【芸能】女優・綾瀬はるか、「今後フジテレビには絶対出ない」!? 担当マネジャーを激怒させた出来事とは?

2017年03月18日 10:21

 デビューから16年がたとうとしている女優・綾瀬はるか。これまでに数多くの連続ドラマに出演しているが、綾瀬はとある理由から「今後、フジテレビのドラマには絶対出ない」という。一体綾瀬に、何が起こっているのだろうか。

 綾瀬のデビュー作は、2001年の『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)で、一躍有名になったのは04年『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)。この2つの局には、近年も出演しているが、フジでのドラマ出演は09年の『ほんとにあった怖い話「怨みの代償」』が最後となっている。

「フジは2000年台前半、当時はまだ売り出し中だった綾瀬の営業を、ことごとく無視していたんです。その後、『世界の中心で、愛をさけぶ』でブレークすると、今後は手のひら返しでオファーをするようになり、08年の『鹿男あをによし』など、いくつかフジのドラマに出演することもありました。しかし、綾瀬の担当マネジャーが昇進した現在、過去のフジの悪態が許せないという理由で、『主演だろうがヒロインだろうが、絶対に綾瀬をフジには出演させない』と息巻いているんだとか。現在、フジは視聴率不振が深刻化し、自社のタレントを出したがる事務所自体も少なくなっていますが、たとえ今後フジが天下に返り咲いたとしても、綾瀬が出演することはなさそうです」(芸能プロ関係者)

 また綾瀬は、意外なことに、テレビ朝日のドラマには一度も出演したことがないという。

「綾瀬は大手芸能事務所・ホリプロの看板女優で、普通に考えれば各局バランスよく出演した方が、会社同士の付き合いが円滑になります。しかしテレ朝に関しては、業界の通例として『若手が出演する局ではない』という風潮があり、若年層に向けて売っているタレントは、そもそもテレ朝のドラマを避ける傾向にあるそう。綾瀬はすでに30代ですが、ホリプロはいまだにその姿勢を崩さずにいるのだと考えられます。近年は『相棒』、『ドクターX~外科医・大門未知子~』など人気シリーズを生み出し、視聴率も好調なテレ朝ですが、綾瀬がドラマ出演する機会はまだまだなさそうです」

 事務所判断でいまだ出演機会がないテレ朝はまだしも、フジは綾瀬が売れっ子女優になると見極められなかったために、“縁切り”されてしまったようだ。今後も綾瀬の活躍が見られるのは、TBS、日テレ、NHKの3局のみとなるのだろうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/12810831/

【芸能】女優・綾瀬はるか、2年ぶりNHK紅白の紅組司会に内定!

2015年10月31日 10:28

 今年のNHK紅白歌合戦の紅組司会に、綾瀬はるか(30)が内定していることが30日、分かった。

 2年ぶり2度目の大役となる。綾瀬側には1週間前に依頼が届き、これを快諾した。

 紅白の司会は例年、10月中旬に発表されてきたが、今年は混迷が続いている。今月初め、総合司会にタモリを起用する方針を固め、紅組は有働由実子アナウンサー、白組はV6井ノ原快彦という同局「あさイチ」の司会コンビという布陣で固める方向でまとまっていた。しかし今月中旬になって、タモリ側が辞退。目玉を失った同局は、プランを白紙に戻し、再検討に入っていた。

 同局が「放送90年大河ファンタジー」と銘打ち、肝いりで制作する大型ドラマ「精霊の守り人」への主演が決まっており、同ドラマは来年3月から3年間放送される。13年に大河ドラマ「八重の桜」に主演し、同年の紅白で紅組司会を務め、飾らない司会ぶりも好評だった。綾瀬本人も、紅白の司会には思い入れもあり、“相思相愛”だった。

 総合司会と白組司会の人選は現在、最終調整に入っており、週明けにも正式決定する見通しだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00000004-nksports-ent

