【フィギュアスケート】浅田真央が引退発表!「選手として終える決断致しました」

2017年04月11日 09:04

 女子フィギュアスケートのバンクーバー五輪銀メダリスト・浅田真央(26=中京大)が10日、ブログで引退を発表した。

「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました」(原文のまま)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-01805741-nksports-spo

【テニス】錦織圭(24)、全豪優勝のワウリンカをフルセットで破り自身初の四大大会ベスト4!日本人男子96年ぶりの快挙!

2014年09月04日 09:24

 全米オープンテニス第10日は3日(日本時間4日)、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス準々決勝は第10シードの錦織圭(24=日清食品)が、全豪覇者で第3シードのスタニスラス・ワウリンカ(29=スイス)を3―6、7―5、7―6、6―7、6―4で下し、日本選手として1918年の熊谷一弥以来96年ぶりの4強入りを果たした。

 第1セットはワウリンカが第2ゲームをブレークして主導権を握ると、力強いリターンで錦織を苦しめこの後もサービスゲームをキープし6―3でものにした。

 第2セットは、動きに切れの出てきた錦織に2度のブレークチャンスがあったがワウリンカも220キロ近いサーブで対抗。ともにサービスゲームをキープしたが、第12ゲームで錦織がブレークして7―5で奪い、1セットオールとした。ワウリンカから初めてセットを奪った。

 第3セットで錦織は赤から白のシャツに着替え、さらに動きに俊敏さが増し第6ゲームでブレーク、その次のサービスゲームも取った。ワウリンカも第9ゲームをブレークし、次のゲームも取って追い付き5ゲームオールとなった。この後ともにキープしてタイブレークに入った。タイブレークは錦織が9―7で取った。

 第4セットは互いにサービスゲームをキープしてタイブレークへともつれ込み、ワウリンカが0―4とリード。相手のミスもあって錦織も4ポイント連取して4―4に追いついたが、5―5からリターンがアウトとなってセットポイントを許すと、最後はワウリンカのサーブを錦織がリターンできず5―7。セットカウント2―2で勝負は最終セットにもつれ込んだ。

 第5セット、錦織は第3、5ゲームでブレークポイントを許しながらもキープして4―4に。第9ゲームをラブゲームでキープして勢いに乗ると続く第10ゲームをブレークして、6―4で4時間を超える熱闘に決着をつけた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00000083-spnannex-spo

【芸能】「爆笑問題」元マネージャーの逮捕受け… 太田光代社長、所属タレントらに薬物検査実施!

2014年06月27日 15:19

お笑いコンビの爆笑問題・太田光の妻で、芸能事務所「タイタン」社長の太田光代氏が27日、爆笑問題の元マネージャーの男性が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、所属するタレントおよび社員に薬物検査を行ったことを自身のツイッターで明かしている。

光代氏は「順じに薬物検査を。社員におこなって。有言実行だから。爆笑問題チームと私が最初」と明かし、「タレントも、含む社員は、誰も拒否しなかったけど。苦しい。信じているのに。SUN社員に。薬物させているのが苦しい」と胸中を吐露。

さらに、「皆ね率先して検査を受けてるから、タレント、社員を追報することはないと思います」と潔白を信じつつも「なにか問題があったら、即刻、通報します」としている。

また、事務所の社長として「監督不行届きです」と自らを責め、「だから全ての責任は私にあります。申し訳が御座いません」と綴っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140627-00000314-oric-ent

【芸能】お笑いコンビ「爆笑問題」の元マネージャーが覚せい剤で逮捕!ラブホテルで使用…過去に橋下氏の選挙統括本部長も

2014年06月24日 10:10

 6月16日、東京地裁で行われた覚せい剤取締法違反容疑の公判。
「今後は薬物と縁を切って、きちっと社会復帰をしたいと思います」と、A被告(49)は神妙に謝罪の言葉を口にした。

 彼は、実は爆笑問題の元マネージャー。太田光(49)、田中裕二(49)の2人とは日大芸術学部時代の同級生でもある。
18歳から31年来の付き合いの、まさに“同志”とも言うべき存在だった。
太田の妻・光代さん(49)が社長を務める爆笑問題の所属事務所『タイタン』に長年勤務していたが、
2年前に居眠り事故を起こして退社。その後、別業種の会社に転職し、
被害者への賠償などに努めていたはずだったが……。
そんな彼が昨年、覚せい剤所持の現行犯で再び逮捕。起訴されて現在、裁判中の身となっていた。

