【芸能】今井翼、ジャニーズ退社「考えられない」 来年6月に映画デビュー!

2017年10月02日 10:01

 9月18日をもって活動休止に入ったタッキー&翼の今井翼(35)が映画デビューすることが1日、分かった。活動休止後、初仕事となる作品は俳優・舘ひろし(67)と女優・黒木瞳(56)がダブル主演する「終わった人」(来年6月9日公開)。セカンドキャリア構築へ奮闘する主人公(舘)の運命を変える社長を演じる。

 また、新天地での再出発が必要となるセカンドキャリアについて、自身は「考えられない」と言い切り、変わらぬスタンスでの活躍を誓った。

 ソロ活動も順調に滑り出すことになった。銀幕デビューが決まった今井は「念願かなった。スクリーンを通して、後に自分の姿を見られるのはワクワクドキドキしますね」と胸を熱くした。

 舘演じる主人公の第2の人生のキーマンとなるIT企業社長を演じる。制作サイドは、運命を変える重要な人物に華やかさを求めたところ今井が浮上。今作を手がける中田秀夫監督(56)が、今井が出演したフジテレビ系ドラマ「屋根裏の恋人」(6~7月放送)を担当していた縁もあり、出演が現実のものとなった。

 今井はフットワークが軽い社長役に向けて1時間の走り込みを続け、2カ月間で3・5キロ減量。また、今年3月に続き、来年6月に山田洋次監督(86)が演出する音楽劇「マリウス」への出演が決まった今井は、舞台で磨いた演技を発揮しようとしたが、映画ではやや勝手が違ったという。「発声が出過ぎてしまう。抑えることを勉強させていただいた」と苦笑いした。

 舘とは、オフィスで対話する場面などで初共演した。「ご一緒できるのは非常に栄誉ある時間」と目を輝かせる今井を、舘は「ストレートで謙虚で感受性が豊か。素晴らしい俳優さん」と大絶賛した。

 95年にジャニーズ事務所に入所した今井は、現状の“リセット”が求められるセカンドキャリアについて「僕は考えられない。13歳からジャニーさんの世界で(さまざまな)出会い、経験をいただいている」と即答。ジャニーズ愛をうかがわせながら、「三十半ばでどういう成果を出していくか問われていく。チャレンジ精神を大事に今後も一生懸命やっていきたい」と今後の活躍を誓った。

 活動休止を発表したタキツバは今年、映画の話題が続いた。今井の相棒・滝沢秀明(35)は6月17日公開の「こどもつかい」で初主演。来年公開作でデビューを飾る今井は「彼は彼で、彼なりのキャリアを積んでいる。僕もキャリアと共に(得られる)成果を(皆に)感じていただけたらうれしい」と気合を込めた。今井は、山田洋次監督の映画への出演願望を持っており「僕の人生の中での大きな目標」と明かした。

 今後は今井が「マリウス」再演を控え、滝沢は来年4月に恒例の主演舞台「滝沢歌舞伎」(東京・新橋演舞場)が待つ。“再会”までのソロ期間中、2人は各々の活動の場で腕を磨いていく。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000000-dal-ent

【芸能】SMAP解散で増加!? なぜ今 “ジャニーズキャスター” が続出しているのか

2017年09月18日 10:00

「10月から日曜日の朝の情報番組『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)がスタートします。メインキャスターを少年隊の東山紀之さんが務めることで話題になっていますね」(テレビ局関係者)

 東山にとって、キャスターはこれが初挑戦。彼に限らず、近年ジャニーズタレントがこの方面に進出するケースが目立つ。『FNS27時間テレビ2017』(フジテレビ系)では、関ジャニ8の村上信五がビートたけしとともに見事な司会を披露していた。

「元SMAPの中居正広さんが、'95年に『サンデージャングル』(テレ朝系)でスポーツキャスターを務めたのが最初でしょう。'06年から嵐の櫻井翔さんが『NEWS ZERO』(日本テレビ系)、'10年からはNEWSの小山慶一郎さんが『news every.』(日テレ系)に出演。同年からV6の井ノ原快彦さんが『あさイチ』(NHK総合)、'15年からTOKIOの国分太一さんが『ビビット』(TBS系)のキャスターになりましたよ」(前出・テレビ局関係者)

