【テレビ】「水曜日のダウンタウン」番組ツイッターに批判と激励…お笑い芸人・ナダルが連れ去られるロケで、110番通報相次ぎ警視庁も誘拐の疑いで捜査

2018年06月22日 10:33

 TBSは21日、先月に行われた「水曜日のダウンタウン」(水曜、後10・00)のロケで、芸人を連れ去るシーンを撮影中、それを見ていた一般人から110番通報があったことを認め「警察及び、関係の皆様にご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした」とのコメントを発表した。同番組のツイッターには「警察に迷惑かけないで」と番組に対して批判的な意見や、「これからも臆することなく」と激励する声もあった。

 番組公式ツイッターには20日の放送を告知するツイートがあり、これに対する返信にさまざまな意見があった。

 番組に批判的な声は「イタズラで警察に迷惑かけないでください 毎回この番組で事件や不祥事ありますが考えて番組放送してください」と2016年に、実施した企画「クロちゃんが閉じ込められてもTwitterさえあれば助けてもらえる説」を実施した際、混乱を招いたことなどを指摘していた。

 一方で激励の返信も多くあり、「地上波でお腹抱えて笑える数少ない番組 批判に負けないで」「水曜日は唯一無二の番組です。このまま自由にやり続けて欲しいです」「ギリギリ限界の部分で勝負してるなどの事で本当に楽しみです。注意されてもあまりスタンスは変えないで欲しいです」「これからもギリギリのところで踏ん張って欲しい」などの声が見られた。

 問題の企画は5月に渋谷区内でのロケで発生。お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズのナダルが車に連れ去られるロケをしていたところ、それを見た一般の人から110番通報が相次いだことから警視庁も誘拐を疑い捜査したところ、水曜日のダウンタウンのロケであることが発覚、関係者に厳重注意した。

https://www.daily.co.jp/gossip/2018/06/21/0011374683.shtml

【芸能】会費ナシで食べ飲み放題、「GACKT」主催の怪しすぎるBBQパーティー!若者を応援しようという会

2018年06月22日 10:08

 遊び方ひとつとっても、一流ゆえの振舞いだからか、凡人にはなかなか理解し難いのだ。夏本番には一足早く、海辺で大規模なBBQパーティーを開催したGACKT(44)。なぜか、会費もナシなのに、高級な食事も飲み物も食べ放題なのである。

 ***

 本業のミュージシャンというよりも、最近は正月の格付け番組での“一流芸能人”や、投資家としての話題が目立つGACKT。6月上旬のこの日、彼が目立っていたのは、湘南・鎌倉のビーチでだった。

 参加者の1人が言う。

「5年ぐらい前から開かれています。参加者は、各自、酒や食べ物の差し入れを持ち寄りますが、別にお金がなければ、手ぶらでもOK。ただ知人の紹介が必要で、今回からはあらかじめ登録しないと参加できなくなりました。20~30代の男女が中心ですが中高年もいる。ピンヒールを履いた女の子もいましたよ」

当日の海岸には、朝から大型テントが20張りほど組まれ、約400人が参加。マグロの解体ショーが行われたほか、食事は近江牛のステーキ、海鮮……。ドリンクはドンペリをはじめ、ワイン、日本酒などが用意されていたという。

 別の参加者によれば、

「GACKTさんが来ると各テーブルを回って、知り合いとはハグをし、初対面の人とは握手で挨拶をしていました。その後、“沢山の経営者の協力があってパーティーが出来た。若者は積極的に経営者と仲良くなって”と彼が乾杯の音頭をとると、海で水上バイクを楽しんでいた」

 テントに戻って来ると参加者と談笑したのち、再びマリンスポーツを楽しんでみたり。彼が近頃、力を注ぐ仮想通貨の勧誘もナシ。趣旨が掴めない集まりなのである。

若者を応援する会
 GACKTと言えば、昨年まで所属していた実質的な個人事務所が、今年4月から特別清算を開始。倒産理由について先日、本誌(「週刊新潮」)は、当時の事務所関係者による使い込みもあったのではないかと見られていることを報じた。すると、彼は自身のブログに、株主やオーナーではないので個人事務所ではないなどと理屈を述べ、「新潮に背後からタックルされたようなもの」と反論を掲載したのである。