 法廷では、驚くべき事実が明らかになった。検察や被告人の証言によれば、
A被告はなんとタイタンでマネージャーとして働いていた頃から、“シャブ漬け”だったというのだ。
この日、論告求刑で検察官は、こう読み上げた。

「売人の携帯電話には『高円寺ベテランさん』なる名前で登録されていたAは、覚せい剤をラブホテルで使用し、
残った覚せい剤と注射器を所持しているところを職務質問されて、現行犯逮捕されたものである」

 A被告は、橋下徹・大阪市長が08年に大阪府知事選に初挑戦した際に選対の選挙統括本部長として
選挙運動を仕切り、朝日新聞でも報じられたほど。
当時、爆笑問題の2人は自分たちのラジオ番組で、一躍時の人となったA被告を愛情込めてイジってもいた。
本誌は、タイタンの太田光代社長に電話で話を聞いた。

 ――A被告が覚せい剤を使用していたことは気付きませんでしたか?

「知りませんでした。爆笑問題の2人も、他のスタッフたちも気付きませんでした。
しかし、今回のことは呆れてモノも言えない。そんなこと(覚せい剤使用)がわかっていたら、即座にクビです。
事故の直後に、再就職しやすいように懲戒解雇ではなく諭旨解雇にしましたが、そんな私が間抜けでした。
完全に裏切られました」

 光代さんは激しい口調で、怒りをぶちまけた。

「今回の逮捕を知って、太田も田中も『あいつは無理だ。一生、会わない』と怒っています。
タイタンとしては、(Aの逮捕を受けて)スタッフと所属タレント全員、病院で薬物検査をすることにしました」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140624-00010000-jisin-ent

【サッカー】本田圭佑、ミラン移籍直前に頸部の手術を受けていた!

2014年06月02日 10:26

日本代表のエースMF本田圭佑(27=ACミラン)が、
頸部(けいぶ)の手術を受けていたことが1日、明らかになった。首の付け根付近を横に約10センチ、
メスを入れた。日刊スポーツの取材では昨年12月にCSKAモスクワを退団してから、
今年1月にACミラン入りするまでの1カ月間に国内で手術に踏み切ったものとみられる。
日本のエースは悲壮な覚悟で、優勝を公言する自身2度目のW杯に臨む。

本田が首にメスを入れていたことが判明した。頸部に横に10センチほどある生々しい傷。
赤みがかった手術痕は、病に苦しんだことを物語っている。W杯に向けた最終合宿地となる
フロリダ入りした5月29日(日本時間同30日未明)、チャーター機で到着したタンパ国際空港内。
日刊スポーツの頸部手術歴に関する問いに、本田は「何もないよ。何でもない」とだけ語り、
病名と手術時期については明言を避けた。

本紙の取材では、CSKAモスクワ退団が決まって一時帰国した昨年12月12日から、
ACミランに移籍するためにイタリア入りした今年1月4日の間にメスを入れた可能性が高い。
昨年12月に成田空港に到着すると極秘で首都圏の病院に家族を伴って直行。
黒いワゴン車で病院駐車場に 入ったまま、再び姿を見せることはなかった。
関係者が大型スーツケースを数個、車から病院内に 運び込む姿も見られ、
病院職員が本紙記者を追い払うほど緊迫した状況だった。
その後、年末にかけて療養のためか、沖縄・宮古島に滞在している。

予兆は、13年1月に当時所属していたCSKAのスペイン・カンポアモール合宿中にあった。
体調不良を訴えて離脱。一時は日本代表の親善試合ラトビア戦(同年2月6日)などで復帰したが、
すぐに再離脱した。3月26日にはクラブの了承を得て、ロシアリーグのシーズン中に緊急帰国。
この頃から本田の体調面に異変があったものとみられ、時期を見極めて、12月に手術に踏み切ったようだ。