 キャスターのほかに、バラエティー番組のMCとして活躍する例も増えている。

「『シューイチ』(日テレ系)ではKAT-TUNの中丸雄一さんがコメンテーター、『めざましテレビ』(フジ系)ではHey!  Say!  JUMPの伊野尾慧さんが木曜日のパーソナリティーです。彼らも将来的にはキャスター候補と言っていいかもしれませんね」(前出・テレビ局関係者)

 “ジャニーズのタレントは歌って踊るもの”というのは、過去の常識になりつつある。

「CDの売り上げが激減し、ジャニーズタレント主演のドラマや映画も苦戦しています。新たな分野に進出せざるをえない事情もあるのかもしれません」(芸能プロ関係者)

アイドルマーケットの縮小傾向
『日経エンタテインメント』元編集長の品田英雄氏は、この流れの背景には音楽業界とテレビ業界の変化があると話す。

「CD売り上げのピークは20年前の'97年です。音楽業界の人気がなくなったことに比例して、テレビからも音楽番組がどんどん減ってきています。そのかわり、トークバラエティーや報道番組が増えています。

 ジャニーズに限らず、状況の変化に対応しなければなりません。ジャニーズも昔はアイドルの事務所でしたが、所属タレントの年齢がどんどん上がっています。若い人が減っていますから、アイドルのマーケット自体も縮小傾向にあるんですよ。司会やニュース番組に進出していったのは当然の成り行きですね」

 CD販売の減少をライブ活動で補うのには限界がある。

「1回のドームコンサートツアーで50万人以上のファンを集めることのできるSMAPが解散しました。現在、ジャニーズのグループで同規模の集客ができるグループは限られているので、ライブだけでは限界がありますよ」(前出・芸能プロ関係者)

 音楽番組やライブと比べて、キャスターで得られる収入は高いのだろうか。

「キャスターやMCのギャラが特別に高いというわけではありませんが、レギュラーなので仕事がコンスタントに入るというのはメリットでしょうね。キャスターはステータスが高く、知的なイメージがつくので、仕事のジャンルも広がっていくでしょう。

 ジャニーズには多様な人材がいます。若いころから芸能界にいて、カンのいい人も多いでしょう。昔のようにジャニー喜多川社長が目をかけてアイドルを作るという時代から変化しつつあるのかもしれません」(品田氏)

SMAP解散で売上は落ちた
 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏も、キャスター業の安定性を指摘する。

「売れている俳優や歌手でも、 “仕事がなくなったらどうしよう”という不安を抱えています。バラエティータレントはレギュラー番組がいつなくなってもおかしくありません。でも、ニュース番組はそう簡単には打ち切りになりません。レギュラーになれば、確実に安定したお金が入ってくるのは、芸能事務所としてはありがたいでしょう」

 ジャニーズのキャスターが増加するのは、テレビ局側の意向でもある。

「いわゆる忖度ですね。テレビ局はドラマやバラエティー番組でジャニーズとの付き合いがありますから、良好な関係を保ちたいわけです。だから、ジャニーズタレントがキャスターになると、多少数字が悪くてもそう簡単に降板させられることはありません」(佐々木氏)

 SMAPが解散したことで、ジャニーズ事務所としては新たな仕事を開拓する必要に迫られている。

「ジャニーズ全体の経営が苦しくなっているかどうかはわかりませんが、SMAP解散で自分たちの抱えている商品が減ったわけですから、売り上げが下がったのは間違いないでしょう」(品田氏)

 以前からジャニーズのキャスター業進出は始まっていたが、SMAP解散がその動きを加速させそうだ。

「ジャニーズは大人数のタレントを抱えていますから、歌だけではやっていけません。ニュース番組や情報番組はなくならないので、キャスター志向はますます強くなっていくと思いますよ」(佐々木氏)

 ただし、キャスターを務める以上、プライベートでは、より厳しく監視されることになる。

「何かあったときのリスクは大きいですね。ただ、基本的にキャスターに起用される人はクリーンなイメージで、スキャンダルを起こしそうにない人が多いです。国分さんや井ノ原さんが不倫して問題になるというのはちょっと想像できないですよね。既婚者でも問題を起こす可能性が低い人を起用していると思います。そもそも、頭がいい人たちですから、責任のある行動ができるはずです」(佐々木氏)

 これからも“ジャニキャス”たちがますます活躍してくれることを期待したい!