【芸能】女優・綾瀬はるかの父、娘と俳優・松坂桃李の交際について「見守ってる」

2015年04月30日 09:19

 毎年熾烈な争いが繰り広げられるスポーツ紙の元日スクープ。今年はなんといっても、日刊スポーツの《綾瀬はるか 松坂桃李 熱愛》だった。

 映画『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』の初共演をきっかけに交際がスタートしたと報じられた綾瀬はるか(30才)と松坂桃李(26才)。しかし双方の事務所が「友人のひとり」とすぐに熱愛を否定したこともあり、いつの間にか、この話はうやむやになっていた。そんななか、ふたりの知人からこんな証言を入手した。

「あのふたり、つきあってもう1年が経つんですよ。彼女が3月に30才になったこともあって、結婚の話をすることもあるみたい。でも、ふたりともまだまだ仕事を頑張りたいから、すぐにどうこうって話でもないみたいだけど。彼のほうは、“彼女の天然についていけないときもある”って、周りに話したりもしてるんだけど、なんか、もう、それさえもノロケてる感じ」

 そして女性セブンは、4月中旬のとある週末、決定的瞬間を目撃した。その夜10時頃、松坂が自宅マンションから出てきた。薄手のロングコートに、ニット帽を目深に被った松坂は大通りでタクシーを拾い乗り込んだ。発車させてまもなく、綾瀬のマンションへまっすぐ続く路地に入る。そのまま一度は裏口につけようとしたが、停車することなく、ぐるりと綾瀬のマンションの周りを回って正面エントランスへ。

 しかしこのとき本誌の追っかけに気づいた松坂は、そのままタクシーから降りることなく、再び自宅マンションへと引き返す。しかし、警戒はゆるむことなく、自宅マンションをぐるりと一周。それでも松坂はタクシーから降りることなく目黒方面へとタクシーを走らせた。一方の綾瀬は、この追跡劇の直後、夜11時過ぎに車で帰宅した。

 綾瀬の所属事務所に話を聞くと、「友人ですよ」とのことだった。

「綾瀬はるかと彼女の両親と松坂桃李が食事会をしていた」──4月に入って、女性セブンはそんな情報をつかんだ。食事会が開かれたというのは、綾瀬の実家がある広島市内の郷土料理店。すぐに現場に向かって聞き込みをするも、確たる証言は得られなかった。そこで、綾瀬の父親に話を聞いた。

──桃李さんとお嬢さんとお父様たちが食事をされたと伺ったのですが?
「え?(松坂が)広島に来たってこと? いやいやいや。ごめんなさい。まったくそれはあり得ません」

──では今はおふたりの交際を温かく見守ってる?
「あぁ、それはまあそうですね」

 そう言って顔をほころばせた綾瀬の父。しかし、その後、奥歯に物がはさまったような物言いでこう続けた。

「ようわからんですよ、正直なところ。本人らの問題で。まあ、秘めたる何かがあるかもわからんですが。すみません、そのぐらいしか私わからんので」

 綾瀬の父は、松坂との食事会はきっぱり否定したものの、交際の話になると終始嬉しそうな表情を浮かべていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/10063418/

【芸能】女優・綾瀬はるか、大阪・道頓堀のグリコ看板の特別工事幕に! 『6代目』は今秋完成予定

2014年08月26日 09:12

今月17日に16年の役割を終えた、大阪・道頓堀『グリコ5代目看板』(江崎グリコ株式会社)のリニューアルに伴い、女優の綾瀬はるか(29)が“ゴールイン”する姿がプリントされた特別工事幕が25日、公開された。なお、新しい看板『6代目』の完成は今年秋頃を予定。

同社は「工事期間中でも道頓堀お越しいただいた皆さまに楽しんでいただけるように企画しました。今後とも皆さまの笑顔を応援して参ります」とコメントしている。

同看板は、1935年(昭和10年)の登場以来、5代目まで、約80年にわたり大阪市中央区道頓堀の名物となっており、2003年には「大阪市指定景観形成物」として認定された。『5代目看板』は1998年7月の設置から16年の役割を終え、今月17日午後10時過ぎに消灯した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140825-00000308-oric-ent

【芸能】浮いた話を聞かないが…女優・綾瀬はるかに囁かれる“都市伝説”

