【芸能】タニマチ逃げて“無一文” 元プロ野球選手の清原和博容疑者「自己破産」の現実味!

2016年02月18日 09:49

清原和博容疑者(48)は今も覚醒剤の入手ルートに関しては固く口を閉ざしているが、“密売人”のひとりだった小林和之容疑者(45)が覚醒剤の譲渡容疑で捕まった。
シャブ事件の初公判は3月下旬にも開かれる見通しだ。
執行猶予はつきそうだが、裁判が終わった後に清原容疑者を待ち受けているのは“金銭地獄”だ。

■裁判終結後から“金銭地獄”か

「清原容疑者とつるんで飲み歩いていたタニマチや、“仲間”と称して清原容疑者にたかっていたチンピラは、クモの子を散らすように逃げてしまった。
中には薬物疑惑をかけられるのを恐れて、海外に高飛びした連中もいます。
シャバに出てきたとしても、清原容疑者が暮らしていた港区のマンスリーマンションの契約はすでに切れている。
最終的に身元を引き取って面倒を見るのは大阪・岸和田市に住む両親といわれています」(捜査事情通)

清原容疑者の母親は認知症を患い、父親も健康不安を抱えているという。
まさに親不孝の極みだが、もっと深刻なのは本人の生活だ。
清原容疑者の生涯年俸は計50億円ともいわれるが、14年9月に離婚し、家族で住んでいた広尾のマンションは昨年9月、2億3800万円で人手に渡った。
2年前に薬物報道が飛び出してからは仕事が激減。一時期、銀行口座には残金が9000円弱しかなかったと報じられている。囁かれているのが「自己破産」の可能性だ。

「覚醒剤逮捕に加えて暴力団との密接交際まで報じられた以上、テレビが清原容疑者を使うことは二度とない。パチンコの営業に呼ばれることもなくなるでしょう。
もちろん、彼を野球指導者として招く高校、大学もない。完全な無収入になる可能性があります」(事情通)

■重くのしかかる昨年分の納税義務

しかも、清原容疑者には税金の支払いが重くのしかかりそうだ

5年前に個人事務所「オフィスキヨハラ」を設立。
清原容疑者がパチンコの営業やCM出演で稼ぎ、月300万~500万円ほどの収入があったとされるが、
覚醒剤に手を染めていた清原容疑者が、きちんと法人税を納めていたのかどうか。
少なくとも、昨年分の納税義務が今後生じる。国税OBの税理士が語る。

「清原容疑者のように世間を大きく騒がす事件が起きると、税務署は会社の経理状況を一から洗い直す。
彼の場合は銀座で一晩に100万円を使っていたとか、ハデな散財が報じられているのでなおさらでしょう。
仮にこうした散財が経費として認められなければ、多額の追徴課税を受けることになります。
もし、追徴額が2000万円ならば、5年前までさかのぼれば1億円。
悪質と判断され重加算税も加われば、場合によっては2億円近い納税の義務が生じることになります」

自己破産に詳しい「弁護士法人・響」の徳原聖雨弁護士がこう言う。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/175481

【芸能】清原和博容疑者の“シャブ仲間”疑惑が浮上した大物歌手・長渕剛

2016年02月12日 09:58

 覚せい剤取締法違反で逮捕された、元プロ野球選手の清原和博容疑者だが、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が、以前、清原容疑者が親しい知人に“シャブ仲間”の1人として歌手の長渕剛をあげていたことを報じている。

 清原容疑者と長渕の交流は99年ごろにスタート。当時、巨人に在籍し、ケガに苦しむ清原容疑者に自身のファンだと知った長渕が「まだ人生の9回裏じゃねえ」としたためた激励の書を送った。00年に初対面し意気投合すると、兄弟もしくは師弟とも言える深いきずなの関係を築き、08年10月の清原容疑者の引退セレモニーでは長渕が「とんぼ」を熱唱した。

 同誌に対し、清原容疑者に近い人物が語ったところによると、清原容疑者のシャブ初体験は巨人に入団したばかりの97年。そして、清原容疑者は4人の“シャブ仲間”をあげたというが、そのうちの1人が長渕。都内の高級ホテルに2人で籠もってシャブをキメたり、清原容疑者が長渕のためにシャブを調達したこともあったという。しかし、清原容疑者に違法薬物疑惑が持ち上がって長渕に相談したところ、「もう俺とかかわらないでくれ」とつれない言葉が。そのため、清原容疑者は「あの野郎、絶対に許せねえ」と口にするようになったというのだ。