 この日のパーティーについて、砂浜にいたGACKTに“正面から”尋ねてみると、

「これが正面から? これを後ろからっていうんじゃないの?」

 当初、気色ばんだが、

「参加者は上場会社の経営者や実業家、若手の役者やミュージシャン。みんな仲間だよ。それを結び付ける懇親会。若い子たちに実業家をくっつけて、若者を応援しようという会だね」

 そのために、一肌脱いでいるということらしい。タダより高いものはないとも言うが……。2年前に投資詐欺の被害に遭ったGACKT。若者には、“美味い話には裏がある”というアドバイスも、お忘れなく!

http://news.livedoor.com/article/detail/14901186/

【芸能】お笑い芸人・みやぞん、24時間テレビのトライアスロン企画が白紙危機に!

2018年06月22日 10:04

「毎年のことですが、担当番組の関係者以外には撮影内容が伝わらないのが『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)です。なので、本当にトライアスロンができるのかと、内情を知らないスタッフはみんな首をかしげています」(日本テレビ関係者)

 先日、番組の目玉でもあるチャリティーマラソンのランナーにANZEN漫才のみやぞん(33才)が選ばれ、番組史上初めて“トライアスロン形式”で行われることも発表された。

 トライアスロンとは、五輪競技の1つ。国際基準は海や湖での水泳1.5km、自転車40km、ラン10kmを順番に1人で行う競技だ。

「みやぞんさんは『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で難題を次々にクリアする驚異の身体能力の持ち主。過去でいちばん苛酷な内容になるのではないかといわれています。たっぷり“24時間”も尺があるので、競技のトライアスロンよりも全種目で大幅に距離をのばすのは当然でしょう」(前出・日本テレビ関係者)

 1993年には間寛平(68才)が200kmランに、2015年にDAIGO(40才)が100kmに挑戦。となると、「みやぞんさんは水泳10km、自転車100km、マラソン100kmくらいでしょうか」(前出・日本テレビ関係者)と言う。

 無謀のようにも思えるが、みやぞんならケロリとやってしまいそうなところがたのもしい。しかし、前出の関係者は、企画自体に黄色信号が点滅しているというのだ。

「まずネックになるのは水泳です。番組時刻に合わせてスタートとなると、夜に海で泳ぐことになる。一瞬でも波にのまれたら真っ暗な海で行方不明になりかねない。みやぞんファンの子供たちへの影響も考えなければいけません。かといって、プールで泳ぐっていうのも番組の画(え)的にはなし。もはやトライアスロンではないですが、水泳の順番をズラすしかありません」

 となると、スタートが自転車か。しかし──。

「スタートが自転車だと楽に見えますし、ゴールが自転車もイマイチです。おそらく夜は走ってスタートし、朝から泳ぐという流れでしょう。それで自転車に乗って、ラストはまたランになるんじゃないでしょうか。ただ、そういった構成になると、トライアスロンとはいえません。企画自体、白紙にしないと、という話も出ています」(前出・日本テレビ関係者)

 コースの問題もある。

「自転車なので道路を走らなくてはいけません。その姿を映そうと道端で待ち構えていても、自転車はスピードがあるのでみやぞんさんは一瞬だけしか映らない。なので、どこかで道路を封鎖して、車で追走しながら撮影に臨まなければいけません。番組のためだけに長い距離を封鎖するのも厳しい」(テレビ局関係者)

 しかし、不可能を可能にするのがみやぞん。期待は大きくなるばかりだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/14901561/

【芸能】AKB48、ベトナム拠点「SGO48」結成へ!海外7グループ目

2018年06月22日 09:58

 アイドルグループ・AKB48の運営会社AKSは21日、ベトナム・ホーチミンで記者会見を開き、同所を拠点とする新たな姉妹グループ「SGO48」を結成することを発表した。グループ名は市街中心部の旧称サイゴンの英語表記「Saigon」に由来する。

