【芸能】元祖大食い女王・菅原初代の現在…発達障害の息子を支える日々

2017年10月21日 10:18

20日放送の「爆報!THEフライデー」(TBS系)が、元祖大食い女王こと菅原初代の現在に密着した。

番組では「あの大食い女王は今…“私も発達障害…”発達障害の息子を育てるシングルマザー」と題して、菅原を特集した。菅原は2007年に「元祖!大食い王決定戦」(テレビ東京系)で、初出演にして優勝する。ギャル曽根ともしのぎを削り、大食いブームの火付け役となった。

現在は53歳で、発達障害を患っている14歳のひとり息子の慶さんと暮らしている。慶さんはADHD(注意欠如多動性障害)で、整理や片付けができず、注意散漫な傾向にあるという。

菅原は、34歳のころに友人の紹介で知り合った男性と結婚した。その後、慶さんを出産したが、3歳を過ぎた頃に発達障害ADHDだと判明。夫の理解を得られず、夫婦仲が噛み合わなくなり離婚したのち、シングルマザーとしてパン屋を開業し懸命に慶さんを育てた。

当時は、発達障害が世間にあまり認識されておらず、友人や両親らからは「甘やかし」「お前の責任だ」「しつけすれば治るんでしょ?」と責められたこともあった。追い詰められた菅原は、気分転換のつもりで、わんこそばの大食い大会に参加する。

すると同大会で、初出場にして女性歴代最高記録を樹立した。大会をきっかけに、菅原は大食い界に進出。食べている間は家庭の憂鬱や、子育ての悩みを忘れられたそうで「勝つと自信になる、普段の生活に何があっても跳ね返せる」「精神的にどんどん自由になる」と明かす。

しかし菅原は慶さんを見続ける中で、自身も発達障害ではないかと疑念を抱きはじめたという。今回は番組を通じ、昭和大学医学部精神医学講座准教授・高塩理氏の診察を受けた。菅原は「片付けができない」「約束の時間に遅れる」「耳からの情報処理が苦手」「嫌なのが女の人の集まり」と、発達障害に該当するであろう悩み事を打ち明けた。

高塩氏は、発達障害の傾向があるというが、菅原が自身で環境を整えられているため治療は必要ないという。

菅原は、慶さんを育ててきたうえで「息子が発達障害だったことを残念だとか普通だったら良かったとかは思ったことはなくて、この息子でよかった」と語っていた。

なお、慶さんは、大食いの才能を引き継いでいるらしく、回転寿司店に入ったふたりは、合計でなんと246貫もの寿司を食べ、食べ足りない様子の慶さんは、さらにチョコバナナパフェを食べていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13777326/

【芸能】女優・米倉涼子「ドクターX」第5弾も好調なのに映画化しない理由!

2017年10月21日 10:14

10月にスタートした米倉涼子(42)主演の人気ドラマシリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」が絶好調だ。12日放送の初回が20.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、19日放送の第2話も19.6%(同)を記録。全話平均視聴率20%超えも射程圏内だ。

「基本的に1話完結で、展開が非常にスピーディー。相変わらず自らの腕だけで大病院と渡り合う主人公が、視聴者の共感を呼んでいます。岸部一徳(70)、西田敏行(69)、遠藤憲一(56)らシリーズおなじみのキャストに加えて、今作ではレギュラーキャストに草刈正雄(65)、野村周平(23)、永山絢斗(28)らを投入。キャスト陣を強化した結果、高視聴率につながっています」(放送担当記者)

同ドラマは12年に初シリーズを放送。今回がシリーズ第5弾で、特別編やスピンオフ版も放送されるほどの人気作となった。

米倉といえば、主演をつとめた連続ドラマ「交渉人~THE NEGOTIATOR~」が08年と09年にドラマ版が放送。10年には「交渉人 THE MOVIE タイムリミット高度10,000mの頭脳戦」のタイトルで映画版が公開されている。

他局のドラマも含め、ドラマシリーズの人気が高まったところで映画化されるのがオーソドックスなビジネスモデル。となると「ドクターX」もそろそろ映画化されそうだが……。

「実際、以前から映画化の企画は持ち上がっています。公開すれば確実に集客できるだけに、制作サイドもかなり乗り気です。ところが肝心の米倉さん本人がなかなかクビをタテに振らないそうです。その理由は『交渉人』を映画化した際に“燃え尽き”のような状態になってしまったから。実際、その後はドラマ版の新シリーズ放送もありませんでした。そんななか『ドクターX』のオファーを受けて大当たりしましたが、米倉さんは『映画化することで再び前回のようになってしまうのでは』と二の足を踏んでいるようです」(テレ朝関係者)

ファンも待望しているはずの映画版だが、まだ先の話になりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00010007-jisin-ent

【芸能】来年の引退を発表した歌手・安室奈美恵“安室特需”でWOWOWウハウハ?22日放送・沖縄ライブ目当てに加入者殺到!

