【芸能】握手会って大変じゃない?乃木坂46に聞く「アイドルの本音」

2018年02月23日 13:02

もはやアイドルとファンにとっては欠かせないコミュニケーションの場になっている「握手会」。

時には1日数百人、数千人のファンと出会うアイドルたちは、実際どんな風に感じているのでしょう?

乃木坂46の3期生、与田祐希さんは、昨年8月発売のシングル「逃げ水」でWセンターの一人を務めた17歳。期待の次世代エースです。

乃木坂加入から約1年ですが、すでに握手会では1期生に並ぶ人気メンバーの一人。

自ら「友達感覚」と話す、明るく元気かつ丁寧な対応で着実にファンを増やしています。

BuzzFeed Newsは、写真集「日向の温度」のお渡し会(握手の代わりにブロマイド写真を手渡す会)に密着。トップアイドルへの道を歩む与田さんに「アイドルの本音」を聞きました。

たった数秒の出会い。どんな話するの?
――乃木坂46に加入してから約1年。素朴な疑問なのですが、いきなり「握手会です!」と言われてできるものなんでしょうか。

最初はもちろん緊張しました!オーディションを終えて初めてファンのみなさんと接した「お見立て会」では「ありがとうございます」しか言えなかったです……(笑)。

やっていくうちに慣れた、というよりは、気楽に、気負わずにできるようになっていった気がします。

不安でたまらなかった時、(衛藤)美彩先輩に「与田ちゃんなら絶対大丈夫だと思う、楽しめばいいよ!」と言っていただいて心強かったのは今も覚えています。

――今日は実際にファンの方とふれあう様子を見させてもらったんですが、数秒でも結構お話できるんですね。

そうですね、何往復か会話できるくらいには。

今日は写真集のイベントなので、感想をたくさんいただけてうれしかったです!この写真よく好きって言われるな、ファンのみなさんに好評だな~なんて、自分としてもすごく参考になります。

――握手会でよく言われることってありますか?

なんだろう~?「名前呼んで」とかかな? 私は福岡出身なので「博多弁でしゃべって」リクエストも多いです。

――どんな風に返すんですか?

「好いとうよ」(博多弁で「好きです」)とか……。なんか、あらためて大真面目に言うと恥ずかしいですね(笑)。

――メンバー同士で握手会のお話ってするんでしょうか。得意な人からテクニックを学ぶ、とか…?

正解があるものでもないので、それぞれで試行錯誤しながら「我が道を行く」感じですね。

というか、他のメンバーが握手してるの見ることってほとんどないです。全国握手会では2人ペアになって握手することもあるんですが、自分の受け答えに必死なので、隣を観察している余裕なんてゼロです!(笑)

――握手する時、心がけていることはありますか?

素の時より、ギアを入れます。明るくお話して「楽しかったな」と思ってもらうのが一番だと思うので。

あとは、どんな時も「はじめまして」の方がいるのは意識しています。わざわざ握手会まで足を運んでくれるってすごいことですもんね。「今日会えてうれしいです」という気持ちを丁寧に伝えられればな、とは思っています。

普段聞けないことを聞いてみた
せっかくのチャンスなので、ファン目線で気になること、アイドル本人にぶつけてみました。

Q.ファンの名前って、本当に覚えているんですか?

もちろん! 1回、2回では正直なかなかですが、何度か来てくださったら大体は覚えられると思います。

考えてみると、多い人だと週に1回ペースだったりするので、友達や家族よりも多く会っていますよね。「あれ、髪切ったんだね~」とか普通に気づいちゃう。

来てくれると「やっほー!」ってテンション上がっちゃうくらいには、親しく感じています。

Q.握手会に興味はあるけど、面白いことなんて言えない……。どうしたらいい?

