【芸能】嵐・二宮和也4年ぶり連ドラ主演!TBS日曜劇場、松潤から“嵐リレー”

2018年02月02日 11:37

 嵐の二宮和也(34)が4月スタートのTBS日曜劇場「ブラックペアン」(後9・00)に主演する。同枠では現在、同じ嵐の松本潤(34)主演の「99・9~刑事専門弁護士~」を放送中。高視聴率リレーが期待される。

 今回、二宮は外科医役に初挑戦。「全力でいきます!」と張り切っている。

 ドラマ化もされた「チーム・バチスタの栄光」などで知られる海堂尊氏の同名小説シリーズが原作。舞台は大学病院。手術成功率100%を誇る天才だが、傲慢(ごうまん)な性格と言動で「オペ室の悪魔」と言われる主人公の渡海征司郎が、新しい手術法を巡る不正や病院内の権力抗争に立ち向かう姿を描く。

 二宮は日本テレビ「弱くても勝てます」以来4年ぶりの連ドラ主演。TBSドラマは「流星の絆」以来10年ぶりで、日曜劇場は初主演となる。精神科医は演じたことがあるが、外科医役は初めてで「指導の先生に付きっきりで“今、目の前で起こっていること”の説明をうかがいながら、先日、心臓の手術を見学させていただきました。初めて見る世界だったので緊張しました」と明かす。

 今月中にクランクイン。主人公は皮肉屋でダークヒーロー的な一面もある設定。「僕自身はあまりダークヒーローという認識はしていませんでしたが、長期間、渡海を預からせていただくので役とじっくり向き合いたい」と意気込んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000001-spnannex-ent

【芸能】フリーアナ・伊藤綾子、「親友」の女優・北川景子と断絶状態か!嵐・二宮和也を“匂わせ”続ける呆れた理由!

2018年01月27日 09:42

 嵐・二宮和也との“交際匂わせ再開”が、一部ファンの間で問題視されているフリーアナウンサーの伊藤綾子について、出演番組を降板させた日本テレビ内から、伊藤に対し心配の声が出ているという。

 伊藤と二宮の交際は、2016年に「女性セブン」(小学館)が報じたことで表面化。この件について、双方は一切リアクションを示さなかったものの、伊藤の会員制有料ブログに二宮ファンが押し寄せたことで、二宮にまつわるアイテムを撮影した画像や、二宮のプライベートを感じさせる情報が、多数掲載されていることが発覚。伊藤が交際をこれみよがしにアピールしていたとして、嵐ファンの間で大炎上に発展した。

「当時伊藤は、NEWS・小山慶一郎も出演する『news every.』(日本テレビ系)のレギュラーでしたが、局には二宮ファンからの『降板させろ』というクレームが相次ぎました。しかし、すぐに降ろすと、明らかに『ニノとのスキャンダルでクビになった』と視聴者に解釈されてしまうので、改編期を待って自然な形での『ご退場』となったんです」(日テレ関係者)

 しかし、伊藤に対するバッシングは収まらず、いまだに週刊誌の編集部には、二宮ファンと見られる女性からの“タレコミ”が相次いでいるのだとか。

「今年初めにも、伊藤がブログにスイセンをかたどった黄色い和菓子の写真を掲載したことで、『ニノのメンバーカラーが黄色。スイセンの花言葉は“もう一度愛してほしい”なので、これはニノへのメッセージなのでは』などと、電話やメールでの連絡がいくつもありました」(女性誌記者)

 これが“交際匂わせ再開”かどうかは、伊藤のみぞ知るところだろうが、両者は16年のうちに破局済みと報じられて以降、目立った話は出てこない。

「それだけに、“交際匂わせ”はやや勘ぐりすぎというところでしょう。本人が自暴自棄になってやっている可能性もゼロではないものの、そもそも関係者の間で『伊藤の様子がちょっとおかしい』と言われるようになったのは、二宮との交際発覚のほか、“親友”の結婚も影響していると思われます」(前出・関係者)

