FC2ブログ

【芸能】HKT48の指原莉乃卒業を発表!ブログで葛藤を吐露「この壁は私がいてみんなで乗り越えるでは意味がない」

2018年12月16日 10:21

 HKT48の指原莉乃(26)が15日、東京・文京区の東京ドームシティホールで行われたHKTの単独公演で、来年4月に同グループから卒業することを発表。指原はこの日、自身のブログを更新し、卒業に至った理由などを説明した。

 指原は「突然ビックリさせてしまって、ごめんなさい。突然思いついて発表したわけではなく、もう何年も前からずっと考えていました。みんな(メンバー)に会うたびに、やっぱりここでずっと楽しくやっていたいという思いが強くなります。ただ自分のためにも、グループのためにも卒業したほうがいいという気持ちもずっとありました」と葛藤を吐露した。

 今年9月、HKT48の宮脇咲良(20)と矢吹奈子(17)らがAKBグループの活動を休止し、韓国発のアイドルグループ、IZ*ONE(アイズワン)に専任すると発表されたことを受け、「咲良と奈子が2年半韓国に行くタイミングで、これからのHKT48を考えた時に、この壁はきっと私がいてみんなで乗り越えるでは意味がないんだなあと感じました」とコメントした。

 続けて「私はHKT48が大好きです。出会ってからたくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん怒って、いろんなことを乗り越えてきた、大好きな仲間です。大好きなメンバーと大好きなステージに立ち、卒業発表できたことをとても幸せに感じています」と感謝の思いをつづった。

 来年4月28日に横浜スタジアムで卒業コンサートを開き、5月28日にはマリンメッセ福岡で感謝イベントを行う予定。「平成のギリギリまでアイドルとして粘りたいと思います。短い時間ではありますが、全力で楽しみたいと思います」と締めくくった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00000581-sanspo-ent

【芸能】タレント、歌手・板野友美、芸能活動の危機!あまりに仕事がなく事務所困惑、AKB時代はわがまま放題!

2018年12月03日 09:56

 11月19日に放送された映像配信サービス「dTV」の人気バラエティ番組『トゥルルさまぁ~ず』に、タレントで歌手の板野友美がゲスト出演した。
 
 最近テレビではほとんど姿を見なくなった板野だが、放送では以前の気取った雰囲気は消え、親交のあるさまぁ〜ずとの共演だったこともあり、何度も突っ込まれる姿が見られた。今年の夏には久本雅美とダブル主演を務めた映画『イマジネーションゲーム』が公開されたが、メディアではほとんど取り上げられず、話題に上ることもなかった。AKB48時代は自由奔放なキャラで人気を博した板野だが、最近はすっかり“角”も取れてきたという評判が聞こえてくる。

「AKB時代は本当にわがままで有名でした。当時の板野を知る関係者によれば、深夜に熱々のそばが食べたいなどと言ってきて、マネージャーに持って来させることもあり、周囲が自分の言うことを聞くことに優越感を覚えている様子だったようです。所属事務所のホリプロにも板野に対して鬱憤が溜まっていたマネージャーもいたと聞きます」(業界関係者)

『トゥルルさまぁ~ず』では、駄菓子の原材料を一つずつ読み上げて、その該当する駄菓子を取る「駄菓子かるた」を行ったのだが、ゲーム開始前にもかかわらず、卓上に置いてある駄菓子を手に取り、原材料が表記されている部分をぼーっと見る場面もあり、「もともと“抜けた部分”も多い性格」(板野を知る業界関係者)だという。現在交際中だと報じられているデザイナーとは順調のようだが、このまま結婚をして現在の状態を続けるという選択肢もあるのかもしれない。

「AKB時代からタワーマンションに住んでいる板野ですが、あまりの稼ぎの悪さに、事務所内では引っ越しさせたほうがいいのではないか、という声もあるようです。交際中のデザイナーもよく泊まりに来ているようで、『彼氏との愛の巣を提供してくれるなんて、さすがホリプロ』と皮肉を込めた見方をする業界人もいますよ」(週刊誌記者)

 昨年から派手な髪色や濃いメイクを変え清純な印象になった板野だが、写真集『Wanderer』(講談社)では水着姿を披露し、華奢なスタイルに女性ファンからは羨む声も。今後の方向性を模索する日々が続きそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1594266/

【芸能】「塩対応」が売りだった元AKB48・島崎遥香、ファンクラブ旅行で見せた真逆対応!

2018年10月29日 10:13

 上は頭が固いし、下はサボって働かない。「こんな会社辞めてやる!」と、簡単には啖呵を切れないのが我ら凡人の哀しい性。組織を飛び出し、独立して食っていくほどの自信はなく、終生、宮仕えに甘んじる。「ピン」で糊口を凌(しの)ぐのは生半可なことではない。アイドルとて事情は変わらず……。

 ***

「うおおおおお~っ!」

 10月12日12時過ぎ、福岡市の海鮮料理屋の2階座敷。昼食を取っていた約130名の参加者から地鳴りのようなどよめきが上がった。「彼女」が姿を見せたのである。なかには、

