【芸能】将来への不安も吐露…?女優・上原多香子、質素な生活で女優業休業状態!

2018年06月27日 09:32

 17年5月に交際が発覚した演出家のコウカズヤ氏と同棲中であることが報じられているSPEEDの上原多香子だが、2人の近況について発売中の「フラッシュ」(光文社)が報じている。取材を進めると、上原の不安の声が聞こえてきた。

 上原といえば、コウ氏との交際発覚後の17年8月、14年9月に夫でET-KINGのTENNさんが自殺した原因が、上原と俳優の阿部力とのW不倫が原因であったことが報じられていた。

 その後、上原は表舞台から姿を消し、コウ氏とはいったん同棲を解消していたが、タワーマンションから引っ越し、再び同棲をスタートさせたことが報じられていた。

 「家賃十数万円のマンションに引っ越したとはいえ、上原は無収入になってしまい、コウ氏は収入が安定しないことから、コウ氏は周囲に対して結婚について不安を抱えていることを漏らしていたようだ。
とはいえ、別れたという話は聞こえて来ていない」(芸能記者)

 同誌は6月の昼下がり、上原とコウ氏の2ショットをキャッチ。上原の左手薬指には飾り気のないゴールドの指輪が光っていたという。

 2人が向かったのはランチセットが800円の近所のインド料理店。同店の行列に並ぶなど庶民的なデートを楽しんだというが、同誌は食事を終えた2人を直撃。

 結婚について聞くと上原は、「いいえ、してないです、まだ…」と否定。女優復帰の予定については「全然ないんです」と回答。

 終始、コウ氏は上原をかばっていたという。

 「結婚したとしても、批判の声が殺到するのは上原本人が一番よくわかっているはずで、そう簡単に報告することはできないだろう。
このまま女優業を引退する可能性も浮上しているようだ」(芸能記者)

 上原は仕事は失っても、プライベートは充実しているようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/14923538/

【芸能】俳優・阿部力は女優・上原多香子との“W不倫の古傷”癒えず、国内での仕事はなく中国で活動?

2018年05月06日 21:12

松田翔太(32)がモデルで元横綱・千代の富士(享年61)の次女・秋元梢(30)との結婚を発表したのは4月25日のこと。翌々日には自身のInstagramを更新し、“大好きな兄弟”からの祝福の様子を公開した。が、そこから思わぬ波紋が広がっている。

 ***

〈大好きな兄弟に祝われました #F4 #花より男子〉とのコメントと共に、掲載された写真には“おめでとう”と書かれた巨大なデコレーションの後ろで微笑む松田翔太。その後ろでVサインをする小栗旬(35)ともうひとり――あれ誰だっけ?

「〈#F4 #花より男子〉とありますから、ファンには一目瞭然。テレビドラマでは2シリーズ、2008年公開の映画も大ヒットした『花より男子』(TBS系)での花の4人組(F4)たちですよ。その後ろには〈Taken by 道明寺〉ともありますから、道明寺司役だった松本潤(34)が撮影したということでしょう。つまり花沢類(小栗旬)、西門総二郎(松田翔太)、そして美作あきらを演じた阿部力(36)のF4が勢揃いして翔太を祝ったということです。“花男旋風”とまで言われるほどの人気でしたからね、Instagramのコメントにも、当時のファンから〈おめでとうございます F4は、永遠です〉〈素敵な写真です 花男ファンにはたまりません〉〈翔太くんの結婚もうれしいけど、F4集結も嬉しい〉など、このメンバーでの『花男』復活を望む声や、お祝いの声が並んでいますよ」(芸能記者)

阿部力のインスタへの書き込み
 たしかに松本潤、小栗旬、松田翔太と、その後も活躍を続けている。放送中の『花晴れ』にも、松本と小栗は、当時の役柄でゲスト出演しているほど。だからこそ、4人での復活を望む声も多いのだが――阿部力だけは最近は全く顔を見かけない。

