【芸能】暴行傷害で逮捕の俳優・高岡奏輔は「意図的にハメられた」!? 鈴木亜美との関係も…

2016年01月18日 11:06

 俳優の高岡奏輔(前名・蒼佑、蒼甫)が1月7日、20代の男性を殴った傷害事件について、高岡の知人が「意図的にハメられた」と話している。

「見知らぬ相手と三軒茶屋の店でケンカになったって報道だけど、向こうが計画的にケンカを仕掛けてきた感じだったって聞いてる。相手は自分から手を出したくせに、被害者面していて、たぶん高岡がちょっとでも手を出せば警察沙汰にして、タレント稼業を潰す計画的なワナだったんじゃないか」(同)

 この話が事実かどうかはわからないが、高岡は7日の早朝8時30分ごろ、ラーメン店で飲酒中に面識のなかった男性と口論になり、店の外で殴る蹴るの暴行の末、ケガを負わせた疑いで9時21分に現行犯逮捕された。高岡は「絡まれてカッとなった」と容疑を認めたという。10日に釈放され、現在は在宅で捜査されている。

 高岡は人気俳優である一方、繁華街で名の通ったアウトロー集団との付き合いも取り沙汰される不良っぽいライフスタイルや、酒癖の悪さが知られていた。2007年に結婚した人気女優、宮崎あおいとは約4年で離婚。その際に宮崎とV6・岡田准一の不倫を暴露したり、フジテレビ批判発言など波紋を呼ぶ言動も多く、大手所属事務所を離れて以降は仕事も減っていた。ただ、高岡と仕事経験のある演出家からは「骨のある男で演技力も高い。ヤンチャな性格さえ落ち着けば、大成する」と役者としての高評価もある。

 一方で「今回のような事件は、いつ起こってもおかしくなかった」と前出の知人は話している。

「高岡には以前、付き合ってた不良グループがあったけど、高岡自身は別にグループのメンバーでもないし、たまに飲む程度の知り合いみたいな感じだったのに、グループと敵対している不良連中からはメンバーだと思われて、抗争に巻き込まれた感じだった。高岡は悪いことをしたつもりはないから、向こうの連中から絡まれたときも『知らねーよ、うるせえなあ』って態度を取ったりして、それがまた敵の怒りをあおってしまっていた。ただ、武器のない1対1のケンカになれば高岡は強いと思うから、揉めたら加害者みたいになっちゃう」(同)

 警察の調べでは酔っ払い同士のいざこざとみられているが、この知人は「仲間に波及しないよう、抗争があっても、そういうことは言わないのが礼儀」と、遺恨のある相手とのケンカを隠した可能性を示唆。

 ただ、一説にはこのトラブルの発端に、高岡が以前交際していた歌手・鈴木亜美の存在があった可能性もあるという。これは、鈴木が3年ほど前にクラブDJを務めたイベントの関係者からの話。

「高岡さんと敵対する連中が、嫌がらせみたいにイベントに乗り込んできたことがあって、事後、そのことを高岡さんから聞かれた。連中のリーダー格に、ケンカを吹っかけるようなことを言っていた」(同)

 それが今回のトラブルと関係しているかはわからないが、繁華街で朝まで飲んでいることが多く、気の強い高岡には敵も多かった様子はある。

 いずれにせよ、高岡は今回の事件で有罪となれば今後の仕事を失う可能性もあり、2月に開催予定だったファンイベントも中止。最悪、この夏に公開予定の映画『CONFLICT~最大の抗争~』から出演シーンがカットされる可能性もある。

http://news.livedoor.com/article/detail/11076081/

【芸能】俳優・高岡奏輔さん、男性への傷害で逮捕!

