【芸能】タレント・酒井法子は1日300万円、 TVを凌ぐ「パチンコ営業」破格の稼ぎ!

2015年10月23日 15:39

 発売中の「女性自身」が酒井法子(44)の近況を伝えている。それによると年末のディナーショー(チケット2万円)は完売だそうだが、日々の仕事となると「地上波の本格復帰はなかなかうまくいかず」(同誌)、パチンコ店での営業など地道な仕事を続ける日々だという。なんだかうらぶれた日常を過ごしている印象だが、「とんでもない」と声を上げるのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。同氏が続ける。

「“うらぶれてる”なんて大いなる勘違い。商店街のイベントやパチンコ店のトークショー、学園祭、デパート屋上、企業内イベントのゲストなどが、今や芸能人の稼ぎの“主戦場”になっているのです。テレビだけで食えるのは帯番組で司会を担当しているようなホンの一握り。残りの99%は地方営業でガッポリ稼いでいます」

 なにしろ、テレビのギャラは、バラエティーの場合、大物俳優でさえ10万円程度、ポッと出のひな壇芸人だと3万~5万円ぐらいにしかならない。そこへいくと地方営業ならその10倍は堅い。なかでも破格なのはパチンコ営業だという。

「仕事は簡単。ちょっとトークした後、店内を回ってお客さんにサインや握手をするだけ。これで1店数十万円になります。しかも1カ所の所要時間は30分程度だから、3カ所ぐらいの掛け持ちは十分可能。のりピークラスなら1カ所70万~100万円は取れるでしょうから、1日で300万円は稼げるのです」(興行関係者)

 パチンコ営業というと、最近は元巨人の清原和博(48)もよく引き合いに出されるが、なんのなんの、元“一流”のプライドさえ捨てれば悠々自適なのである。

http://news.livedoor.com/article/detail/10741454/

【芸能】タレント・酒井法子の危機、食い扶持のパチンコ営業の仕事も失う、テレビ復帰も絶望的!

2015年04月20日 09:20

 2009年、覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた歌手で女優の酒井法子。一昨年は『さんまのまんま』(関西テレビ)、昨年は『5時に夢中!』(TOKYO MX)にゲスト出演し本格復帰への足掛かりになるかと思われたが、逮捕以前のような芸能活動には至っていない。テレビ局関係者が話す。

「『さんまのまんま』が関東地区では放送されなかったことからもわかるように、キー局出演はいまだに解禁されていません。今はコンプライアンスにうるさくなっているし、視聴者の声にも異常なほどに敏感になっている中で、あえて酒井を使う勇気のある局がないというのが実情です。昨年、ASKAが覚せい剤取締法違反で逮捕されたことで、酒井の事件が思い出されてしまったことも大きいです。これからも、キー局出演は難しいでしょう」

 一昨年から酒井はパチンコ営業に精を出し、ギャラは1日で100万円以上にも上るとも大きく報じられていた。内容は、パチンコ店で客のサインや写真撮影に応じるというもの。思うような芸能活動のできない酒井にとって割の良い仕事だったのだが、芸能関係者が話す。

「昨年の暮れ頃から、パチンコ営業をやめたようです。マスコミに大々的に取り上げられてしまい、一般人の知るところになり批判が渦巻いたためです。もともと芸能人にとってパチンコ営業は、割り切らないとできない仕事です。パチンコ台が回り続ける店内の騒音の中で、一部の人に向けてサービスをする。酒井のようにアイドルとしてデビュー当時から脚光を浴び続けた人にとっては辛いですよ。コンサートに出て行けばファンが熱狂し、バラードを歌えば静かに聞いてくれる環境とは雲泥の差です」

 テレビ出演の可能性はほぼなく、資金源となっていたパチンコ営業も自粛。八方塞がりになりつつある酒井は、最近ディナーショーを始めている。

「ディナーショーは通常、チケット代の半分くらいは事務所に入る美味しい仕事ですが、ファンの懐事情を考えれば年間を通じて頻繁に開催できるものではありません。酒井の本業である女優業はオファーがないと仕事がなく、歌手業でも酒井は作曲ができるわけではない。つまり、常に待ちの立場で自分から何かを仕掛けることができないのです」(同)

 いったん覚せい剤に手を出し道を踏み外すと、復帰は容易ではない――。ある意味で酒井の現状は、芸能人の覚せい剤使用に歯止めをかける上で大きな効果があるといえそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150419-00010003-bjournal-ent

【芸能】女優・酒井法子、パチンコ店営業一日3店舗はしごでギャラは300万円!