2017年10月21日 10:13

 来年の引退を発表した歌手・安室奈美恵(40)が、9月16、17日に地元・沖縄で開催したデビュー25周年記念ライブを22日に独占放送する有料放送局「WOWOW」に加入者が殺到していることが20日、分かった。

 明らかな“安室効果”だ。同局は7月に沖縄ライブの放送を発表していたが、9月20日の電撃引退宣言後からすさまじい反響があった。同局は「コールセンターやウエブに申し込みが殺到しました。すごく増えています」と明かした。10月の加入増加数は11月に判明するが、「安室ちゃんのライブがみたい」「音楽ジャンルへの興味」という加入動機が目立ったという。

 WOWOWは申し込みから早ければ15分程度で視聴可能。22日午後7時の放送開始直前の電話による“駆け込み加入”に備えて、同局は「皆さまにお楽しみいただけるように態勢を強化しています」と“安室シフト”で対応者を増やすようだ。ただ、電話での対応には限りがあるため、ウエブからの申し込みを推奨している。

 22日は地上波で衆院選特別番組やボクシング・村田諒太(31)の世界戦(フジテレビ)も放送される中、カウントダウンに入った歌姫が、多くの視聴者を釘付けにする。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00000001-dal-ent

【芸能】女優・橋本環奈、アイドルから女優へ!快進撃の裏に「仕事に対する変わらぬスタンス」

2017年10月21日 10:11

 最新作『斉木楠雄のΨ難』で、山崎賢人扮する斉木楠雄に思いを馳せる自意識過剰な学園アイドル・照橋心美を全力で演じ切った橋本環奈。『銀魂』に続きメガホンを取った福田雄一監督を唸らせたその表現力は、まさに今までの殻を打ち破る新境地だ。女優として快進撃を続ける橋本が、コメディ映画で演じることの楽しさや難しさ、貪欲なまでの役作り、さらにはソロデビューから半年を経た現在の心境を快活に語った。

本作は、週刊少年ジャンプの連載にて大好評連載中の漫画家・麻生周一による同名コミックを実写映画化した学園コメディ。最強の超能力を生まれ持ちながら、普通の生活を送ることを望む高校生・斉木楠雄が、ワケありのクラスメイトたちによって見舞われるハチャメチャな日常を爆笑シーン満載で描く。主演の山崎、橋本をはじめ、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、内田有紀、田辺誠一、さらには福田組の常連ムロツヨシ、佐藤二朗など、個性派俳優の演技合戦も見応えがある。

 『銀魂』の顔合わせのときに福田監督から「照橋心美もカンカン(橋本の愛称)にお願いしたい」とラブコールを受けたという橋本。「まだ『銀魂』の撮影も始まっていない時期、私が(『銀魂』の)ヒロイン・神楽をどう演じるのかもわからない状況だったので、本当に予想外でした」と述懐する。『銀魂』が終わってわずか2週間で本作のクランクイン。戦闘種族のオバカ少女・神楽から一転、ナルシストの学園アイドル・照橋心美へ。役作りをする上で混乱はなかったのだろうか。「キャラクターが全く違うので混乱はなかったですね。むしろ神楽をやり切った経験が照橋さんに生きたと思う」と笑顔を見せる。

 ただ、役作りそのものには相当苦しんだという。「斉木に煙たがられても“照れているだけ”とか、“私は絶対嫌われていない”とか、すべて自分のいいように捉えるところはすごくポジティブなんですが、振り向いてくれないと健気に追いかけるところは案外“ピュア”なのかな? と思ったり。あれこれ考えはじめたら、“これは簡単な役どころじゃないぞ”という思いが湧き上がってきて、すごく気持ちが入りましたね」と当時を振り返る。

 天下無敵の美少女を自覚しながら、そのハンパない空回りぶりで破壊力抜群の笑いを生み出す照橋心美。神楽に勝るとも劣らない弾けたキャラクターだけに、やり切ることへの不安はなかったのだろうか。「リスキーだなと思ったことは1ミリもないです(笑)。中途半端に演じたら、それが一番面白くないということを『銀魂』の現場で痛感したので。照橋さんの表の顔も、裏の顔も、とにかく全力でやり切ることを心がけました」とコメントも爽快だ。