2016年01月11日 13:49

 俳優の高岡奏輔さん(33)が7日、東京・世田谷区の路上で20代の男性を殴ってケガをさせたとして逮捕されていたことが分かった。

 警視庁によると高岡さんは、7日午前9時半ごろ、世田谷区の三軒茶屋駅近くの路上で20代の男性に対し顔面を数発殴ったり、腹を蹴るなどして軽傷を負わせたとして傷害の疑いで逮捕された。高岡さんは近くの飲食店で酒を飲んでいて、居合わせた男性とトラブルになり、店近くの路上で殴るなどしたという。

 高岡さんは調べに対し「偶然居合わせて、からまれて、カッとなって殴った」と容疑を認めているということだが、現在は釈放されている。警視庁は、在宅で捜査を続けることにしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160111-00000014-nnn-soci

【芸能】俳優・高岡蒼佑「一生忘れられない」 ダウンタウンDXで“テレビ復帰”

2013年01月07日 11:30

俳優の高岡蒼佑(30)が10日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDXDX
2013新春スペシャル」(後9・00)で久々のテレビ出演を果たす。

6日、自身のフェイスブックで「何年ぶりでしょうか?久々にTVに出演させていただきます」と
記したほど。2011年7月、ツイッター上で韓国ドラマなどを多く放送するフジテレビの姿勢に
疑問を投げかけたことから騒動になったこともあり、ブラウン管から遠ざかっていた。

高岡は「ご尽力いただきました関係者の皆さん方には、本当に感謝しています。
一生忘れられない収録になりました」と“テレビ復帰”に感慨深げ。
「ダウンタウンさんと共演できたのも嬉しかったです」と喜びをつづっている。

10日の放送は高岡のほかに梅宮辰夫(74)、ローラ(22)ら26人のゲストが出演。
「スターが選ぶ楽屋弁当ランキング」「元祖!視聴者は見た!」などが放送される。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/01/06/kiji/K20130106004921900.html

【芸能】俳優・高岡蒼佑がまた事務所移籍しフェイスブック開始、周囲が気に病む前夫人・宮崎あおいの“過去”ばらし

2012年11月06日 13:31

 元宮崎あおいの夫で俳優の高岡蒼佑が10月より、『NOWHERE』から『合同会社S.Tree』へ事務所を移籍した。そのため周囲はまたもぴりぴりし始めている。
 新事務所移籍と同時にフェイスブックも始めているからだ。そこへ現在の仕事状況に加え、宮崎の過去などを逐一リポートするのではないかとスターダストプロやフジ関係者は心配しているという。

 それにしても、これまでの高岡の移籍はかなり激しかった。'99年デビュー時は、真木よう子、仲村トオルらが所属するフライングボックスにいた。'06年2月には、スターダストプロへ。だが、フジテレビの韓国寄り批判をおこなったため、'11年11月に同プロを離れ『NOWHERE』に移った。しかし、ここも長くは続かず、冒頭の『S.Tree』へ移っている。
 新移籍先は高岡以外にシュマリ、レベッカらのタレントがいて、お世辞にも大きな事務所とはいえない。

 ある芸能関係者がこう言う。
 「『NOWHERE』から分離独立した高岡の個人事務所のようなところでしょう。まだ高岡も俳優として、尻が落ちついていないと言われても仕方がない」(高岡周辺)

 目下、仕事面ではフジ批判の影響がいまだに続いている。ドラマ出演の話はなく、映画が中心である。来春公開の先日亡くなった若松孝二監督『千年の愉楽』、瀬木直貴監督『ROUTE 42』の公開が控えている程度。
 ただし映画1本のギャラの安さは半端ではない。本人も舞台など、新たな道を見出すのに苦労しているようだ。

 私生活では相変わらず艶福家である。今年6月には鈴木亜美が高岡のマンションに2連泊したことが発覚。さらに亜美がクラブに行くときには車で送るなど、今や亜美のアッシー役に徹している状態だという。
 そのため、こんな声が聞こえてくる。
 「亜美と一緒に事務所を作り、マネジャーとして食べていくんじゃないか、と冗談まじりにいう関係者もいます。現況ではまんざらウソとも言えないでしょう」(芸能レポーター)