 長渕の事務所は同誌に対して、いずれも、まったくの事実無根であります」とコメントしている。

 「長渕は95年に大麻所持で逮捕されているだけに、自分に“疑惑の目”が向けられていないかを常に気にしている。こういう記事が出ただけでも、側近は責め立てられているはず。公判が始まって、清原の口から長渕の名前が出たらとんでもないニュースになる」(芸能記者)

 清原容疑者の口から“爆弾証言”が飛び出すかが気になるところだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/11170725/

【芸能】女売人(通称シャブババア)はシャブ親子で逃亡中! 清原和博容疑者逮捕前日は息子と取引か

2016年02月12日 09:50

 覚醒剤取締法違反(所持)容疑で今月2日に逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)と覚醒剤の売買を繰り返していたとみられる群馬県居住の密売人の女が、捜査の手から逃れるため逃走していることが逮捕から10日目となった11日、関係者の話で分かった。逮捕前日の1日に群馬県内の高速道路のインターチェンジ付近で接触したという男は、密売女の息子とみられることも判明。親子で清原容疑者に薬物を販売していた可能性が浮上してきた。

 清原容疑者に「魔の白い粉」を直接手渡していた女密売人は、すでに群馬県内から姿を消している可能性が浮上した。関係者によると、群馬県内にある女密売人の自宅は、清原容疑者が逮捕されて以降、人が出入りしている気配が全くないという。こうしたことから自宅を離れ、逃亡しているとみられている。

 関係者の話によると、女密売人は桐生市出身で60代前半。群馬県内に住む複数の暴力団関係者の男性の愛人になるなどを繰り返しているうちに、麻薬の密売で生計を立てるようになったという。現在の住居は密売で得た資金で購入したとの情報もある。

 清原容疑者は昨年夏頃から車で群馬県や栃木県に通い、その後、都内のホテルに宿泊してから自宅マンションへ帰宅する行動パターンを繰り返していたことが、すでに捜査関係者の話などで分かっている。当初は女の自宅まで行って直接購入していた可能性があるが、アシがつかぬように、取引場所をその都度、変える手法を取っていたようだ。

 また、女売人は、自身が直接、取引をしないときは手下を使っていたとみられる。関係者によると、その手下の男が女の息子だという。中でも今回の逮捕につながった逮捕前日の1日に、群馬県内の高速道路のインターチェンジ近くで接触したという男が、この女の息子とみられる。密売は40代の息子との親子タッグで行っていた可能性が浮上。土地カンのある密売人親子が清原容疑者に携帯電話などで受け渡し場所を指示していた可能性が高い。

 覚醒剤事件に詳しい元捜査関係者は「母親が適当な受け渡し場所を指示して息子が車に乗って届けに行くという形をとっていたのかもしれない」と指摘。その上で「何回も売買しているうちに信頼関係もできてくるので、清原とは親子ともに親しくなっていたのではないか」と話す。清原容疑者は、これまで入手ルートについて供述を拒否している。これに関しても「報復を恐れているというよりも、仲の良い友達関係にあるからだろう」と解説した。

 関係者によると警視庁は、逃走中とみられる密売人親子の動向をすでにキャッチしており、近く事情を聞く方針だという。清原容疑者の覚醒剤入手ルートの特定を進め、密売組織の実態解明を急いでいる。

 ◆今後の捜査の流れ

 清原容疑者は2日、警視庁に現行犯逮捕され、4日に所持容疑で東京地検に送検された。最初の勾留期限は13日、勾留延長の期限は23日までとなる。清原容疑者は所持・使用ともに認めているとされ、23日までに余罪である使用について捜査が完了すれば、所持と使用と合わせて一括起訴される可能性がある。

 また、23日までに使用についての捜査が完了しない場合、その後も勾留が続き、使用で再逮捕され3月中旬に使用で追起訴される場合がある。初公判は、3~4月頃に予想される。追起訴後に保釈される可能性もあるが、再犯の可能性などを判断されれば保釈されないこともある。

http://news.livedoor.com/article/detail/11172009/

【芸能】元プロ野球選手・清原和博容疑者、アニキと慕う歌手・長渕剛と絶縁していた…14年春から

2016年02月08日 10:26

 覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が「アニキ」と慕った歌手の長渕剛(59)と絶縁していたことが7日、分かった。長渕の代表曲「とんぼ」を打席テーマ曲にし、08年の引退セレモニーでは長渕の熱唱に涙を流し「和博」「剛さん」と呼び合った兄弟のような関係。高校時代からの盟友、桑田真澄氏(47)との絶縁も明らかになった中、清原容疑者が薬物に手を染めながら孤立を深めていった実態が浮き彫りになってきた。