「元SPEEDの上原多香子(35)とW不倫していた過去が昨年(17年)8月に報じられ、それが上原の夫の自殺(14年)の原因だったとされてから、国内での仕事はないようですね。もともと中国人の父と日本人の母の間に生まれたハーフですし、中国語圏でも仕事をしていたので、いまはむこうで仕事しているのかもしれません」

 彼のInstagramは昨年8月より更新されていない。にもかかわらず、書き込みだけは増え続けており、その内容が凄まじい。

〈俳優辞めてください。誰もあなたの作品など見たくもないですよ〉

〈よく人の(松田翔太)結婚祝えるね。壊したんでしょ?〉

〈松田翔太くんのInstagramを見たけれど、おめでたい席にひとりだけ場違いな奴が居るね。場違いな奴は阿部力〉

〈花男集まりに良く顔出せたな クズが〉

〈まだいたんだ〉

〈人殺し〉

〈しねや〉

 人が亡くなっているだけに、ただの不倫では治まらないことはわかる。だが、ここまで攻められ続けるとは、お気の毒である。

 もちろん冷静な書き込みも見受けられる。

〈あなたのことを応援してる人は絶対いるし、国を越えてファンがいることは素晴らしいことだと思う。だから、その人達の期待に応えるためにも叩かれるのを覚悟で公に謝罪をするべきだと思います〉

『花男』復活どころか、日本での活動すら難しいようだ。不倫の代償は、あまりに大きかった。

http://news.livedoor.com/article/detail/14674596/

【芸能】飼い殺し?W不倫で夫が自殺の女優・上原多香子の“仕事復帰”の裏側!

2018年03月10日 10:41

 俳優の中村俊介が主演を務める29日放送のフジテレビ系特別ドラマ「浅見光彦シリーズ53 浅見光彦殺人事件」のヒロインを女優の上原多香子が演じるが、放送までの舞台裏を発売中の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 上原は昨年5月、演出家のコウカズヤ氏との交際が発覚し、その後、同棲中であることも報じられた。

 しかし、同8月、俳優の阿部力とのW不倫が原因で、14年9月に夫でET-KINGのTENNさんが自殺したことが報じられ、その後、表舞台から姿を消していた。

 そんな中、同ドラマが放送されることになったが、上原は同作で“仕事復帰”したわけではなかったのだとか。

 撮影はW不倫報道が出る前の昨年7月に終了。しかし、報道が出てしまったため、同局では上原の出演作を放送してもいいのかという議論が何度も繰り返されたという。

 結局、上原は法を犯したわけではなく、また、人気シリーズでファンからの待望論も多かったため、予定通り放送することで決定したというのだ。

 「所属事務所としては、SPEEDでがっぽり稼いでくれた“功労者”なので、クビにするつもりはない。しかし、今のところ仕事復帰させるつもりはないようで、このまま“飼い殺し”の状態が続きそう。当然、給料も払っていない」(テレビ局関係者)

 同誌によると、コウ氏と同棲中の上原は、稽古場に自転車で差し入れを持って行ったりする日々を送っているのだとか。

http://news.livedoor.com/article/detail/14411534/

【芸能】タレント・上原多香子、2LDK地味物件で同棲開始も新恋人は周囲に苦悩漏らす!

2018年01月09日 09:23

 昨年12月上旬、東京都内のレンタルスペースに上原多香子の姿があった。

「1月17日から始まる舞台『昏闇の色』の稽古が行われていたんです。脚本と演出を担当するのはコウカズヤさん。昨年4月に上原さんの“新恋人”として話題になった人ですね。彼女は自転車に乗って差し入れに行ったようです。栄養ドリンクなどを持ってきて、若いキャストは上原の突然の訪問に驚いて恐縮していたという話ですよ」(演劇ライター)

 上原が稽古場を出てきたのは3時間後。終わるまでずっと見守っていたのだ。演出家として多忙な日々を送る彼を、献身的にサポートしているらしい。

「コウさんはお笑いユニット『超新塾』のメンバーとしてデビューしましたが、舞台の脚本家・演出家に転身。昨年、彼が所属する劇団の舞台に上原さんが出演したことをきっかけに意気投合し、交際がスタートしました。上原さんがコウさんに惚れ込み、自分から出演を持ちかけたようですね」(スポーツ紙記者)

