【芸能】歌手・和田アキ子、冠番組終了でついに「アッコにおわかれ」!? “老害”が芸能界を追放される意外なワケ

2016年12月03日 09:40

まさかの“紅白落選”が話題になった和田アキ子さん(66)ですが、これを機にNHK以外の民法各局から、続々と「和田アキ子降ろし」が始まるといわれています。
そのなかには、彼女の冠番組でもある『アッコにおまかせ!』(TBS)も含まれているといい、すでに打ち切りに向けて動き出しているとか。
ネットでは「待ってました」と言わんばかりに歓喜の声が続出しています。

●NHKを筆頭に「和田降ろし」がスタート!? 視聴者クレームも後押しか

これまで39回も紅白に出場してきた和田さんですが、今年40回目の節目を迎える直前で、あえなく落選。
「紅白の顔」ともいわれていた彼女の落選に、世間でも驚きの声が続出しました。

一方で、今回NHKが和田さんを落選させたことは、業界内である“大きな波”をつくった といいます。
TBSの関係者からは、NHKが紅白落選を決断したことで「動きやすくなった」という声も。

実際、彼女が出演する『アッコにおまかせ!』はすでにマンネリ化していて、視聴率も平均5~6%と、日曜昼としては物足りない数字だとか。
さらに最近は、和田さんの好感度も低下する一方で、放送する度に“和田さんの態度のでかさ”についてのクレームが視聴者から殺到 しているといいます。
番組スタッフに対する態度も横柄ということで、もはや「老害」に等しい存在の模様です。

そんな状況から、すでに関係者の一部では、来年4月の番組改変時期に新番組をスタートさせるための準備が始まっているといい、さらに同様の流れが彼女の出演するラジオ番組 にまで広がっているとか。

和田さんは『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)という冠番組を持っていますが、ここではスタッフに嫌われるだけでなく、彼女の好感度があまりに低いため、番組スポンサーが集まりにくく採算的にも厳しい 状態だといいます。

NHKから徐々に動きを見せてきた「和田アキ子降ろし」。
今後の各局の対応次第では、和田さんの姿を見なくなる日が早々に来るかもしれません。

●「なんだかスッキリ」長寿番組終了に惜しむ声はゼロ?

『共演者が和田アキ子に気を使うだけの番組。見ててもわかる。よくこれまでもったと思うよ』

『これだけいろんな年齢層に嫌われてる芸能人も珍しい。視聴者だけじゃなくて、関係者の中にも喜んでいる人いるだろうね』

『待ってました!和田アキ子から「アッコにおまかせ!」取ったらもう何も残らない。早く引退してください』

『共演者「残念です……」→内心ガッツポーズ』

『長寿番組ってたいてい惜しまれつつ終了するのに、なんだろうこのスッキリする感じ』

ネットでは『アッコにおまかせ!』が終了することについて歓迎の声が続出。
視聴者からは、番組の共演者やスタッフに対して、「ようやく解放される」「内心喜んでるはず」との指摘も多く上がっています。

----------

冠番組の打ち切りが本格化している和田アキ子さん。
果たして、芸能界の大物がテレビから消え去る日はくるのでしょうか?

http://news.livedoor.com/article/detail/12362547/

【芸能】“コカイン吸引報道”成宮寛貴の芸能プロが講談社と決別か?「11月には菅田将暉主演で映画化も……」

2016年12月03日 09:35

 人気俳優・成宮寛貴の所属事務所・トップコートが、報道各社にFAXを送付し、「フライデー」(講談社)の記事「成宮寛貴『コカイン吸引』疑惑の現場写真!」に対し、法的処置を取ると発表した。

 2日発売の「フライデー」では、成宮の友人を名乗る男性・A氏が「成宮は“ヤク中”ですよ」などと告発。成宮がコカインや大麻、ケタミンといった薬物を使用していたというA氏の証言のほか、成宮と思しき男性が、薄暗い部屋でテーブルの上の“何か”に手を伸ばしている写真が掲載されている。

 同誌の発売日前日、トップコートは「事実無根」と報道を完全否定。「イメージを損なう記事の掲載を行った株式会社講談社(フライデー編集部)に対し、断固として抗議し、民事・刑事問わずあらゆる法的処置をとって参る所存です」とコメント。さらに、成宮本人も、「事実無根の記事に対して、非常に憤りを感じます」と怒りを露わにし、「私、成宮寛貴は、薬物を使用したことは一切ございません」と、薬物使用経験はないとしている。