ええ~! 全然気にしなくていいです。確かによく「緊張して話すこと飛んじゃった」って言われますけど、あまり緊張しないで気軽に来てほしいです。

と言っても、自分も好きなアイドルと握手する側だったら固まっちゃうと思うけど。

――「明日テストだから応援して」「試合負けちゃったから慰めて」など会話になるように声をかけている方もいて、なるほど、と思いました。

例えば「試合負けちゃった」と言われると「部活何やってるの?」なんて話題を広げることもできますし、そんな風に自分のことを教えてもらえるのはうれしいです。

今日は「明後日受験なんだ」って人がいて「え、ここにいて大丈夫!?」ってちょっと心配になりました(笑)。

Q.それでも言うことが思いつかない時は?

うーん、無理して話さなくてもいいです。黙っていても大丈夫。

けど、せっかく時間を作って来ていただいているので、できることならしゃべりたいし仲良くなりたいなぁ~って思います。

私のファンの方の中にも、最初は全然話せなかったけど、何回か来ていただくうちにおしゃべりできるようになった人もいます。

なので、握手会に行きにくい理由が「話すのが苦手だから」であれば、それは本当に気にしなくていいですよ。きっと、私に限らず。

Q.一番の推しメンじゃなくても行ってもいい?

まったく気にしないです! むしろわざわざ並んで来てくれるなんてありがたいなって思います。それをきっかけに、これからちょっとでも気になってもらえたらうれしいし……。

他のメンバーや先輩のお話をするのも好きなので「○○ちゃんの話して」って言われたら喜んでしますよ。

前に(齋藤)飛鳥さんのファンの方がいらして、飛鳥さんとの会話で私の名前が出てきたよと教えてくれました。ファンの方から意外なエピソードを聞くのも楽しいです。

Q.逆に自分のファンが他のメンバーのところに行くのはどんな気持ち…?

嫌ではないです。私自身、乃木坂46自体が大好きですし、メンバーみんなかわいいし、グループ自体をもっと好きになってくれたらうれしいなって思います。

……とは言ってみたけど、本音の本音では、目移りされそう、とちょっとは思っちゃうかも。「推し変しちゃおうかな」なんて言ってくるのは傷つくのでやめてほしいです(涙)。

Q.アイドルから見た、握手会の魅力ってなんですか?
出会うはずがなかった人と、お話できるところ。

もし私がアイドルになっていなかったら、皆さんとは絶対知り合っていないんだろうなぁ~って、握手会の度に思います。

最初は緊張して、来てくださる方の名前もなかなか覚えられなかった。けど、続けていくうちに少しずつ顔見知りの人が、友達のようにおしゃべりできる人が増えていくのが、握手会の一番の魅力だと思います。

もちろんファンの方ではあるのですが、なんでも話せる安心できる存在のように感じています。

皆さんがメンバーと少しずつ仲良くなっていくのをうれしく感じてくださるその気持ちって、私たちも同じなんです。

ファンの皆さんの存在と声は、本当にアイドルが活動する心の支えになっているんですよ、ということは伝えたいです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00010003-bfj-ent

【芸能】バナナマン・設楽統が嘆く情報番組『ノンストップ!』新体制への不安と超深刻な予算不足!

2018年02月23日 09:13

「3月いっぱいで山崎夕貴アナウンサーが『ノンストップ!』(フジテレビ系)を卒業し、同局系の『とくダネ!』の新MCに抜擢されたことが2月16日に発表されました。多くのスタッフたちは卒業発表の当日まで何も知らされていなかったらしく、まさに寝耳に水だったようです」(フジテレビ関係者)

 間もなく春の改編期を迎えるテレビ業界。『とんねるずのみなさんのおかげでした』、『めちゃ×2イケてるッ!』などフジテレビの看板番組が次々と終了を発表するなか、バナナマンの設楽統がMCを務める情報番組『ノンストップ!』は4月からも継続が決定している。