 離婚後はさんざんなだけに、このへんで運を取り戻して欲しいものである。

http://news.livedoor.com/article/detail/7112178/

【芸能】歌手・鈴木亜美が俳優・高岡蒼佑との交際否定せず「すべてをかけて熱く恋をしたい」

2012年07月12日 09:07

 歌手の鈴木亜美(30)が11日、都内で行われた出演ミュージカル「走れメロス」の制作発表会に、主演の河村隆一(42)、諸星和己(41)ら共演者が出席した。

 河村演じる太宰治と諸星演じる辻島衆二という2人の男性が愛される田部あつみを演じる鈴木。「2人の男性に愛されて、最後は心中してしまう。愛にかけて愛におぼれる大人の女性ですね」と役柄を説明した。

 鈴木は6月に俳優の高岡蒼佑(30)との交際が報じられてから初めての公の場。高岡との仲について聞かれると、「好きになった人がタイプですね。でも、ぶっ飛んだミュージカルをやるんだったらねぇ」と意味深に答えた。

 その後も、鈴木の交際についての質問が続くと、河村からは「恋をしてなかったらアーティストはできない」。諸星からも「この舞台で勉強して、男に騙されないようにしたほうがいいよ。騙される役だし。それで、終わったら俺と心中しよう」とかまわれていた。

 交際についての明言はなかったが、終始笑顔で対応していた鈴木。最後には「恋をする時はすべてをかけたいという気持ちで熱く恋をしたい」と話すなど、交際について否定はしなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120711-00000090-spnannex-ent

【芸能】俳優・高岡蒼佑と歌手・鈴木亜美が『衝撃の連泊愛!』 

2012年06月01日 09:07

昨年末に女優の宮崎あおい(26歳)と離婚した俳優の高岡蒼佑(30歳)と、
“あみ~ゴ”こと歌手の鈴木亜美(30歳)に熱愛報道が出た。
現在発売中の写真週刊誌「フライデー」が報じたもので、
併せて鈴木は交際相手と噂されていた実業家の男性と破局したとも伝えている。

掲載された「鈴木亜美『高岡蒼甫と衝撃の連泊愛!』」は、高岡が愛車のジープで、
DJとしても活動する鈴木をクラブへ送迎する様子や、
高岡の自宅マンションに2日続けて鈴木が泊まる様子をレポートした内容。
同誌にコメントを求められた双方の事務所とも
「プライベートに関しては本人に任せてあります」と否定はしなかったという。
誌面には白昼2人が歩いている姿や、車の運転席と助手席に並んでいるシーン、
マンションのエントランスで抱き合っている写真などが掲載されている。

高岡は1982年生まれの30歳。昨年7月に“韓流”推しの放送局をTwitterで批判したことが大騒動に発展、
7月に大手芸能事務所スターダストプロモーションを解雇された。
その後、新しい所属事務所NOWHEREに移籍し、芸名を“高岡蒼甫”から“高岡蒼佑”に改め再出発。
同年12月28日に妻の宮崎との離婚を発表した。
騒動の発端となったTwitterは中断や再開を繰り返しながら、離婚後も宮崎の不倫疑惑について触れるなど、
そのツイートに注目が集まることもあったが、現在はアカウントを閉鎖している。

鈴木は同じく1982年生まれの30歳。
1990年代後半から2000年代初頭に小室哲哉プロデュースにより一世を風靡した後、
所属事務所とのトラブルで一時芸能界引退状態になったが、
個人事務所時代を経て2005年よりエイベックスに所属。
現在は歌手や女優、DJとして活動している。
プライベートでは昨年11月、やはり「フライデー」が12歳年上の実業家男性との韓国や小豆島(香川県)への旅行、
マンションで一夜を過ごす様子などを報じたが、すでに破局したという。

http://news.livedoor.com/article/detail/6614930/

【芸能】女優・宮崎あおいCMギャラ急落!元夫の“不倫告発”は効いていた

2012年05月09日 09:02

タレントの人気のバロメーターであり、最も実入りのいい仕事であるテレビCM。ギャラの増減によって、そのタレントの浮き沈みをうかがい知ることもできる。今年もおおよそのギャラが決まる契約更新の時期を過ぎ、「週刊ポスト」5月18日号(小学館)が、美女タレントのCMギャラ推定ランキングを発表した。

