19日午後3時50分ごろ、品川区在住の20代の女が赤坂署から付きまとい行為をやめるよう警告を受けていたのに、港区のジャニーズ事務所周辺で中島を待ち伏せした疑い。女は5月2日と11日にも中島の自宅付近を訪れており、ジャニーズ事務所が赤坂署に相談。同署が6月、女に書面で警告していた。

 女は調べに「友人と会うため、近くを歩いていただけ」と容疑を否認しているという。

 これを受け、ジャニーズ事務所は「ストーカー行為などによる、社会生活における精神的不安は、仕事に多大なる影響を及ぼすため、これからも所属タレントが安心して、良い仕事ができる環境整備に努めてまいります。そのためにも、今後も同様の事案が発生した際には、厳正に対処してまいりたいと思います」との声明を発表した。

 同グループをめぐっては、一部の過激ファンがメンバーの新幹線の移動時にホームに殺到したり、飛行機の搭乗ゲート前の通路をふさぐなどのトラブルを連発。事態を重く見たジャニーズ事務所は5月にグループのアリーナツアーを見送る決断を下したばかりだ。

 その直後の逮捕劇――。辟易しているのはメンバーだ。事情を知る関係者は「メンバーのモチベーションは下がる一方で、崩壊寸前です。被害に遭った中島に至っては、本人の俳優志望もあってグループを抜けたいという思いを持っていると言われています。今回、事務所が毅然と対応したのは過激ファンの取り締まりに加え、グループに自分たちが守るという“本気度”を見せる必要があったのでは」と話す。

 表に出ていないだけで、メンバーの被害は数え切れない。とりわけ、狙われているのは中島に加え、山田涼介(26)と八乙女光(28)だ。

「ファンの間で伝説なのが『平成処女軍団』と呼ばれるやらかしグループ。とにかくハチャメチャで、中島さんの自宅前で寝泊まりする子もいた。ブチ切れた中島さんが『親の顔が見てみたい』と吐き捨てると、それをプロポーズと勘違いして大喜びしていたそうだ。多少(話が)盛られている部分はあるだろうが、とにかくヤバい連中だった」(古参ファン)

 今回逮捕された女性が“レジェンド”の一員かは定かではないが、こうした嫌がらせを連日繰り返されては、気がめいるのも無理はない。

「もともとメンバー同士の仲も良好とは言えず、山田がグループ内で浮いているという情報もあった。こんな状況ではライブ活動は不可能。グループそのものも、このままいくところまでいってしまうかもしれない」とは音楽関係者。

 しかも時代が時代だ。数年前まではやらかしに対して、タレント側が自衛行為に出ることもあった。例えば、KAT-TUNを辞めた赤西仁(35)は集団で逆にやらかしを追いかけ回したり、NEWSの某メンバーはやらかしの運転する車のボンネットに飛び乗り「出てこい、オラ!」と威嚇することもあった。

 ただ、SNS社会となり、こうした防衛策もできなくなったのだから、最後は事務所が守るしかない。

「関ジャニ∞の大倉忠義も一部ファンの付きまといがストレスとなり、昨年11月に携帯専用サイトで異例の苦言を呈した。若手の有望株であるキンプリ(King&Prince)も、年々ファンが過激化しており、“第2のヘイセイ事件”が起きてもおかしくないところまで来ている」(芸能プロ関係者)

 ジャニー喜多川さん(享年87)不在のいま、ジャニーズの危機管理体制が問われている――。

【裕翔のアダ名「中島7号」】「Hey!Say!JUMP」の中島といえば、女優の吉田羊との“7連泊”で世間をにぎわせたことがある。

 2016年の春に報じられたが、この2人の年の差は20歳あった。「そのため、ファンからは現実味がないことで、人気低下にはつながらなかった。しかも、撮られた相手が同性からも好かれている吉田というのも大きく、中島のファンからは“無名のグラビアアイドルと撮られるくらいなら、羊さんのほうがマシ”という声も少なくなかった」とある芸能関係者。