 上原の夫だったET-KINGのTENNさんは、'14年9月に自ら命を絶った。

 それから2年以上がたち、新しい恋を求めるのは自然なこと。ただ、交際が始まった直後にTENNさんの自殺の原因が女性誌に報じられたことが、ふたりにとっては大きな試練となる。

「TENNさんの弟が発表した彼の遺書に、上原さんが舞台で共演していた俳優の阿部力さんと不倫関係にあったことが記されていました」(同・スポーツ紙記者)

 当時は収入格差を気に病んでいたのではないかといわれていたが、事実はもっと残酷だった。阿部も妻帯者で、いわゆるW不倫である。

「記事には“ふたりの子どもが欲しい”といった生々しいLINEのやりとりやキス写真も掲載されていました。TENNさんはすべてを知り、精神的に追い詰められてしまったんでしょう」(同・スポーツ紙記者)

 報道が出てまもなく、上原は芸能活動の無期限休止を発表する。コウ氏はもちろん、彼女の不倫については何も知らなかった。

「記事が出て初めてこのことを知り“どう受け止めていいか悩んだ……”と話していました。かなり衝撃的だったようで、“自分に彼女を支えられるか不安だ”とも周囲に漏らしていたそうです」(コウ氏の知人)

 コウ氏は一部では人気の高い演出家だが、メジャーな存在とはいえない。

「コウさんの芝居が上演されるのは、多くても100席強程度の小劇場なんです。小劇場演劇というのは、自分が理想とする芝居を追求するもの。商業演劇とは違い、儲かるものではありません。劇団のレッスン料収入もあるみたいなのですが、あまり多くはないでしょう。コウさんも演劇をやめるつもりはないそうです」(前出・演劇ライター)

 上原は芸能活動を休止したため、現在は収入ゼロだという。事務所は辞めていないものの彼女への出演オファーはなく、女優業への復帰は簡単ではない。生活の不安を抱えているはずだが、ふたりは同棲生活を始めている。

タワーマンションから2LDKの地味物件へ
「上原さんはこれまで高級タワーマンションに住んでいたんですが、昨年10月末に引き払いました。贅沢な生活を続けることは難しいと判断したのでしょう。

 コウさんと一緒に2LDKのマンションに引っ越したんです。正直いって、芸能人が住んでいるとは思えないような地味な物件です。オートロックもないマンションですからね」(前出・コウ氏の知人)

 同棲を始めたとはいっても、すぐに結婚できる状況ではないようだ。上原に向けられる視線は厳しく、再婚が祝福される空気にはなっていない。収入面でも不安が残る。

「コウさんは上原さんについて周囲に、“(自分のことも含めて)ダメな男が好きな女に愛されるってつらいよ”と。今後も劇団でやっていくつもりの彼は、生活が安定しないことは覚悟しています。“好きで付き合ってはいるけれども、こういう仕事なので正直結婚は難しい”と考えているみたいですね」(劇団関係者)

コウ氏を直撃すると
 1度は華やかな世界にいた上原にとって、倹約を強いられる生活は初めてだろう。コウ氏は今後の展望を持っているのだろうか。12月下旬、稽古場に来た彼を直撃した。

ーー上原さんと同棲されていますよね?

「……僕はフリーなんで、向こうの事務所に問い合わせてもらっていいですかね?」

 戸惑ったように詰まりながらも、言葉を絞り出すようにして話す。

ーー元旦那さんが自殺した原因が上原さんの不倫だと聞いて驚かれたそうですが……。

「いやぁ、もうけっこう前の話なんで……」

 少し顔をゆがめながらも、受け答えはしてくれた。足早に稽古場への階段を上っていく。

ーー何もお答えいただけないということでしょうか?