2014年07月16日 11:10

 酒井法子(43)がいま、収入源にしているのがパチンコ店での営業だという。

「先月は奈良、先々月は京都と、月に1~2日ペースでパチンコ店営業の仕事が入っていますね。1店あたりの滞在時間は30分程度。ステージで軽くトークをして、抽選に当たった客と握手をして、また次の店へ向かうというスタイルです。チェーン店がほとんどなので、系列の3店舗程度を一日で回るのが通例です」(前出・代理店関係者)

 パチンコ営業の仕事で、のりピーは、いくら稼ぐのか。

「酒井さんのギャラは、パチンコ店営業をする芸能人の中では最も高額で、1日に3店舗を訪問して300万円。こんな高額ギャラは、有名人でも、そうそういません」(代理店関係者)

 ASKA事件の影響は、まったくなし。でも、彼女がフィーバーできるのは、パチンコ店だけ!?

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140716-00010007-jisin-ent

【芸能】「ハイテンションでモノマネ披露も……」パチンコ営業で荒稼ぎの女優・酒井法子に“テレビ復帰絶望”の声

2013年09月10日 09:25

 7月後半から、「パチンコホール営業で荒稼ぎしている」とたびたび報じられている歌手で女優の酒井法子。彼女のファンサービスの様子を東スポが報じている。

 酒井は先月31日、大阪府内のパチンコホールでイベントを開催。1000人ほど集まった客の前に登場すると、店内には大きな歓声と共に、一斉にケータイカメラが向けられ、大阪のおばちゃんの「こっち向いて~」という執拗な要求にも、笑顔で応じていたようだ。

 また、これまでテレビ番組など公の場でモノマネをしたことがない彼女だが、MCにリクエストされると、恥じらいながらも「みなさん、こんばんは。菊池桃子です」と甘い声を披露したという。

 酒井のパチンコ営業のギャラについては先月、週刊誌が「約20分で少なくとも100万円以上」と報道。短時間で大金が入るため、クセになっている芸能人も多く、酒井は中高一貫の私立中学に通わせている1人息子のためにも、この割のいい仕事に手を出したと見られている。

 この日、訪れた観客のTwitterなどを見ると、「あんなハイテンションののりピー、見たことないww」「のりピー、テンション高すぎだろ! なんかやってんのか?」「サイバーのりぴー復活!!」といった声が。彼女の異様なテンションに、観客も圧倒されたようだ。

 酒井といえば、覚せい剤取締法違反の罪で逮捕後、執行猶予期間が明けた昨年11月24日、報道陣約200人が集まる大規模な復帰会見を行った。だが、6月に出演予定だったシンガーポールのファッションイベントで、スポンサー企業が難色を示し出演がキャンセルとなるなど、いまだ薬物のイメージが妨げとなっている。

 7月にはドラマ『黒い報告書 女と男の事件ファイルIII「誤解」』(BSジャパン)に出演し、『ついにテレビ復帰か!?』と騒がれたものの、『犯罪者に甘すぎる』などと批判が殺到。テレビ復帰のきっかけにはならなかったようだ。

「パチンコ営業に集まるのは、酒井の昔からのファンや、普段あまり芸能人を見たことがないような、地元の常連客。誰もが知っているスターをケータイカメラで撮り放題ですから、こういった場では当然、歓迎ムードが漂います。一方で、酒井のテレビ復帰は絶望的と言われている。スポンサーが嫌がり、視聴者からも批判も殺到するでしょう」(芸能記者)

 来年には、主演映画『空蝉の森』の公開を控える酒井。薬物事件後、主演舞台、主演映画、BS局ドラマ出演……とゆっくりと活動を再開している彼女だが、収入はもうしばらくパチンコ営業に頼ることになりそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/8050062/

【芸能】中古マンションで倹約生活…女優・酒井法子のキビシイ夏、背に腹は代えられない「パチンコ営業」

2013年08月11日 09:17

 ギャンブル系の営業は“色”がつくので避ける芸能人が多い。それでも、酒井法子(42)が大阪まで「パチンコ営業」に出向いたとなれば、背に腹は代えられなかったのだろう。

 客がギョーサン集まる中、「まいど!」を連呼して大ウケだったと、写真週刊誌に報じられた、のりピー。2週間ほど前には極秘撮影中の主演映画がスッパ抜かれたが、「無名の俳優が名を連ねる小規模作品」(芸能関係者)というから、相変わらずキビシイ状況だ。

 先月、BSのテレビドラマ「黒い報告書」にゲスト出演。復帰後初のテレビ出演を果たしたが、地上波への出演見込みは……。

「首を縦に振るスポンサーがない。だからこそ、イベントや映画などで少しずつ露出を増やそうという計画です」(前出の芸能関係者)という。

 文京区内の有名私立中に通う息子を抱え、生活も大変なのだろう。それを裏付ける近況も聞こえてくる。

「のりピーはいまだに逮捕後に引っ越した古いマンションに住んでいます。1階に地元の建設業者が入っているビルで、南青山の高層マンションでのセレブ住まいとは比べ物にならない。相当切り詰めて生活しているようです」(事情通)