 ただ、この一件は中島にとってはありがたくない“称号”もついた。「ジャニーズには裕翔だけでなくて『Sexy Zone』にも中島健人というメンバーがいるんです。ファンの間では裕翔が『中島1号』、健人が『中島2号』なんて言われていたんですが、この一件で裕翔は『中島7号』と呼ばれるようになりました。『7号』の7はもちろん7連泊の7です」と同関係者は語る。

https://news.livedoor.com/article/detail/16978620/

【芸能】嵐・相葉雅紀、15年ぶりにメンバーへ手紙「休止と書いて“パワーアップ”と読む」

2019年08月26日 09:01

 人気グループ・嵐の相葉雅紀が25日、出演する日本テレビ系『24時間テレビ42』で、メンバーに向けて手紙を朗読。会場の両国国技館、そしてテレビを見ている視聴者が感動に包まれた。相葉が同番組で手紙を読むのは、2004年以来15年ぶり。

 番組終了まで1時間を切ったなか、相葉がメンバーへ思いを込めた手紙を読むことに。櫻井翔は「事前に言ってもらわないと」とこぼしながら、メンバー全員が相葉の言葉を聞き入った。

 相葉は嵐の20年間の活動を振り返りながら、嵐のメンバーを「最愛のパートナーです」と表現し、「メンバーがいたから、僕は成長させてもらいました」と感謝の言葉を述べた。そして、活動休止についても「僕は休止と書いて“パワーアップ”と読むと思っています。パワーアップした僕たちは、応援してくれるみんなのために、メンバー一人ひとりが愛している嵐のために、近い将来、絶対にグループ活動しようね」と活動再開を呼びかけた。

 手紙を聞いたメンバーも率直な思いを吐露。櫻井は「15年前に相葉くんが書いてくれた手紙が、僕にとって、そしてきっとほかメンバーにとっても誓いを立てたようなものだったから。15年前の手紙の文章も引用しながら書いてくれただろうし、もう1回やろうぜってことで」と感想を語ると、相葉も「そう、トップになろうぜってこと。この5人で。ずっと思ってるよ」と答えた。

 大野智は「もう本当にこの5人で、けっこういろんなことをやってきたと思うし。そのなかでも5人とも色んな思いがあって。僕のわがままで、ちょっと先に4人に伝えてしまったんですけど…。相葉ちゃんが思うトップ、最後までやりたいなと思います」と決意を新たに。二宮和也は「こういうコーナーがあるんであれば、早めに言ってほしかったな、と。トイレに行ったことを深く後悔しています」と、らしいコメントで笑わせた。

 松本潤は「本当にこの4人とここまでやってこれたことがすごくよかったし、これからも本当に特別な4人だと思うので、この人達と月日を重ねられるのがすごくうれしいことだと思いますし。まだ納得してもらってない人もいるかもしれないけど、5人決めたことなので、ついてきてもらえたらうれしいと思いますし。相葉くんの言うトップっていうのが何かわからないですけど、自分たちらしく2020年まで走ろうと決めているので、たくさんの思い出をこれから作っていけたらと思いますので、今後ともよろしくお願いします」とファンにさらなる飛躍を誓った。

 4人の言葉を聞いた相葉は「じゃあ、みんなで歌おうか」と呼びかけ、5人でステージ移動し、ヒット曲「君のうた」を歌い上げた。

 会場となった東京・両国国技館では、タオルで顔を覆いながら涙するファンが数多く見られた。SNSでも「相葉ちゃんの手紙に感動した!」という声があふれている。

■相葉雅紀の手紙全文
嵐の皆さんへ

メンバーに手紙を書くのは、20年間で2回目になります。
2004年の24時間テレビで初めて手紙を書かせてもらって、あの時は手紙を読んだ僕が泣きすぎて何を言ってるのかわからなかったと思うので、前回の反省を踏まえてみんなに伝わるように読ませていただきます。