2014年05月31日 09:29

 人気女優の綾瀬はるか(29)は「恋が苦手」な顔相らしい。先日開かれた主演映画のイベントで「好きな人の前ではなかなか素直になれない」などと鑑定されていた。

 本人も「当たってるかも」と苦笑いを浮かべていたが、そんな綾瀬も、もうアラサー。これまで熱愛報道がなかったわけじゃない。

 ドラマ「JIN」で共演した大沢たかお(46)と、「自宅へ超厳戒通い愛」と報じられた過去もある。

「4年前に発覚した当時は、話題づくりという見方もあった。大沢とは自然消滅したともいわれますが、いずれにせよ、綾瀬の浮いた噂はほとんど聞きません。
NHK大河ドラマ『八重の桜』はコケましたが、綾瀬は老若男女にウケがよく、好感度はバツグンです。
綾瀬のCMのギャラは、1本4000万円以上と、吉永小百合に次ぐトップクラス。大事な商品に傷がつかないよう、がっちりガードされています」(芸能ライター)

 綾瀬は最近の週刊誌の対談で、年に2回は広島の実家に帰省し、頬かむりして農作業を手伝うなんて話をしていた。まさにキャラ通りの“天然”ぶりだ。

「綾瀬は恋愛が苦手というより、恋愛体質ともっぱらです。惚れっぽくて仕事が手につかなくなるから、スケジュールをどんどん入れ、そんな暇をなくすんだとか」(テレビ局関係者)

 で、たまのオフには実家で農作業。浮いた噂を聞かないのも当然だが、こんな話もある。

「バラエティー番組のロケでも訪れたことがある香港がお気に入りと聞いたことがあります。
何でも綾瀬はお忍びで香港に行くこともあるとかで、『遠距離恋愛か?』なんて冗談も飛び交っています」(事情通)

 冗談ではねえ……。やっぱり恋が苦手?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140530-00000002-nkgendai-ent

【芸能】芸能界一の美肌は誰?メイクさんが選ぶ“肌美人”TOP10発表!1位は綾瀬はるか

2014年05月22日 09:34

1日放送のバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、「メイクさん200人が選ぶ芸能界美肌ランキング」が発表された。

芸能人たちが自ら信じる説を持ち寄り検証していく同番組。今回ははるな愛がプレゼンターとなり「芸能界一肌がキレイなのは綾瀬はるか説」を検証することに。

メイクやスキンケアに人一倍関心があるというはるなは、修正が当たり前という芸能界の中で「綾瀬さんはいつも修正してない。そばで見たら毛穴がないんです」と力説。さらに、所属事務所の後輩である小島瑠璃子も「綾瀬さんだけは“どんなに過密スケジュールでも肌が荒れない”っていうのはホリプロ内でも有名な話」とはるなの仮説を後押しした。

その予想通り、2位以下を大きく引き離し40票という多数の支持を得てNO.1に選ばれた綾瀬はるか。透き通るような白さと輝きのあるモチ肌に「すごく忙しいはずなんでしょうが、それを感じさせない肌の潤いがすごい」、「“ハッ”て思いました。もう忘れられない」、「レンズを通して見た時の肌の仕上がりが全然違う」と、数多くの芸能人のスッピンを見ているプロフェッショナルたちも脱帽した。

男女や世代を問わず幅広く愛され、各種ランキングの常連ともなっている綾瀬。彼女が醸し出す唯一無二の透明感は、持ち前の美肌のおかげともいえそうだ。

なお、2位は「顔もそうなんですけど、ボディの肌もすべてきれい」との声が挙がった健康美肌の持ち主・藤原紀香。3位には「とてもあの肌であの年齢とは思えない」と、CM通りの驚異のなめらか肌を絶賛された桃井かおりがランクインした。(モデルプレス)