 伊藤の“親友”とは、番宣インタビューで共演したことがきっかけで交流が生まれた、北川景子なのだという。

「2人ともSNSで交流をオープンにつづり、ファンからは『本当に仲良しですね』『どっちも美人』などと言われていましたが、やはり伊藤の中には、同性として張り合う意識があったのでしょう。伊藤より6歳年下となる北川が、16年にDAIGOとゴールインしたのに対して、きっと悔しい気持ちがあったと思います。それでも、自分は大物ジャニーズと交際しているのだという事実が、心の拠り所になっていたというか」(前出・関係者)

 それでも、やはりというべきか、伊藤と北川の“親友関係”は、結婚後もこれまで通りとはいかなかったようだ。

「両者の交流は、結婚後にはほとんどなくなった上に、二宮とは破局し、あまつさえネット上で猛バッシングを受ける始末とあって、伊藤はどんどん周囲とも壁を作るようになってしまったんです。もともと芸能界に友達はまったくおらず、唯一の友達といえるのが北川だったこともあって、伊藤は完全に孤立してしまいました」(同)

 この転落ぶりに、日テレ内でも伊藤の心情を気遣う声が多く出ているというが、再び人気アナウンサーとして返り咲くことはできるのだろうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/14213438/

【芸能】嵐・相葉雅紀「つき合いは5年以上」彼女とトイプードルが待つ家

2017年12月18日 09:36

 福岡を発ったJAL便は、定刻より少し遅れて羽田空港に到着した。12月10日の午後10時前、嵐のメンバー5人は、ヤフオクドームでの3日間のコンサートを終え、その日のうちに帰京した。第1ターミナルを抜けて、空港につけた迎えの車に乗り込むと、さすがに疲れた顔でそれぞれの帰路に就いたのだった。

 5台の車が都心方面へと向かうなか、相葉雅紀(34)を乗せたワンボックスカーもまた、夜の首都高を走っていた。まさにその時間である。主がいないはずの自宅マンションの部屋の明かりは、いつものようにともっていた。

 12月におこなわれた東京ドームでのコンサートや『FNS歌謡祭』に生出演中にも、やはり部屋の明かりはついていた。年の瀬にはいつもイベントや音楽番組への出演で多忙を極める相葉の帰りを、一人と一匹が笑顔で待っているのだ。

「相葉の帰りを待っているのは、関西出身の女性Aさんだ。生まれ年は同じだが、Aさんは早生まれなので、学年でいうと一つ上。愛犬のトイプードルといっしょに、相葉のマンションをたびたび訪ねている」(2人の知人)

 相葉は2010年2月に、当時住んでいたマンションに女優の水川あさみ(34)が通う姿を『フライデー』に報じられた。今回のAさんは、キリッとした水川とはタイプの違う、つぶらな瞳がかわいらしいおっとり系の美人だ。

「相葉が以前住んでいた高級賃貸マンション近くでも、Aさんらしい女性の姿が見かけられている。つき合いはすでに5年以上になる」(芸能関係者)

 現在、相葉が住むマンションは、都内の超高級住宅街にある。13年の春に購入したファミリータイプの部屋はなんと約4億円の超高級物件だ。

「部屋の広さは200平米超で、間取りは4LDK。リビング・ダイニングは30畳もある。24時間態勢でコンシェルジュが常駐していて、セキュリティーもバッチリ。キッチンも広く、料理もしやすい。最近では、Aさんと会うのはもっぱら家の中だ。もちろんペットも飼える」(前出・知人)

 相葉は動物好きで、『天才!志村どうぶつ園』(TBS系)では「飼育係」として動物園での飼育員体験ロケを嬉々としてこなしている。実家でリスやオウム、リスザルなどを飼っていたのは有名だ。動物好きの縁が、相葉とAさんを引き合わせた。

 わんぱくなワンちゃんに引っ張られて歩くAさんの姿を、本誌は度々キャッチしている。出掛けるときはいつも一緒だ。ある日はジムへいっしょに連れて行き、ある日は散歩のついでにスーパーに買い物へ。帰宅後にAさんは、自慢の広いキッチンで、きっと相葉に手料理を振る舞うのだろう。

