FC2ブログ

【芸能】乃木坂46・若月佑美が卒業発表!「やりきった」芸能活動は継続

2018年10月02日 11:25

乃木坂46の若月佑美(24)がグループから卒業することが1日、分かった。公式ブログで発表した。乃木坂46としての活動は11月いっぱいで終了する予定で、卒業後も引退せず、芸能活動を続ける。

ブログは、「あふれる想いが膨大過ぎてどうまとめたら良いのかいまだ分からず、いろいろと抜け落ちた文になっていることをお許しください」と前置きから書きだした。「さて、乃木坂46に入って7回目の夏が過ぎ…4期生という新しい風も吹き込み、3期生が育ち、時代がまた1つ変わろうとしていますね」とグループの現状を説明し、「それを素直にうれしいと思った自分がいた事が一番の理由でしょうか。やりきったかなと」と心境をつづった。

「乃木坂46は私の人生を変えてくれました。『変わってしまった』ではなく『変えてくれた』がぴったりです。将来の目標もなかった私に夢もくれました」と伝え、ファンやスタッフ、グループにも感謝した。そして「私、若月佑美は乃木坂46を卒業します。乃木坂46でいただいたものを糧に次の夢に向かおうと思います」と卒業を発表した。

「活動は(西野)七瀬より少し早い11月いっぱいまでの予定です」とした。先月年内いっぱいでの卒業を発表した同期の西野七瀬(24)よりも早くグループから去ることを告げた。詳細は未定だが、ファンに直接あいさつする機会も設ける予定だという。「スタッフさんと長い期間かけて何度も何度も考え、話し合いをさせていただいた結果、この時期での卒業となりました」と説明した。

今後については、「私にはかなえたい夢があります。頑張らなければいけない。ここからもっとです」と宣言し、「大好きな皆様、良かったらこれからもよろしくお願いします!!! まだまだ皆さんに応援していただく気満々ですから!笑」と伝えた。引退はせず、芸能活動を続けていく。

若月は、11年8月に乃木坂46の1期生オーディションに合格。12年8月の3枚目シングル「走れ! Bicycle」から全シングルで選抜入りを続けている人気メンバーだ。グループの中でも特に女優としての仕事が多く、今月14日から放送開始の日本テレビ系ドラマ「今日から俺は!!」にレギュラー出演し、11月18日からは舞台「鉄コン筋クリート」に主演する。卒業後も女優業を中心に活動していくとみられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00348379-nksports-ent

【芸能】欅坂46・米谷奈々未が年内卒業!「学業に専念し、新たな道を探す」

2018年09月23日 10:30

欅坂46の米谷奈々未(18)が22日、ブログを更新し、年内でのグループからの卒業を発表した。欅坂46の公式サイトでも発表された。

米谷は「年内で欅坂46を卒業し、7枚目のシングルを最後に学業に専念します、急なご報告となってしまいすみません。将来なにがしたいのかな。そのためには、今、私がどうしたらいいのかなと考えた時、学業に専念し、新たな道を探すという決断に至りました」などと、報告した。

米谷は15年8に欅坂46の1期生オーディションに合格。翌16年年4月にシングル「サイレントマジョリティー」で欅坂46としてデビューし、NHK紅白歌合戦にも同年から2年連続で出場している。グループきっての秀才として知られ、今年4月に大学に入学。微生物などの生物学が好きだという。

欅坂46では、今泉佑唯(19)が先月7日、発売中の最新シングル「アンビバレント」の活動をもってグループから卒業することを発表している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00339303-nksports-ent

【芸能】乃木坂46・西野七瀬、年内卒業へ!“自然な成熟を見せる”グループを軸として支えた功績

2018年09月23日 10:29

 乃木坂46の西野七瀬が9月20日、公式サイト内のブログでグループからの年内卒業を発表した。

 卒業についての明確な理由は示されていないものの、「卒業のことは実は一年以上前から事務所の方とお話をしてきまして、ついに今日皆さんに報告させて頂きました」と熟考した上での決断であることを説明。「私の人生のなかでたぶん一番、華やかで刺激的に生きた時間だったんじゃないかな。と 今、思います」と活動を振り返りながら、「好きだったこの場所から離れるというのは、ちょっと不安もありますが確かに自分で選んだこと。一人になってからも、このお仕事は続けていきたいので、これから先どんなことがあるのかなって楽しみな気持ちが大きいです」と前向きな気持ちを綴っている。

