【芸能】小向美奈子容疑者“逃亡劇”ではなく、フィリピン滞在は「過激AV」撮影のためだった!

2011年03月07日 09:07

覚醒剤取締法違反(譲り受け)で逮捕された小向美奈子容疑者(25)。約1カ月のフィリピン滞在が“逃亡劇”と報じられたが、実は逃亡ではなく明確な目的を持って現地にいた。それはシャブ抜きのためでも英語の勉強のためでもない。ズバリ、AVの撮影のためだ。

 マニラでは常に複数の男たちが付き人のように小向をガードし、ホテルや航空券の予約などのサポートもした。これらを現地で指揮したのは多くのAV女優が所属する芸能プロの幹部といわれ、実はこの人物が中心となって小向の“大型プロジェクト”が進んでいるという。

「昨年、ソフト・オン・デマンドが発売した小向のDVDはストリップショーなどを録画したイメージAVでした。しかし、今回は男優と激しい絡みのある正真正銘のAVです。逮捕状が出たのになかなか帰国しなかったのは何本もまとめて撮影したため、時間がかかったからといいます。セブ島、ミンダナオ島などロケ地を転々としながら作品を作ったそうです」(関係者)

 これなら小向の代理人に勝新太郎の麻薬密輸事件を手がけた敏腕弁護士が選任されたり、帰国後も支援態勢がバッチリなのも納得できる。さっさと裁判を終わらせて、AVを発売しようというもくろみもあるのだろう。

 マスコミに囲まれた小向が落ち着き払って余裕シャクシャクだったのも、出所後の生活に困る心配がないことが大きい。

「小向クラスの知名度があるタレントが本気で本番シーンに臨めば、ギャラは1本2000万円は下らない。今は複数本の契約が一般的ですから、トータルで1億円近い金額になると思います」(AV事情通)

 あのボヨーン、ブヨブヨの肉体にそれだけの価値があるかは疑問だが、見たいと思うスケベな男たちが大勢いるのも確か。注目のAVになるのではないか。

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/gendai-000139304/1.htm

【芸能】「酒井法子との共通点・・」覚醒剤からストリップ騒動まで 小向美奈子が語った真実

2011年03月07日 06:10

酒井法子被告の判決公判が行われた9日、「情報ライブミヤネ屋」(読売テレビ系列)で、
同じく覚せい剤取締法違反で逮捕、起訴された元グラビアアイドル小向美奈子の
独占インタビューが放送された。この中で小向は覚醒剤を使用した経緯や騒動となった
ストリップへの出演などについて語った。

東京・浅草のストリップ劇場「浅草ロック座」で小向が出演したストリップ公演は、
25日間合計98回。売り上げは、約6,000万円とも言われた。
ストリップに対する思いを聞かれ、
「機会があればまた舞台に上がりたい」、
「踊りは自分の表現だし、その空間は自分の居場所になったので続けていきたい」
とも語った小向。

酒井法子被告の薬物事件にふれ、
「正直言って本当に驚きました。まさか(酒井被告が)やっているとは
思わなかったので。自分もそう思われていたんだろうなとは思うんですけど」と答えていた。

自身が覚醒剤を使用したきっかけが、その当時付き合っていた彼氏だった
ということもあり、「付き合っている人とか旦那さんとか親友とか環境で
(覚せい剤を)やってしまう」とも振り返り、酒井被告との共通点を感じたようだ。

また、覚醒剤で失った一番大きなものは何かという質問に対しては、
「社会の信用ですね。私によって親の仕事とかにも影響するし、
『悪い娘ですみません』って言葉しか出ませんでした」と答えた。