 と質問を投げかけると、ふと足を止めた。

「いや、だから、向こうの事務所を通してください。僕、全然、芸能界関わりないんで。フリーなんで」

 何度もフリーであることを強調した。

ーーご結婚のことなどに関しては、プライベートなことだと思いますが。

「あのー、ちょっと困るんで……。すいません、寒い中ありがとうございます」

 最後に少し頭を下げ、稽古場のある階へと消えていった。

 翌日、ふたりが暮らすマンションを訪ねた。ベランダの洗濯物はすでに取り込まれているようだ。

 自転車置き場には、ふたりが共用しているらしい電動自転車が置いてあった。クリスマスは終わったが、玄関ドアにはリースが飾られたまま。インターホンを鳴らすと、部屋の奥から犬の鳴き声が聞こえた。

「(驚いた様子で)はい?」

 この日はコウ氏がすでに稽古に出かけていて、上原がひとりで部屋にいたようだ。

ーーコウさんとの同棲は順調ですか?

 ストレートに質問すると、一瞬の間の後に小さな声が返ってきた。

「……すいません、あのー、私からお話しすることはできないので……」

 おそるおそる言葉を探しているような口調だ。幸福な生活を送っていても、それをそのまま口にすることははばかられるのかもしれない。

─コウさんにもお話を伺ったのですが……。

「すいません。私、今もうお仕事をしていないので、そちらのほうは発言を控えさせていただきます。ごめんなさい、失礼します」

 どちらからも、まっすぐにハッピーな心を伝える言葉は聞けなかった。

 過去の“過ち”が、今もふたりの重い足かせとなっているのだろうか……。

http://news.livedoor.com/article/detail/14130892/

【芸能】女優・上原多香子の再同棲報道に「地獄に堕ちろ」非難殺到!遺族が恨み告白も…

2017年12月26日 10:46

 現在発売中の「女性自身」(光文社)で、SPEEDの上原多香子(34)が演出家のコウカズヤ氏と同棲中であることを報じた。上原は12年8月にET-KINGのTENNさんと結婚したが、14年9月にTENNが自殺。17年8月、その理由が上原と俳優の阿部力(35)のW不倫だったと「女性セブン」(小学館)にTENNの実弟が告発した。

 しかし阿部との不倫が発覚する少し前の5月、「FRIDAY」(講談社)が上原とコウ氏との熱愛をスクープしていた。その時は世間から“夫に自殺されてしまった可哀想な上原”との印象で応援する声が多かったが、8月の報道を受けて世の中は上原を「最低のクズだ!」と叩く流れに。「女性自身」によると、報道後、上原は一度コウ氏との同棲を解消したという。

 だが、最近になって再び上原はコウ氏との同棲を始めたそう。現在上原は騒動の影響で仕事がなく、事務所には給与ゼロを条件に在籍させてもらっている状況のため、コウ氏の仕事をサポートする生活を続けているそうだ。

 さらに「女性自身」には、TENNの実母からの手紙や、TENNの実弟の言葉が掲載された。それによると、TENNの自殺の真相を伝える記事が世間に出回ってから、上原からTENNの親族へ連絡はこなくなったそう。毎月の命日に上原から送られてきていた花も、業者に「受け取れません」と伝えたところ、届かなくなったようだ。

 すると実弟は、上原が今年5月に「新しい人ができました、籍を抜きます」と親族へ報告しに来た際の気持ちを振り返り「彼女の中では自分たち家族との関係はすべて終わりにしたのかな、と。人の縁ってこんなに簡単に切れてしまうものなんやなって」と語っていた。

 上原がいざ献花を送るのを止め、籍を抜くことを報告したら「これ以上、家族だけでは抱えきれない」と自ら週刊誌に自殺の真相をリークし、「薄情だ」と恨みを告白した遺族。一方で、実母はTENNの葬儀後に「あの子(=上原)、まだ31才やで? 半年後に別の人と入籍するかもわからんし。それやのにこれあったら足枷やろ」とTENNの遺骨を預かるなど、上原の未来を気遣っていたこともある。遺族にとって、上原のことをすべて許せる日は来ないのかもしれない。