 今回の西野の卒業発表について、『「アイドル」の読み方: 混乱する「語り」を問う』の著者であり、乃木坂46に詳しいライターの香月孝史氏に話を聞いた。

「乃木坂46のこれまでの基本的なトーンが表れている卒業発表の仕方だなと感じました。アイドルグループで中心的な役割を務めてきたメンバーの卒業は、イベントなどでの一つのサプライズ的な見せ方になることも少なくありませんが、乃木坂46の場合はことさらに波乱を起こすことよりも、卒業をグループおよび個人のごく自然なステップとして位置づけるように、落ち着いたかたちで発表することがほとんどです。今年の春に卒業した生駒里奈さんや少し前の橋本奈々未さんはマスメディアを通じて発表がなされましたが、やはりそうした基調が守られていたと思います。乃木坂46というグループが何年もかけて培ってきたそういったトーンが、センターに立ちグループを代表してきた今回の西野さんの卒業についても、変わらずに貫かれたという印象を受けました」

 西野は1期生メンバーとしてデビュー。8thシングル曲「気づいたら片想い」からセンター常連メンバーの仲間入りを果たし、名曲との呼び声の高い「きっかけ」(2ndアルバム『それぞれの椅子』収録)でのセンター、アニメ映画『心が叫びたがってるんだ』の主題歌「今、話したい誰かがいる」と、第59回日本レコード大賞を受賞した「インフルエンサー」での白石麻衣とのWセンター、自身が主演を務めた映画『あさひなぐ』の主題歌「いつかできるから今日できる」での齋藤飛鳥とのWセンターなど、勢いに乗るグループのイメージを司る中心人物として活躍。ソロでもファッション誌『non-no』の専属モデルやテレビ東京系ドラマ『電影少女 ~VIDEO GIRL AI 2018~』でのソロ初主演など、多岐に渡る活躍を見せてきた。香月氏は西野のグループにおける存在について「今の乃木坂のイメージを作り上げる軸となった一人」と語る。

「近年の乃木坂46はメンバー個々人も、また全体としても、自然に成熟していく姿をグループの表現として見せています。“自然に成熟していく姿”というのは強いキャラクターづけや強いコンセプト、わかりやすいメッセージ性などとは異なるものなので、大きな特徴や旗印として注目されることは少ないのかもしれません。しかし、乃木坂46が広い支持を得るようになっていったのは、グループ自体が年齢的にもキャリア的にも若い段階を越えて大人としての表現ができるようになって以降のこと。その段階に入った時期に、センターとして、もしくはフロントの中心人物として、グループのイメージの重要な一端を担ってきたのが西野さんでした。“ごく自然な成熟を見せる”ということは、女性アイドルグループの可能性を静かに更新していくことでもあったと思いますし、それは乃木坂46の、さらには西野さんの大きな功績なのではないでしょうか」

 では、そんな西野が卒業することにより、グループにはどんな影響があるのだろうか。香月氏は、いよいよグループの中での世代交代が進んでいくのではないかと指摘する。

「グループ結成初期からの中心人物が徐々に卒業しているため、彼女たちと比較すると若くキャリアの浅いメンバーが中心になっていく比重が今後さらに増えていくことになるでしょう。そこでどう橋渡しできるのかがグループとしての課題になってくると思います。グループを完成度の高い状態にまで成熟させてきた初期からのメンバーたちがうまくサポートしながら、新しいメンバーたちを遜色ない水準に育てて繋いでいけるかどうかが、ここから先の転機になっていくのでは。とはいえ、乃木坂46は若いメンバーのキャリアアップについては、すでにここ1~2年で取り組んできています。去年、キャリアの浅い3期生をじっくり育てつつ、今年から本格的に乃木坂メンバーとして合流させ、彼女たちが少しずつ表に出る機会を増やしている段階です。そういった準備を経て、実際どうかたちにしていくのかが、おそらく来年以降の新たな課題になるでしょう」