 AKB48は国内でSKE48(名古屋・栄)、NMB48(大阪・難波)、HKT48(福岡・博多)、NGT48(新潟)、STU48(瀬戸内)の6グループを展開。海外の姉妹グループはJKT48(インドネシア・ジャカルタ)、BNK48(タイ・バンコク)、TPE48(台湾・台北)、MNL48(フィリピン・マニラ)、AKB48 TeamSH(中国・上海)、MUM48(インド・ムンバイ)に続く7グループ目となる。

 オーディションへの応募は7月からベトナム全土で募集開始。今年末にお披露目予定としている。なお、運営会社「YAG Entertainment」がホーチミンで発足したこともあわせて発表された。ロゴカラーはベトナムの国花「蓮の花」をイメージしたとしている。

 国内外に勢力を拡げるAKB48グループは、10年目を迎えた恒例イベントに海外姉妹グループBNK48とTPE48が初参戦。名称を『AKB48世界選抜総選挙』としたほか、コンサートでは国内外593人のメンバーから選抜した16人による「WRD48」をお披露目するなどしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000354-oric-ent

【芸能】昨年離婚と不倫報道のお笑いコンビ「COWCOW」善し、再婚と男児誕生を発表!「御心配かけました」

2018年06月21日 09:00

 お笑いコンビ・COWCOWの善し(43)が再婚し、男児が誕生したことが20日、明らかになった。

 善しは自身のツイッターをこの日更新し、「この度結婚いたしまして、元気な男の子を授かりました」と発表。「COWCOWを応援していただいているみなさんにはいろいろと御心配かけました事と報告が遅れた事をお詫び申し上げます」とし、「これからもお笑いに精進いたしますのでよろしくお願いいたします。COWCOW善し」と結んだ。

 善しは昨年1月に「週刊文春」で前夫人と別居し、別の一般女性と交際していることが報じられ、公式サイトで「いい家族、いいお父さんということで応援していただいた方々に対しては裏切るような形になりました事を深くお詫び申し上げます」と謝罪。同年4月に離婚が成立していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000114-sph-ent

【芸能】NHK放送総局長、「NEWS」小山慶一郎らの未成年飲酒問題に苦言!「タレント、アイドルである前に社会人としての自覚や責任を果たすようにしていただきたい」

2018年06月21日 08:58

 NHKの放送総局長の定例会見が20日、東京・渋谷の同局で行われた。

 木田幸紀放送総局長は未成年への強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となったTOKIO元メンバーの山口達也(46)の事件に続き、同局BSプレミアム番組「ザ少年倶楽部」出演中の「NEWS」の小山慶一郎(34)と加藤シゲアキ(30)の未成年女性との飲酒問題が浮上。他局の番組出演を自粛している件について「6月15日に放送していた番組については小山さんの一定期間活動休止のため、当面放送は休止としています」とした。

 その上でジャニーズ事務所のタレントの不祥事が続いている点については「我々が直接、タレントさんのことをあれこれコメントする立場にはありませんが、、事務所が責任を持ってコンプライアンスや教育を徹底していただき、タレント、アイドルである前に社会人としての自覚や責任を果たすようにしていただきたい」と厳しい表情で話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000144-sph-ent

【芸能】「とと姉ちゃん」出演の女優・相楽樹、映画「舟を編む」の石井裕也監督と結婚!年の差12歳、年内に出産予定

2018年06月21日 08:56

 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16年)でヒロインの妹・鞠子役を演じた女優の相楽樹(いつき、23)が、映画「舟を編む」(13年)の石井裕也監督(35)と結婚していたことが20日、スポーツ報知の取材で分かった。

 複数の関係者によると、2人は共通の知人を介して知り合い、程なくして交際に発展。6月上旬までに婚姻届を提出したという。相楽は妊娠しており、すでに安定期に入っている。