 新たなスタートを前に、さぞ現場の士気も高まっているかと思いきや、番組の制作過程が大きく変わる局面を迎えているという。

「もともと『ノンストップ!』はほかの番組と比べて予算が少なく、十分なお金をかけられなかったという現状がありました。

 そんな中で、4月からは経費を抑えるため、自局から制作会社に制作が切り替わることが1月の中旬に突然決まったんです。スタッフの数も今の4分の1程度にまで減らし、残りは制作会社のスタッフでまかなうとか」(同・フジテレビ関係者)

 低迷が囁かれるフジテレビで、番組開始の'12年からMCとして奮闘し続けた設楽。今回の“改革”は彼が常日ごろから抱えていた悩みともつながっているようで、

「これまでも予算が少なかったため、番組内で流れるVTRも設楽さんの納得のいくクオリティーのものが作れないでいました。ほかの自分のレギュラー番組がお金を十分に使えるぶん、“なんでこんなに予算が使えないの?”と嘆いていましたね」(同・フジテレビ関係者)

 それに加え、開始当初から常にプレッシャーとの闘いに置かれていたと語るのは、彼に近い芸能プロ関係者だ。

「もともと設楽さんの意向としては、政治やニュースをあまり扱いたくないというのが本音だったみたいで、“エンタメを中心に取り上げる”という話でオファーを受けたそうです。しかし、いざフタを開けてみると、そうでもなかったと……」

 さらに経費を縮小した新体制では、ギャラの面でも不安がつきまとうようだ。

「長らく安めのギャラで出演していた設楽さんがようやく1本当たりの価格アップを見込めたのが昨年の話。

 しかし“改革”の4月以降、設楽さんに支払われる額がまた落ちてしまう可能性は十分にあります。ひとまず今年の3月で辞めてしまうことはないようですが、その後はどうなってしまうことやら……」(別のフジテレビ関係者)

 4月からの番組リニューアルについてフジテレビに問い合わせてみたが、

「制作の詳細に関してはお答えしておりません」

 とのこと。昨年末にはラジオで、マイホーム購入の際に35年の住宅ローンを組んだことを話していた設楽だけに、キャスター業はストップできないと思うけど─。

http://news.livedoor.com/article/detail/14341080/

【芸能】「おなかが痛い」と訴えた俳優の大杉漣さん、心不全の前の「放散痛」か

2018年02月23日 09:08

 21日、急性心不全のため死去した俳優の大杉漣さん。出演中のドラマの収録後に共演者と夕食を共にし、ホテルの自室に戻ったところで腹痛に襲われたという。大杉さんの死因となった「急性心不全」は、心臓の機能が止まった状態を示す。原因の病気として、福田医院の福田伴男院長(横浜市)は「動脈硬化から血管が詰まっての心筋梗塞か、不整脈の一種である心房細動のどちらかがほとんど」と指摘した。

 心筋梗塞も不整脈も、心不全に至る前に「放散痛」という痛みが体の各所に生じることがある。大杉さんは「おなかが痛い」と訴えたが「みずおち、肩甲骨、腕、背中、歯など痛みはさまざまな場所に生じる。時には腰や脚が痛いと訴えた人が心筋梗塞の場合もあり、どこかが痛いと言う患者さんは心筋梗塞も疑うのが医者のセオリー」(福田院長)。高血圧、喫煙、飲酒、肥満、ストレスなどが原因となり、通常の健康診断の心電図や血液検査で予兆を発見することが可能。「冬場は患者が最も多い」(同)と寒い季節は要注意という。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000089-spnannex-ent

【芸能】『T.M.Revolution』西川貴教がリッチなお泊まり愛!高級スパから高級ホテルへ

2018年02月23日 09:07

 坂本龍一や田原俊彦、ヤンキースの田中将大に『トレンディエンジェル』斎藤司―各界のトップたちに愛されるイタリアンの名店『A』で、今夜も超一流の男がディナーを楽しんでいた。

 トークも一流なのだろう、向かいの席に座った美女は、先ほどから笑いっ放しだ。夜9時半、タキシード姿の支配人に見送られて、小さなシルエットが外に出てきた―大好きな『クロムハーツ』のニット帽を被った『T.M.Revolution』西川貴教(47)である。