 最後に、西野の今後の活動について意見を求めると、「乃木坂の卒業メンバーとして新たな前例を重ねてほしい」と香月氏は期待を寄せる。

「グループの中心メンバーが卒業後にソロとしてキャリアを重ねた姿を見せていくのはその人にとっても重要なことですし、グループにとっても長期的に重要なこと。それによって“こういう人たちを輩出できるグループなんだ”というイメージが浸透することにもなり、組織としての厚みにもなっていきます。乃木坂46はグループ在籍中から個々人が様々なジャンルで活動することに成功してきているグループ。西野さんもその中の一人ですし、彼女たち卒業メンバーが乃木坂46を離れてどのようなイメージを描いていくのか、そしてそれがどのようにグループのあり方にフィードバックされるのかが今後は楽しみですね。ソロ活動がどういうバランスで行われるのかはまだ定かではありませんが、これまで以上に様々な姿が見えていくといいなと思います」

 なお、前述のブログによると、活動は年内いっぱいだが、卒業コンサートは来年開催予定、日時や場所は調整中だという。しかし、実質の残りの活動期間はわずか3カ月。乃木坂46の一員としての西野七瀬の姿を少しでも多く目に焼き付けておきたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180922-00010020-realsound-ent

【芸能】乃木坂46・西野七瀬、卒業発表!「7年間本当にお世話になりました」

2018年09月21日 09:13

 乃木坂46西野七瀬が20日、年内をもってグループを卒業することを自身のブログで発表した。来年に卒業コンサートを開催する。西野は「私なんぞを推しと言って頂いた皆さん、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を綴った。芸能活動は卒業後も続けていく。

 西野は「いきなりですが 皆さんに伝えたい事がありまして、、、」と切り出し、「約7年間 本当にお世話になりました。わたくし西野七瀬は年内の活動をもって 乃木坂46から卒業いたします」とグループからの卒業を発表した。

 続けて「17歳から24歳までを乃木坂で過ごして いろんな人に出会って、いろんな感情を知って、未完成だった私は作られていった気がします」とグループメンバーとして活動した時間を振り返る。

 その期間に自身の新たな発見があったという西野は「まだ完成してないし それが目標でもないけどね あれ?こんな負けず嫌いだったっけ、とか 自分ってここまでテンション上がるんだぁ、とか こんなに号泣したの何歳ぶりだ?とか
あー悔しくてどうしようもないわい!って 心も体もぐったりするほど動かされたし 知らない自分を発見できた」と綴った。

 活動期間を振り返ると数えきれないほどの思い出があると寄せる西野は「めちゃくちゃ楽しかった!! 私の人生のなかで たぶん一番、華やかで刺激的に生きた時間だったんじゃないかな。と 今、思います」と充実した日々だったことを伝え、関係者やファンに感謝した。

 そして、「弱い私は何回も何回も 皆さんから自信をもらいました。コメントやお手紙や握手会で、思いを届けて頂いて ありがとうございました」と率直な心境をしたため、「私なんぞを推しと言って頂いた皆さん、本当にありがとうございました。成長させてもらえた。これも皆さんのおかげですね。少しは強くなれたのかもしれません」と重ねて感謝した。

 グループから離れることには不安もあると言う西野だが、自らの決断に迷いはない様子。「一人になってからも、このお仕事は続けていきたいので、これから先どんなことがあるのかな って楽しみな気持ちが大きいです」と引き続いて芸能活動をおこなうことも報告した。

 さらに、「卒業のことは実は一年以上前から事務所の方とお話をしてきまして」と明かしたうえで、「ついに今日 皆さんに報告させて頂きました。足したり、引いたり、何回も直しながらこつこつ書きました」と一生懸命、この報告文を書いたという。

 最後に西野は「活動は年内いっぱいなんですが、卒業コンサートは来年に開催させて頂く予定です...!」と自らのラストライブにも言及。「なんと、新しいパターンですが、ご理解のほど よろしくお願い致します」とした。