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00010586-jprime-ent

【芸能】『VS嵐』も終了させる!? ジャニーズが絶不調フジテレビと決別し、テレビ朝日と蜜月関係へ

2017年09月18日 09:48

 ジャニーズ事務所が、低視聴率にあえぐフジテレビをついに見限り、視聴率3冠王として業界トップを走る日本テレビと、それに追随する好調ぶりを見せるテレビ朝日に乗り換えたという。

“次期社長”として、事実上事務所を仕切っている藤島ジュリー景子副社長。以前、フジに在籍していたこともあって、フジとは長らく“蜜月関係”を築いていた。SMAP解散に伴い、昨年12月で終了した『SMAP×SMAP』の後番組にも、関ジャニ∞の冠番組が内定。つなぎ番組として、『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』をスタートさせ、10月からは関ジャニの番組が始まる予定となっていた。

 ところがジャニーズは、この『もしズレ』の真裏で、関ジャニの冠番組『ペコジャニ∞!』をTBS系でスタートさせることを発表した。同番組はスペシャル番組として過去に2度放送され、その反響の大きさからレギュラー化が決定。一方の『もしズレ』は5%前後の視聴率が続いており、その後継番組に出演することで、タレントが巻き添えになりかねないと考え、フジとの約束を反故にしたようだ。

 それだけではない。現在フジで放送されている『VS嵐』すらも、ジャニーズ側は終了させようとしているという情報もある。

 テレ朝では、早河洋会長がSMAP解散を受けて、「タレントやアーティストは視聴者の支持がなければ活躍できない。事務所が強ければ成功するものではない」と、暗にジャニーズを批判した。

 その話を耳に入れたジュリー副社長が、「ジャニタレを『ミュージックステーション』から引き上げる」と言って現場サイドを困らせたという話もあり、テレ朝とジャニーズが敵対関係に発展するだろうという声もあった。

 ところが、フタを開けてみると、10月からは、ジャニーズの幹部候補である東山紀之が初のキャスターを務める『サンデーLIVE!!』がスタート。また、深夜ドラマ『重要参考人探偵』にはKiss-My-Ft2の玉森裕太とNEWSの小山慶一郎を起用。さらに、来年1月には、フジの月9ドラマからすっかり姿を消した木村拓哉主演の木9枠ドラマの放送が決定したと一部で報じられている。

 テレ朝はここ数年、日テレと視聴率3冠王を競うほど、視聴率が好調。ジャニーズはフジを見限って、テレ朝に乗り換えるつもりなのだろう。いずれにしても、テレ朝がジャニーズの軍門に下ったのは間違いない。SMAPが解散した後もなお、テレビ界のジャニーズ支配が変わらないとは恐ろしい話だし、テレビ局側も節操がない。

 事務所との力関係でキャスティングを決めるような悪習が、テレビ業界全体の地盤沈下を招いていることに気がつかないのだろうか? いつしか、ジャニタレに頼らない番組作りができる日が来ることを期待したい。

http://news.livedoor.com/article/detail/13627407/

【芸能】タッキー&翼、修復不能だった確執!…相葉雅紀が見せた「強烈なジャニーズ内カースト」

2017年09月14日 10:09

 人気ジャニーズタレント、滝沢秀明と今井翼によるユニット「タッキー&翼」が今月3日、無期限活動休止することが発表された。2人が所属するジャニーズ事務所は、活動休止の理由について、次のように説明している。

「この数年はタッキー&翼として良いパフォーマンスをご披露出来ず、どのように活動することが良いか話し合いを重ねて参りました。最終的に2人でこのまま継続するよりも、一度グループ活動を休止し、それぞれがスキルアップを目指した個人活動に専念することで成長してタッキー&翼に戻ってきたいという本人達からの希望を受け入れることと致しました」

 ジャニーズといえばここ数年、グループの休止や解散が相次いでいる。NEWSは当初9人だったが、山下智久、錦戸亮という人気メンバーが次々と脱退し現在は4人に激減。赤西仁、田中聖、田口淳之介が辞めて3人体制になったKAT-TUNも“充電期間”として昨年5月から活動休止。そして、昨年日本中を騒がせたSMAPも解散劇も記憶に新しい。