■メイクさん200人が選ぶ芸能界美肌ランキング
1位:綾瀬はるか(40票)
2位:藤原紀香(23票)
3位:桃井かおり(20票)
4位:小雪(16票)
5位:山田花子(14票)
6位:井川遥(12票)
7位:春香クリスティーン(10票)
8位:松島花(8票)
9位:松嶋尚美(オセロ)(6票)
10位:篠原涼子(5票)

http://news.livedoor.com/article/detail/8856147/

【芸能】恋人にしたい女性有名人ランキング 2014、綾瀬はるかが首位返り咲き・・オリコン

2014年03月15日 10:19

 3月14日はホワイトデー。先月、チョコレートをもらった男性陣は、それが本命でも義理であったとしても、
贈ってくれた女性のことを少しは意識してしまうものではないだろうか? そんな男女間に刺激を与えるような
淡い季節にちなみ、ORICON STYLEでは、10代~40代の男性を対象にリサーチした恒例の
『恋人にしたい女性有名人ランキング』を発表。第7回目となる今年は、女優の【綾瀬はるか】が
昨年2位から返り咲き、見事No.1の座に選ばれた。通算3度目の首位獲得は過去最多となる。

◆女優としての品格と天然な素顔との“ギャップ”が、綾瀬をより一層輝かせる
 昨年は、NHK大河ドラマ『八重の桜』で、激動の時代に強くたくましく生きた主人公・新島八重を好演し、
改めて演技の幅を見せつけた綾瀬。女優としてのステージを引き上げた一方、大河主演の功績から
抜てきされた大みそかの『NHK紅白歌合戦』の紅組司会では、持ち前の“天然キャラ”を遺憾なく発揮し、
お茶の間を和ませた。

 寄せられたコメントを見ていくと、容姿の美しさはもちろんのこと「真面目で信頼できそうだし、
天然な面も持っていて可愛い」(東京都/20代)、「雰囲気を明るくしてくれそう」(兵庫県/40代)、
「一緒にいるだけで幸せを感じることができそう」(東京都/40代)というように、彼女が放つ癒やしの力や
内面の魅力に惹き込まれるという声が圧倒的。あらゆる役柄を巧みに演じ分ける女優の顔と素顔との
“ギャップ感”が、男性陣のハートをわし掴みにしているようだ。

◆“大人の女性”へと変貌する新垣&堀北の新たな魅力
 続く2位は、女優の【新垣結衣】。2001年に女子小中学生向けファッション誌
『ニコラ』モデルとしてデビューしたガッキーも、今や25歳の大人の女性に。
「あの笑顔に癒やされそう」(岡山県/20代)、「透明感があって明るい
イメージだから」(埼玉県/30代)など、純粋に彼女の“可愛らしさ”に
魅了される男性はもちろん多いが、「天然さや少女っぽさも残しつつ、
年々キレイになっているから」(大阪府/40代)、「芯がしっかりしているから」
(福岡県/20代)と、人生経験を重ねて生まれた新たな魅力を支持する人も。

 3位の女優【堀北真希】は、NHKの朝ドラ『梅ちゃん先生』では国民的ヒロインを、
人気ドラマを映画化した『劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL』では
主人公・アタルと同様の特殊能力を持つ少女を怪演。また、舞台にも積極的に挑戦するなど、
女優としてここ数年で急成長を遂げている。大成していく彼女には「可愛く凛としていて、
とても良い印象を受ける」(福岡県/20代)というほか、「あまり私生活を語らない感じも
また魅力的」(北海道/20代)との声も寄せられ、そのミステリアスさも支持されている。

■恋人にしたい女性有名人ランキング 2014
順位/名前
1位綾瀬はるか
2位新垣結衣
3位堀北真希
4位石原さとみ
5位有村架純
6位北川景子
7位宮崎あおい
8位長澤まさみ
9位本田翼
10位上戸彩

http://www.oricon.co.jp/news/2035042/full/
http://www.oricon.co.jp/entertainment/special/page/991/#rk

【芸能】女優・綾瀬はるか、伊勢谷友介&長澤まさみのデート現場に鉢合わせし、二人の注文を取る

2013年05月06日 09:25

 今年3月に発覚した長澤まさみ(25才)と伊勢谷友介(36才)の熱愛。交際のきっかけとなったスペシャルドラマ『女信長』(フジテレビ系)の放送直前に第一報が報じられたことから、そもそも交際の真偽を問う報道も少なくなかった。