「薬物疑惑に隠れているが、A氏は『彼(成宮)はボクが恋人であるかのようなうわさを共通の友人に流した』と、成宮とA氏が“ゲイカップルである”という嘘を、成宮が吹聴したと証言。しかし、成宮は過去にゲイバーで働いていたことを認めているものの、あくまでも生活のためで、ゲイ疑惑は否定している。にもかかわらず、さもゲイであるかのようなウワサを自ら流すというのは……?」(芸能記者)

 ネット上では、成宮のファンから「事実無根であれば、フライデーととことん争ってほしい」との声が見受けられる。

「ASKAや清原和博の所属事務所も、疑惑の時点では“法的手段で徹底抗議する”とコメントしていたが、結局、版元に訴状が届くことはなかった。ただ今回は、成宮が潔白を強く主張しているようですから、普通に考えれば直ちに講談社に訴状が届くはず。また、トップコートは、中堅ながら木村佳乃、佐々木希、杏、松坂桃季、菅田将暉など、第一線で活躍するタレントが多く所属。9月には、佐々木のデビュー10周年を記念した写真集『かくしごと』が講談社から発売されたほか、講談社主催のオーディション『ミスiD2014』のグランプリ受賞者・蒼波純が所属するなど、同社との関係は良好だった。しかし、今回の報道で、両者の関係に大きな亀裂が入ってしまった。菅田は、講談社のコミックを原作とした主演映画『溺れるナイフ』が先月公開されたばかりですが、今後はこういったこともなくなるかもしれません」(同)

「フライデー」と成宮サイドが、真っ向対立する形となった今回の騒動。両親がいない中、幼い弟を養育してきた苦労人としても知られる成宮だけに、「事実無根」であってほしい……。

http://news.livedoor.com/article/detail/12363602/

【芸能】俳優・八嶋智人「とても正義感が強い」 薬物使用疑惑の俳優・成宮寛貴の人柄について

2016年12月03日 09:33

 俳優の成宮寛貴(34)が写真週刊誌にコカインなどの薬物使用疑惑を報じられたことを受け、成宮を知る業界関係者が彼の印象について語った。

 2日発売の「FRIDAY」は、「成宮寛貴『コカイン吸引』疑惑の現場写真!」というタイトルの記事を、成宮と思われる男性が室内でテーブルの上の何かに手を伸ばしているような写真とともに掲載した。しかし成宮の所属事務所は報道各社に宛てたファクスで「記事は事実無根」と否定し、「講談社(フライデー編集部)に対し、断固として抗議し、民事・刑事問わずあらゆる法的措置をとって参る所存です」とコメントを発表。成宮本人も「事実無根の記事に対して、非常に憤りを感じます。私、成宮寛貴は、薬物を使用したことは一切ございません」と明言した。

 同日放送の複数の情報番組が成宮の薬物疑惑報道を取り上げた。成宮とドラマ等で共演し、食事に行くなど親交があるという俳優の八嶋智人はフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」で、「とても正義感が強くて、芝居の取り組み方も真面目な青年」と成宮の人柄について語った。

 またコメンテーターを務める雑誌編集者の軍地彩弓氏は、何度かインタビューしたという成宮の印象を「すごく真面目な方。好印象というか、好青年」と語った。

 日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」では、芸能リポーターの駒井千佳子氏が「いつも目をじっと見て答えてくれて、すごく誠実だし、一生懸命な印象」と語った。

http://news.livedoor.com/article/detail/12363813/

【芸能】泣いた!年末で解散するSMAPの“ラスト歌唱曲”「世界に一つだけの花」

2016年12月03日 09:31

 年末で解散するSMAPの“ラスト歌唱曲”が、「世界に一つだけの花」だったことが2日、分かった。1日、都内のスタジオでフジテレビ系冠番組「SMAP×SMAP」(月曜午後10時)の収録に出席。ゲストとの歌コーナー収録後、5人だけで同曲を歌った。同曲歌唱の様子は今月26日放送の最終回で流される予定。大みそかのNHK紅白歌合戦出演実現は依然厳しい状態が続いており、同曲がメンバー5人そろった形での最後の歌唱曲になる可能性が高い。

 関係者によると、1日の収録は、約200人のスタッフが見守る中で行われ、5人が「世界に一つだけの花」を熱唱したという。歌い終えると、中居正広(44)は後ろを向き、約30秒間、肩を震わせて泣いた。他の4人も、涙をこらえている様子だった。収録後はメンバー5人と、スタッフ1人1人が順番に記念撮影。中居がスタッフに話しかけたり、スタッフの肩を抱いたりして盛り上げていたという。

 同曲は02年7月発売のアルバムに収録され、03年3月にシングルとして発売。SMAPの代表曲で、今年1月に解散騒動が明るみに出た後、ファンによる購買運動が行われている。シングルの累計売り上げ枚数は295万枚を超えている。

http://news.livedoor.com/article/detail/12366076/

【芸能】V6の長野博「結婚」で見えたジュリー副社長の強大化!入籍日まで操れる?