「相葉はAさんを、自分の両親に紹介している。やはり動物が好きな両親に、Aさんは歓迎された」

 前出の知人はそう語る。師走の国民的アイドルは多忙の極み。大晦日には『紅白歌合戦』、ジャニーズカウントダウンと大舞台が控えている。その日もAさんは、相葉の部屋で彼の帰りを待っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171218-00010000-flash-ent

【芸能】「ジャニオタキモすぎる」嵐の音響スタッフが堂々と暴言ツイート!乃木坂46にも嘲笑

2017年12月09日 19:38

 人気アイドルグループ・嵐や西野カナ、乃木坂46などのライブ音響を手掛けるミュージシャンのA氏が、自身のSNSで問題のある投稿を繰り返していたとして、炎上している。

 嵐の東京ドーム公演が行われた3日、A氏は「関係者入口」と書かれた場所で自撮りし、「今日は音響ではなく見させていただきます」とTwitterで報告。コンサートを見終わると、今度は自身のピース写真とともに「さすが嵐、口パクだが素晴らしい演出でした!席からみると口パクも歌ってるように聞こえちゃうんだね!プロフェッショナルだ!いまから帰ります!ジャニオタキモすぎる笑 本当ジャニオタ無理!」と暴言をツイートした。

 過去にも、昨年8月の嵐の長野公演に関し、わざわざ「#口パク」というハッシュタグを付けて投稿していたほか、今月6日には「20日の東方神起さんと26日の嵐さんのチケットいただきました!(略)当日どうしても見たい方に譲る予定!」とツイートし、ファンとやり取りしていたA氏。

 関係者とは思えない行動の数々に激怒したジャニーズファンからは、「こんな人、嵐に関わらないでほしい」「鍵付きでもないのに暴言吐くなんて、子どもみたい」「レコード会社は野放しにして何してるの?」などの批判が殺到している。

「24~26日に再び行われる嵐の東京ドーム公演に『音響手伝い行く予定!#嵐』と参加を示唆しているA氏ですが、先月8日の乃木坂46の東京ドーム公演の際は、『知ってる曲1曲もなかったぞ笑』とインスタグラムで暴言も。今月6日には『レコード会社から仕事の暴露は厳禁ですと言われたので削除します』と謝罪しましたが、あまりにも常識がなさすぎるとして、ファンの怒りを買っています」(芸能記者)

 関係者による問題行動といえば、8月に『VS嵐』(フジテレビ系)の美術スタッフと思しき女性の裏アカが流出。女性はTwitterに舞台裏の画像や動画を頻繁に投稿していたほか、解禁前の番組情報をツイート。さらに、喫煙所での嵐・二宮和也の会話を盗聴し、Twitter上で音声を公開していたとの情報も流れ、騒動となった。

 また、昨年には、嵐・松本潤主演映画『ナラタージュ』の技術スタッフの女性が、Twitterで「松本潤についに、認知された」「話もできたし、手も触れた」などと自慢を繰り返し、後に処分される事態も起きている。

「これまでは、若い女性スタッフによる非常識な行動がたびたび問題になっていたものの、今回のようにジャニタレに興味のない男性スタッフの例は珍しい。調子に乗っていたA氏も、厳しい処分を受けるのでは?」(同)

 関係者にまで口パクであることを揶揄されてしまった嵐。メンバーも、非常識なスタッフに裏方を任せたくはないだろう。

http://news.livedoor.com/article/detail/14001984/

【芸能】「本当ジャニオタ無理」「口パクだが素晴らしい」嵐、音響スタッフのSNS発言が大炎上!