 しかし、本誌3月28日号で、長澤の自宅マンションから時間差で出てくるふたりの姿をキャッチ。真偽に答えを出した形となったが、次に飛び出したのが、『週刊文春』が報じた伊勢谷のDV疑惑だった。

 そんな渦中のふたりと鉢合わせしたのが綾瀬はるか(28才)だ。

 それは3月下旬、都内の豚しゃぶ店でのこと。その夜、綾瀬は店内の窓側の席で友人らと食事をしていた。

「綾瀬さんの誕生日を祝う会だったみたいで、みんなからハッピーバースデーを歌ってもらったり、プレゼントをもらったり楽しそうでしたよ」(居合わせた客)

 NHK大河ドラマ『八重の桜』に出演中で忙しい身の綾瀬にとって、束の間の休息。すっかりリラックスムードで、豚しゃぶを食べていたのだが、そこにやって来たのが、長澤と伊勢谷のカップルだった。

 ふたりは綾瀬に気づかず、窓側とは反対側のテーブル席に座ったのだが、綾瀬のほうがふたりの存在に気づいてしまった。

 見てはいけないデート現場に居合わせてしまった綾瀬はすっかり動転。ふたりのもとへ駆け寄ると、何度も頭を下げて挨拶を。

「その後、綾瀬さんはテーブルに戻ろうとしたんですが、長澤さんと伊勢谷さんから“一緒にどう?”と誘われて、そのまま同席する羽目になっていました(苦笑)。断れない性格なんですね。しかも、ふたりの注文も綾瀬さんが頼んだりして…。誕生日祝いの主役だったのになんかかわいそうでした」(前出・居合わせた客)

http://news.livedoor.com/article/detail/7648726/

【芸能】女優・綾瀬はるかの年収は4億1000万円!? ブレイクTV美女 最新『長者番付』

2012年05月16日 12:33

国税庁が発表する「長者番付」が公示されなくなって久しいが、現在発売中の「アサヒ芸能」(徳間書店)が「ブレイクTV美女 最新『長者番付』を大公開する!」と伝えている。記事は、昨年1年間のドラマ、映画、CMの出演料をもとに、その稼ぎっぷりを独自に試算。その中で堂々の1位に輝いたのが、推定年収約4億1000万円の綾瀬はるかだ。

 綾瀬は昨年のドラマ『JIN-仁- 完結編』(TBS系)で人気を不動のものとし、他にも映画『プリンセス トヨトミ』、ドラマ『南極大陸』(TBS系)、任天堂や日本生命のCMなどにバランスよく出演。6月に『ホタルノヒカリ』、9月には『ひみつのアッコちゃん』と主演映画2本の公開を控え、来年にはNHK大河ドラマ『八重の桜』の主役を務めるなど、まさに絶好調だ。

 次いで2位に入ったのが、黒木メイサ(約3億2400万円)、3位が佐々木希(約3億1500万円)となっており、この2人はCMを中心に稼ぎまくったといえそうだ。

「20代の女優がトップ3を占めることになりましたが、バランス良く活躍している綾瀬の安定感はずば抜けています。黒木は赤西仁とのデキ婚で仕事をドタキャンしていることが伝えられているし、佐々木希も表情や表現力に乏しく演技にまったく向いていないという弱点が露呈されてきたので、この位置をキープするのは難しいでしょう。一方、綾瀬はこれといったマイナス要素がないし、この先もギャラが高騰していくでしょうから、その強さがより際立ちますね。このランキングは、裏返せば、いわば今の人気そのものを表してるといえる。かわいくてエロ要素もありながらセクシーすぎず、天然ボケをかます綾瀬の親しみやすいキャラは老若男女問わず支持されているということでしょう。まさに、今もっとも時代に愛されている女性といっても過言ではないと思いますよ」(芸能ライター)