1999年にデビューして、20年が経つね。
1日1日を本気で、全力で生きてきたよね。
悔しい思いをいっぱいして、たくさん涙を流したから、心の底からうれしいことも笑えることも、たくさんあったよね。
使い方が合ってるかちょっとわからないけど、僕にとってメンバーは最愛のパートナーです。
自分の中で限界だと思った時もみんなとだったら越えられてきて。その先にまた限界が来る。
メンバーがいたから、僕は成長させてもらいました。
本当に本当に感謝しか無いです。
世界中の感謝を集めて足りないくらい、感謝しています。

この2年、大きな決断をするために5人でも、各メンバー2人きりでもたくさん話し合ってきましたね。
5人が納得するまで、何度も何度も話し合いを重ねて、出した答えが、休止。
僕らで出した答えに後悔しないように、残念な結果にならないように、手と手を取り合って進んでいこうね。

20年経っていろいろと振り返って、過去の栄光にすがりたいなと思ったりもしていたんですけど、振り返ってる場合じゃないね。
僕らのやりたいこと、やりべきことは後ろにはないし、右でも左でもなく、まっすぐ前に進んでいこうね。

僕は休止と書いて“パワーアップ”と読むと思っています。
パワーアップした僕たちは、応援してくれるみんなのために、メンバー一人ひとりが愛している嵐のために、近い将来、絶対にグループ活動しようね。
でもその前に、まだかなってない夢、この5人で絶対にトップになろうね。
本当に本当に嵐でよかった。

相葉雅紀

https://news.livedoor.com/article/detail/16980517/

【芸能】モデル+グラビア=「モグラ女子」絶滅危機?筧美和子、新川優愛、久松郁実...卒業&結婚で状況変化

2019年08月26日 08:55

 モデルで女優の筧美和子さん(25)が、女性ファッション雑誌「JJ」の専属モデルを卒業する。

 筧さんは2019年8月23日、ブログやSNSで「この5年間は嬉しいことも悔しいこともたくさんありましたが、たくさんの方に温かく見守られ支え続けられていたと思います」と発表した。また、今後については、「モデルとして人間として成長する為、挑戦し続けられる場所を与えてくださり本当に感謝です」と、感謝の言葉を述べている。

■「おめでとうございます で良いのかな?」

 女性ファッション誌の人気専属モデルの卒業発表とあって、ネット上では早速、「お疲れ様でした! これからもいろんな活動頑張ってください!」といった反応が続々であり、反響の大きさが分かる。なお、専属モデルの卒業の際には姉妹雑誌への移籍も併せて発表されることも多いが、当該メッセージにはそのような文言は見当たらないため、モデルとしての具体的な活動は今のところ未定のようだ。

 そのためか、卒業を報告する筧さんのツイッターには、

  「巣立ちですね! おめでとうございます で良いのかな?え?どっちなんだろう?解らなくなってきた! これからは、7:3で女優業が7かな?3がグラビアで どちらも応援してます」

 といった、モデルとしての活動が低調になるのではないかと心配するメッセージも寄せられている。実際、筧さんはモデルのほかにグラビアアイドルや女優としての活動も行っているため、今後はそちらの比重が高まるということも考えられる。

「モグラ女子」が減少に転じた!?
 実は、筧さんのJJ卒業は、芸能界においてある傾向が進んでいることを示唆している可能性があるのだ。筧さんはモデルとしての傍らにグラビアアイドルとしての活動を行っていることで知られるが、近年はそのような芸能人を「モグラ女子」(モデル+グラビアの意)と呼ぶ機会が増加。モグラ女子になることで、女性ファンと男性ファンを同時に獲得することが出来るなどのメリットがあるとされており、このような形態で活動する女性芸能人が増加してきた。ただ、そのモグラ女子が減少に転じている可能性があるのだ。