2016年12月02日 09:30

 ジャニーズグループ・V6の長野博(44)が、かねて交際していたタレント白石美帆(38)と入籍したことを11月29日に発表し、同日夜に生放送された日本テレビ系の音楽特番「ベストアーティスト 2016」で結婚を報告した。交際2年半でのゴールインとなったが、芸能関係者からはジャニーズ事務所の次期社長といわれるジュリー副社長「恐るべし」という声が上がった。

 2人はファクス送信した署名入りの文書で「本日11月29日に私共は結婚いたしましたことをご報告させていただきます」と報告。同日の夜7時から生放送された「ベスト――」で長野は「皆さんの声援に支えられてボク、そしてV6があります。これからも温かく見守っていただけたら」と話した。

 2年前に長野がレギュラーを務めるNHKの番組で共演し、週刊誌「女性セブン」がデート現場を報じた。ある業界関係者は「当時もジャニーズは否定しなかったし、半ば公認のカップル。白石さんは同性からのウケがいいし、問題なしと見られていたのでしょう」。

 所属タレントの結婚には敏感になるジャニーズといえど「昨年9月、国分(太一)が結婚したときのジャニー(喜多川社長)さんの『適齢期になったら結婚すべきです』との発言はやっぱり絶大。人気絶頂の嵐のメンバーが結婚となると、ファンへの多大な影響があるから『ハイ、どうぞ』とはいかないでしょうが、良くも悪くもファン層の落ち着いたV6ならば、結婚も問題なしでしょう」と同関係者。

 白石は妊娠しておらず、11月29日の入籍日について事務所関係者は「2人の都合が合っただけのようです。2人が食に興味が強いからだったのか、たまたま『いい肉の日』になったそうです」。

 入籍ファクスと生放送でファンへ直接報告と、何も問題ない段取りにもみえるが、ある芸能プロ関係者は「ジュリーさんの権力は、メンバーの入籍日まで口を挟めるほど絶大になったのでは」と深読みし、恐れおののく。ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長(89)の娘で、次期社長が有力視される藤島ジュリー景子副社長(50)のことだ。

 実際、昨年の「ベストアーティスト 2015」では、現在“充電期間”と称して活動休止中のKAT―TUNの元メンバー・田口淳之介(31)が突然、事務所退社を発表した。

「以前からジュリーさんは“スキャンダル商法”というか、ニュースを利用して話題を盛り上げる手法が得意といわれていました。今回もその一つでしょう。日テレはジュリーさんの影響力が強い局ですし、V6もジュリーさんの管轄。司会はかわいがっている嵐の櫻井翔ですから、自在に操れます。長野にとっても、後輩から聞かれる形でのやりとりになるから不測の事態はない。この手の話題をも切り盛りできる櫻井のアピールにもなる。話題を提供した日テレからも感謝されるし、みんな万々歳なのです」とはあるテレビ局関係者。

 ただ、裏を返せば、ジュリー氏はジャニーズタレントの入籍日まで操れる権力を持ったという見方もできる。

「うがった見方をすれば、入籍日をテレビ特番の日程に合わせることもできる。今のV6、テレビよりも舞台に立っている長野の置かれた立場を考えれば、仮にジュリーさんから申し出があったとすれば、長野もイヤとは言えない。何といっても次期社長ですからね」(同関係者)

 あまりのタイミングのよさに「ジュリー次期社長恐るべし」と見る業界人がいてもおかしくないわけだ。当の2人にとっては“長すぎた春”にならなかったのはなによりだが…。

http://news.livedoor.com/article/detail/12356574/

【芸能】Hey! Say! JUMP・伊野尾慧の本命はTBS宇垣美里アナ!? TBS&フジ二股疑惑より、ファンがショックなこととは

2016年12月02日 09:22

 女子アナへの“二股愛”が報じられたHey! Say! JUMP・伊野尾慧が、そのお相手のひとりとされるフジテレビの三上真奈アナウンサーと1日、朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)で共演。共に、報道については一切、触れなかった。

 1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、TBSの宇垣美里アナウンサーが伊野尾のマンションに足しげく通う姿を伝えているほか、伊野尾のマンションでお泊まりする三上の姿を掲載。さらに、同誌に撮られたことを知った宇垣が、上司と思しき人物に「すいません、撮られたみたいで」と電話をかける生々しい様子も伝えている。