 そして、そのすぐ隣をミニスカの若い美女が寄り添うように歩いていた。
『A』でお腹を満たしたら、上階にある高級スパへ――実はこれ、超一流たちの“黄金コース”なのである。西川と美女が入ったのは、カップルに人気の完全個室のスパだった。スパを終えたのは深夜1時前。まず一人で姿を現した西川はしきりに周囲をチェック。安全が確認されたのか、まずは美女一人を店から出して、迎車のタクシーに乗り込ませた。タクシーはそのまま都内の高級ホテルへ。その後、西川を乗せたタクシーも彼女が待つ高級ホテルへ。

 後日、自宅近くで本人を直撃した。

――先日、『A』で食事をされた後にスパに行かれた時にですね。

「はいはい」

――若い女性といらっしゃいましたが。

「はいはい」

―その後、ホテルに行きましたよね。

「……どうでしたかねぇ、記憶がないんですけど(笑)」

――離婚されてかなり時間が経ちましたけど、再婚のほうは?

「いやぁ、もう全然、そんなのないです」

――もう結婚したくはないと?

「そういうことではないです」

 かつて、半裸で風に吹かれていた西川も47歳。欲望のレベルを上げ続けるのもいいけど、人生のリミットを考えたら、是が非でも彼女に再婚をお願いしといたほうがいいのでは!?

 フライデー最新号では、ツーショット写真を掲載し、西川への直撃取材についても詳しく報じている。またFRIDAYデジタルでは、西川への直撃動画を公開している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180223-00010000-friday-ent

【芸能】俳優・菅田将暉、熱愛と報じられたモデルで女優・菜々緒は「心のオアシス」的存在だった?

2018年02月22日 09:57

 自宅マンションでのお泊りデートが報じられた菜々緒(29才)と菅田将暉(25才)。ふたりは2月中旬の夜、都内の高級焼き鳥店で食事を済ませ、そのまま菜々緒の自宅マンションに向かった。菅田が菜々緒のマンションから出てきたのは翌日の正午前。13時間にわたって、ふたりで過ごしていたこととなる。

 テレビに映画に引っ張りだこのふたりは、昨年だけで映画『銀魂』、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』、さらにauの「三太郎CM」で共演している。

「銀魂の現場では、菅田くんが100円均一で買ってきた小型扇風機を菜々緒さんの顔にいきなり向けたりして、ふざけあったりしていました。“気持ちいいでしょ?”っていう菅田くんに、菜々緒さんが“あー、いい気持ち”ってノってあげて。でも次の瞬間、菜々緒さんが“びっくりするでしょ!”って菅田くんの頭をポンって叩く振りしたりして、いつもにぎやかでした」(映画関係者)

『直虎』の現場では、年上の菜々緒がお姉さんぶりを発揮する光景も。

「後半から登場した菅田さんは、当初かなりガチガチだったんです。それを見た主演の柴咲コウさん(36才)が、緊張をほぐそうと結構イジってたんですよね。“無駄に目力あるよね。でも、なんか捉えどころなくて、何考えているかわからない”みたいな。そんなときは菜々緒さんが“ちょっと眠そうだけど、かわいい目じゃない?”とさりげなくフォローしてて。

 大の牛乳好きの菅田さんが、ロケ弁に牛乳を合わせてたことがあったんです。それについても他の共演者さんから“なんて食べ方!”ってツッコまれていたんですが、菜々緒さんは“なんか学校の給食みたいだね”ってその場を和ませていました。直虎の現場は菅田さんにとって年上の先輩俳優ばかりだったんですが、菜々緒さんの存在は“心のオアシス”のように感じていたと思いますよ」(NHK関係者)

http://news.livedoor.com/article/detail/14335700/

【芸能】お笑い芸人・志村けんの誕生会「側室の座」についたのは女優・多岐川裕美の娘の華子!