「そもそもジャニーズ事務所は、“グループを組んでこそ一人前”と見られてきました。グループを組んで、デビューの時を待つ。デビューしたら研究生的な立場であるJr.を卒業して、一人前とみなされる。いまや俳優として映画やドラマの垣根を越えてひっぱりだこな生田斗真や、舞台を中心に実力派俳優として活躍する風間俊介など、ジャニーズの人気俳優たちも、グループよりソロでの活動がメインだったため、ジャニーズ内部では地位が低いのです」(テレビ局関係者)

 また、別のテレビ局関係者は言う。

「嵐の相葉雅紀くんが風間くんと親友ということで、2人が一緒にいるところに番組で密着したことがあるのですが、車の運転は風間くん。しかも相葉くんは助手席ではなく、後部座席。銭湯に行けば、相葉くんは脱いだものを振り向きもせず、風間くんに手渡し。その関係は、友人ではなく、“スター相葉くんと、そのお世話をする現場マネジャーの風間”というふうにしか見えませんでした。“ジャニーズ内カースト”もなかなか強烈だなと感じました」

●別々の道

 では、NEWSやKAT-TUN、SMAPのようなトラブルとは無縁のタッキー&翼は、なぜソロ活動に専念することになったのか。レコード会社関係者は言う。

「アイドルグループといえば、やっぱり歌やパフォーマンスが本業です。しかし、時代はCDではなくなり、ネット配信などのIT化の波についていけていないジャニーズは厳しい状況です。かといって、曲を出さないのにコンサートはできない。そういったなかで、今年5月にはジャニー喜多川社長から、今後Jr.からのCDデビューは打ち止めというお達しが出たと報じられました。これで、Jr.のみならず売れっ子のジャニタレたちでさえ、今後の生き残りをかけて必死なんです。ジャニーズに入ってデビューしているから安泰という時代は終わりました。舞台の演出やプロデュースをし、後輩たちを育てることに力を注ぐ滝沢さんと、海外でダンス修行するなど自身のパフォーマンスに磨きをかける今井さんの確執は修復不能だったようです。見つけた道は、別々だったのでしょう」

 ジャニーズ内部にも変化の波が押し寄せているようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13608522/

【芸能】ジャニーズ事務所、ファンに“警告”「追跡」「スタッフに向けてエアガン」やめて!

2017年09月14日 09:59

 ジャニーズ事務所は13日、公式ホームページ「Johnny’s net」などで、タレントの追跡行為などマナー違反を続けるファンに再度警告した。

 「大切なお願い」と題した文章は、ジャニーズファミリークラブからの呼びかけとして、つづられた。

 「タレントが移動する際の追跡行為は、絶対にやめていただきたいとこれまでお願いして参りましたが、残念ながら過激な迷惑行為は依然として目撃されます」と現状を報告。タレントの移動や公共交通機関で大きな混乱が発生し、関係各機関から注意・警告を受けているとした。

 事例は9個、列挙された。「飛行機、新幹線でタレントに近い席を取り、立ち上がって覗き込む行為」「一般の乗降客を巻き込み迷惑をかける行為」などのほか、「スタッフに向けてエアガンを発砲する行為」といった行為も記している。

 事態が改善されない場合は、関係機関からコンサート中止勧告を受けることや、タレントが公共交通機関を利用できなくなるなどの可能性を伝えている。

 「一部の過激な方々の行為がコンサートの開催を心待ちにしてくださる多くのファンの気持ちを台無しにしてしまうことになります。改めて『大切なお願い』です。タレントが移動する際の駅や空港などでの過激な追跡行為は今後、絶対におやめください」

 文末にも「大切なお願い」と添え、事態の深刻さを伺わせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000158-dal-ent

【芸能】ジャニーズも大歓迎!? “事実婚状態”V6・森田剛と女優・宮沢りえ、年内入籍は確実か!