 そして、「やっぱりライブ好きなので、みんなで楽しく盛り上がって、、それで乃木坂46を最後にしたいですね。日程や場所など細かいことはまだ調整中みたいです。お待たせしてしまいますが、是非 楽しみに待っていてくださると嬉しいです! 以上でした」と元気よくメッセージを締めくくっている。

 西野は2011年に開催された乃木坂46の「1期生オーディション」に合格してメンバー入り。グループ内でもトップ級の人気を獲得。2nd写真集『風を着替えて』が、『オリコン2016年年間“本”ランキング』(集計期間=2015年11月23日~2016年11月20日)の写真集部門で1位を獲得している。

https://www.musicvoice.jp/news/201809200103598/

【芸能】欅坂46・長濱ねるが「終電すぎても飲むだろ」発言!?特設ツイッター「ありえない誤爆」でお詫び

2018年09月11日 10:51

アイドルグループ「欅坂46」の長濱ねるさん(20)が期間限定で開設しているツイッターアカウント「長濱ねる@料金表子」(@agaru_neru46)が2018年9月8日未明、「終電すぎても飲むだろ」と投稿した。

同アカウントはその後、ツイートを削除。「スタッフの誤操作による不適切な投稿がございました」とお詫びした。

4日に20歳の誕生日を迎えたばかり
期間限定のツイッターアカウント「長濱ねる@料金表子」は、現在放送中の「AGAヘアクリニック」のCMとのタイアップによるものだ。長濱さんは「料金表子(りょうきんひょうこ)」と題するキャラクターでCMに単独出演している。

このアカウントは8月16日、「長濱ねる(あと5日)」のアカウント名で「欅坂46の長濱ねるです。期間限定アカウントをはじめました」と報告。21日にCMの情報が解禁されると、アカウント名を「長濱ねる@料金表子」に変更した。

CMの放送が25日から始まると、長濱さんのオフショットなどを投稿するようになり、約2万4000件の「いいね」を獲得することも。欅坂46のメンバーはSNSの個人アカウントを持っていないため、ファンの注目度も高かった。

そんな中、「長濱ねる@料金表子」は9月8日未明に「終電すぎても飲むだろ」と投稿した。アイドルらしからぬ投稿内容が欅坂ファンのネット掲示板などで、

「やらかしとるwww」「誤爆」「中の人しっかりしてくれw」
と話題に。仮に長濱さん本人が投稿したものだとしても、4日に20歳の誕生日を迎えており、年齢的に問題はないが、「ねるが成人してて良かったなw」との声も。ほどなくして、ツイートは削除された。

「スタッフの誤操作」
「長濱ねる@料金表子」は9月8日正午ごろ、「9月8日0:35頃 当アカウントにてスタッフの誤操作による不適切な投稿がございました」と釈明。

「皆様を混乱させ、不快な思いをさせた事について深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした」
とお詫びした上で、「今後このような事が二度と起こらない様に気を引き締め、細心の注意を払いアカウントの運営を行って参ります」と説明した。

ツイートへのリプライ(返信)欄には、「誰にでも失敗の一度はありますよ」「飲みすぎには気をつけてください」「ねるは終電の前に帰してあげてください...」と、温かい声が多く寄せられている。

長濱さんは、個人で活躍の場を広げつつあるメンバーの1人。冠番組「ねるねちけいONLINE!」(NHK総合)など多数のテレビ番組に出演。ソロ写真集「ここから」はオリコン2018年上半期BOOKランキングで17.5万部を売り上げ、「写真集ジャンル」で1位を獲得した。

http://news.livedoor.com/article/detail/15283929/

【芸能】欅坂46・平手友梨奈、ステージから2メートル転落…救急搬送も復帰

2018年09月06日 09:27

 欅坂46のセンター、平手友梨奈(17)が5日、千葉・幕張メッセで行われた全国アリーナツアーの最終公演でステージから転落し、同市内の病院に救急搬送された。

 千葉県警千葉西署や関係者によると、午後7時15分ごろ、4曲目の「ガラスを割れ!」のソロパフォーマンス中に花道でよろめき、ステージから約2メートル下に転落。平手は「コンサートを続けたい」などと話していたが、常駐看護師の判断で大事を取って主催者側が119番通報した。