決意のW杯になる。2得点を決めて世界16強進出に貢献した10年南アフリカ大会後からの4年間で、
3度の手術を受けた。11年9月にバルセロナで右膝半月板、12年6月には視力回復の手術。
そして今回はサッカー選手特有の足などの負傷ではなく、体の中心部にまでもメスを入れた。
それも「集大成」と位置づける今回のブラジル大会で、公言するW杯優勝という目標を達成するために、
体をより万全の状態にしようという決断だった。5月31日(同1日未明)に、合宿地で行われた
報道陣の共同取材。英語で「優勝できるのか?」と問われた本田は「Yeah(はい)」と即答した。
さらに「逃げ道はない」「世界を驚かせたい、そう強く思っている」と続けた。
揺るぎない信念を貫き通す覚悟がある。本田はここまでしても世界一にこだわる。

http://www.nikkansports.com/brazil2014/news/p-sc-tp0-20140602-1310961.html

【芸能】消えかかっていたタレント・南明奈、“濱口効果”でオファー急増!

2014年03月21日 09:12

 18日、「よゐこ」濱口優(42)と交際中のタレント、南明奈(24)が
ヘアケアブランド「ハニーチェ」の新商品発表会に出席。
「ホワイトデーに(濱口から)お菓子をもらった。いいお付き合いをしたいですね」とノロケた。

 同席した占い師のゲッターズ飯田(38)から「今年と来年は絶好調運」と
太鼓判をもらい、「やったー!」と大喜び。大きなおなかを抱えて登場した
妊娠9カ月の優木まおみ(34)を見た南は「すごい表情が変わった。
お母さんになるってステキなことですね。いつかは(母親に)なりたいけど、
まだまだ人間として成長しないと」と控えめながらも、濱口との結婚も視野に入れていた。

 現在、レギュラーは夕方のアニメ番組1本のみ。
にもかかわらず、今回の熱愛報道で再び南に注目が集まっている。
この“濱口効果”も手伝って、テレビ出演やイベントのオファーは急増。
濱口が「めちゃ×2イケてるッ!」や「笑っていいとも!」(ともにフジテレビ系)でイジられ、
「ナインティナイン」岡村隆史(43)が別のイベントで2人の交際について話すことで
波及効果は絶大に。「アッキーナはいろんな意味でいい物件をつかまえた」と“評価”が上がっている。

「相手が濱口なら女性からのやっかみや反感も少ないし、芸人ということで周囲から
イジられて話題になりやすい。消えかかっていた南にとっては、
ちょうどいい相手だったと思います。『めちゃイケ』のような番組では、
恋愛ネタで企画を作るのは当たり前。交際が順調にいって、2人に結婚の覚悟ができれば、
矢部浩之と青木裕子アナの結婚報告のときのように、番組を使って
ひとつのイベントにするかもしれません。もし結婚すれば、加藤浩次の嫁のように、
芸能界から一線を引いたとしても『濱口の嫁』としてテレビに出ることができる。
南にとってはオイシイ相手。以前、交際していた『Kis―My―Ft2』の玉森裕太とは
ジャニーズの看板が邪魔してうまくいかなかった。彼女も学習したんでしょう」(芸能関係者)

 第一報を報じたスポーツ紙の取材に改めて応じた際、
「ありがとうございます! 芸能人っぽいですよね~」とノリノリだった南。
42歳を手玉に取って一度沈みかけた船を立て直すとは、ただの24歳ではなさそう。
濱口を踏み台にしていった小倉優子(30)や倉科カナ(26)と同じ道をたどるのだろうか。

http://gendai.net/articles/view/geino/148830
http://gendai.net/articles/view/geino/148830/2

【スキージャンプ】高梨沙羅(17)、日本体育大体育学部の「飛び入学入試」に合格…実際に入学するか、両親らと相談して決断へ

2014年03月17日 09:45

ノルディックスキー・ジャンプ女子のワールドカップ(W杯)で個人総合2連覇を果たし、
ソチ冬季五輪は4位だった高梨沙羅(17=クラレ)が日本体育大体育学部の「飛び入学入試」
に合格したことが16日、大学関係者の話で分かった。

高校卒業前に大学に進める制度を使ったもので、高梨は実際に入学するかどうかは決めておらず、
両親らと相談の上、近く判断するという。

日体大の飛び入学入試の実施は今回が初めてで、五輪や国際大会の上位入賞など、スポーツで
特に優れた資質を持つことなどが受験条件になっている。書類審査を経て小論文や面接で選考され、
高梨は3月上旬に合格した。大学関係者は「将来は指導者になるのを念頭に置いていると
聞いている」と話した。