2017年12月07日 14:40

 11月17日より5大ドームを回る『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018「untitled」』を開催中の嵐。ジャニーズ内外問わず「チケットが取れないアーティスト」として知られているが、メンバーの共演者や仕事関係者が公演を鑑賞する例も少なくない。そんな中、12月上旬に行われた東京ドーム公演をめぐって、業界関係者やメンバーと交流のある俳優のツイートが物議を醸す“事件”が起こった。

 毎回、勉強を兼ねて多くのジャニーズタレントが見学に訪れる嵐のコンサート。12月1日の公演はKinKi Kids・堂本光一とSexy Zone・中島健人、2日には関ジャニ∞の村上信五&大倉忠義らが来場したという。メンバーと関わりのある芸能人も何人か足を運んでいたようで、1日に鑑賞したアンジャッシュ・児嶋一哉はTwitterに「すげーな~エンターテイメントショーだったなぁ~スターだったな~ 今度嵐に会ったら緊張しそう」などと感想を書き、ファンから「お忙しい中来てくださってありがとうございました。これからも嵐をよろしくお願いします」などと、感謝のコメントが寄せられていた。

 その一方で、櫻井翔主演の連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)に出演する俳優・木下ほうかのツイートが嵐ファンの間で騒ぎに。木下は3日に「今宵は、嵐を満喫させていただきます」と報告し、午後9時台になると「5万5千人もの来場者と共に、すばらしステージを堪能しました しかも東京ドームの個室付き客席で、飲み食いしながらの贅沢鑑賞」と、絵文字付きで興奮気味につづったのだ。

「さらに木下は、『日本を代表する世界のテニスプレーヤー、歌謡番組司会者ほかとご一緒させていただき、終演後メンバーにもご挨拶できました』と個人名は出さずにツイートした上で、ドラマで共演する“校長”こと櫻井については『とてもカッチョ良かった~』と、投稿していたんです。しかし嵐といえば、ファンクラブ会員ですら簡単にコンサートチケットが取れないだけに、一部ファンが木下のTwitterアカウントに向けて『飲み食いしながら!? 業界のことはよくわかりませんが、このツイートは、あまり気分のいいものではありません』『個室、飲み食い、挨拶、すごいですね。 芸能人だから?』と、批判的なコメントを送っていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 その後、木下はツイートをすぐに削除。これによって木下に「迷惑をかけた」と感じた嵐ファンは、「一部の過激なファンが、妬みの返信をしたかと思いますが、気になさらないでください」「失礼なリプが届いたみたいで申し訳ありません」と、謝罪のメッセージを送っている。

「木下の例は削除対応が早かったため、本人に対する非難の声よりも、木下に噛みついた一部のファンに怒りを覚えた人が多かったようです。しかし、今度は音響関係の仕事をしているというTwitterユーザーの男性が、本格的に炎上しました。その人物は、3日午後5時台に東京ドームの『関係者入口』と書かれた場所の前で“自撮り”する写真を載せながら、『今日は音響ではなく見させていただきます』と、予告。終演後には『さすが嵐、口パクだが素晴らしい演出でした!席からみると口パクも歌ってるように聞こえちゃうんだね!』『ジャニオタキモすぎる笑 本当ジャニオタ無理!』などとツイートしていたんです。また、嵐は12月24~26日に再び東京ドーム公演を行いますが、24日か25日に『音響手伝い行く予定』とも書いていました」(同)

 ネット上の嵐ファンは、音響スタッフとみられるこの男性のインスタグラムを探し出し、櫻井に「挨拶した」というコメントが添えられた、昨年5月のKAT‐TUNコンサートの会場内写真を発掘。関係者である可能性が一層強まり、「一緒に仕事したことあるんでしょ? こんな人がスタッフなんて問題なんじゃない?」「ジャニオタがキモい? 音響のスタッフさんが、どうしてそんなこと言うんですか」「鍵もつけず言うって何? 注目してもらいたいの?」と、批判的な声が続出した。

「一部では『関係者入り口の写真なら誰でも撮れる』『本当に音響スタッフだとしたら、顔まで出してあんなことつぶやけない。もし本当のスタッフならバカでしょ』と、虚言を疑う指摘も上がっていました。そんな中、渦中の男性は6日夕方にも『26日の嵐さんのチケットいただきました』『どうしても見たい方に譲る予定』といった内容を懲りずに投稿。嵐ファンが事務所やレコード会社に“通報”したのか、『レコード会社から仕事の暴露は厳禁ですと言われたので削除します。すいませんでした!気をつけます!』と謝った上で、6日夜にはアカウントに鍵をかけ、フォロワー以外は閲覧できない状態になりました」(同)