最後に「ちゃんと乗り越えて社会に戻れたっていう一人の人間として、
いまクスリをやっている人たちにダメだよって声を掛けられるような人になりたい」と語った小向。
覚醒剤に手を出してしまった過去を消すことはできない。
しかし、大事なのはこれからの人生である。二度と同じ過ちを繰り返さないでほしい。

http://news.livedoor.com/article/detail/4441172/

【芸能】ストリッパーの小向美奈子容疑者、覚せい剤の簡易検査が“シロ”でより精密な尿検査を受ける

2011年03月03日 10:19

覚せい剤取締法違反(譲り受け)容疑で逮捕されたタレントでストリッパーの小向美奈子容疑者(25)が、
尿検査を受けたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、特定の薬物使用をある程度の精度で見分けることのできる「簡易検査」では、
覚せい剤の陽性反応はなかったという。
ただ、あくまで予備的な検査であるため、2日までに科学的な鑑定に使う分析装置を用いた「精密検査」を受けた。
検査結果は週明けに出る見通しだ。

小向容疑者は1月21日にフィリピンへ渡航。先月25日に帰国後、すぐに逮捕された。
警視庁組織犯罪対策5課が1月17日に逮捕状を取ってから、39日が経過していた。

逮捕容疑は昨年5月14日午前0時半ごろ、東京都品川区のホテルの一室で、
イラン人の売人の指示を受けた日本人から覚せい剤約0・9グラムを4万円で購入した疑い。
小向容疑者は取り調べに「覚せい剤を買ったことはない」と容疑を否認している。

このイラン人については「知人で、悩みごとを相談するためにホテルで会ったことはある」と供述。
周囲には、09年に覚せい剤取締法違反で懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決を受けた事件での
「売人だった人。しつこく電話があったから会うことになっただけ」と説明しているという。

弁護人の牧義行弁護士(60)とは尿の精密検査の結果を待って、最終的な弁護方針を確認することになる。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/03/03/kiji/K20110303000353680.html

【芸能】タレント・小向美奈子容疑者の弁護人に故・勝新太郎さん担当“敏腕”弁護士が担当

2011年02月27日 09:12

覚せい剤取締法違反(譲り受け)容疑で逮捕された小向美奈子容疑者(25)の弁護人が、故勝新太郎さん(享年65)の麻薬密輸事件などを手がけた牧義行弁護士(60)になったことが26日、分かった。オウム真理教事件でテレビのコメンテーターを務めるなどお茶の間でも有名な大物。小向容疑者とはこの日、約1時間接見。弁護方針について直接確認したとみられる。

 牧弁護士はこの日午後4時ごろ、警視庁武蔵野署(東京都武蔵野市)を訪れ小向容疑者と接見した。約1時間にわたって弁護方針について確認したようで、同5時すぎ、同署から足早に出てきてワゴン車に飛び乗った。

 牧弁護士の名前がお茶の間で有名になったのは、91年、勝さんが米ハワイにコカインと大麻を持ち込んだとして麻薬取締法違反(密輸出)罪に問われた事件の弁護人になった時。無罪を主張したが翌92年、懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決が下っている。

 政財界を揺るがした大事件も手掛けており、88年のリクルート事件では当時の同社会長で贈賄罪に問われた江副浩正氏の弁護を担当。95年のオウム真理教事件では民放各局の情報番組でコメンテーターを務めるなど、お茶の間にはすっかりおなじみの顔だ。

 勝さんは密輸事件時「もうパンツははかない」の“迷言”を残すなど連日マスコミを騒がせた。事件の行方だけでなく、小向容疑者も勝さんのような珍発言で世間を騒がせてくれるか注目だ。

 そんな凄腕弁護士が付いた小向容疑者はこの日、警視庁の2回目の取り調べを受け、あらためて容疑を否認した。

 イラン人の密売人について「知人で、悩み事を相談するためにホテルで会ったことはある」と供述。「覚せい剤を買ったことはない。(イラン人から指示を受けた)日本人の密売人ともホテルで会っていない」とした。覚せい剤の話題になると時折、涙ぐむことがあり、自身の職業は「ストリッパー」と説明したという。

 警視庁の調べでマニラに滞在中、都内の自宅から荷物が運び出されていたことも判明。事件との関連を調べている。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/02/27/kiji/K20110227000326760.html