2017年09月13日 10:38

「アラフォーのうちに再婚したい」と言っていた女優の宮沢りえだが、44歳になり、6歳年下であるジャニーズ事務所のV6・森田剛との年内入籍が注目されている。

“恋多き女”といわれてきた宮沢は、大相撲の大関だった貴花田との婚約解消スキャンダルや、中村勘三郎(当時、勘九郎)さんとの不倫で世間を騒がせたほか、男のウワサが次々と上がってきたが、筆者の記憶に残っているのは、やはり勘三郎さんとの関係だ。

 2人の関係は当時、“やり手マネジャー”といわれた、りえの母親の宮沢光子さんも公認だった。筆者の友人が経営するゲイバーが六本木にあるのだが、ある日、3人が一見でフラッと入ってきたという。そのバーはカウンターしかなく、3人は横並びで座った。たまたまクーラーが故障しており、店のオーナーが、「昔、壊れたテレビを叩いたら、直った」という話をすると、それを鵜呑みにしたマスターがクーラーに素手で一撃を加えた。すると、その中にたまっていた水が、りえママにかかってしまったという。

 マスターはしきりに謝ったが、りえママは憮然として、ワイングラスに吸いかけのたばこを入れて「これが私の答えよ」と言って帰っていったという。横で見ていたりえは笑いをこらえたが、勘三郎さんは腹を抱えて笑い、「面白い店だ」と言って、次の日からもやって来るようになったというエピソードがあった。

 その後、勘三郎さんとの別れ話のもつれで自殺未遂を図り、拒食症にかかるなど、一時は再起不能とまでいわれたが宮沢だが、なんとか復帰。2009年にはハワイ在住の元プロサーファーで実業家のN氏と“できちゃった婚”したものの、3年後の12年5月に離婚協議中であることが明らかになった。

 これが長期化し、離婚が成立したのは昨年の2月だった。その間も宮沢は舞台で共演した古田新太や小久保寿人、さらに劇作家で俳優の赤堀雅秋とウワサされたが、いずれもマスコミに報じられた段階で別れていた。

 森田とは昨年の8月に上演された演出家の故・蜷川幸雄さんの追悼公演『ビニールの城』での共演がきっかけで、交際に発展。2カ月後の10月に代官山デートが報じられ、その後も、沖縄旅行やショッピングデート、今年のバレンタインデーには箱根の高級旅館に泊まったことが明らかになっている。

 この時のデートは2人だけでなく、宮沢の8歳になる娘も一緒だったというから、娘公認の関係だ。その森田が、宮沢の自宅マンションの目と鼻の先のマンションに引っ越してきて、事実婚をスタートさせている。宮沢は現在、舞台『ワーニャ伯父さん』に出演。舞台が終わるのは9月26日。一方、森田は7月から9月までのTBS系の金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』に出演する傍ら、8月11日からスタートしているV6の全国ツアーに参加。ツアーが10月22日に終了することから、ことが動くとしても11月以降と見られている。

 問題は森田が所属するジャニーズ事務所だが、森田は以前から女性問題に関しては事務所の問題児だったこともあり、彼のプライベートについては干渉しない方針だという。宮沢と結婚すれば、俳優としての格も上がることから、むしろ、ジャニーズは歓迎しているかもしれない。年内入籍があるのか注目したい。

http://news.livedoor.com/article/detail/13605110/

【芸能】SMAP最後の日、ジャニーズ事務所からの独立組に「芸能界のドン」が釘を刺す!

2017年09月05日 09:48

 9月8日、名実ともに芸能界のトップを走ってきたSMAPが最後の日を迎える。元メンバーの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾らが30年間在籍したジャニーズ事務所を退社、独立するのである。

 昨年末に解散してからも、ジャニーズのソロタレントとして活動してきた3人。それによって再結成という一縷の望みも持たれていたのだが、彼らの決断は、その可能性の芽を完全に摘んだ。

「これはもう、自分で決めたことですし、その現実というものを受け止めてもらわないといけないと思います」

 8月18日には『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、ファンに向けて“本心”を語った稲垣。「自分で決めた」─。脱退に関して初めて口を開いたのだった。

「スケートボーイズ時代を含む30年をともにした、中居正広や木村拓哉と袂を分かつことは苦渋の決断だったことは容易に想像できます。それに、安泰が約束された地位を捨ててまでジャニーズを出ることを選んだのです」(芸能レポーター)