福田組でコメディ映画のヒロインを立て続けに演じ、「新しい扉を開いた」と目を輝かせる。「グループを辞めても、お仕事に対する考え方は全く変わりません。1本1本、目の前の作品に集中する。その姿勢だけは、これからも貫いていきたい」。

 思えば、奇跡の1枚と言われた写真から始まった快進撃。イメージを固定されると、それを超えられず消えていくのが常だが、橋本はそれを上回る魅力を次々と発信していった。「自分自身も超えられないと思っていました。いきなり環境が変わってついていけないときもありましたが、一生懸命やっていく中で、ここまでやって来られたことに今は感謝しています。運もよかったと思いますね」。大きな瞳に愛らしさと芯の強さが同居する橋本環奈。今後どんな女優に育っていくのか、期待の目で追っていきたい。(取材・文:坂田正樹 写真:坂本碧)

 映画『斉木楠雄のΨ難』は10月21日より全国公開。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00052226-crankinn-movi

【芸能】フルーツポンチの村上健志、現場スタッフが選ぶ嫌われ系芸人リアル好感度でワースト1位!

2017年10月20日 11:35

 お笑いコンビ・フルーツポンチの村上健志が、19日深夜にテレビ朝日系で放送された『深夜でロンドンハーツ』で、「スタッフ166人が現場で感じた嫌われ系芸人リアル好感度GP」ワースト1位になり、「不祥事も起こしていない、炎上も起きてない、スケベでもない」「おかしい、そんなわけない」と不機嫌な顔で、承服しかねる様子だった。

 「典型的な長いものに巻かれるタイプのように見受けられます。キライです。一緒に仕事したいと思ったことがありません」「相手の立場で態度が変わる」「自分が正しいと思う自信やプライドはどこからくるのでしょうか、芸に生かせばいいのに…」「打ち合わせを早く切り上げたい感が丸見え。軽い相づちで『ハイ』、貧乏ゆすりしたり、挙句の果てに舌打ちをしていた」などと、散々な言われよう。

 「ロケでディレクターに無茶ぶりされたことを根に持っていたのか、打ち上げでそのディレクターに向かって大声で『お前だけはぜってぇ許さねぇからな』と暴言を吐き、場の空気を凍らせた。これ以降、一緒に仕事するのが怖くなりました」という回答には、「向こうにも原因あるけどな。損するのは出る側ばっかり」と開き直り、ワースト2の品川庄司と傷を舐め合い笑いを誘っていた。

 今回のランキングは、番組演出や編集に関わるディレクター、キャスティングに関わるプロデューサーやAP(アシスタントプロデューサー)、制作雑務全般をこなすAD(アシスタントディレクター)、そして放送作家やカメラマンなどの技術スタッフまで、目上の人には「いい顔」をしている可能性があるので今回のアンケートは40歳以下のスタッフ限定で、男女問わず総勢166人から「世間のイメージは悪いけど、実際に仕事をしてみたらいい人だったななどのエピソードとともに回答してもらい、作成された。

 好感度1位は、断トツで「また仕事したい」という回答が集まった、 田中卓志(アンガールズ) だった。

1位:田中卓志(アンガールズ)
2位:小宮浩信(三四郎)
3位:斉藤慎二(ジャングルポケット)
4位:吉村崇(平成ノブシコブシ)
5位:岩尾望(フットボールアワー)
6位:サンシャイン池崎
7位:井上裕介(NON STYLE)
8位:クロちゃん(安田大サーカス)
9位:品川祐(品川庄司)
10位:村上健志(フルーツポンチ)

http://news.livedoor.com/article/detail/13772355/

【芸能】俳優・橋爪功の息子、橋爪遼被告に懲役1年6月求刑!覚せい剤使用、2011年に違法薬物の前歴!