 今回、メンバーは騒動に巻き込まれてしまった形だが、本当に嵐のコンサートに関わるスタッフだった場合は、ジャニーズにとっても由々しき事態だろう。ファンを傷つけないためにも、スタッフの管理まで徹底してほしいものだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13994807/

【芸能】スポーツ紙カメラマンがジャニーズ「嵐」写真を無断販売!社内は制裁に戦々恐々

2017年11月27日 11:55

 よりによって、と言うことか――。マスコミが記者会見場やコンサート会場などで撮った写真は、本来の報道目的以外は門外不出である。が、撮影した写真をこっそり、ネット販売するスポーツ新聞のカメラマンがいた。しかも、売り捌いた写真のほとんどは、日頃から肖像権に口うるさいジャニーズ所属のタレントのもの。この先、どんな制裁が科されるのかと、社内は戦々恐々、パニックなんだとか。

 問題を起こしたのは、中日新聞東京本社の契約社員で、50代になるベテランカメラマン。おもに東京本社が発行する東京中日スポーツで撮影を担当していた。

 中日新聞の幹部が言う。

「発覚は今年7月。問題のカメラマンが仕事で撮影した写真をネットオークションで出品しているという内部告発があったのです。販売されている写真と、会社にある写真データを照合させると、いずれもピタリと一致。同じアングルで撮影したとしか考えられないという結論に達しました」

“厳正に対処”
 販売されていた生写真の一例を挙げると、「嵐」のメンバーに「関ジャニ∞」、「KinKi Kids」といったジャニーズタレントの顔ぶれ。いずれも、ドラマの会見やNHK紅白歌合戦のリハーサルといったマスコミ関係者でなければ撮影出来ないものばかりだ。十数枚~数十枚のセットで出品し、4000円以上するものもあったという。が、どうやら、これらは氷山の一角にすぎないようだ。

「他社のカメラマンにも聞いたところ、現場で怪しい動きをしていると有名でした。例えば、グループ全体の写真があれば十分であっても、カメラを持ち替えて、メンバーの一人一人を念入りに撮る。以前からやっていたフシがあります」(同)

 法的な問題はないのか。著作権に詳しい金井重彦弁護士が解説する。

「一般的に新聞社の社員カメラマンが撮影した写真の著作権は、職務著作として新聞社に帰属し、無断での転売は著作権侵害に当たります。仮に新聞社が刑事告訴を行った場合、受理される可能性はあるでしょう」

 もっともその場合でも現実的には、起訴猶予程度ではないかという。が、むしろ、大事に発展しそうな点は、別にある。

「流出させたのが、ジャニーズだったという点です」

 とは、他紙の記者。

「辞めたメンバーの写真でさえ使わせないほどですから、我々は写真の二次使用すら無断ですることはありません。関係が悪化すれば、取材や出演を断られて、自分たちが困ることになるため、暗黙のルールとして守っている」

 それを流出させたとあっては、ジャニーズの怒りを買うのは必至。実際、ジャニーズ事務所の代理人は、

「ご指摘のような行為があったとすれば、タレントのパブリシティ権を侵害する違法行為であり、厳正に対処せざるを得ません。現在調査中と伺っていますので、結果を待ちたいと思います」

 怒り心頭といった様子であるが、当のカメラマンは、

「僕の方からお話しすることはできません」

 と言葉少なに語るのみ。中日新聞東京本社も、

「調査中のため、回答を差し控えます」

 発覚から4カ月。未だに処分が下せていないというから、なんとも情けない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171127-00533155-shincho-ent

【芸能】ドランクドラゴン・鈴木拓が嵐・二宮和也を「カズさん」と呼ぶ理由!プライベートでも遊ぶ仲

2017年11月24日 10:09

23日放送の「VS嵐」(フジテレビ系)で、ドランクドラゴン・鈴木拓が、嵐・二宮和也との交友関係を語った。

番組では南海キャンディーズ・山里亮太が率いる「山ちゃんが好きな人集めたチーム」で、鈴木やバカリズム、YOUらが登場し、嵐とゲーム対決をした。

対決途中のトークでは、鈴木と二宮がプライベートで遊んだことがあるという話題に。鈴木が「ゲームで(二宮と)一緒にやらせてもらってるんですけど」「本当に上手い」と二宮とのエピソードを披露した。