 相楽を知る仕事関係者は「新しい命を授かり、少しずつですが、母親としての実感も湧いているようです」と近況を明かす。別の関係者は「年内に新しい家族が誕生する予定と聞いています。しばらくの間、仕事はお休みするようです」と話した。

 12歳差の年の差婚になる。2人が同じ仕事をした経験はないが、相楽はアメーバオフィシャルプレスのインタビュー記事の中で、「憧れの人、これから一緒に仕事をしてみたい人」について是枝裕和監督(56)、石井監督を挙げている。理由について「日常を切り取ったような作品が好き。その世界が実在しているかのようなリアルな描写に、いつも感動している」と告白。「いつか一緒にお仕事させていただきたい」と夢も語っていた。

 相楽は「とと姉ちゃん」でブレイク。昨年3月、テレビ東京の連続ドラマ「こんにちは、女優の相楽樹です。」で初主演した。同ドラマでは、ネット上で「顔が似ている」と話題になった壇蜜(37)との共演も果たし、話題を呼んだ。

 石井監督は、メガホンを執った映画「川の底からこんにちは」に主演した満島ひかり(32)と知り合い、10年に結婚したが、16年に離婚が成立した。「舟を編む」では報知映画賞作品賞などを受賞。米アカデミー賞外国語映画部門の日本代表作品に選出され、若手実力派監督として注目を集めている。

 ◆相楽 樹(さがら・いつき)1995年3月4日、埼玉県生まれ。23歳。2009年に原宿でスカウトされ、芸能界入り。10年ドラマ「熱海の捜査官」で女優デビュー。11年「ゴメンナサイ」で映画初出演。主な出演作にドラマ「嫌われる勇気」、舞台「黒蜥蜴」。趣味はギター。特技はゴルフ、料理、スポーツ全般。身長162センチ。血液型O。

 ◆石井 裕也(いしい・ゆうや)1983年6月21日、埼玉県生まれ。35歳。2007年大阪芸術大学の卒業制作「剥き出しにっぽん」がPFF(ぴあフィルムフェスティバル)グランプリ&音楽賞。映画「川の底からこんにちは」ではブルーリボン賞監督賞を史上最年少受賞。主な監督作に「ぼくたちの家族」「バンクーバーの朝日」。17年「宇宙船ドリーム号」で舞台演出初挑戦。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000276-sph-ent

【芸能】38歳大物イケメン独身俳優・玉木宏、ついに女優・木南晴夏と結婚! 

2018年06月21日 08:55

 俳優、玉木宏(38)が女優、木南晴夏(32)と大安の26日に結婚することが20日、分かった。複数の関係者によると、2人は8年前に共通の知人を通じて知り合い、友人として親交を深めてきたが、昨年4月放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「女の勲章」での共演を機に熱愛に発展。今月中旬にそれぞれ連続ドラマの撮影を終え、自然な流れでゴールインに至ったという。木南は妊娠しておらず、結婚後も女優を続ける。

 最後の大物独身俳優の一人として注目されてきた超イケメンと、独特の存在感を放つ個性派女優のビッグカップルがゴールインする。

 玉木は現在、TBS系「あなたには帰る家がある」(金曜後10・0)、木南は同局系「花のち晴れ~花男 Next Season~」(火曜後10・0)と、そろって4月期の連ドラに出演中。関係者によると、2人は以前から「6月に結婚したいね」と話し合っていたという。

 ともに今月中旬、ドラマの撮影が終了。婚姻届を提出する26日は「花のち晴れ-」の最終回で、双方の仕事が落ち着いたタイミングで、夫婦として新たな門出を迎えることになった。

 2人は8年前に共通の知人を通じて知り合い、長年よき友人として食事をするなど親交を深めてきた。役者としては玉木が先輩だが、木南も個性派女優として頭角を現し、互いを尊敬し合う仲に。共演した昨年4月放送の「女の勲章」で女を翻弄する野心家役の玉木が木南を相手に熱演し、それがきっかけで恋人関係に発展した。