  これを受け、ネット上では「ちょっと理解できない」「日頃ネットで悪口書くの嫌いな私でもコイツだけは許せない」「バチ当たれ!」「地獄に堕ちろ」「阿部ではなく新しい相手ってのも最低」「どんだけ図太いんだよ」といった上原への非難が続出している。本当にW不倫の末の自殺であれば、遺族にとっては許しがたい事実だが、かといって上原はこのまま一生恋人を作ってはいけないのだろうか。喪に服し続けることだけが正解ではないはずだ。

https://news.infoseek.co.jp/article/messy_59220/

【芸能】女優・上原多香子、新恋人と同居解消も…給料ゼロで再同棲始めていた!

2017年12月26日 10:39

「あの報道があってから、マスコミを気にして、いったんは新恋人との同棲を解消していたのですが、11月末に新しい部屋を借り、再び同棲を始めたようです」(上原の知人)

17年8月、3年前に自殺した夫・TENNさん(享年35)の死の真相が女性週刊誌で報じられた上原多香子(34)。それは、TENNさんの自殺の原因は上原と若手俳優の不倫にあったという衝撃的なものだった。

上原はすでに不倫相手とは別れ、“新恋人”の演出家・コウカズヤ(40)との交際が別の週刊誌で報じられている。いま上原は騒動でいったん解消していたコウとの同棲を、新たな部屋で再びスタートしているというのだ。

「TENNさんの“自死の真相”が報じられた後、上原さんの所属事務所は解雇も考えたようです。仕事のオファーもなくなり、最終的には彼女が事務所に“当分は給料ゼロで……”と申し出たと聞きました」(芸能プロ関係者)

上原もさすがに生活を見直さなければならなかったのだろう。騒動後も暮らしていた都内の高級マンションを退去。コウと2人で新たな部屋を借り、肩を寄せ合っての“再同棲”を始めたという。

上原のほうが惚れこんでいるという2人の関係。“謹慎中”の9月にも、コウの舞台の打ち上げに“妻同然”で参加する上原の姿が写真誌にキャッチされている。

「豪華マンションからは出ることにはなりましたが、上原さんは充実した毎日を送っていますよ。1月17日から東京・下北沢で上演される舞台『昏闇の色』の稽古で、忙しい彼を支えようと奮闘しているんです。世間の目を気にして、入籍はしない意向とは聞いていますが……。お給料も、彼女の仕事が再開したら復活するみたいです」(前出の知人)

当分は“倹約同棲”が続きそうだが、肩寄せ合っての“神田川”暮らしも意外に楽しいのかも――。

http://news.livedoor.com/article/detail/14079513/

【芸能】女優・上原多香子が連日新恋人に同伴?飲み会で見せた「まるで妻」ぶり

2017年10月07日 10:34

「酔っ払った様子で、コウさんじゃない男性に抱きついていたので、ちょっと驚きました(笑)。上原さんは『私にできることないかな』『何か手伝いたい』と繰り返していました」(居合わせた客)

 9月下旬、都内の居酒屋。劇団「BuzzFestTheater」の公演後の打ち上げで、長身の男性を横に仲間たちと飲み交わす美女を発見! 元SPEEDの上原多香子(34)だ。

 じつはこの舞台公演に上原は出演していない。それでも打ち上げにいるのは、隣に座る男が劇団の主宰者である上原の恋人・コウカズヤ(40)だからだ。

 2人の出会いは2016年。上原がコウの舞台を観に行った際に、意気投合した。それがきっかけで、2017年4月に上原がコウの演出する舞台の主演に抜擢されて急接近。5月には熱愛を報じられた。

 深夜1時まで続いた飲み会の後、2人はタクシーに乗った。10分ほど走り、寄り添って満足そうな笑顔を浮かべ、 同じマンションへ。さらに翌日、千秋楽を迎えた劇団の打ち上げの場には、またしても上原の姿があった。

 連日コウに同伴してまるで妻のような顔を見せる上原。彼女を癒やせるのは、新恋人だけのようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13715773/

【芸能】女優・上原多香子の不倫騒動、報じない自主規制したTV局の事情!