2018年02月22日 09:55

2月17日夜、東京・六本木のイタリアンレストランで、志村けんの68歳の誕生日パーティが開催された。

「幹事は中山秀征さんで、会場には30名以上の芸能人が馳せ参じました」(芸能事務所関係者)

翌々日のブログで志村本人が載せた写真には、マツコ・デラックス、タカアンドトシ、島崎和歌子、さらには麻美ゆまや池田夏希ら“志村ガールズ”の面々が写っているが――。

「そんな中で、“志村さんの隣の席にどの女性が座るのか”が例年注目されています。かつては優香やみひろ、板野友美らが“側室の座”をキープしてきました。昨年までは連続で参加し、大本命と見られていた橋本マナミは、今年は欠席でした」(芸能記者)

果たして志村の隣に座り、新たに“側室の座”についたのは誰だったのか。

「女優の多岐川裕美の娘の華子(29)だったようです。12年に俳優の仁科克基とスピード離婚して以来、志村の誕生日パーティには毎年参加。今年も、参加者が大集合した写真で志村のすぐ横にいました」(前出・芸能事務所関係者)

“最後の独身大物芸能人”の誕生日パーティの詳細は、2月22日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

http://news.livedoor.com/article/detail/14332807/

【芸能】俳優・大杉漣さん急死で芸能界大混乱、代役?多数の出演中番組の対応は?

2018年02月22日 09:46

 映画「ソナチネ」「HANA―BI」などに出演し、ドラマやバラエティーでも親しまれた俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名・大杉孝=おおすぎ・たかし)さんが21日午前3時53分、急性心不全のため死去した。66歳だった。ドラマ、バラエティー、旅番組、舞台など現在進行形で活躍していた大杉さん。その急逝により、大きな歯車を失った作品をはじめ芸能界には大混乱が訪れそうだ。

 現在放送中のテレビ東京系連続ドラマ「バイプレイヤーズ」(水曜・後9時54分)はこの日の放送(第3回)は遺族の意向もあり予定通り放送されたが、28日(第4回)、3月7日(最終回)については検討中だ。関係者も「まだ撮影は終わっていませんが、対応は決まっておりません」と困惑気味。今後は内容の変更も余儀なくされそうだ。

 昨年1月からレギュラー出演している日テレ系「ぐるぐるナインティナイン」(木曜・後7時56分)の人気企画「ゴチになります!」。22日放送分の収録は今月12日に行われ、予定通り放送される。関係者によると、「今後の対応は未定」という。

 BSフジの散歩番組「大杉漣の漣ぽっ」(土曜・後5時)ではホームページで「心よりご冥福をお祈り申し上げます」とメッセージを掲載。次回放送は3月3日に大杉さんが友人の板谷由夏(42)、勝村政信(54)らと神奈川・鎌倉市を歩く予定となっている。

 また、今後決まっていた仕事も多数あり、4月からは日テレ系ドラマ「正義のセ」に出演の予定も。女性検事役の主演・吉高由里子(29)の上司を演じるはずだった。さらに4月12日から5月13日までは舞台「1984」(東京・新国立劇場)に出演予定ですでにチケットも発売されていた。これらも代役を立てるなどの対応に追われそうだ。大杉さんの存在はあまりにも大きすぎる。

 ナインティナイン(お笑いコンビ)「突然の事で正直まだ受け止められていません。まだ信じられませんが…本当に残念です。『ぐるナイ』での大杉さんの包み込む優しさ、たくさんの気遣いに感謝しかありません。本当にありがとうございました」

http://news.livedoor.com/article/detail/14335359/

【芸能】俳優・菅田将暉がモデルで女優・菜々緒の自宅マンションに13時間お泊まり!