「記事を読んだ大方のジャニヲタの認識は、宇垣が本命で、三上はただの飲み友達で、“二股ではなさそう”というもの。伊野尾くんが真剣交際すること自体は、ファンも“問題ない”として見守っていますが、それよりも記事中の『中学時代から彼女が何人かいた』『中三の時、同級生の細身のギャルと付き合っていた』という“地元の知人”の詳しい証言や、宇垣が『ケイくん』と呼んでいる生々しい描写など、リアルな情報に大きなショックを受けています」(ジャニーズファン)

 ジャニーズと女子アナの熱愛疑惑といえば、7月に半同棲が報じられた嵐・二宮和也と、セントフォースの伊藤綾子が記憶に新しい。また、昨年には、日本テレビの水卜麻美が、関ジャニ∞・横山裕の自宅マンションを訪れる姿が報じられた。

「ここ数年、帯の情報番組にレギュラー出演するジャニタレが急増し、これに比例するように、夜な夜な女子アナと遊ぶジャニタレの目撃情報も増えている。昔は、AV女優やレースクイーンあたりと遊ぶジャニタレが目立ったが、『女子アナは賢いし、口が堅い』と、最近は女子アナと連絡を取ろうとするジャニタレが増えています。伊野尾が、宇垣アナとの橋渡し役をTBSのプロデューサーに頼んだと伝えられたように、スタッフを経由することは多いようです」(芸能記者)

 9月にAV女優の明日花キララとのツーショットが報じられるなど、愛くるしい外見とは裏腹な“肉食系男子”の素顔が暴かれつつある伊野尾。今後、NEWS・手越祐也に続く“チャラ男”として、認識が広まりそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/12359730/

【芸能】俳優・成宮寛貴「事実無根」薬物疑惑報道に所属事務所が法的措置表明!

2016年12月02日 09:19

 俳優の成宮寛貴(34)が違法薬物を使用した疑いがあると2日発売の写真誌「FRIDAY」が報じることを受け、成宮と所属事務所「トップコート」は、記事は事実無根であるとし、発行元の講談社に対し法的措置を取るとの声明を発表した。

 2日に報じられることを知ったトップコートは1日、顧問弁護士と対応を協議。同日夜に文書でコメントを発表し、「成宮寛貴のコカイン吸引疑惑」に関する記事は「事実無根」と主張。講談社およびFRIDAY編集部に対し「断固として抗議し、民事・刑事問わずあらゆる法的措置を取って参る所存」としている。

 成宮も直筆署名入りでコメントを発表。「事実無根の記事に対して非常に憤りを感じます。私、成宮寛貴は、薬物を使用したことは一切ございません」と疑惑を否定した。

 謝罪・訂正の要求がなく、発売前日にいきなり法的措置を取るとの声明を出すのは異例。その理由について、事務所関係者は「事前に(同誌から)問い合わせがあり、全面否定したが強行に掲載されたため」と説明した。

 成宮は今年、林真理子さん原作のテレビ朝日ドラマ「不機嫌な果実」で主人公の不倫相手を好演するなど、俳優として飛躍した一年だった。年の瀬に襲った薬物使用疑惑報道はこれまでのキャリアを吹き飛ばすことになるだけに、大きなショックを受けているという。

 ◆成宮 寛貴(なりみや・ひろき)1982年(昭57)9月14日、東京都生まれ。2000年に舞台「滅びかけた人類、その愛の本質とは…」でデビュー。テレビ朝日の人気シリーズ「相棒」では12年のシーズン11から13まで主人公の相棒役を演じた。

【芸能】俳優・成宮寛貴「コカイン吸引」疑惑の現場写真を写真週刊誌FRIDAYが掲載!

2016年12月02日 09:18

 薄暗い部屋の中、白Tシャツの男性がソファに座っている。視線の先にあるのは、グラスと右手の間に置かれた半透明のシートだ。そこには、怪しげな白い粉が広げられている。次の瞬間、男性はその粉に両手を伸ばした。

 Tシャツ姿の男性は、成宮寛貴(34)。ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)で、水谷豊演じる杉下右京とコンビを組む刑事・甲斐享役を’15年3月まで務めた人気俳優だ。ドラマの結末が、甲斐自ら犯罪に手を染めるというショッキングな設定だったため、水谷との不仲説も報じられていた。その成宮が手にした白い粉の正体は、コカインだというのだ。