 グループのキャプテン、菅井友香(22)がライブのMCでファンに状況を説明し、メンバーは平手不在を感じさせない力強いパフォーマンスを披露。その思いに応えるように平手は診察後、会場に戻り、ダブルアンコールの「W-KEYAKIZAKAの詩」でステージに復帰し、大歓声を浴びた。

 公演後、グループの運営委員会は公式サイトで平手の状況について説明。病院の検査で「軽い打撲」と診断されたと明かし、「ご心配をおかけしましたが、大事なく至りました」と報告した。

 平手は、昨年末のNHK紅白歌合戦で過呼吸状態となり、今年1月には右腕の上腕三頭筋損傷で全治1カ月と診断され、ライブ活動をセーブ。7月のライブイベントでステージ復帰していた。

 今月10日に東京都内で開催される主演映画「響-HIBIKI-」の公開直前イベントには予定通り出席する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000009-sanspo-ent

【芸能】欅坂46・平手友梨奈、乃木坂46・齋藤飛鳥ら女優業へ進出する「坂道グループ」の活躍!

2018年08月22日 10:02

 平手友梨奈(欅坂46)や齋藤飛鳥(乃木坂46)など「坂道グループ」の女優としての活躍が続いている。

 欅坂46の1期生としてグループの中心的な存在である平手は、柳本光晴の人気コミックを実写映画化する『響-HIBIKI-』(9月14日公開)で映画初主演を果たしている。北川景子やアヤカ・ウィルソンらを共演者に、15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響(あくい・ひびき)役を務める。原作の世界観を踏襲しつつも、独特のオーラを発揮する平手の演技に注目だ。

 また、7日にグループからの卒業を発表したばかりの今泉佑唯は、徳永えり主演のドラマ「恋のツキ」(テレビ東京系)に出演中。クラスメイトに恋する女子高校生・サカキサトコを演じている。今泉は雑誌「ar」のレギュラーモデルを務めているほか、グループ内ユニットやソロとしての楽曲も多数あり、今後も幅広い活躍が期待される。

 欅坂46のグループとしては、2016年に秋元康が企画と原作を務めたミステリー学園ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」と翌年の「残酷な観客達」にメンバー21名が総出演。学校の教室を舞台に、女子高校生を演じたメンバーたちの演技を見ることができる。

 乃木坂46からは、今年4月にグループを卒業した生駒里奈が順調に活躍を続けている。現在放送中の新川優愛主演の「星屑リベンジャーズ」(AbemaTV、メ~テレ)では、ネットサーフィンが趣味の芸能事務所の事務スタッフを好演。舞台作品も続き、主演した「魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~」で主人公のネギ・スプリングフィールドにふんして男性役に初挑戦。11月には「暁のヨナ~ 緋色の宿命編~」で矢部昌暉(DISH//)とダブル主演を務める予定だ。

 また、ファッションモデルとしても活躍する齋藤は、2016年にドラマ「少女のみる夢」で同グループの星野みなみとテレビドラマ初出演&初主演を果たした。そして、台湾で空前の大ヒットを記録した青春映画をリメイクする『あの頃、君を追いかけた』(10月5日公開)のヒロインに抜擢。主演の山田裕貴ふんする気楽な高校生活を送る男子高校生と恋をするクラス一の優等生を演じる。

 グループ3期生として2016年から活動を続ける山下美月は、黒木華が主演を務める『日日是好日』(10月13日公開)で映画初出演。茶道教室にやってきた高校生1年生を演じる山下は、実際に高校で茶道部に所属しており、その経験を生かした演技や板についた和装にも注目。山下は23日に発売される10月号から雑誌「CanCam」の専属モデルを務めることになっている。

 白石麻衣はドラマ「やれたかも委員会」(MBS、TBS)に出演。27日放送の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系)第8話ではウェディングドレス姿を披露する。西野七瀬は、今年1月に放送されたドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」(テレビ東京系)で野村周平とともにダブル主演を務めた。与田祐希も今年1月から放送された「モブサイコ100」でテレビドラマ初出演。松村沙友理も来年春の「賭ケグルイ season2」(MBS、TBS)に出演する。