 切ない話だが、自業自得。自分で乗り切るしかない。

http://news.livedoor.com/article/detail/7942971/

【芸能】女優・酒井法子、CM決定!TV復帰「マンモスうれピー」

2013年04月05日 09:26

 女優の酒井法子(42)が昨年12月の仕事復帰後初めてテレビCMに出演する。ロックバンド「バロック」の新作CM。「マンモスうれピー」の決めゼリフを使って作品をPRしている。テレビ復帰には時間がかかるとの見方もあっただけに、CM出演は再起を懸けた活動の大きな転機になりそう。酒井は「声を掛けていただきとてもありがたいです」と話している。

 出演するのは、バロックの新アルバム「ノンフィクション」のCM。

 酒井は白のワンピース姿でアルバムの収録曲「キズナ」をアカペラで独唱する。徐々にバロックのボーカル怜(りょう)の歌声へと変わっていき、最後は酒井が“のりピー語”で決めゼリフ。「このアルバムに会えて、マンモスうれピー」と笑顔を見せる。6日からCS放送の音楽番組などで放映。地上波でも流れる予定だ。

 先月28日に都内のスタジオで撮影。収録は約2時間で、酒井はヘアメーク中に曲を口ずさむなど準備を重ねて臨んだ。「アカペラで歌う部分が凄くドキドキした」と緊張もあったが、終了後に映像を確認すると満足そうな笑みを浮かべた。

 酒井は昨年11月に薬物事件の執行猶予が明け、同12月の主演舞台で復帰。このCMが“テレビ復帰”の作品となる。「テレビ出演にはまだ時間がかかる」という見方もあっただけに、テレビ番組出演など今後の芸能活動の大きな契機となりそうだ。所属事務所には映画やドラマ、バラエティー番組などに加え、ディナーショーといった歌手業の依頼も届いている。所属事務所は「どれもありがたいお話。できることから少しずつやっていきたい」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130405-00000045-spnannex-ent

【芸能】女優・酒井法子さんの弟を脅迫容疑で逮捕!拳銃のようなものを示して「殺すぞ」と脅す

2012年12月19日 09:42

福岡県警粕屋署は18日、脅迫の疑いで、女優、酒井法子さんの弟で
住所、職業不詳の吉原健容疑者(34)を逮捕した。

逮捕容疑は、6月26日に福岡県古賀市の国道3号で、古賀市内の男性会社員(44)に
拳銃のようなものを示して「殺すぞ」などと脅した疑い。

酒井さんは2009年に覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受け、今月、舞台で女優に復帰した。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121218/crm12121822340019-n1.htm

【芸能】元女優・酒井法子の元夫・高相祐一容疑者を麻薬取締法違反で逮捕 3年ぶり2度目

2012年06月06日 09:20

警視庁は6日、元女優の酒井法子(41)の元夫・高相祐一容疑者を麻薬取締法違反の疑いで逮捕した。

酒井は高相容疑者ととは10年7月に離婚。
09年8月、東京・渋谷の路上で職務質問を受け覚せい剤所持で現行犯逮捕されていたが、再犯ということになった。

酒井自身は執行猶予が明ける今年11月以降に活動を再開させたい意向。
5月に復帰への意欲を聞かれた酒井は「どんな形であれ、できることを1つ1つ頑張っていきたい」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120606-00000072-spnannex-ent

【芸能】酒井法子さんが女優復帰に前向き、復活望んだ恩人の通夜参列

2012年05月24日 09:02

2009年に覚せい剤取締法違反罪で有罪判決を受け執行猶予中の元女優、酒井法子さん(41)が
23日、約1年5カ月ぶりに“公の場”に姿をみせた。この日、同年の覚せい剤取締法違反事件で
酒井さんの失踪を手助けしたとされる東京・中野の建設解体会社会長が肝臓がんのため74歳で死去していたことが判明。
都内で営まれた通夜に参列し、集まった報道陣に女優復帰への意欲を示した。

酒井さんの“公の場”は2010年12月、自叙伝のPRでTBS系情報番組に出演して以来。
喪服姿で背中まで伸びる栗色の髪をなびかせながら、集まった約50人の報道陣の取材に応じた。

2009年の覚せい剤取締法違反事件で、会長は当時、酒井さんが出頭するまでの6日間、
失踪していた際に宿泊先などを手配したとされるが、20日に肝臓がんのため死去していた。