 8月9日には筧さん同様モグラ女子として知られる新川優愛さん(25)が結婚を発表。「non-no」の専属モデルは続けているが、結婚ということもありグラビアアイドルとしての活動は難しそうな状況だ。また、4月19日には、やはりモグラ女子の久松郁実さん(23)が「CanCam」を卒業。姉妹雑誌への移籍などのアナウンスは今のところないため、グラビアを中心に活動を続けている。

 よって、今回の筧さんがグラビアアイドルや女優としての活動にシフトしてしまった場合、やはり、「モグラ女子減少」の傾向が強まると言える状況となるのだ。実際、この3人以外の著名なモグラ女子の活動を見てみると、馬場ふみ香さん(24)、武田玲奈さん(22)、内田理央さん(27)、泉里香さん(30)など、モグラ女子としての活動は順調ながら女優業も好調な女性芸能人が目立っているのも事実で、将来的にモグラ女子を卒業してしまう可能性は否定できないのだ。

リンク先続く
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000000-jct-ent

【芸能】歌手・ASKA、チャゲアス脱退!Chageと決別宣言「(Chageが)5:5へ主張するようになりバランスが崩れた」

2019年08月26日 08:54

 シンガー・ソングライター、ASKA(61)が25日、活動休止中の人気デュオ、CHAGE and ASKAから脱退することを公式サイトで表明した。Chage(61)とは弁護士を通してしか連絡方法がないとした上で「あいつとの信頼関係は、もう築けません」と宣言。「相棒は、まだ『解散』を受け入れていません」ともつづった。Chageは26日にコメントを発表する予定。脱退を受け入れ、40年のチャゲアスの歴史に幕を下ろすのか、注目される。

 日本音楽史上に金字塔を打ち立ててきたチャゲアスが事実上の解散状態に陥った。

 40年前「ひとり咲き」でデビューした記念日のこの日、ASKAが「脱退を表明いたします」と宣言。「復活を待ち望んで下さった皆様には心からお詫び申し上げます。延命するよりも解体して、新しく積み上げることの方が建設的だと思う」とつづった。

 ASKAのブログによると、「心から語り合うことができたら」と相方への不信感が原因の一つであることを吐露。本来のチャゲアスでいられたのはASKAが7、Chageが3のバランス関係だった2004年秋頃までで「(Chageが)5:5へ主張するようになりバランスが崩れた」と最初の亀裂を告白した。

 09年の無期限活動休止について「僕の『解散要求』に応じてくれないChageの意見を受け入れた」とし、13年の復活公演の発表についても「ソロ活動に、あまりの差がついてしまったことから僕から投げかけた」と明かした上で、同公演が自身の一過性脳虚血症が理由で中止になったことにも言及。「僕抜きの話し合いで『中止決定』して欲しくはなかった。医師は『ライブには問題ない』とのことでした」と主張した。

 さらに「2014年に僕が引き起こした事件は僕が悪い」とした上で、以来、メールアドレスや電話番号を知らないChageと「連絡すらも取れない状況が続いています」と告白。7月にChageの弁護士に解散を通知した際、初めて「二人で会いたい」と返答があり、「そんな大事な言葉さえ、弁護士を経由して伝えてくるあいつとの信頼関係は、もう築けません」と脱退表明に至った理由をつづった。

 一方のChageは、今回のASKAの脱退表明について関係者を通じて「残念に思っている」と心境を吐露し、26日にコメントを出す。

 Chageの関係者によると、ASKAの事件以降、2人は所属事務所の株主総会で3回顔を合わせたが、Chageが出した「チャゲアスの音楽についての質問」に対してASKAは全く返答していない。解散したくない意志を表明していたChageだが、ASKAの脱退表明で「解散を受け入れる」心変わりはあるのか、もう1つの決断が待たれる。

https://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/sanspo-geo1908260003.html

【映画】『マトリックス4』製作発表!キアヌ・リーヴスが再びネオ役

2019年08月24日 11:03

 米映画大手ワーナー・ブラザース(Warner Bros)は20日、SF映画「マトリックス(The Matrix)」シリーズ4作目の製作を発表した。主役ネオ(Neo)はこれまで同様、キアヌ・リーヴス(Keanu Reeves)が演じる。