 一昨年に思い描いていた独立とは違えども、初志貫徹を通した稲垣たちだった。

 とはいえ9月9日以降、彼らの姿をいっさい見ることができなくなるわけではない。稲垣は『ゴロウ・デラックス』(TBS系)、草なぎは『『ぷっ』すま』(テレビ朝日系)、香取は『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)と、3人のレギュラー番組の続投が決まっている。これはきわめて異例の措置だとも。

「番組サイド、そしてスポンサーは事務所所属を前提に契約を交わしているのですから、独立イコール、終了が通常です。ですがブラック企業とも揶揄されたジャニーズだけに、番組を終了させて、さらなる批判を招くことを恐れたのでしょう。各局に1番組を放送させることで落ち着いたように見えます」(テレビ誌記者)

個人での活動はちゃんとできるの!?
 ひとまずファンも安心できるが、脱退組のゆく道は決して楽観視できるものではない。それぞれが個人で活動していくというのだが……。

「とある映画プロデューサーが稲垣さん本人にオファーを出したところ、“弁護士から連絡させます”と言われたそうです。何でもSMAPについていた事務所スタッフをデスクに置いてオファーを受けて、弁護士と相談して仕事を受けるかどうかを判断するというのです。つまりはアメリカのようなエージェント方式ですね」(芸能プロ関係者)

 しかも個人事務所では不可欠ともいえる、マネージャーらの売り込みに関しても、

「稲垣さん側から直接営業をかけることはせずに、あくまでオファーに対してイエス、ノーを返答するだけ。万が一のジャニーズタレントとのバッティングによる軋轢を避けるためだといいます。つまりは新規の仕事はしばらく受ける気がないのでしょう。

 またレギュラー番組に関しては、ジャニーズとの“取り分”を含めて弁護士間での話し合いがもうけられるようです。

 番組取材に関しては各番組の担当者が直接窓口になるといいます。草なぎさんや香取さんも同様のシステムをとっていくみたいですね。Iさんとの合流が既定路線だったはずですが……」(前出・芸能プロ関係者)

 大手中国系企業ともパイプを持つI元マネージャーが、今年になって新プロダクションを設立。そのため3人は脱退後に移籍すると思われたが、実情は“まだ”のようだ。

「現在、IさんのもとにはSMAPの元マネージャー、宣伝担当をしていたスタッフらが続々と集まっているといいます。でも“芸能界のドン”こと大手芸能プロ社長が“(脱退者が)すぐに合流するのはよろしくない”と、釘を刺していたとも。

 たとえ1年間を開店休業状態にしても彼らは今後を見通してジャニーズに対して筋を通すことを考えたのかもしれません」(前出・芸能プロ関係者)

 とはいえ、ひたすら前を向いて走り続けてきた彼らには、つかの間の休息期間になるのかもしれない。

http://news.livedoor.com/article/detail/13567627/

【芸能】「タッキー&翼」活動休止正式発表!2人が希望「成長して戻ってきたい」解散はせず

2017年09月04日 09:17

 ジャニーズ事務所は3日、スポニチ本紙既報通り、アイドルユニット「タッキー&翼」がデビュー15周年を迎えた今月から活動を一時休止することをファクスで正式発表した。期間は明かされなかったが、理由は前向きで、それぞれがスキルアップし「成長してタッキー&翼に戻ってきたい」という2人の希望を事務所サイドが受け入れた形。解散はしないという。滝沢秀明(35)は「この判断が間違っていなかったと後に思えるように今後も頑張りたいと思います」、今井翼(35)は「この節目を新たな契機として、初心にかえる様な気持ちで芸道と向き合いたいと思います」と直筆メッセージで心境を明かした。

 デビュー15周年イヤーにあたる今年、タキツバとしての活動は極端に少なかった。8月にフジテレビの歌番組「FNSうたの夏まつり」に揃って出演したが、コンサートは昨年1月の正月公演以来、行っていない。CDは一昨年12月のミニアルバム「TRIP&TREASURE TWO」以降、リリースしていなかった。

 この日のファクスでも、ジャニーズ事務所は「この数年はタッキー&翼として良いパフォーマンスをご披露できず、どのように活動することが良いか話し合いを重ねて参りました」と活動方針を模索していたことを明かし「最終的に2人でこのまま継続するよりも、一度グループ活動を休止し、それぞれがスキルアップを目指した個人活動に専念することで成長してタッキー&翼に戻っていきたいという本人たちからの希望を受け入れることといたしました」と今回の決断に至った理由と経緯を説明した。