 グループとしては、今年6月と9月に「乃木坂46版ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』」が上演され、山下、伊藤理々杏、高山一実、能條愛未、樋口日奈、井上小百合、渡辺みり愛、寺田蘭世、梅澤美波、中田花奈がダブルキャストでセーラー5戦士に変身。また、2017年9月に公開された西野主演の『あさひなぐ』では、桜井玲香、松村、伊藤万理華(のちに卒業)、生田絵梨花ら乃木坂46の人気メンバーが出演し、なぎなたに打ち込む女子高校生を好演した。同年の舞台版では、齋藤、井上、新内眞衣、若月佑美、生駒、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子らがキャストに名を連ねた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000002-flix-movi&p=1

【芸能】乃木坂46・白石麻衣、月9初出演に驚き!ウエディングドレス姿での演技に「緊張してしまいました」

2018年08月20日 10:27

 人気アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣(25)が、27日放送の沢村一樹主演フジテレビ系月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(後9:00)第8話にゲスト出演することがわかった。2013年公開の映画「劇場版BAD BOYS J ~最後に守るもの~」で女優デビューを果たし、その後は同局の『ほんとうにあった怖い話 夏の特別編2016』に出演、今年5月の『世にも奇妙な物語 `18春の特別編 “フォロワー”』では初主演を務めるなど、活躍の場を広げている白石が今回、月9ドラマ初出演を果たす。

 新米女性刑事・桜木泉(上戸)の活躍と成長を描いてきた『絶対零度』シリーズでは、シーズン3となる今回から刑事・井沢範人(沢村)を新たな主人公に迎え、未来の犯罪を予測して防ぐ「未然犯罪捜査システム=ミハンシステム=の実用化」の任務にあたる刑事たちの活躍を描く。

 今回、白石が演じるのはミハンに割り出された、近いうちに殺人を犯すとされる“危険人物”の砂田繭美(すなだ・まゆみ)。運命的に出会った男性・統一郎(とういちろう)と一週間後に結婚を控えているが、ミハンは彼女が殺人を犯すと予測。「幸せの絶頂にあるはずの繭美だが、ミハンの面々が潜入捜査をしていく中で、次第にその過去が明らかに。女性としての幸せと、抑えがたい殺人衝動…2つの感情に揺れる難しい役どころを熱演している。

 白石は今回の出演に「素直に、びっくりしました。月9ドラマは、私も昔からずっと見ていた枠でしたし、さらにこの“絶対零度”は、毎週必ず見ていて、いつも引き込まれていくストーリーをドキドキしながら見ていたので、この作品にかかわれるからには、きちんとすてきな役を演じられたらなと思いました」とコメント。「複雑な心情の変化をする繭美を演じていく中で、ひとりの女性として、私自身も苦しくなる時がありました。パートナーに対する感情が揺れ動いたり、さまざまな思いが生まれたりする繭美の表情を、うまく伝えられているか…。とても苦労したところでもありますし、そこをみなさまに見ていただけたら」と呼びかけた。

 見どころのひとつにもなっている“結婚式”のシーンについては「ウエディングドレスは、撮影では何度か着たことはあったんですが、演技をするのはこれが初めてだったので最初はワクワクでした! でも、実際に着て、式場の大きな扉の前に立って、それが開いて、その先に新郎が立っているという風景を見るのは本当に初めての経験だったので、緊張してしまいました(笑)。女性の憧れですし、すてきな経験をさせていただきました」と充実した撮影になった様子。

 自身の役どころも含めて「この“絶対零度”は、私もいち視聴者として見ていたんですが、第8話の繭美は、これまでの危険人物とは違う心情の変化があります。私自身も台本を読みながら、どうなっていくなんだろうってハラハラドキドキしましたし、最後の展開もこれまでにないストーリーになっています。繭美の心の揺れと、それに伴うさまざまな表情も楽しみにしていてください」と呼びかけている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000316-oric-ent

【芸能】卒業発表の欅坂46・今泉佑唯が初写真集でアイドル集大成!