 ラナ・ウォシャウスキー(Lana Wachowski)氏が脚本・監督・製作総指揮を担当する。ラナ氏は妹のリリー(Lilly Wachowski)氏と共にシリーズ3部作の監督を務めていた。姉妹は以前、ウォシャウスキー兄弟として知られていたが、その後、両者ともに性別移行した。

 ワーナー・ブラザースは新作が3部作と直接つながる内容となるかについては明らかにせず、「舞台は『マトリックス』の世界」とのみ説明。公開予定日も明らかにしていない。女優キャリー=アン・モス(Carrie-Anne Moss)も再びトリニティ(Trinity)役を演じるという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000005-jij_afp-ent

【芸能】「解散だけはやめて」人気グループ・AAA、女性暴行に続き“未成年との淫行疑惑”でファン絶句!

2019年08月24日 10:59

 8月13日、人気グループ・AAAの日高光啓が、インスタグラムのストーリーズを更新。そこで投稿された動画が、ベッドでの行為後を思わせると、一部のファンを驚かせたという。

「動画には、ベッドにマッパ状態で横たわる日高が映っており、カメラに気が付いた彼が『何撮ってんの?』と、それを奪い取って終了するという内容です。これを見たファンの間では、『プライベート映像が流出した?』と騒ぎになったものの、その後、炎上商法を狙ったプロモーションだったことが判明。日高はツイッターで、『動画は、MV本編のスピンオフ的な感じなので』と、新作MVの一部を切り取った宣伝であると明かしました」(芸能記者)

 そんな中、当初のベッド動画を本物だと勘違いしたと思われる元ヲルタナティヴ・月乃のあのツイッターが話題に。彼女は今回、日高との肉体関係を示唆する書き込みを行い、SNSが大炎上しているという。

「炎上商法だと知らない月乃は、日高のベッド動画を信じてしまったようで、ツイッターにて《わたしなんて ただの…》と、“マグナム”を挿入されたフレンドの1人に過ぎなかったというニュアンスの文章を投稿。さらに、AAAファンの《日高くんに関しては一夫多妻制も、もはや超えてるから》というツイート対して《むり》《ふざけんなよ、本気で好きだったんだよ、日高さんは、あとは抱かれる順番待つだけとかなにそれ》と、激怒コメントを連投するなどして、大きな注目を集めています。彼女はまだ未成年ですから、もしも日高と肉体関係があった場合、芸能界を揺るがす大事件に発展する可能性もある。AAAといえば今年、リーダーの浦田直也が暴行事件を起こし、謹慎となっているため、『解散だけはやめて』と、AAAファンを不安にさせています」(前出・芸能記者)

 その後、宣伝だったとネタばらしされると、月乃はツイッターにて〈身体の関係は一切ないです〉と、一転して日高との行為を完全否定。はたして、未成年の告発も炎上商法の一環だったのだろうか。

https://www.asagei.com/excerpt/131818

【芸能】吉本興業「闇営業監視人だった」元マネージャーが決意の告白!「芸人というのはな、商売道具のオモチャやから。・・・ボロ雑巾みたいに使えばいい」

2019年08月24日 10:54

「芸人というのはな、商売道具のオモチャやから。お前が出世するための道具として使っていったらええんや。ボロ雑巾みたいに使えばいい」

焼き肉店で食事をしていると岡本(昭彦)社長は、私にそう言い放ち、

「一部のメンバーにだけ気を遣ったらええんや」

と付け加えました。すると同じテーブルにいた幹部たちは大爆笑したのです。この時から上層部に対する私の不信感が芽生えていきました。

<本誌の取材に対して、吉本興業元社員の男性A氏は、苦渋の表情を浮かべながらこう語り始めた。

A氏はかつて吉本興業のエリートマネージャーとして、日本人なら誰でも知っているような売れっ子芸人を何人も担当してきた人物。そんなA氏が、「闇営業」問題で揺れる吉本興業の「真の姿」を多くの人に伝えるべく、重い口を開いた。>