 ファンには「この休止期間は2人が成長するために必要だとご理解いただき、引き続き、温かく見守っていただけましたら幸いでございます」と呼び掛けた。

 2人は1995年の同じ日にジャニーズ事務所に入った同期。ジャニーズJr.時代、ともにリーダー格として活躍したが、ジャニー喜多川社長は滝沢のソロデビューを検討。滝沢が「2人でやりたい」と今井を指名し、タキツバが結成された。

 2014年に今井がメニエール病でコンサートを休演した際には、1人で出演した滝沢が照明や立ち位置を今井ありきで敢行。あくまで2人の公演にこだわる演出を貫いた。お互いの誕生日にはパーティーを開き合うこともあるなど、仲のいいコンビとして知られた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00000099-spnannex-ent

【芸能】ジャニーズ、ついにネット解禁? Amazonや楽天にジャケ写掲載!

2017年08月16日 11:04

ジャニーズ事務所所属グループのCDジャケット写真のWeb掲載が解禁された? と話題を呼んでいます。

確かにAmazonでも、楽天ブックスでも、タワーレコードオンラインでも、ジャケット写真が最新作を中心に解禁されています。

肖像権の保護を理由に、インターネット上の顔写真掲載を厳しく規制してきたジャニーズ事務所。タレント本人が映ったCDジャケットや雑誌の表紙は、イメージ画像や塗りつぶしになっていました。

楽天ブックスの公式Twitterアカウントでは、8月2日に「一部掲載開始」「今後も随時追加予定」とアナウンスしていました。

8月1日から使用可能に
BuzzFeed Newsが複数の関係者に取材したところ、8月1日をもって、各ECサイトでジャケット写真が使用可能になったそうです。

タワーレコードからは「レコードメーカーからジャケットの使用許可通知があった。今後順次掲載していく」と回答を得ました。

「ジャニーズはネット禁止」と一概に言われますが、事務所や各レコード会社の公式サイトでは、以前からアーティスト写真やMVなど、本人の顔が映った画像や動画を掲載しています。

今回の変更は、外部のサイトでの利用に関して緩和したケースとなりました。

雑誌の表紙は「塗りつぶし」状態のまま。今後さらに「ネット解禁」は進むのか、動向に注目です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00010007-bfj-ent

【芸能】ついに“ご近所さん生活”になった交際が報じられている女優・宮沢りえとV6・森田剛

2017年08月13日 11:01

 交際が報じられている女優の宮沢りえとV6の森田剛だが、森田がりえの近所に引っ越したことを、発売中の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 2人の交際は昨年10月に発覚。その後、今年2月には神奈川・箱根の超高級温泉旅館で“お泊まりデート”していたことが報じられていた。

 同誌によると、最近、2人は頻繁にデートを重ねているそうで、変装したり隠れたりする様子はなく堂々とデートを楽しんでいるのだとか。

 そして、森田は最近、都内の閑静な住宅街にある著名人が多い超高級マンションに引っ越し。そのマンションはりえの自宅から5分もかからない距離にあるという。

 森田が引っ越した理由だが、りえは小学校2年生の娘を1人で育てるシングルマザー。娘との時間を大切にしたいのに加え、森田にも会いたいという意向を伝え話し合ったところ、りえの“ご近所”に引っ越してきたというのだ。

 「森田はジャニーズ事務所所属だけに結婚するにはとてつもなく高いハードルがある。しかし、相手が女優としては日本トップクラスのりえのため、森田にとってはプラスになるだけに事務所も交際を反対することはない。森田にとって一緒にいて心地良い交際相手のようでもはや事実婚状態。とはいえ、ゴールインするのはまだまだ先のことになりそうだ」(芸能記者)

 若いころから数多くの浮き名を流し「恋多き女」と呼ばれ、バツイチのシングルマザーとなったりえ。森田の前の交際相手たちとはあまり長続きしなかったようだが、子供が森田になついているとも報じられているだけに、森田はりえの子供にとってほぼ“父親”に近い存在のようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13465937/