「オレも上手いと思ってたけど」「一切、足元にも及ばないぐらい凄い上手くて」と、二宮を大絶賛した鈴木は1回遊んだ以降、一切呼ばれなくなったことを明かして、笑いを誘った。

大野智に鈴木を呼ばなくなった理由を尋ねられた二宮は「拓ちゃんを?弱いから」とバッサリ。スタジオに大きな笑いが起きる中、山里が「拓ちゃんって言われる関係性なんだ?」と驚いた。

鈴木が「オレはだいたいカズさんって呼んでます」と、鈴木のほうが年上にも関わらず「さん」付けで呼んでいることを明かすと、櫻井翔は「そこは、拓ちゃんとニノちゃんじゃないんだ?」と指摘したのだ。

すると、鈴木は「だってあんなに(ゲームが)上手いんですから、『さん』付けるでしょ!」とキレ口調で訴えて、笑いを誘っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13933673/

【芸能】嵐・松本潤、“10年愛”井上真央と「破局済み」だった!AV女優・葵つかさバッシングも再熱

2017年10月16日 09:58

 10月7日公開の主演映画『ナラタージュ』が、土日2日間の全国映画動員ランキング(興行通信社発表)で2位スタートと、苦戦中の嵐・松本潤。10月12日発売の「週刊新潮」(新潮社)では、長らく交際していた井上真央と「完全に関係が終わった」と報じられている。2人は10年近く付き合うも、「彼が結婚を切り出さない」ため、2年ほど前に一旦は破局していたそうで、復縁の可能性も残る中、AV女優・葵つかさとの“4年密会”が発覚したという。

 松本は2005年に第1シリーズが放送されたドラマ『花より男子』(TBS系)での共演をきっかけに、井上と交際を開始。近年は「ゴールイン目前」といった報道が恒例化し、松本は嵐メンバーで「最も結婚が近い」と思われてきた。

「松本本人は井上との交際をオープンにしていたわけではありませんが、報道を通じて“彼女に一途”だと好印象を抱いている人も少なくなかったのでしょう。しかし、葵との報道によりすっかりイメージダウン。一方の井上は、4月発売の『女性自身』(光文社)で、『松本さんとご結婚が近いと報じられてますよね』と記者に聞かれて、『いやいや、全然全然!』と否定していましたが、これは本音だったのかもしれませんね。同月には、葵も週刊誌の直撃で松本との破局を認めています。松本は、結果的に井上と葵の両方を失ったようです」(ジャニーズに詳しい記者)

しかし、葵に対する嵐ファンの怒りはいまだに収まっていないという。騒動を機に個人のSNSを削除した葵だが、最近は所属事務所・エイトマンのTwitterアカウントでファンへメッセージを送っている。

「8日に葵が『気づけばデビューして7年ですね。いろんなことがありました』などと感謝のメッセージをツイートしたところ、一部の嵐ファンが『ファンとの握手会をバックレてハワイ行ってた』と、噛みついたんです。確かに、ネット上には年末年始に葵が『ハワイで豪遊していた』という真偽不明なうわさが出回っていて、これらの書き込みを葵も目にしたのか、『謎に年末ハワイで豪遊してた説がやたらしつこく言われるんですが、ハワイってどんなとこなのか気になりすぎる』などとTwitterで反論していました」(同)