岡本社長の記者会見をテレビで見て、私は開いた口が塞がりませんでした。「吉本興業は全員がファミリー」と言っていましたが、あまりにも空々しい。社長はカメラの前だけ耳当たりのいいことを言って、本当は芸人さんたちを見下していた。そういう姿勢に私は憤りを感じました。

岡本社長が「芸人はオモチャ」と発言した焼き肉店での会食で、「さあ喰え、さあ喰え」と私は大量の焼き肉を食べさせられました。ご飯はマンガのような大盛り。肉は次々と鉄板の上で焼かれていったのです。

「吉本で働くには会食も大事だから鍛えなアカン。藤原(寛・副社長)なんか一日7回の会食を乗り越えてきたから出世したんやぞ」

と社長からは言われました。

私はこの日は朝から体調が悪く、なかなか箸が進まず途中でトイレに立ちました。席に戻ると、岡本社長は私に向かって、

「お前、食えるって聞いとったぞ。なんで食われへんねん」

と絡んだあげく、あろうことか頬をビンタしてきたのです。社長がすぐ手を出すことは社内で有名でしたが、いい大人が肉を食わないからという些細(ささい)な理由でビンタされるとは。やはりショックでした。

こうしたパワハラ行為は社内では日常茶飯事で、私はどんどん精神的に追い詰められていったのです。

多くのマネージャーは毎週月曜日に、前週1週間の勤務内容を上長に報告します。朝はスポンサーと打ち合わせ、昼間は収録の立ち会い、夜にはデスクワーク。月の労働時間は300時間を優に超え、一年にとれる休日は1週間もありませんでした。だからどうしても労働基準法を守っていないスケジュールになってしまいます。

しかし、会社としてはそれじゃまずい。だから、上長から勤務記録の書き直しを指示されました。働いていた日を「休み」に変えろと。月に1日も休んでいなくても、8日間の休みがあったと記入しなければ上長のOKが出ませんでした。

若手の芸人さんたちの置かれた立場も酷いものでした。吉本主催のイベントでは、絶対に収支をプラスにしなければならないと会社から厳命されていました。しかし、もちろん興行的に失敗するイベントだってあります。その際、シワ寄せを受けるのが、芸人さんや下請けのスタッフさんです。イベントによっては、芸人さんや外部の作家さんのギャラが0円なんてこともありました。だから、会社を通さない闇営業、直営業をやっている芸人さんはたくさんいましたよ。吉本主催のイベントに出演するよりもそのほうが稼げるのだから、仕方ないことだと思います。

リンク先続く
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190824-00000004-friday-ent

【芸能】マネジャー20人交代…売れっ子芸人・友近に浮上したパワハラ疑惑の行方

2019年08月23日 12:03

 闇営業問題から端を発したお家騒動がようやく収束しそうな吉本興業だが、またまた問題が発覚。女ピン芸人の友近(46)にパワハラ疑惑が浮上したのだ。

「週刊新潮」によると、友近のマネジャー2人が今年に入ってから同社の幹部宛てに友近のパワハラを訴える嘆願書を提出。

 嘆願書には友近の常軌を逸したイジメについて書かれているというが、「向いてないから辞めろ」といった罵詈雑言を浴びせられたり、深夜まで説教されたことが訴えられているのだ。

 友近は同誌に対し、一部事実関係を認めたうえで反論。とはいえ、過去10年ほどで友近のマネジャーは20人近く代わっているというからシャレにならない。

「最近の若いマネジャーは打たれ弱いので、友近さんの言うことも一理ありますが、以前からそういううわさがあったので、共演する後輩芸人たちはすっかり怯えてしまっています」(テレビ関係者)