2017年08月26日 09:40

「申し訳なくて言葉がない。でも、おれだけじゃないのに…」。阿部力(35才)は、ポツリとそう漏らしていたという。

 前号の女性セブン(8月10日発売)で報じた、SPEED・上原多香子(34才)の夫でヒップホップグループ・ET-KINGのTENN(テン)さん(享年35)の自死の真相。

 報道後、上原は舞台『のど自慢』の千秋楽(8月18日)まで出演を果たした。共演者の一人ひとりの楽屋に騒動を詫びる挨拶に訪れたというが、報道陣の前に姿を見せたときには頭を下げるのみ。いまだ何も語られていない。

 それどころか大手メディアではほとんどこの話題が扱われなかったため、「事務所の圧力か」「他にも大物有名人と不倫していたかららしい」「今、妊娠しているから気遣っている」――など憶測が飛び交い波紋は広がるばかり。

 時期を同じくして発覚した雨上がり決死隊の宮迫博之(47才)の不倫疑惑が、スポーツ紙やワイドショーで大々的に取り上げられただけに、その疑問の声は日増しに大きくなっている。

 内容を簡単に振り返る。2014年9月、TENNさんは上原との結婚からわずか2年後、自宅マンションの駐車場に停めた車の中で首を吊り自ら命を絶った。その自死に、上原と阿部の不倫関係が大きく影響したであろうことを、本誌・女性セブンはTENNさんの遺書や上原と阿部のツーショット写真などと併せて報じた。阿部も、2009年に中国人女優と結婚した既婚者だった。

 松本人志(53才)は8月20日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、前週の放送の際に上原の不倫問題へ言及していながら、放送ではカットされていたことを「宮迫の不倫問題よりも世の中的には興味あるわけですよ」「『女性セブン』一誌しか報じていないし本人がまだコメントをしていないから(中略)フジテレビでは扱わないことになりましたと言われた」と明かして、憤りをあらわにした。テレビ局関係者はこう明かす。

「局側の自主規制です。SPEEDのメンバーとイケメン俳優のW不倫ですから飛びつきたいのはもちろんで、ウラ取りの取材には動いています。ただ、TENNさんが亡くなっていて遺族がいらっしゃることなのでどうしても扱い方がデリケートにならざるを得ない。

 加えて、双方が今回の件について会見を開いたりコメントを出すといったことを一切していません。不倫を肯定して謝罪するでも、反対に否定するでも、なんらかの形でアクションを起こせば“本人が口を開いた!”というように扱えるんですが、現状だんまりですからね。沈黙を続けると、永遠に問題はついて回ることになるわけで、決して得策とはいえないんですが…」

http://news.livedoor.com/article/detail/13520215/

【芸能】“妊娠説”も飛び交う女優・上原多香子は本当に「完全悪」なのか

2017年08月23日 12:16

 上原多香子に“妊娠説”が浮上している。22日発売の「女性自身」(光文社)が「上原多香子 自殺夫の遺書公開でも狙う新恋人との“妊娠”再婚」と題して報じたもので、現恋人で演出家のコウカズヤ氏との間で、7月に妊娠の兆候が確認されたという。

 確かに、今月12日に舞台『のど自慢~上を向いて歩こう~』の名古屋公演終了後に激写された上原の姿は、心なしかゆったりとした服に身を包み、足元はスニーカー。その後の打ち上げで彼女がお酒を口にしていなかったという情報もある。

 だが、上原に近い関係者は同記事を「全く根拠がない」と全否定。ネット上ではこの妊娠説が一人歩きし、上原にさらなるバッシングが飛んでいるが、果たして彼女は本当に「完全悪」なのか。

 週刊誌デスクは「すべてが明るみに出た今では、彼女が悪役となっていますが、本を正せば、遺族とごく親しい関係者のみが知る夫・TENNさんの遺書が週刊誌に掲載されたことが発端。遺書を公開するのなら、少なくとも妻の上原さんの許可が必要だと思うのですが、彼女には何も連絡がなかったそうです。もっと言えば、TENNさんは、あの遺書ですべてを“終わったこと”にするつもりで、他言無用と伝えていたようです。まさかマスコミに公開されるとは、ご本人も夢にも思わなかったはずです」と話す。