2018年08月17日 10:07

欅坂46今泉佑唯(19)の初写真集(タイトル未定、主婦と生活社)が、10月3日に発売されることが16日、分かった。グループから卒業し、ソロのタレントとして活動することが決まっており、欅坂46メンバーとしては最後の作品となる。約2カ月間の準備を経て撮影に臨み、アイドルとして集大成の姿を収めた。

◆今泉佑唯(いまいずみ・ゆい)1998年(平10)9月30日、神奈川県生まれ。愛称「ずーみん」「ずみこ」。ファッション誌「ar」レギュラーモデル。「アンビバレント」にはソロ曲「日が昇るまで」も収録。153センチ。血液型O。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00301824-nksports-ent

【芸能】欅坂46・今泉佑唯が卒業発表!ソロのタレント活動へ

2018年08月08日 11:06

 欅坂46の今泉佑唯(19)が、グループから卒業することが7日、分かった。公式ブログで発表した。

 11日からスタートする欅坂46の全国ツアーには出演しない。15日発売の7枚目シングル「アンビバレント」の活動を最後に卒業する。卒業の詳しい日にちは追って報告するという。卒業後はソロで芸能活動を続ける。16年4月のデビュー以降、グループからのメンバー卒業は初めて。

 ブログでは「いつも欅坂46を応援してくださっているファンの皆様」と書き出し、数カ月前からライブやイベントなどを欠席していたことを謝罪。「このたび、私なりに悩んだのですが、とても心苦しい決断をせざるを得なくなってしまいました」と前置きした上で、「私は、欅坂46を卒業します」と発表した。

 メンバーにも卒業について相談したといい、「迷っていたとき、この決断をするきっかけを作ってくれた数名のメンバーの子達には感謝の気持ちでいっぱいです!!!」とした。

 7枚目シングルについては、既に表題曲「アンビバレント」に参加しないことが発表されている。「ソロ曲だけでもというお話をスタッフからいただきました。いただいたソロ曲の『日が昇るまで』。これが私の気持ちです。一語一句、心を込めて大切に歌わせていただきました」と明かした。「いつもすてきな歌詞を書いてくださる秋元先生、すてきな楽曲を制作してくださる皆様、本当にありがとうございます」と感謝した。

 欅坂46加入から今月で3周年となる。「幼稚園の頃から憧れていたこの世界。歌のお仕事に携わることができたこと。たくさんの方々との出会い。本当にたくさんの大事な経験をさせていただきました」と振り返った。「まだ欅坂46として活動したい気持ちはありましたが、これからはグループを卒業して、タレントとして活動を続けていきたいと思っています」と芸能活動を続けることを報告。「そこでも大好きなファンの皆様と触れ合える場所を今後も絶対に作っていきたいです。作っていきます!!!約束です!!」とつづった。

 ファンに向けて、「こんな私を応援してくださるファンの皆様のことが本当に、本当に大好きです。いつもありがとうございます」と感謝した。具体的な今後の活動に関しては追って発表していくという。「残り少ない期間ではありますが、今、自分にできることを精いっぱい行い、感謝の気持ちを持って最後までやり切ります」と伝えた。

 今泉は15年8月、欅坂46の1期生オーディションに合格。16年4月発売のデビュー曲「サイレントマジョリティー」で、ポジション最前列のフロントを務めた。高い歌唱力とキュートなルックスで、人気メンバーの1人だ。

 昨年4月から体調不良のため活動を休止し、同8月末の全国ツアー幕張メッセ公演で復帰。今年4月には欅坂46のデビュー2周年記念ライブに出演し、不在だった平手友梨奈(17)に替わって小林由依(18)とともにシングル曲「ガラスを割れ!」のセンターを務めるなど、存在感を発揮していた。ただ、先月開催された野外ライブ「欅共和国2018」をスケジュールの都合により欠席するなど、イベントなどを欠席することもあった。

 今月5日深夜には、約1カ月ぶりにブログを更新し、デビュー当時の写真などをアップ。「懐かしい~ すてきな思い出たち」とつづっていた。現在はテレビ東京などで放送中のドラマ「恋のツキ」にも出演している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00292723-nksports-ent