2017年10月20日 11:28

 俳優橋爪功(76)の息子で、覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われた俳優の橋爪遼被告(30)の初公判が20日、東京地裁で開かれた。

 検察側は、橋爪被告が2011年に違法薬物の前歴があることを明かし「再犯の恐れがある」として懲役1年6月を求刑。橋爪被告は「関係者のみなさんにご迷惑をおかけした。もう二度と手をつけることはありません」と謝罪した。裁判は即日結審し、判決は11月13日に言い渡される。

 検察側によると、橋爪被告はインターネットで知り合った男と6月2日に会い、その日のうちに男の自宅で覚醒剤を腕に注射してもらって使用。内偵捜査していた捜査員が男を職務質問し、一緒にいた橋爪被告も逮捕された。

 弁護側は起訴内容を認めたが、6年前の前歴については「嫌疑不十分で不起訴処分になっている」と主張した。

http://news.livedoor.com/article/detail/13773801/

【芸能】「時をかける少女」幻の続編が舞台化!女優・上白石萌歌、現役セーラー服で主演!

2017年10月20日 11:18

 作家・筒井康隆による青春SF小説の続編「続・時をかける少女」の舞台化が決定し、「キリン 午後の紅茶」のテレビCMで注目を浴びた女優の上白石萌歌が主演を務めることが明らかになった。

「続・時をかける少女」は、筒井の小説「時をかける少女」を1972年に実写化したNHKドラマ「タイムトラベラー」の続編として、脚本家・石山透が創作した「続タイムトラベラー」の書籍化。一時は幻として扱われた続編が、45年の時をかけて初の舞台化となる。

 主演の上白石萌歌は、大ヒット映画『君の名は。』でヒロイン・三葉の声優を務め、歌手としても活動する上白石萌音の妹。2011年に「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。映画『ハルチカ』『金メダル男』などに出演し、今年はミュージカル「魔女の宅急便」や舞台「星の王子様」に出演。「午後の紅茶」CMでは透き通るような歌声を披露して話題を呼んだ。

 「続・時をかける少女」では、前作から月日が経ち、再び時空を超え、未来からきた青年に恋をする女子高生・芳山和子を演じる。現在、17歳の萌歌は「現役で制服が着られる最後の年に、この作品に出会えたことをとても嬉しく思います。高校生である今だけの自分の感性を頼りに、和子と共に思い切り駆け抜けたいと思います!」と意気込む。

 脚本・演出は、劇団ヨーロッパ企画を主宰し、『夜は短し歩けよ乙女』『曲がれ!スプーン』など映画・ドラマの脚本や、テレビ・ラジオの企画構成も手掛ける上田誠。本作は萌歌にとって初のコメディー舞台となり、上田は「数年前、『時かけ』に『続』があると知ったときはひっくり返りそうになりました」というと「読むと、ラベンダーの香りを残して未来へと去っていったケン・ソゴルが、堂々とまた帰ってきて和子に迷惑をかけまくっていました。そしてまた記憶を消す消さない言っているという。それが夫婦漫才のようで、これをコメディーにできないかと思い立ちました」と語っている。

オールナイトニッポン50周年記念公演「続・時をかける少女」は東京グローブ座にて2018年2月7日(水)~2月14日(水)計10公演予定。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00000002-flix-ent

【芸能】タレント・土田晃之、痛恨!“U-turn事故”で視聴者の批判噴出!『バイキング』で、どう釈明する!?

2017年10月19日 10:02

 お笑いタレントの土田晃之の評判がダダ下がりだ。13日にクルマで衝突事故を起こした土田だが、この事故をキッカケに猛バッシングが起きている。

「運転中にUターンしようとして、対向車と衝突事故を起こしたことから、ネット上ではかつて組んでいたコンビの『U-turn』に引っかけて、『体を張ったギャグかよ』などと茶化す声もありますが、日ごろは他人の不祥事に対して厳しいコメントを連発している土田に対して、『自分はどうなんだ?』という厳しい批判が相次いでいます」(芸能記者)

 最近の土田といえばお笑いタレントとしてよりも、最近はレギュラー出演する『バイキング』(フジテレビ系)などで連発する辛口のコメントでお馴染み。事故を起こした13日に出演した同番組でも、覚せい剤取締法違反で逮捕された清水良太郎容疑者について「29歳にもなって本当にクソ野郎」などと罵っていた。

「これまでにも、現場や視聴者からは『偉そう』『何様なんだ』といった声が相次いでいました。特に現場からの評判は最悪です。3月まで出演していた『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)では、歌手の森進一へフジテレビが強引な突撃取材を行った同番組スタッフに対し、『本当にクソみたいだね』と批判。また、『ノンストップ』(同)について『クソみたいなVTR作りやがって』などと、自身のラジオ番組でキレる始末。こうした相次ぐ番組やスタッフへの批判に、現場では土田を起用したくない雰囲気が醸成されつつあります。今回の事故に、心の中でガッツポーズをしているTVマンも多いのでは(笑)」(同)