 友近は現在、「ゴゴスマ」(TBS系)、「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)など8本のレギュラーを持つ売れっ子だが、問題がこじれるようなら、その座は安泰ではない。

「コメンテーターを務める『ゴゴスマ』などではパワハラ問題を扱うが、自分が“当事者”なのにどうコメントするのか。テレビ各局のコンプライアンスでパワハラはNGですから」(前出のテレビ関係者)

 仕事に対する厳しさで知られる友近。ふがいないマネジャーや後輩に腹が立つこともあるだろうが、キレてはいけなかった。

https://news.livedoor.com/article/detail/16968713/

【芸能】トータルテンボス・藤田、タイ人美女とのベッド写真が流出!本人曰く「トランプしただけ」

2019年08月23日 12:01

 目下、地球の人口は77億に膨らみ、多種多様の人間で溢れているが、それでも人類は2種類に大別できるという。間(ま)がいい人と、悪い人だ。さしずめ、本項の主役は後者の部類で人類トップに君臨すると言えよう。吉本芸人の藤田憲右(けんすけ)(43)。以下は「ザ・間が悪い男」のピンクな顛末である。

 ツッコミの藤田とボケの大村朋宏(44)が組む「トータルテンボス」は、「M-1グランプリ」の決勝に3度進出した経験のある実力派漫才コンビだ。独特のアフロヘアで「半端ねえ」というセリフを連発する芸風の藤田は子煩悩な2児の父親としても知られる。だが、

「ケンちゃん(藤田)はこの前、私の友だち、スーワイちゃんの“ダンナさま”になったよ~」

 こう証言するのは、タイはバンコク在住の風俗嬢だ。彼女の言う「スーワイちゃん」は、目鼻立ちがはっきりとしたエキゾチックな20代の美女である。

 バンコクの風俗街として名高いタニヤの「お色気カラオケパブ」に勤めるスーワイちゃんは、連夜、同店のVIPルームに男性客を誘(いざな)い、時にはお召し物を脱いだりしてサービスに励んでいる。店を出た後も、客が宿泊するホテルへの同行を熱心に願い出るほど、「半端ねえ」働き者との評価が定着している人気者だ。

 そんな勤労意欲に溢れたスーワイちゃんの店を藤田が訪れたのは、7月12日のことだったという。

「7月13日に開催された『よしもとお笑いまつり inバンコク』に出演するため、トータルテンボスはタイに出張していました」(吉本興業関係者)

 先の風俗嬢が後を受ける。

「で、スーワイちゃんとケンちゃんは店を出た後も一緒に過ごしたんだって」

 その際の模様が収められたのが掲載の写真である。場所はホテルの一室。ふたりは仲良く身体を寄せ、藤田の手が彼女の胸に伸びている。後ろには白いベッドが見え、そこには黒いひも状のものが写ってもいる。

「あっ、それはスーワイちゃんのブラジャーね」(同)

 妻子の目が届かない海外に出張中の男と、「仕事熱心」な風俗街勤務の女性。その後の展開を詮索するのは野暮というものであろう。

 ひとつだけご注進申し上げるとすれば、時あたかも「吉本騒動」の真っ只中で、この騒動が吉本芸人と「反社」の人間が一緒に写った写真が流出したことに端を発しているのはご承知の通り。つまり、全ての吉本芸人が「流出」に神経を尖らせている折も折、藤田は無防備な姿を写真に撮らせてしまったのだ。余計なお節介と知りつつ、その間の悪さだけはご指摘させていただいてもバチはあたるまい。