 本誌が写真を入手したのは、11月下旬のこと。提供者は成宮の友人だと名乗るA氏だ。写真が撮られたのは11月9日の午前3時半、場所は都内にある成宮の自宅マンションだという。この日、成宮は深夜になって友人二人を自宅マンションに誘い、酒盛りを始めた。その場で、コカイン吸引に耽ったというのだ。A氏がこう明かす。

「ヒロキは部屋のなかでクラブミュージックを大音量で流したり、曲線がグニャグニャとうねる奇妙な映像をYouTubeで検索して『これヤバいよね』と笑っていました。酒も入っていたし、かなり上機嫌でしたよ。そして無造作に机の上に置かれていたコカインを小さなマドラーで掬い上げ、鼻から“シュッ”と吸い始めたんです。クスリが効いてくると目がトロンとしてきて、やたらとカラダをすり寄せてきた。それを避けようとしても、『なんで嫌がるの?』とジリジリ迫ってくるんです」

 12月2日(金)発売のFRIDAY最新号では、疑惑の現場写真を掲載し、成宮本人への直撃の様子も伝えている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161202-00010000-friday-ent

【芸能】庵野秀明監督が古巣のアニメ制作会社「ガイナックス」を提訴!…エヴァンゲリオン制作会社に約1億円債務返還求め

2016年12月02日 09:15

 大ヒットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」や映画「シン・ゴジラ」で監督を務める庵野(あんの)秀明氏が経営するアニメ制作会社「カラー」(東京都杉並区)が、かつて庵野氏が在籍し、エヴァンゲリオンなどの制作に関わったアニメ制作会社「ガイナックス」(武蔵野市)に対し、借入金約1億円の支払いを求める訴訟を東京地裁立川支部に起こしていたことが分かった。ガイナックスの経営難に伴う資金繰り悪化が背景とみられる。

 ガイナックスの山賀博之社長と庵野氏は大学時代からの友人。1984年の同社設立には庵野氏も関わり、2007年の退社後も協力関係が続いていた。

 訴状などによると、両社は、庵野氏が手掛けた作品の商品化でガイナックスが収入を得た場合、一定の使用料(ロイヤルティー)をカラーが受け取る契約を結んでいた。しかし、ガイナックスにカラーに対する多額の債務が発生。カラーは14年8月、1億円を別途貸し付けるなどしたものの、返済が滞ったため、残金約1億円の支払いを求めて提訴した。

 取材に対し、ガイナックスの担当者は「係争中のため、対応できない」とし、カラー側の弁護士は「係争中のため、詳細についてのコメントは差し控える」と回答している。

 民間信用調査会社によると、ガイナックスは1990年代に社会現象になったエヴァンゲリオン以降は大きなヒットに恵まれず経営が低迷。16年7月期の収入は約2億4000万円で、5年前の10分の1となり、約1億円の債務超過に陥っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161202-00000009-mai-soci

【芸能】「メンタリストDaiGoは中学生の私を抱いた」元恋人が告白!

2016年12月01日 09:20

「初めて彼に会ったのは、私が13歳のときです。私にとって、初デートも初キスも、初めてのセックスも、すべて彼が相手でした」

 そう小誌に明かすA子さん(21)が指す“彼”とは、テレビなどでお馴染みのメンタリストのDaiGo氏(30)だ。2人の出会いは、7年前、あるイベントでDaiGo氏に、A子さんが連絡先を聞いたのがきっかけだった。以来、デートを重ねるようになり、DaiGo氏は当時、A子さんに次のようなメールを送っている。

〈好きだよ〉〈あのときにA子とキスした感覚が忘れられないよ〉(いずれも09年12月30日)

その後、DaiGo氏はA子さんをカラオケボックスに連れて行ったという。

「ハグくらいしたいな、と思って抱きついたら、キスをされて、下着の中に手を入れてきて胸を触られた」(A子さん)

当時、A子さんは14歳、DaiGo氏は23歳である。A子さんが高校に進学すると身体の関係を持つようになったという。その後、いったん関係は途絶えたが、A子さんが19歳になると、再びDaiGo氏から連絡があった。

「再会してからは、スクール水着でのセックスを提案されたこともあります」(A子さん)

 DaiGo氏の行為は、「児童福祉法」および「青少年保護育成条例」に違反する可能性があるが、DaiGo氏は小誌の取材に対してこう答えた。

――当時23歳の男性が14歳の女性に、〈好きだよ〉などとメールを送るのは適切か。

「彼女は当時いじめられっ子で、もし僕が『A子のこと魅力的だと思うよ』ということで前に進めるんだったら、と。今思えば悪ふざけがすぎたし、ダメなことをしたかなって思うんですけれども(笑)」

http://news.livedoor.com/article/detail/12352936/