 1位は吉永小百合で推定7,500万円(前年1億円)、2位は芦田愛菜で推定6,500万円(前年2,000万円)。吉永の1位は納得としても、並み居る美女タレントをおさえて大人顔負けの稼ぎっぷりを見せる子役の愛菜ちゃんには脱帽だ。

 3位は上戸彩で推定6,200万円(前年4,500万円)、4位は綾瀬はるかで推定5,800万円(前年6,500万円)、5位の菅野美穂は推定5,000万円(前年同)と続く。6位は大島優子で推定4,500万円(前年2,500万)、同額の6位に竹内結子で推定4,500万円(前年同)、8位は前田敦子で推定4,400万円(前年2,400万)となっている。

 国民的アイドルグループとなったAKB48のツートップも、常連組に食い込んだ形だ。長年トップに君臨する67歳の大ベテラン女優に7歳の子役が迫り、人気女優たちをアイドルが追い上げるという構図は、女たちの仁義なき戦いといったところである。

 ここで気になるのは、約10社の大手企業と契約するCM女王の一人・宮崎あおいの名前が見当たらないこと。記事によると、宮崎は前年6,700万円とトップクラスだったが、今年度の出演料は推定3,700万円と大幅ダウンしたようだ。

「離婚がキレイに決まっていれば全く問題はなかったでしょうが、別れる別れないで揉めた上に、元夫・高岡蒼佑が彼女の不倫を暴露したせいで、清純派だったイメージが急落した。今のところは表立っては叩かれていませんが、トラブルの火種を抱えているというだけで代理店や企業は敬遠したがる。契約更新のためには、ギャラをダンピングせざるを得なかったのでしょう。一連の騒動がなければ、今年も間違いなくランキング上位に入っていた」(広告代理店関係者)

 高岡が告発した宮崎とV6・岡田准一の不倫は、大手事務所に“配慮”したテレビやスポーツ紙では報じられていないため、宮崎の芸能活動に全く影響がないと見られていた。しかし、ネット上で大きな話題になったこともあって、確実にダメージを与えていたようだ。宮崎のCM契約については、代理店側がトラブルを敬遠し、年間契約から短期契約に切り替えられたとも言われている。

 経費削減によって出演料を下げたがっている企業側の思惑も相まって、どんな人気タレントであっても、ひとたびキズが付けば商品価値が急落してしまう厳しい世界であるCM業界。トラブルの種を抱えた宮崎が失速し、スキャンダルの心配が全くない愛菜ちゃんが急上昇するというのも道理ということか。

http://news.livedoor.com/article/detail/6539051/

【芸能】俳優・高岡蒼佑が狙う元妻で女優・宮崎あおいの“第二の不倫相手”は広告代理店関係者

2012年04月24日 11:02

昨年12月、高岡蒼佑(30)との離婚が成立した宮崎あおい(26)。
離婚から4カ月経ったが、今も元夫・高岡は宮崎への批判をエスカレートさせている。

「先日、彼はすべて忘れて一からやり直そうと台湾に行っていたんです。
でも帰ってきた彼が見たのは、ひとりだけ離婚騒動などなかったように仕事をする元妻の姿でした」(映画関係者)

 精神的にも不安定になっている高岡は、俳優としての仕事のオファーもない状況。
復讐心を新たにした高岡は元妻への“攻撃”を再開した。

「彼はツイッター上で宮崎さんが“第2の不倫”をしていたともとれるつぶやきをしました。
実はこれ、ある広告代理店関係者のことを指しているようです。離婚の際、高岡さんは
宮崎さんの携帯履歴を見たのですが、そこにこの広告代理店関係者の名前があったのです。
以来彼は、2人の関係を相当疑っているようです」(プロダクション関係者)