「11人トランプ」
「俺、やってないですって! 女の子4人と、男7人でトランプして遊んでただけです。マジっすよ!」

 と、「半端ねえ」必死さで弁明するのは藤田本人だ。前代未聞の「11人トランプ」なる奇手を繰り出した藤田が続ける。

「マジでやってないですって。この娘(スーワイちゃん)には何もしてないです。正直、他の淫(みだ)らな店でというのはあるんですけど……。この娘にはしてないです」

 スーワイちゃんとの件を否定するのに集中するあまり、思わず「余罪」を認めてしまった藤田。ここで、本誌(「週刊新潮」)の直撃取材に異変を感じた大村が参戦したのだが、

「これ、最高に面白い記事になりますね。タイまで行って、(藤田が)しょうもないことして。僕はその店に行ってませんからね」

 と、まるで他人事。相方が狼狽するのを楽しんでいるかのような様子さえ見せ、コンビ間の呼吸の乱れを窺(うかが)わせたのだった。

 一方の藤田はマジで慌てるばかり。

「海外でくらいハメ外したいって感じはあったけど、何もねえから~。本当にトランプしてただけですって。海外でもこんなことになるの? マジっすかあ?」

 今回の顛末から得られる教訓は三つ。まず、いくらハメを外したくても「間」だけは外さないこと。次に、後悔するくらいなら軽々に女性のブラジャーを外さないこと。そして、相方との呼吸を外さないこと。

 以上の点を胸に刻みつつ、今後トータルテンボスがお笑いの本道を踏み外さないことを願ってやまない。

https://news.livedoor.com/article/detail/16968875/

【芸能】アパ不倫の俳優・袴田吉彦との離婚から2年、タレント・河中あい、5歳下会社社長と10月に再婚!

2019年08月23日 11:57

 タレント、河中あい(34)が10月に再婚することが22日、分かった。お相手は5歳下の会社社長、尾上(おのうえ)彰氏(29)で、映画「シン・ゴジラ」の准監督として知られる尾上克郎氏(59)を父に持つ。俳優、袴田吉彦(46)との離婚から2年。シングルマザーとして大事に育てた一人娘(8)が尾上さんとの間を取り持ち、幸せをつかんだ。

 離婚後、グラビア復帰するなどタレント活動を再開させた河中が、私生活でも幸せをつかんだ。

 出会いは、2014年夏から別居中だった袴田と17年9月に離婚が成立し、娘を育てるために芸能活動以外でも働こうとパートの募集に応募した昨年4月。会社の面接官が尾上さんだった。

 サンケイスポーツの取材に応じた河中によると、第一印象は「若いのにしっかりしているな」と感じたぐらい。気になる存在ではなかったが、直属の上司として一緒に働くうち、同僚数人と何度か食事に行くようになったという。

 たまたま近所だったこともあり、今年初旬から長女と一緒に尾上さんと食事をする仲になり、長女が「今度は家に遊びに来てよ」と尾上さんを誘ったことがきっかけで、休日3人で遊びに出かけるようになった。

 別居時代から女手一つで育ててきた娘を大切にしてくれる尾上さんの姿に感動し、交際がスタート。河中は「会社では部下に慕われ、プライベートでも面白いことを言って、私や娘を笑い疲れるほど楽しませてくれる。そんなところが好きになりました」と明かした。

 長女は再婚をすぐに認めてくれ、「娘は『私が彼と結婚する!』と言っているくらい、彼が好きです」と父親ができることを喜んでいる。また、シングルマザー生活を振り返り、「必死に働いて生きてきました。でも、それ以上に娘との時間を大切にしてきたので、苦労が吹っ飛びました」としみじみとした。

 尾上さんは、世界最大を誇るエクササイズのピラティス・メソッド専門スタジオ「クラブピラティス」の日本法人会社に河中が働く会社が出資していることから、今年に入り同社の取締役COO(最高執行責任者)に就任。今年11月に東京・恵比寿に第1号店を出店するやり手だ。

 芸能界とも関係が深く、父の克郎氏は「シン・ゴジラ」をはじめ「陰陽師」、実写版「進撃の巨人」などに携わった特撮映画監督。弟の武氏も映画やドラマの映像カメラマンを務めている。

 河中と尾上さんは10月上旬に婚姻届を提出する予定で、同11日に沖縄で挙式する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000501-sanspo-ent