【芸能】小向美奈子容疑者を逮捕!覚せい剤取締法違反(譲り受け)の疑いで

2011年02月26日 09:02

警視庁は25日夜、逮捕状が出ていたタレントの小向美奈子容疑者(25)を
覚せい剤取締法違反(譲り受け)の疑いで逮捕した。
同容疑者は1月21日にフィリピンに出国していたが、
この日夜、滞在先のマニラから成田空港に帰国。その後、逮捕された。

 調べによると、小向容疑者は昨年、都内でイラン国籍の男らから覚醒剤を購入した疑い。
同庁は昨年10月、東京都品川区と目黒区の路上や駅で覚醒剤を密売していた薬物密売組織を摘発。
その後の捜査で同容疑者が顧客の1人であることが分かった。

 小向容疑者は1月21日、フィリピンに出国。日本から多くのマスコミが現地入りし、
マニラ市内を歩く同容疑者の姿が報道された。2月11日には帰国便を予約していたが、これをドタキャンした。

小向容疑者は2009年1月、知人宅で覚醒剤を所持していたとして警視庁に逮捕された。
その後、覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われ、
同年2月に東京地裁で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受け、
現在は執行猶予期間中。判決後はタレント活動を再開し、
同年6月には東京・浅草の浅草ロック座でストリッパーとしてもデビューし話題になった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110225-00000536-sanspo-ent

【芸能】タレント・小向美奈子容疑者は起訴されない?…仮に成分が検出されたとしても、フィリピン滞在中の使用と言われれば立件はできず

2011年02月24日 14:16

覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕状が出されたタレントの小向美奈子容疑者(25)。警視庁はすでに外務省に
対し小向容疑者の旅券返納命令を要請。フィリピンからの帰国、逮捕も待ったなしの状況になった。だが、ここに
きて逮捕は確実でも、「起訴に持ち込めるかは不透明」(法曹関係者)との見方が強くなってきている。一体、どう
いうことなのか。

警視庁が外務省に旅券返納命令を要請したことで、帰国が時間の問題となった小向容疑者。日本に降り立ったら
即逮捕・起訴がこれまでの観測だったが、このシナリオに暗雲が漂いだしている。

「現地でシャブ抜きを『した』『しない』に関わらず、渡航後に覚醒剤を使用していなければ、(期間がたっているため)
帰国しても尿からは成分が検出されません。仮に検出されたとしても、フィリピン滞在中の使用では立件はできませ
ん」と説明するのは、元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士。

「尿以外に、髪の毛や爪から検出されたとしても、これらは1年以上前の使用でも反応が出ることから、犯行日時の
特定ができず、これまた立件することは難しい」と意外な見解を示す。

逮捕状が出された覚せい剤取締法違反(譲り受け)。実のところ、これもかなり弱い容疑のようだ。

「『譲り受け』を証明するには、大相撲の八百長問題と同様、メールのやりとりといった客観的な証拠が不可欠。
警察や検察がそこまで核心に迫る証拠を握っているかどうかにかかっています」

売人とされるイラン人の証言や顧客名簿を証拠に公判を維持するのは難しく、「実際、譲り受けで逮捕されても
起訴に至らないケースは多い。小向容疑者にも同じことがいえるでしょう」というのだ。

証拠となりそうな携帯電話はすでに処分したとみるのが自然。動かぬ証拠でもない限り、「小向逃げ切り」の公算も大きい。

現地で週刊ポストの取材に応じた小向容疑者は、きっぱりと容疑を否定し、逮捕状が出るきっかけとなったイラン人
売人男性と関わりについても《(売人を辞めたいと)悩んでいる彼を見て、そばにいずにはいられなかった》などとクスリと
は関係のない“関係”を誌面を借りて、ちゃっかりアピール。

警察をあざ笑うかのように“逃亡先”のフィリピンでぬくぬくと生活を続けられるのは、こんな自信があってのことなのかもしれない。

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110224/enn1102241148004-n1.htm