 そんな元夫の過激行動には、宮崎自身も戦々恐々だという。
「一連の離婚騒動で代理店側も、これまでのような年間契約ではなく短期の契約に変更しています。
今後、高岡さんの暴露攻撃が続くようであれば、彼女の仕事面でのダメージも計り知れないでしょう」(広告代理店関係者)

http://jisin.jp/news/2537/3930/

【芸能】俳優・高岡蒼佑、元妻で女優・宮崎あおいに2億円土地財産分与請求可能性も

2012年04月21日 11:51

4か月前、宮崎あおい(26才)との離婚を決意した高岡蒼佑(30才)。それから4か月、高岡はツイッターを通じて、抑えていた本心をぶちまけ始めたが、宮崎に対する猛反撃は、ツイッターだけではなかった。

 宮崎と高岡には都内の一等地に共同名義の土地がある。

「結婚していたころに、夫婦の家を建てようと約2億円で購入した土地です」(高岡の知人)

 登記簿で確認すると、2010年9月27日に取得したこの土地の持分は宮崎が30分の29、高岡が30分の1で共同所有していることになっている。

「離婚が成立したものの、宮崎さんサイドの態度が納得いかず、高岡さんはこの土地についても、財産分与の対象にすべきだと宮崎さんサイドに改めて請求しているようなんです」(前出・高岡の知人)

 30分の1しか権利を持っていない高岡が請求するのはお門違いのようにも聞こえるが、離婚問題に詳しい弁護士の長瀬佑志氏はこう説明する。

「夫婦が結婚期間中に協力して築いた財産は、たとえ妻が専業主婦で収入がないとしても、登記簿上、夫だけの名義になっている土地についても、原則として2分の1の持分を請求できます。これを財産分与請求といいます」

 離婚の際に一度は“財産分与はなし”で合意したといわれるふたりだが、高岡にしてみれば、“当時とは状況が違う”という思いもあるのだろう。改めて、前出の土地について財産分与を求めているようだ。

 長瀬氏によれば一度合意した財産分与を再び要求することは非常に難しく、よほどの事情がなければ認められないというが、この問題が長引いたり、裁判になったりすれば“清純派”で売る宮崎にとっては、大きなイメージダウンとなりかねない。

http://news.livedoor.com/article/detail/6489805/

【芸能】俳優・高岡蒼佑が元妻の女優・宮崎あおいをツイッターで口撃、第2の不倫も暴露か

2012年04月20日 09:11

「世界はいまこの瞬間もぶっ壊れ続けている。あたしもあなたもぶっ壊れ続けてる…」

 山のように束ねられた木々を、小さな体で引きながら宮崎あおい(26才)が、こうつぶやくCM。4月14日、このCMに元夫の高岡蒼佑(30才)が、ツイッターで噛み付いた。

<あんなCMバンバン出してこっちの気を逆なでするとは思わないのか。本当に奴の周りはどうしようもない。好い加減に不快極まりないし、本人も本人。薄っぺらい表面的だけの人間性にただ呆れる。感謝のかの字もないのが日に日に解ってくる>

 さらに、高岡のつぶやきはこれだけでは終わらなかった。宮崎との結婚が世間から“格差婚”と揶揄されたことに対しても、

<格差とか正直感じたことないし、上手い女優とも思ったことはない。こいつの話は辞める。脳が腐る>

 と、実力派で知られる宮崎の演技力をもぶった切ったのだ。

 あまりの暴走に見かねたフォロワーから<不倫はダメだけど、高岡さんにも問題はあったと思います。岡田くんに相談しているうちにとか…>と責められると、ついに怒りは沸点に達したのか、高岡は新たな衝撃の事実まで語り始めた。

<岡田だけなら苦労しないですね>

 なんと宮崎には、週刊文春が報じたV6・岡田准一(31才)との不倫疑惑だけでなく、“第2の不倫相手がいた”とほのめかしたのだ。確かに宮崎には結婚期間中から、某局ドラマプロデューサーや映画関係者、さらには別のイケメン俳優との噂が報じられたことがあっただけに、その疑念が一気に深まってくる高岡の発言だ。

 ちなみに、後日、冷静になってまずいと思ったのか、これらの宮崎に対してのつぶやきはすべて削除されている。

http://news.livedoor.com/article/detail/6484235/