 4位以下は、パナソニックのCMなどで活躍する吉瀬美智子(約2億9600万円)、ドラマ『妖怪人間ベム』(日本テレビ系)でベラ役を好演した杏(約2億8000万円)、新CM女王に名乗りを上げる武井咲(約2億6000万円)らが続く。その後も、高島彩(約2億2000万円)が7位にランクインして他のフリーアナとは別格の存在感を見せつけ、映画『モテキ』以降の“エロ化”で再評価されている長澤まさみ(約2億1800万円)が8位に食い込んでいる。そして、9位に芦田愛菜(約1億9600万円)、10位に松嶋菜々子(約1億4000万円)という構図だ。

「まだ7歳の芦田の年収には思わずため息をついてしまいそうですが、ドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)でのブレイクでギャラが跳ね上がり、昨年はCMにもよく出演していましたからね。松嶋は『家政婦のミタ』(日本テレビ系)の大ヒットで下がりがちだったギャラの高騰が見込まれるので、巻き返してくるんじゃないでしょうか。全体的に見ると4億円台を超えているのは綾瀬だけで、彼女の勢いを強調する結果となりました。そして、その秘訣はバランスの良さと“愛され力”。今回、ランクインこそなりませんでしたが、“エロかしこい”キャラで幅広く人気を集める優木まおみが8000万円の自宅マンションを購入したと、一部週刊誌でも伝えられたばかり。優木もバラエティやPRイベントなどの多様な仕事で露出していますから、相当稼いでいるのでしょう」(前同)

 当然、その全てが実入りとなるわけではないが、彼女たちの豪快な稼ぎっぷりは浮世の景気など忘れさせてくれるほどの勢いだ。芸能界は「稼いでなんぼ」の世界だけに、今後もそのハイレベルな争いには注目したい。

http://news.livedoor.com/article/detail/6563435/

【映画】「ひみつのアッコちゃん」が女優・綾瀬はるか主演で初の実写映画化!来年9月公開…相手役は俳優・岡田将生

2011年10月05日 09:10

女優の綾瀬はるか(26)が映画「ひみつのアッコちゃん」(川村泰祐監督、来年9月公開)に主演する
ことが4日、分かった。人気漫画家・赤塚不二夫さん(享年72歳)の代表作が原作で、赤塚作品が
実写映画化されるのは初めて。小学5年のアッコちゃんが22歳の女性に変身し、運命的な恋に
出会うという設定だ。恋の相手役は岡田将生(22)が演じる。

テクマクマヤコン、テクマクマヤコン…魔法の呪文でおなじみのアッコちゃんが、生誕50周年の
記念イヤーに実写映画でよみがえる。
「ひみつのアッコちゃん」は、赤塚さんが1962年に少女漫画誌「りぼん」で連載を開始。
小学5年生のアッコちゃんが、鏡の精からもらった魔法のコンパクトを手に呪文を唱えると、望み通りの
姿に変身し、人助けをするコメディーだ。

これまで69、88、98年と3度もアニメ化。87年2月にはドラマ化もされ、「おそ松くん」「天才バカボン」と
並ぶ赤塚さんの代表作。来年で連載開始から50年となるのを記念し、赤塚作品で初の実写映画化が
決まった。
映画は、原作やアニメの設定を生かしつつ、時代に合わせた新しいオリジナルストーリー。
小学5年から22歳の女性に変身したアッコちゃんが、エリートサラリーマンの男性に運命的な初恋を
するラブファンタジーだ。アッコちゃんはこの男性のために、買収問題に巻き込まれた化粧品会社の
危機を救おうと、魔法はもちろん、子どもならではの奇想天外なアイデアで立ち向かう。

綾瀬は劇中でフィギュアスケーター、キャビンアテンダント、OL、女性警察官、バイクレーサーなど
さまざまな姿に“変身”する予定。「魔法使いにあこがれていた幼い頃を思い出します。魔法のコンパクト、
そして初恋と胸がときめくような、夢のある作品をお届けしたい」と期待をふくらませている。

岡田も「アッコちゃんの世界観にどっぷり入り込んで楽しみたい」。綾瀬とは今年5月公開の映画
「プリンセス・トヨトミ」に続く共演となる。
「こち亀 THE MOVIE」などを手がけた川村泰祐監督がメガホン。クランクインは10月下旬を
予定している。

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20111004-OHT1T00287.htm