会長は酒井さんの継母と40年来の友人で、酒井さんも10代のころから親交があった。
通夜後、酒井さんは「(会長は)いつも全力で私のことを支えてくれるような、
父親というか、大きな傘のような存在でした」としのび、最期を看取ったことも明かした。

今後については「会長からいつも『法子、前を向いて生きろよ』と励まされたので、
その言葉を胸に息子(長男=13)とともに前を向いて歩きます」と誓った。

現在は群馬・創造学園大学で介護福祉を通信教育で学ぶ一方、昨年4月には根強い人気を誇る中国で、
同国政府の要請を受けて「違法薬物撲滅キャンペーン」のPR活動で啓発ビデオの撮影に参加。
同5月に開催された「東京ガールズコレクション in 北京」への参加も噂された。

当時、女優復帰について否定したが、この日は女優復帰について「私の口から言うことでは…」と意味深発言。
酒井さんが「これからも私の頑張りをみてほしい」と願う会長が「女優復帰を望んでいるのでは?」との質問には
「ハイ」としっかりした口調で返答した。

酒井さんが執行猶予3年間を終えるのは今年11月。この日「会長への恩返し」と何度も口にしており、
“恩人”の念願でもある女優復帰へ「前を向いて」歩き出す可能性もありそうだ。

http://www.sanspo.com/geino/news/20120524/oth12052404350002-n1.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20120524/oth12052404350002-n2.html

【芸能】元女優・酒井法子の弟、逮捕4時間前に姉と18年ぶりに再会していた

2012年04月02日 09:02

衝撃逮捕から約4時間前、弟は姉との「18年ぶりの再会」を果たしていた。
姉は弟を自宅に招き入れどんな話をしていたのか――。

 今秋にも芸能界復帰と囁かれていた酒井法子(41)に、
弟・吉原健容疑者(33)の逮捕は大きな影を落とした。

 警視庁は3月21日、吉原容疑者を脅迫容疑で現行犯逮捕。酒井の元夫の父が経営する
スキーショップ従業員を「姉が逮捕されたのは、元夫の責任」と脅したところを現行犯逮捕されたと報じられている。

 本誌は3年前、酒井法子が覚せい剤取締法違反で逮捕された直後、
奇しくも同じ逮捕容疑で勾留中だった吉原容疑者の獄中告白を掲載している。
そこで、吉原容疑者はこう述べていた。

「不器用な生き方をしてきたので、こうやって逮捕されるのも初めてではありません。
ただ、今回は、これまでとは明らかに違う。同じ罪状で姉が
捕まっているということへのショックは自分自身、とても大きい」

 酒井と最後に会ったのは18年前、吉原容疑者が中学生の頃だ。
鹿児島で行なわれたコンサートに母らと出かけた。
終了後、楽屋へ向かったが束の間の会話しかできなかった。

 アイドルの姉と一時期暴力団に籍を置くなど荒れた青春を送ってきた弟。
両親の離婚後、異なる道を歩んだはずの2人は、罪を犯したことにより再び運命は交差した。

獄中の弟は誓った。「できることなら、姉と一緒に反省をしたい」
だが今年1月、長崎の刑務所から出所した吉原容疑者は2か月後、またも警察の厄介になってしまった。
逮捕からおよそ4時間前に遡る。実は吉原容疑者は酒井の都内マンションを訪れていた。
周囲からは「姉の迷惑になるのではないか」との忠告も受けた。獄中から出した姉への手紙の返事もなかったからだ。

 ――酒井は不在だった。だが、帰ろうとした道で、こんな声を掛けられた。
「……健じゃない?」そこには姉が立っていた。そして、弟を自宅に招き入れたという。
18年ぶりの会話は弾まなかったが、その後、弟は親しい人間に興奮気味にこう語っている。

「姉と会うことができたんです。2人とも大人になってからの再会ですから、
ぎこちなかったですけど。この先、時間をかけて昔みたいな関係になりたい」

 姉の自宅を辞したその足で向かったのが、現行犯逮捕の現場となる南青山だった。
姉の元夫の父親らを通し、吉原容疑者は元夫と接触しようとした。
そこで何を訴えたかったのか。三年前、獄中インタビューに答えた吉原容疑者は
記者にこんな手紙を送ってきた。

〈男ならば、たとえ自分が傷ついたとしても守らなければならないものって有るんじゃないかと私は思います。
(中略)もし姉が覚醒剤に手を染めるきっかけをつくったのが××さん(元夫の実名)であるなら、私は正直許し難いです〉
現在、吉原容疑者は容疑を否認しているが、当局は余罪も含めて捜査中だ。
この先、弟が姉と「昔みたいな関係」に戻ることができるだろうか。

http://www.news-postseven.com/archives/20120402_98665.html