 辛口コメントもさることながら、お笑いタレントとしての評価も芳しくない。ハライチの澤部佑とコンビでMCを務める欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)では、土田のトークがつまらなすぎて欅坂メンバーの魅力を引き出せていないとの声がもっぱら。

「番組内で昔のプロレスラーなどのたとえやボケを連発するのですが、若い世代のメンバーたちは何のことかわからず置いてけぼりにされ、微妙な空気が漂うことがあります。我々からすると、あんなどうでもいいボケはカットすればいいのに、なぜ番組スタッフは拾ってオンエアに乗せるのか不思議に思いますよ。同じ坂道グループの乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(同)で絶妙なMCぶりを見せるバナナマンに比べて、トーク力や笑いのセンスで数段劣ります。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)などで“デキるひな壇芸人”を自認してきた土田ですが、底が見えた感じです。まあ、本人もそれを自覚しているからこそ、ことさら過激な物言いで注目を集め、お笑いタレントから辛口コメンテーターへの転向を図ろうとしているのかもしれませんね」(同)

 20日放送の『バイキング』では当然、司会の坂上忍から今回の事故についてコメントを求められるはず。その際、“他人に厳しく自分に甘い”というイメージを視聴者に与えてしまうようでは、お笑いもダメ、コメンテーターもダメということになりかねない。

http://news.livedoor.com/article/detail/13765814/

【芸能】女優・斉藤由貴代役に女優・南野陽子!30年ぶりNHK大河出演!

2017年10月19日 09:56

 NHKは18日、来年の大河ドラマ「西郷どん」(1月7日スタート、日曜午後8時)を不倫問題で出演を辞退した斉藤由貴(51)の代わりに、女優南野陽子(50)を起用すると発表した。南野の大河ドラマ出演は88年の「武田信玄」以来30年ぶり2度目となる。

 作品は鈴木亮平が演じる西郷隆盛が主人公。南野は斉藤が演じる予定だった、のちに13代将軍徳川家定に嫁ぐ篤姫の教育係である幾島(いくしま)を演じる。収録は11月から始まる。

 斉藤は9月11日に50代医師との不倫を認め、NHKも同月21日に「所属事務所から本日、出演を辞退したいという申し出がありました。これを受けて検討し、予定通り、ご出演をいただくのは難しいと判断し、出演者を変更することにしました」と発表。早急に後任の選考をするとしていた。

 NHKは、斉藤が初回のゲストとして収録したBSプレミアム「ザ・プロファイラー」(10月5日スタート、木曜午後9時)の内容を差し替えて放送した。レギュラー出演するEテレ「高校講座 物理基礎」(水曜午後2時20分)も、収録済みの11月22日放送分まで放送し、その後の出演はないと発表していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00031141-nksports-ent

【芸能】フリーアナ・宮根誠司「ミヤネ屋降板」フジ新番組に電撃移籍へ!

2017年10月19日 09:55

 関西発のお昼の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(讀賣テレビ)で10年以上にわたり司会を務めるフリーアナウンサーの宮根誠司(54)が、同番組を降板し、フジテレビの新番組の司会に就く予定であることが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

 讀賣テレビ関係者によれば、「来年3月末で『ミヤネ屋』を降板する」という。

「今年8月に『ミヤネ屋』はスタジオをリニューアルしたばかりですが、去年頃から『ミヤネ屋』に対する宮根さんのモチベーションがなくなってきています。元々ほとんど台本なしの進行ですが、マンネリを感じている。所属事務所と本人は『視聴率が下がり追い込まれるまでに辞めて、キャスターとしての商品価値をキープしたい』と考えています」(番組関係者)

 そんな宮根に接触したのが、フジテレビだった。

「来年4月から宮根さんにはフジテレビで放送される月~金の夕方帯の新たな報道番組の司会を務めてもらう予定です」(フジテレビ関係者)

 フジテレビにはどうしても宮根を獲得したい事情があった。

「今の夕方帯の『みんなのニュース』は惨敗の状態です。同時間帯の番組では日テレ、テレ朝、TBSに負け続けている。10月にリニューアルしましたが、状況に変化は見られません」(同前)

 宮根の電撃移籍によって、フジテレビは復活することができるのか。

 フジテレビ、讀賣テレビに対し移籍について質問したが、共に「そのような事実はございません」と否定した。

 週刊文春10月19日発売号では、宮根本人への直撃取材、電撃移籍が内定した裏事情などについて詳報している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00004594-bunshun-ent