 玉木は2001年公開の「ウォーターボーイズ」で注目を浴び、数々のドラマや映画に主演。15年のNHK連続テレビ小説「あさが来た」では、波瑠(27)演じるヒロイン・あさの夫役で、さわやかな笑顔が魅力の新次郎を演じてお茶の間の女性をとりこにした。

 一方の木南は04年の女優デビュー以降、ドラマや映画など110本以上の作品に出演。さまざな役をこなす演技派の地位を地道に築いた。今年はテレビ朝日系昼ドラ「越路吹雪物語」に岩谷時子役で出演。バラエティーでも活躍し、多彩な才能を発揮している。

 理想の夫婦像について玉木は15年のサンケイスポーツインタビューで「足りない部分を補いあえる関係。僕もいつか結婚したら奥さんが仕事に出るなら応援する」と告白。「祖母にひ孫を見せたい」などと父親願望も吐露していた。

 木南も今年1月のサンケイスポーツの取材で「いずれは結婚したい。10代のころから36歳で結婚と言っていたので、あと4年は猶予あります」と適齢期を意識しているようだった。

 理想の結婚相手については「怒らなくてアクティブな人。私はけっこう抜けているので、笑って許してくれる人がいい」と、温厚で男らしい玉木を意識していたのかのような発言もあった。

 ファン思いの2人は、近日中に公式ホームページなどで結婚を正式発表するとみられる。サッカーW杯で初戦を突破した日本代表に負けず、生涯の伴侶を得て、ますます活躍の幅を広げていく。

■玉木 宏(たまき・ひろし)

 1980(昭和55)年1月14日生まれ、38歳。名古屋市出身。高校2年のときにスカウトされ、98年にテレビ朝日系「せつない」で俳優デビュー。2001年の映画「ウォーターボーイズ」で注目を集める。代表作は映画「ただ、君を愛してる」や映画&ドラマ「のだめカンタービレ」など。12年に中国映画「曹操暗殺 三国志外伝」で外国語映画初出演。04年に「Seasons」で歌手デビューして以降、歌手活動も並行。趣味はカメラ。1メートル80。

■木南 晴夏(きなみ・はるか)

 1985(昭和60)年8月9日生まれ、32歳。大阪府出身。2001年に「第1回ホリプロNEW STAR AUDITION」でグランプリを獲得。アイドルユニット、Liccaの活動を経て、04年のTBS系「桜咲くまで」で女優デビュー。13年公開の「百年の時計」で映画初主演。他にも映画「20世紀少年」など話題作に多数出演。特技は英会話、ダンス、バレエ、日本舞踊。姉は女優、木南清香(36)。1メートル62。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000503-sanspo-ent

【芸能】「Hey! Say! JUMP」の岡本圭人がグループを電撃脱退!今月末にも発表

2018年06月20日 16:44

 ジャニーズ事務所のアイドルグループ、Hey! Say! JUMPの岡本圭人(25)のグループ脱退が決まり、今月末にも発表される予定であることが週刊文春の取材で分かった。

 2007年9月に結成されたHey! Say! JUMPはメンバー全員が平成生まれ。昨年は紅白歌合戦にも初出場を果たしている。

 元男闘呼組の岡本健一(49)を父に持つ岡本は、ジャニーズ初の2世として注目を集めただけでなく、語学力を活かし上智大学の国際教養学部に一般入試で合格。アイドルと学生の二足のワラジに挑んでいた。

 一方、13年にはフライデーに有村架純(25)との親密ショットが掲載されたり、最近も温泉街でのキャバクラ遊びが報道されるなど、派手な私生活でも知られている。4月には、留年を繰り返していた大学を退学していたことを公表した。

 ジャニーズ事務所に岡本の脱退について質問したところ、締切までに回答はなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180620-00007842-bunshun-ent

【芸能】欅坂46・長濱ねる、“最終審査辞退”や“兼任解除”の葛藤 「自分が歩んだレールに後悔はしてない」

2018年06月20日 10:36

 ソロ写真集『ここから』が発行部数18万部を突破した欅坂46・長濱ねる。人気アイドルグループのメンバーとして、順風満帆な歩みを見せてきたかと言えば、決してそうではなかった。欅坂46の最終オーディションで最終審査を辞退したこと、グループの“特例加入”や“兼任解除”の葛藤。10代の女の子が抱えるには大きすぎるプレッシャーとどう向き合ってきたのか? 知られざる本音に迫る。