高梨は今季W杯で17戦14勝と圧倒的な強さを誇る。中学を卒業後、2012年4月に
グレースマウンテン・インターナショナルスクール(北海道旭川市)へ進学し、入学からわずか
約4カ月後の同年8月に文部科学省が実施する高校卒業程度認定試験(旧大検)に合格した。
現在は高校2年生に相当する。

http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20140317-1271275.html

【芸能】お笑いコンビ「よゐこ」の濱口優(42)がタレント・南明奈(24)と18歳差熱愛!TDLデート10回以上

2014年02月27日 10:16

 お笑いコンビ「よゐこ」の濱口優(42)が、「アッキーナ」の愛称で人気のタレント南明奈(24)と交際していることが26日、分かった。スポニチ本紙の取材では、数カ月前から交際を始め、東京ディズニーランドで10回以上デート。今月5日には東京・表参道ヒルズで、濱口がブーツを購入して南にプレゼントした。数多くの美女と浮名を流し、芸能界屈指のモテ男といわれる濱口もついに年貢を納めるのか。18歳差のカップルの行方に注目だ。

 よゐこ濱口が、またもや男性ファンを魅了する美女をゲット。バラエティー番組でおなじみの「獲ったどぉ~!」の歓喜の声が聞こえてきそうだ。

 本紙の取材では、交際が始まったのは数カ月前。もともとテレビ番組などで顔を合わせることは多く、5年以上の知り合い。南は昨年10月、イベントで「彼氏はいない」と話していたが、その直後に恋愛に発展した。

 2人の一番のデートスポットは、東京ディズニーランド。この数カ月で10回以上は行っている。濱口は東京ディズニーリゾートの最新情報を紹介するテレビ番組の進行役を務めるなど「大のディズニー好き」で、南も年間パスポートを持っていて一人で行くほどのフリーク。2人の友人は「いつも帽子とマスクはしているけど、あんなにたくさん行ってるのになんでバレないんだろうと思っていた」と話している。

 また、今月5日には都内のおしゃれスポット「表参道ヒルズ」でショッピングデート。大きなマスク姿で顔を隠した2人は、若者に人気のカジュアルブランド店に入店。濱口が約3万円のブーツを購入し、南にプレゼントした。その後、車で都内の濱口のマンションへ行き、そのままお泊まりしたようだ。

 2人でカラオケにも行っており、濱口の自宅の近所では、コンビニで仲良く買い物をする2人を見た人もいる。濱口は、複数の後輩芸人に南を「カノジョ」として紹介。仲間うちで一緒に食事もするなど、友人たち“公認”の真剣な交際ぶりがうかがえる。

 濱口の所属事務所は、2人の交際について「そういう報告は本人から受けております」と認めた上で「お互い大人ですし、プライベートは本人に任せております。今後も温かく見守っていただければ」と説明。南の所属事務所も「報告を受けております」と言い、事務所も公認のカップルだ。

 濱口は実は結婚願望が強く「40代のうちに何とか結婚したいねん」と周囲に漏らしており、番組企画でウエディングを体験した際には「人生最高の時でした」と感動していた。濱口の“恋の黄金伝説”はアッキーナによってピリオドが打たれるのか。目が離せない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00000141-spnannex-ent

【ソチ五輪】羽生結弦が金メダル!日本男子フィギュアスケート史上初の快挙!日本は今大会初の金メダル

2014年02月15日 09:19

 ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子フリー(14日、アイスバーグ・スケーティング・パレス)羽生結弦(19)=ANA=は、280・09点で1位となり金メダルを獲得した。町田樹(23)=関大=は、冒頭の4回転こそ転倒したもののその後はミスなく演じ、253・42点で5位。高橋大輔(27)=関大大学院=は、点数が伸びず250・67点で6位。パトリック・チャン(カナダ)は、275・62点で2位だった。

 羽生がソチで夢の金メダルだ。冒頭で4回転サルコウを飛んだが着氷に失敗。次の4回転こそ決めたが、さらにトリプルフリップを失敗。コンビネーションスピンから巻き返しを図りたい後半は、コンビネーションジャンプを連続で決めた。最後はトリプルルッツから華麗なスピンで、演技を終え観客にお辞儀、安堵の表情を浮かべた。