 遺書を公開した理由について、TENNさんサイドは上原の一連の不貞行為を「親族だけでは抱えきれなくなった」と説明しているが、あくまでそれは表向き。実際は、TENNさんが命がけで訴えた不倫相手のイケメン俳優・阿部力とアッサリ別れ、新たにコウ氏と交際し始めた上原に対して「単純にムカついたから」(前出デスク)だ。

 別の週刊誌記者は「TENNさんの遺族は、彼女に数千万円の“慰謝料”を要求しましたが、彼女はのらりくらりとかわしていた。そうこうしているうちに、週刊誌に記事が掲載された」と話す。

 上原の犯した“罪”を擁護する気は毛頭ないが、一方で妊娠説も飛び交う上原に対し、人権無視の批判を浴びせるネットの“偏り”も気になる。ワイドショー関係者の話。

「上原さんは子どもが欲しくて仕方がなく、TENNさんが子どものできない体とわかった時は、離婚も含めてかなり悩んだそうです。仮に今、妊娠していたとしても、今回のスキャンダルとは全く別の話。“悪魔の子”のように扱うのは、不憫すぎます」

 うまく落としどころが見つかればいいが……。

http://news.livedoor.com/article/detail/13508280/

【テレビ】結果が不自然すぎる情報番組『バイキング』が「世間の注目ランキング」を捏造か!? 上原多香子の不倫記事を差し替えか

2017年08月18日 09:41

「これは絶対違うだろう」
「完全な捏造」
「デタラメにも程がある」
「もうこの番組のランキングは信用できない」

 ネット上でこんな声が連打されているのは、8月14日に放送された情報番組『バイキング』(フジテレビ系)について。同番組では、街行く人へのインタビューを元に集計した「世間の注目ニュースランキング」を発表したのだが、あまりの不自然すぎる結果に視聴者も目がテンになったようだ。

 6位から順に発表されたランキングは、6位・警察官による中学生への自白強要、5位・世界陸上「男子400mリレー」で日本が銅メダル獲得、4位・社交界のプリンスが児童ポルノ禁止法違反、3位・紗栄子が実業家と破局、2位・雨上がり決死隊・宮迫博之の不倫疑惑という結果だった。

 ネット上では、リアルタイムで視聴していた人たちが1位を予想。圧倒的だったのが「上原多香子の不倫報道」だった。

「ところが、発表された1位はなんと『高畑裕太出演映画の撮り直し』でした。高畑が強姦致傷容疑で逮捕されたことにより、撮影中断となっていた映画『青の帰り道』が撮影再開となったという話など、芸能関係者の間ですらほとんど話題に上がりません。ましてや、宮迫の不倫疑惑よりも上位にくるなんて考えられません。VTRに登場した人物も“言わされた感”がアリアリでしたね」(芸能記者)

 上原の不倫疑惑については、『バイキング』だけでなく、『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)をのぞいたほとんどのワイドショーがスルーという気味の悪さ。かろうじて『サンデー・ジャポン』『アッコにおまかせ!』(共にTBS系)がVTRを流すも、出演者のコメントはゼロだった。

「『バイキング』を観て笑ってしまったのは、上原の不倫をトップ記事で扱った『女性セブン』(小学館)の表紙を載せて、さも大ニュースと言わんばかりに同じ号にわずかに掲載されている高畑淳子・裕太親子の近況記事のページを開き、カメラを寄せていました。もしかしたら、当初、スタッフは『1位・上原』で編集していたところ、上層部からストップがかかり、苦肉の策で同じ誌面に載っている高畑の記事に差し替えたのかもしれませんね」(テレビ関係者)

 とはいえ、視聴者の声を元に作ったと謳ったランキングの結果を捏造するのは完全にアウト。今後、『バイキング』が作成するランキングは視聴者に信じてもらえるのだろうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/13487286/