【芸能】タレント・小向美奈子容疑者が今後について「出頭します」「逃亡犯じゃない」「実刑判決も平気」などと激白

2011年02月21日 09:27

覚せい剤取締法違反(譲り受け)容疑で逮捕状が出ているタレント、小向美奈子容疑者(25)が、
事件発覚後初めて取材に応じていたことが20日、分かった。
21日発売の「週刊ポスト」(3月4日号)が潜伏先のフィリピン・マニラ市内で直撃。小向容疑者は容疑を否定。
「私は逃亡犯じゃない」とし、帰国して出頭すると断言しているが、取材から1週間経っても“逃亡生活”は続いている。

 フィリピンの首都マニラで“逃亡生活”を送っているとみられていた小向美奈子容疑者が、同地で重い口を開いた。
21日発売の「週刊ポスト」によると、フィリピンに飛んだ同誌記者が直撃に成功したのは今月14日。
『小向美奈子「覚醒剤と妊娠とイラン人」』のタイトルで、見開き4ページにわたり報じている。

 今回の容疑が浮上したのは、東京・品川区を拠点に覚せい剤を売買していた
イラン人密売人グループの摘発(昨年10月)がきっかけだったが、小向容疑者は容疑を否定。
今後について「出頭します」「逃亡犯じゃない」「実刑判決も平気」などと話している。
また、一部の関係者から指摘されていた“妊娠説”についても、
「妊娠はしていない」などと否定した。

小向容疑者は取材を受けた2日後の16日、マニラ発成田行き「デルタ航空172便」を予約していた。
しかし、搭乗寸前にキャンセルして姿を消し、再び“逃亡生活”に入っている。

 小向容疑者はマニラ首都圏マカティ市のホテルを2月10日にチェックアウト。
翌11日に同ホテル近くで、コーヒーを手に男性と2人で歩いているところを
テレビ朝日記者に取材されたのを最後に所在は不明のままだ。このときも無言だった。

 日本の警察関係者は、依然として「外国に捜査協力を要請しても、身柄確保まではなかなか至らない。
帰国させたところで逮捕するのが現実的」という見解を崩していないが、
一方では外務省の協力を仰ぎ、水面下で「旅券返納命令執行」を進めている。
小向容疑者がフィリピンから“やっかい払い”されるのは、いずれにしても時間の問題とみられる。

http://www.sanspo.com/geino/news/110221/gnd1102210505000-n1.htm
http://www.sanspo.com/geino/news/110221/gnd1102210505000-n2.htm

【芸能】タレント・小向美奈子容疑者(25)逮捕へ 旅券返納命令でフィリピン強制退去

2011年02月19日 11:12

覚せい剤取締法違反(譲り受け)容疑で逮捕状が出ているタレントの小向美奈子容疑者(25)について、
警察当局は18日、週明けにも外務省に同容疑者の旅券返納命令を要請する方針を固めた。
捜査関係者が明らかにした。同命令が出され一定期間が経過すればパスポートは無効になり、
滞在先のフィリピンを強制退去となる見通し。

旅券法では、2年以上の刑に当たる罪を犯した疑いで逮捕状が出ている容疑者らに対し、
外務省が旅券の返納を命じることができる。
外務省によると、小向容疑者のような所在不明者の場合、返納命令の発出は官報に掲載後、
20日間で本人に伝わったとみなされ、さらに「合理的な一定期間」を経て旅券が失効する。

すると滞在延長や第三国への出国は事実上、不可能となり、
警視庁は小向容疑者が現地から強制退去されるのを待って逮捕する方針だ。

小向容疑者は昨年、都内でイラン国籍の男から覚醒剤を購入した疑いが持たれており、
警視庁が1月に逮捕状を取った。
同容疑者は同21日にフィリピンへ向け出国。その後、3月21日までの滞在を申請し、許可されていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110219-00000035-sanspo-ent