 長渕は7日、都内で書籍「長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌」のトーク&サイン会を行った。兄弟のように親しかった清原容疑者が逮捕された中での公の場。発言が注目されたが、長渕は清原容疑者について何も語らなかった。なぜ、口を閉ざしたままなのか。

 実は2人の関係は完全に断たれていた。関係をよく知る知人によると、絶縁に至ったのは14年春ごろ。清原容疑者への警察の捜査が始まり、週刊文春で薬物疑惑が報道されたころ、清原容疑者から距離を置くようになったという。薬物疑惑報道の渦中、最も頼りにしてきた長渕と離れた理由は何なのか。知人によると、桑田氏の絶縁の背景とは大きく異なり「詳しいことは言えないが、2人の間でこのままの関係を続けていくことが困難になった」という。

 捜査関係者によると、警視庁は清原容疑者が覚せい剤を購入していたとみられる北関東ルートなど、入手ルートの全容解明を進めているほか、これまでの交友関係についても調べている。違法薬物を通して親しい関係があったとされる元会社社長を含め、交友関係に重大な関心を寄せており、捜査の手がさらに広がっていく可能性もある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160207-00000167-spnannex-base

【芸能】元プロ野球選手・清原和博容疑者 自宅で逮捕後、病院診療!

2016年02月03日 09:43

 元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が2日夜、東京・港区の自宅で覚醒剤を所持していたとして逮捕された。

 警視庁によると、逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者は2日午後9時前、港区東麻布の自宅で覚醒剤の粉末0.1グラムを所持していた疑いがもたれている。

 自宅で現行犯逮捕された清原容疑者は、東京・中野区の病院で診療を受けたあと、3日未明、勾留先の警視庁本部に戻った。

 清原容疑者は調べに対し、「覚醒剤を所持していたことで逮捕されましたが、私のものに間違いありません」と話し、容疑を認めているという。

 警視庁はこれまで、清原容疑者が覚醒剤を使用している可能性があるとみて内偵捜査を続けていたもので、今後、覚醒剤を使用していたかや入手ルートなどを調べることにしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160203-00000009-nnn-soci

【芸能】プロ野球界に衝撃…清原和博容疑者と親交あった元選手には警察から電話!

2016年02月03日 09:39

 深夜に飛び込んだ清原容疑者の現行犯逮捕の一報。清原容疑者の西武入団時のエースで、監督と選手の立場でもともに戦った東尾修氏(スポニチ本紙評論家)は「1月11日の名球会イベントにも元気に参加してくれ、しかも先輩に“お疲れさまでした”“ありがとうございました”と丁寧に頭を下げていた。一時期の元気がなかった姿とは違って、本当に変わったなと自分のことのように喜んでいたのに。一報を聞いて、ただ、ただ、ビックリしている」と話した。

 米国アリゾナ州ピオリアでキャンプを張る日本ハムの関係者にも伝わった。木田優夫GM補佐は「コメントのしようがない。今はアリゾナにいるので言えることはないです」と困惑気味に話した。また、PL学園の同期であるオリックス・内匠政博スカウトは「ビックリして、何も言いようがありません」と動揺を隠せなかった。

 清原容疑者は1月11日の名球会イベントで巨人時代の恩師・長嶋茂雄氏から「野球人生はこれからだ」と激励してもらい感激。盟友でもあった佐々木主浩氏との対戦では安打を放ってガッツポーズをし、「平成の名勝負」を繰り広げた野茂英雄氏のトルネード投法をベンチで動画撮影するなど、明るい笑顔に名球会会員も「入団当時の清原が戻ってきた」と安どの表情だった。

 その一方で、08年の現役引退以降は、薬物疑惑が付いて回っており、距離を置く球界関係者も多かった。清原氏と親交のあった元選手は警察から電話で「清原さんと交友のある○○さんという方、ご存じですか」と聞かれたこともあった。人気も実績もあった清原容疑者だが、指導者として声が掛かることはなかった。

 昨年11月には巨人3投手による野球賭博問題で球界が揺らいだばかり。プロ野球界にはさらに厳しい目が注がれる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160203-00000015-spnannex-base

【芸能】元プロ野球選手・清原和博容疑者、テレビで薬物疑惑否定も…引退後は奇行!