2018年02月22日 09:41

 菜々緒(29才)と菅田将暉(25才)が、菜々緒の自宅マンションにお泊まりする様子をキャッチした。

 都内繁華街の雑居ビルのワンフロアに入る焼鳥店。といっても、煙モクモクの赤ちょうちん的な店ではない。こぢんまりとしたカウンターに、テーブル席と小上がりの半個室がそれぞれ2つずつほど。超がつくほどの高級焼鳥で、一見さまお断りの完全紹介制。人目を忍ぶ芸能人たちが通うことで知られる。

 2月中旬の夜、その店を一組の男女が訪れた。狭い店内で長い脚を窮屈そうに折りたたんでいたのは菜々緒。その隣には、菅田将暉が座っていた。

 夜10時過ぎ、ふたりは揃って店から出てきた。黒いキャップを目深にかぶり、黒いロングコート姿の菜々緒は、ビルから出る直前にマフラーを持ち上げて顔を隠す。一方の菅田は黒いハンチングにサングラス、パイロットジャンパーといういでたち。ふたりが乗り込んだタクシーは、菜々緒の自宅マンションの地下駐車場へと消えていった。

 昨年は、映画『銀魂』、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』、auの「三太郎CM」で共演している菜々緒と菅田。昨年秋ごろからふたりで一緒に過ごすことが増えたという。

 菜々緒の部屋を訪れた菅田がマンションから出てきたのは、翌日の正午12時前。実に13時間にもわたってお泊まりデートを楽しんだことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180221-00000020-pseven-ent

【訃報】急性心不全で66歳で急逝、俳優・大杉漣、『バイプレイヤーズ』共演者に見守られながらの最期

2018年02月22日 09:39

 俳優の大杉漣さんが21日、急性心不全のため66歳で亡くなった。共演者に見守られながらの最期だったという。

 テレビ東京によると大杉さんは20日に行われた同局のドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(毎週水曜 後9:54)の撮影に参加。撮影を終えて宿泊先に戻り食事をとっていたところ腹痛を訴え、松重豊と関係者らに付き添われて救急病院へ。そのまま、21日の午前3時53分にテレビ東京の関係者、同ドラマの共演者、そして家族に見守られながらの最期を迎えたという。

 この日の3話は遺族、事務所、キャストの意向もあり、予定通り放送となった。同ドラマは、大杉さんら日本を代表する名脇役(バイプレイヤー)たちが共演する人気作品。大杉さんと共演していた遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研は、突然の訃報に下記のとおりコメントを寄せている。

------------------------
余りにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます。「バイプレイヤーズ」という実名を晒した上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません。

しかし最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。
お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください。

漣さん、ありがとうございました。


バイプレイヤーズ一同
遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研
------------------------

 大杉さんは1951年9月27日生まれ、徳島県出身。74年から88年まで、太田省吾主宰の『転形劇場』で舞台俳優として活躍し、78年に『緊縛いけにえ』で映画デビュー。以降、映画『ソナチネ』、『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』などの多数の作品に出演。主役を際立たせる名バイプレーヤーとして欠かせない存在となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000371-oric-ent

【芸能】キャスター・小倉智昭氏、銀メダルの宇野昌磨に「誰、このおじさんって顔をいつもされる」

2018年02月21日 11:20

 21日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で平昌五輪男子フィギュアスケートで銀メダルを獲得した宇野昌磨(20)の樹さん(16)が語る兄の素顔を特集した。

 兄の性格について樹さんは「人見知りがかなり大きいです。そんなに話したりしないです。たぶん、スケートやっているから話したりしているように見えているだけで、もしスケートやらずに学校に普通に通っていたりしたら人と話していなかったです。そういうところがボクと反対です」などと明かしていた。

 小倉智昭キャスター(70)は宇野について「昌磨くんがね、もっと小さいころからアイスショーとかに出たりする機会があって、一緒に写真撮ったりするんですけど。その度にこのおじさん誰って顔してる」と明かすと、スタジオは爆笑に包まれた。その上で「絶対にとくダネとか見たことないと思うんだよ。誰、このおじさんって顔いつもされる」と話していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/14330889/