【芸能】覚醒剤取締法違反のタレント・小向美奈子、 国外逃亡か!出国記録からアジア方面に渡航したとの情報もある

2011年02月09日 09:02

覚せい剤を購入したとして、警視庁組織犯罪対策5課は覚せい剤取締法違反(譲り受け)
の疑いで、タレントでストリッパーの小向美奈子容疑者(25)の逮捕状を取ったことが8日、
捜査関係者への取材で分かった。小向容疑者は09年2月に同法違反(使用)罪で
有罪判決を受けており、執行猶予中だった。現在は海外にいるとみられ、同課が行方を
捜査している。

捜査関係者によると、組対5課などは昨年秋、都内のホテルで覚せい剤を売買したなどと
して、イラン人と日本人の薬物密売グループを摘発。その捜査の過程で、小向容疑者が、
このグループから覚せい剤を購入していた疑いが浮上した。

9日発売の「週刊文春」によると、小向容疑者はイラン人密売人の男と頻繁に接触を持ち、
密売グループがアジトとして使用していたアパートの一つにも出入り。警視庁がこの男から
押収した携帯電話には小向容疑者との通信記録が残っていたほか、男の供述調書には
小向容疑者とみられる「ストリッパー」「金をたくさん持っているので驚いた」などの言及も
あるという。

最後に報道陣の前に姿を見せたのは、昨年12月17日に都内で行われたAV女優を
表彰する「ソフトオンデマンド大賞」の授賞式。ストリップのDVDで最優秀女優賞など
5部門を受賞し「来年も新しいことに挑戦したい」と抱負を語っていた。

関係者は当時の小向容疑者の様子について「だいぶ太っていた。ダイエットしなければ
ストリップの仕事もできないくらいで、イライラしていたのではないか」と指摘。同28日に
TBSのバラエティー特番「ビートたけしのもう一回だけヤラせてTV」に生出演し、これが
最後の仕事という。

所属していた事務所とは昨年10月に契約が切れていた。都内の自宅兼事務所は
年明けまでに片付けており、現在は所在不明となっている。小向容疑者のツイッターは
今年1月13日以降、更新されていない。

関係者によると、組対5課は1月に小向容疑者の逮捕状を取ったが所在の特定が難航。
逮捕状の有効期限は原則7日間のため、何度か更新しているという。出国記録などから
既に海外にいるとみられ、アジア方面に渡航したとの情報もある。同課などが行方を
追っている。(中略)

その後はストリッパーに転身。東京・浅草ロック座で記録的な動員に貢献したほか、
主演映画「花と蛇3」ではSMプレーも披露。裸と性を武器に、出直しは順調に見えた。

知人によると、今年に入って、小向容疑者が渋谷区内で外国人男性と買い物などを
しながら親しげに歩く姿を見かけたという。前回起訴された際、「六本木のクラブで
外国人に勧められ吸ってしまった」と話していたことから、この知人は「あやしげな
外国人と仲良さそうにしていたので、まさか、と心配していた」と話している。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/02/09/kiji/K20110209000211950.html

【芸能】タレント・小向美奈子容疑者に違法薬物譲受け容疑で逮捕状!去年2月に覚せい剤使用で有罪判決、現在執行猶予中

2011年02月08日 14:05


 違法薬物を密売組織から購入したとして、警視庁が麻薬特例法違反(譲り受け)の
疑いで、アイドルタレントの小向美奈子容疑者(25)の逮捕状を取ったことが8日、
捜査関係者への取材で分かった。

 小向容疑者は平成21年2月、東京地裁で覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われ、
懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けており、現在は執行猶予期間中。

 捜査関係者によると、小向容疑者は昨年、都内でイラン国籍の男らから違法薬物を
購入した疑いが持たれている。

 警視庁は昨年10月、都内の路上や駅で覚醒剤を密売していた麻薬密売組織を摘発。
イラン国籍の男ら計4人を覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡)などの疑いで逮捕、
薬物を購入していた男女20人以上についても逮捕していた。

 捜査関係者によると、その後の捜査で、小向容疑者がこの密売組織の顧客の1人で
あることが判明した。このため警視庁は麻薬特例法違反容疑で逮捕状を取り所在
確認を進めている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110208/crm11020813030016-n1.htm