2016年02月03日 09:37

 覚せい剤取締法違反の現行犯で2日夜に逮捕された清原和博容疑者(48)は、先月24日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。飲食店で男性客から指をさされて灰皿をたたき割ったことなどを告白するなど、奇異な言動で注目されたばかりだった。昨年8月放送の番組では「クスリ? (やって)ないです」と完全否定していた。

 清原容疑者はお笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(52)が司会を務める「ワイドナショー」に出演した際、先月19日付の自身のブログで明かした飲食店での乱闘モードが話題に上がった。

 前日の18日に知人と食事していたところ、2人の男性客が入店。そのうちの1人から何度も指をさされ、心の中で「我慢、我慢」と葛藤した後、灰皿をたたき割ったことをつづり、その際に負傷した手のひらの写真もアップした。

 ブログを見た番組担当者からオファーを受け、同22日に収録。「ハハハって、手の届かん距離で…」と男性から指をさされた状況を笑顔で告白したが、明らかに不快感と怒りをにじませていた。

 清原容疑者は2014年3月、「週刊文春」に薬物使用疑惑を報じられたが、当時は糖尿病の治療による体調不良として全面否定。ただ、体重の変動が激しく、精神的にも不安定な時期もあり、疑惑を報じられて以降、テレビ出演など仕事は激減していた。

 昨年8月放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」では浜田雅功(52)から「クスリやってるの?」と聞かれる場面も。それに対しても「風邪薬はやりましたけど…恨みつらみを買っているんですよ。(クスリは)ないです」と否定していた。

 同番組では「コーチでも何でもいい」など、断ち切れない指導者への思いを吐露し、入れ墨を入れた理由については「小さいころからの憧れだった」などと語っていた。

 14年9月に離婚後、生活は荒れ、住まいもウイークリーマンションだった。病気の母親の回復を願って、昨年3月から四国霊場八十八カ所のお遍路参りに出掛けるなどしていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160203-00000042-sanspo-base

【芸能】元プロ野球選手・清原和博容疑者、覚せい剤所持で現行犯逮捕! 内偵捜査1年以上

2016年02月03日 09:35

 警視庁は2日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、元プロ野球選手で西武や巨人などで活躍した清原和博容疑者(48)を現行犯逮捕した。PL学園高時代は桑田真澄氏(47)との「KKコンビ」で甲子園を沸かせ、プロ入り後は通算525本塁打をマーク。ファンから「番長」と呼ばれた男にとって、現役時代には想像できなかった転落となった。

 プロ野球のキャンプインから2日目、激震が走った。警視庁が、清原容疑者を逮捕。容疑は2日午後8時48分ごろ、東京都港区東麻布の自宅マンションで覚醒剤約0・1グラムを所持していた疑い。

 関係者によれば、薬物事件を専門とする組織犯罪対策5課が午後8時ごろから、家宅捜索に着手。間もなく白い結晶が入った袋が見つかった。自宅には1人でおり、抵抗する様子はなかったという。連行された後、東京都内の病院で検査を受け、警視庁に入ったもようだ。自宅から連行される様子はTBS系「NEWS23」で報じられた。

 「覚醒剤は私の物に間違いありません」。調べに対し、清原容疑者は容疑を認めているという。

 同容疑者をめぐっては週刊文春の2014年3月13日号で、薬物使用疑惑があると報道していた。9月には夫人の亜希さんと離婚。その後何度も薬物疑惑がささやかれ、警視庁は1年以上にわたる内偵捜査を経て、この日の強制捜査に踏み切った。

 野球界でスター街道を歩んだ男が転落した。PL学園高時代には桑田(元巨人など)との「KKコンビ」で甲子園を沸かせ、ドラフト会議では希望の巨人から指名を受けることができず、西武に入団。巨人との日本シリーズで流した涙は感動を呼んだ。

 「番長」と呼ばれた独特のキャラクターでも人気を博していたが、08年に現役を引退後、プロ野球の現場からは遠ざかっていた。薬物報道の後にはテレビ番組の露出も減っていた。芸能関係者によると、昨年ごろからは、清原容疑者の状態を懸念した知人らが毎朝、ランニングをさせたりするなど、「健康的な生活を送らせようとした」という。

 今年1月11日には、福岡市内のヤフオクドームで行われた「名球会ベースボールフェスティバル2016」に参加。巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(79)にあいさつし、「頑張りなさいと言っていただき、すごい握力で僕の右腕をつかんでくれた」と感激していたが…。

 組織犯罪対策5課は今後、覚醒剤を入手した経緯や使用の有無などについても、裏付けを進めていく方針だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160203-00000504-sanspo-base