 松本に新たな恋人が発覚しない限り、葵へのバッシングはこのまま続いてしまうのかもしれない。

http://news.livedoor.com/article/detail/13749934/

【芸能】元SMAPの木村拓哉&嵐の二宮和也、映画「検察側の罪人」で初共演!元SMAP+嵐も初

2017年05月03日 08:57

 元SMAPの木村拓哉(44)と嵐の二宮和也(33)が、映画「検察側の罪人」(監督原田眞人、来年公開)で初共演する。

 2人の検事が息詰まる攻防を繰り広げるミステリー。主演の木村は「二宮、他キャストのみなさんと撮影現場を思い切り楽しみたい」とクランクインを心待ち。大先輩との共演がついに実現した二宮は「どうにかなってしまいそうな気持ちを努めて冷静に、また客観的に見ているという状態です」と興奮を抑えきれない様子だ。

 元SMAPと嵐のメンバーが同じ作品に出演するのも初めて。解散前のSMAPはほかのグループと距離を置く活動スタイルで、嵐との共演もNHK紅白歌合戦などの特別な場に限られていたためだ。しかし、解散騒動を経て事務所内のグループが一本化。作品企画が2人のイメージに合致したこともあって、今回の共演につながった。

 「検察側の罪人」は雫井脩介氏の同名小説が原作。木村演じる主人公は東京地検のエリート検事。その下に配属された若手検事を二宮が演じる。物語は、2人が担当する殺人事件を中心に展開。既に時効になった別の殺人事件で重要参考人になった男が容疑者として再浮上。この男を苛烈に取り調べる主人公と、その捜査に疑問を抱くようになる若手検事のそれぞれの正義がぶつかり合っていく様子を描く。

 7月に予定しているクランクインに向け、木村は「原田監督作品に参加できることに、とても興奮しています」とやる気満々。二宮も「原田監督の論法に、そして木村さんの全てに身を委ねてきます。行ってきます」と気合が入っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000000-spnannex-ent

【ドラマ】嵐の相葉雅紀が主演の月9「貴族探偵」初回11・8%、3期ぶり2桁発進!復活なるか

2017年04月18日 10:13

 嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ「貴族探偵」(月曜後9・00)が17日に30分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は11・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが18日、分かった。

 昨年、苦戦を続けた同局の看板ドラマ枠「月9」の“勝負作”と注目を集める中、まずは2桁発進。「月9」復活となるか、第2話以降が注目される。「月9」初回の2桁スタートは「好きな人がいること」(16年7月期)=10・1%以来3クールぶり。11・8%以上は「5→9~私に恋したお坊さん~」(15年10月期)=12・6%以来6クールぶりとなった。

 1987年4月からドラマ枠になった「月9」の30周年を飾る話題作。原作は、2011年に「隻眼の少女」で日本推理作家協会賞に輝くなど、推理小説の常識を覆す作品を世に送り続けている俊才・麻耶雄嵩(まや・ゆたか)氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。主人公は召使いに推理をさせ、本人は何もしないという異色の探偵。己を「貴族」と名乗り、年齢も家族も住所も本名も不明という謎の青年(相葉)が「推理などという雑事は、使用人に任せておけばいいんですよ」と言い放ち、自分は事件関係者の女性との会話を楽しみ、遊びに興じながら事件を解決に導く。

 貴族探偵の執事・山本に松重豊(54)、メイド・田中に中山美穂(47)、運転手・佐藤に滝藤賢一(40)。貴族探偵と同じ事件に出くわし、推理対決を繰り広げる探偵・高徳愛香に武井咲(23)。愛香の師匠・喜多見切子に井川遥(40)。ドラマオリジナルの刑事・鼻形雷雨に生瀬勝久(56)と豪華キャストが勢揃いした。「ストロベリーナイト」「僕のヤバイ妻」などで知られる脚本の黒岩勉氏(43)や数々の「月9」作品で知られる演出の中江功監督(53)ら、相葉が15年4月クールに主演した同局「ようこそ、わが家へ」のスタッフが再集結した。

 初回は、新米探偵・愛香(武井)はクライアントの財閥の娘・依子(木南晴夏)からパーティーに招かれ、山荘を訪れる。出迎えた依子は愛香に、山荘の地下室にある「鬼隠しの井戸」と呼ばれる古井戸の話をする…という展開。主人公が口にしたセリフ「ようこそ、わが家へ」「アバンチュール」がSNS上で話題になった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000091-spnannex-ent