 前日のショートプログラムで、史上初の100点超えとなる101・45点で首位に立った。フリーで178・64点となり、合計280・09点。19歳の新星が日本に今大会初の金メダルをもたらした。

http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140215-00000502-sanspo-spo

【ボクシング】JBCが亀田問題の処分決定!亀田ジム国外追放へ

2014年02月05日 10:30

 亀田大毅がWBA、IBF世界スーパーフライ級戦で「負けても防衛」となって波紋を広げた“亀田問題”について、JBC(日本ボクシングコミッション)は4日、都内で倫理委員会及び資格審査委員会を開き、現在、亀田ジムの関係者に交付している各種ライセンスについて、停止もしくは、取り消しの重たい処分を下すことを決定した。

 事実上の日本ボクシング界からの“追放処分”だ。JBCでは、処分という言葉が適当かどうかについても検討中で、亀田ジムサイドからの法廷闘争に耐えうる文言などを慎重に考慮するため、正式な処分内容の発表は、後日、改めて行われることになった。

 今回の処分対象となる問題は、昨年12月2日のWBA、IBF世界Sフライ級統一戦で起きた。WBA王者のリボリオ・ソリスが計量に失敗して、試合前にタイトルを剥奪されたが、統一戦は行われることになり、前日のルールミーティング終了後に、WBA、IBF、JBCの3者の代表が揃って行われた記者会見でIBF王者の亀田大毅選手が負けた場合、同王座は空位になると発表された。しかし、試合後にIBFの立会い人であるリンゼイ・タッカー氏が「試合前の時点でタイトルは保持されていた」と、前言を撤回したため、日本のボクシング界を揺るがす騒動となった。

 亀田サイドは、「前日のルールミーティングで、負けても防衛ということが書かれた文書が配布された。我々は口頭での確認もした」と主張した。前日のルールミーティングでIBFルールがプリントされたものが配られたのは事実だったが、ルールミーティングの中で「負けても空位」か「負けても防衛」かの再確認はされていなかった。

■「出て行ってもらう」の意見に多くの委員が賛同

 倫理委員会では、「JBCが、そこで確認を怠ったという不備があるのではないか」という亀田ジムへ厳しい処分を下すことへの慎重論も出た。だが、JBC側は、「言った、言わないの証言の食い違いの議論ではなく、では事前に知っていたなら、なぜファンやJBCへの報告を怠ったのか。JBCは日本のボクシング界という業界の最低限のルールを見守る番人である。そのルールを守れないのであれば、出て行ってもらうしかない。それ相応の処分を出すことに問題はない」という主張を崩さず、多くの委員が、この意見に同意した模様だ。

 JBCは、処分決定まで2か月以上が経過したため、亀田問題が風化することを恐れたが、当初から弁護士を立ててきた亀田ジムサイドが法廷闘争に持ち込むことが予想されているため、顧問弁護士の意見を聞きながら手順を踏み、時間をかけて法的根拠を固めた。

■亀田ジムは活動停止も各選手の試合は可能

 JBCは、亀田ジムにオーナー、プロモーター、マネージャーの3つのライセンスを交付しているが、それらの各種ライセンスの停止もしくは、取り消しという厳しい処分が下される方向。これにより、亀田ジムは、国内での活動停止を余儀なくされることとなり、IBF王者の亀田大毅、WBO世界バンタム級王者の亀田和毅の国内での防衛戦は、亀田ジムの興行としてはできなくなる。

 ただJBCが統括しない海外での試合は可能。また各選手へのボクサーライセンスは、そのままなので、他ジムの興行に乗っかる形で、オーナー、プロモーター、マネージャーライセンスの名義を借りれば、国内でも試合を行うことはできる。

■亀田ジム側は法的処置へ

 いずれにしろ、処分内容が正式発表されれば、それを精査した上で、亀田ジム側が処分の差し止め請求などの法的な対抗処置をとってくることは、ほぼ間違いない。JBC側が処分を下しても“亀田問題”の最終決着とはなりそうにない。

http://news.livedoor.com/article/detail/8504338/