■最終選考の直前、母親に実家に連れ戻された過去も「神様に戻されたのかなって…」

 長濱は坂道グループに加入する前、母親に長崎に連れ戻されたことがある。当時について聞くと、「オーディションを受けたことも、東京に一人で行ったことも全部が初めてだった」と懐かしそうに振り返る長濱。しかし、欅坂46の最終オーディション進出が決まった最中、心配した母親が長濱を連れ戻しにきたのだ。

 「諦めたというか。それまで自分の想像するレール通りに進んでいたので、うまく神様が元に戻すような人生になってるんだなって…」そう感じたのだという。その後、地元に帰った長濱は実家で号泣。それを見た両親が欅坂の運営に嘆願し、再び加入のチャンスを得ることになる。

 当時は心配していた両親も、今では長濱の一番のファンであり、よき理解者でもあるという。「父も母もライブに来てファンになってくれました。父は毎日メールを送ってくれて優しいです。母も私のことを第一に考えてくれてます。東京に出て、改めて自分が育ってきた環境って幸せでありがたいことなんだって実感しています」と笑顔で話す長濱。

 自分が選んだレールは正しかったのか?「私は絶対こっちが正しかったなと思ってます。1回も後悔したことないです」そう語る長濱の表情に迷いはない。

■擦り減った“体力”と“精神” 受け入れざるを得なかった「兼任解除」

 加入後の活躍は目覚ましく、欅坂46とけやき坂46を兼任し、グループの顔役としてもメディア露出が増えていった。ソロ写真集『ここから』が発行部数18万部を突破するなど、彼女の“歩む道”は順風満帆にも見えたのだが――。

 「どちらも凄くお仕事をいただいていて、みんなで少しずつに前に進んでいるときでした。でもツアーなどもあって、『自分の存在がどっちにもマイナスになっているかもしれないな』って悩みもありました」と、当時の葛藤を打ち明ける長濱。

 坂道グループはメンバー数も多く、ダンスのフォーメーションも複雑。当然、長濱がレッスンに参加できない場合はその影響が全員に及んでしまう。体調面だけでなく、精神面でも疲労していた長濱にとって、“欅坂46専任”という道は受け入れざるをえない選択だった。「だから、欅坂46専任の役割をいただいたからには、誠意をもって頑張ることが一番いいんじゃないかなと心掛けています」と、現在の意気込みを語ってくれた。

■平手友梨奈が背負うセンターとしての責務 「いかに頼っていたのか改めて気づいた」

 そんな、自身の“苦悩”を経験しているからこそ、欅坂46のセンターを6作連続で務める平手友梨奈への想いは強い。

 「平手は末っ子で最年少なんですけど、どれだけの責任やプレッシャーを背負ってもらっていたのかなって。自分たちがいかに頼っていたのか、改めて気づいた部分もあります」と語る長濱。続けて、「平手が休んでから、全員が『自分を見てもらおう!』と意識するようになった」とも。

 アイドルグループのセンターが担う重圧はそれほどに重い。「坂道AKB(AKB48グループ、乃木坂46、欅坂46からなるグループ)でセンターを1回やらせていただいたんですけど、必要以上に孤独に感じて…周りは自分のことを何とも思ってないし、『自分はうまくできてないんじゃないか』と必要以上に心配になって…。平手は今まですべてのシングルをセンターやってくれて、今の欅坂46のイメージを作り出してきてくれたので、素直に尊敬します」と平手への感謝を何度も口にした。

 「平手を始め全員がいることが一番良くて。一人でもメンバーがいないとしっくりこないんです。でも、しっくりこない、うまくいかないではダメで、その時を見に来てくださっている方にいいものをお届けたいっていう気持ちがあります。なので、気持ちはみんな強くなったと思います!」(長濱)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000351-oric-ent