「今日の『ぱるる』のファンサービスは半端ない。AKB時代の握手会では実質ひとり6秒くらいしか彼女と話せなかったのに、今日は4分もぱるるを至近距離で見られた!」

と、感涙に咽(むせ)び泣かんばかりの20代の女性参加者もいたほど。こうして「ピン」となって初の、「ぱるる」こと元AKB48の島崎遥香(はるか)(24)によるファンクラブ旅行は幕を開けたのだった――。

「選抜総選挙」で7位にまで上り詰めたことのある島崎の売りは、何と言っても「塩対応」にあった。愛想がなく、素っ気ない。時にファンを鬱陶(うっとう)しがる。そうした「しょっぱい対応」が、逆にアイドルらしからぬキャラとして受けてきた。そんな彼女も一昨年の大晦日をもってAKBを卒業。つまり組織からの独立を果たしたわけだ。しかし、「束売り」の頃はそういったキャラも「大勢のメンバーのなかのひとつの個性」として通用したが、「バラ売り」では厳しかったようで、

「最近、露出が減り、地上波ではドラマにゲスト出演したりする程度」(アイドルウォッチャー)

 という苦境に立たされていた。そこで、栄光を取り戻すにはまず足場固めと考えたのか、今回、10月12日から2泊3日のファンクラブ旅行が開催されたのである。

チーママ「ぱるる」見参
「東京発着コース」でひとり部屋宿泊の場合、お値段19万円という旅行の目玉は、湯布院や阿蘇といった九州の名所をファンがバスで巡るなか、要所で本人が現れる「サプライズ生島崎」。例えば初日の夕方、参加者が長さ390メートルの九重(ここのえ)“夢”大吊橋(大分県)を歩いて渡ると、島崎が待ち受けていて、

「ぱるる自らスタンプラリーのスタンプを押してくれました。130人全員分です!」(参加者のひとり)

 また、杖立(つえたて)温泉(熊本県)のホテルでの夕食後には、

「わざわざピンク地の浴衣に『衣装替え』したぱるるが、私たちひとりずつと写真撮影をしてくれた! 超感激‼」(同)

 こうしたファンサービスもあってか、撮影会後に行われた「島崎グッズ」販売会では、

「百均で売っているようなオリジナル歯ブラシセット(1500円)なんかが飛ぶように売れていました」(同)

 さらに2日目、霧島(鹿児島県)のホテルでの夕食後には、

「宴会場にカラオケセットが運ばれてきて、ぱるるがファンとのデュエットに付き合ってくれたんです! 超激レア体験‼ それも6曲も!!!」(同)

 その場面では、中年太りの男性が「ロンリー・チャップリン」を歌う傍らで、

「さすがに世代的に曲がよく分からず歌えなかった島崎が、笑顔で必死に合いの手を入れ、盛り上げようと努めていました」(別の参加者)

 場末のスナックのチーママを髣髴(ほうふつ)させるミゴトなファン奉仕。その上、

「宿泊部屋に、ぱるるから直接電話が掛かってきた人もいた。羨ましい!」(同)

 なんと、ぱるるからトゥルルの生電話サービスまで行われたのだ。

「結局3日間で、私は『生ぱるる』を10回近くも見られた。その度に、ぱるるは歌ったり、笑いを取ろうとしたり頑張っていました。彼女も大人になったってことでしょうね~」(同)

 以上、キャラだった「塩対応」をかなぐり捨て、「神対応」に転向したアイドルの旅行記。ピンで食っていく者の悲哀が漂い……。

 往時のぱるるは遥(はる)かなりけり。

http://news.livedoor.com/article/detail/15512849/

【芸能】元AKB48・板野友美 が人気デザイナー・宮崎泰成氏とポルシェでお泊まり愛!

2018年09月28日 09:18

神セブンと呼ばれた元国民的アイドルはデート姿もセクシー!

 グォオオオオッ!
 甲高いエンジン音が広尾(渋谷区)の高級住宅街に鳴り響いた。爆音をたてて走っているのは漆黒のポルシェ911。車両価格2500万円はくだらない、新型GT3である。助手席にはロングヘアの美女の姿が見える。

 ポルシェは裏路地に入ると、コインパーキングで停車。同時に助手席のドアが開いた。黒髪をなびかせて出てきたのは元『AKB48』の“ともちん“こと、板野友美(27)であった。
 ともちんは胸元や背中が大胆に開いたノースリーブでフェロモンを撒き散らしながら、近くにある個室焼き肉屋へ。

 AKBを卒業してはや5年、ギャルっぽかった彼女はすっかり、大人の女性となっていた。そしてそんな彼女の支えとなっているのが、おそらく彼だろう。
 かつての江口洋介を思わせるサラサラヘア、市川海老蔵みたいな真っ白いTシャツ&短パン姿が印象的な、くだんのポルシェのハンドルを握っていたイケメンが、ともちんと肩を並べて焼き肉屋に入って行ったのである。

 見事、ともちんをお持ち帰りしたイケメンの名は宮崎泰成氏。大学在学中に起業し、弱冠29歳にして人気ブランド『GOD SELECTION XXX』を築き上げたヤリ手デザイナーである。

 1時間ほどで焼き肉ディナーは終了。宮崎氏が先に店から出てきて、一人でポルシェを停めたコインパーキングへ。時間差でともちんが店先に登場した。

 てっきり、焼き肉店の前にポルシェを回して彼女をピックアップするのかと思いきや、人目を気にして警戒度を強めたのか、ポルシェは店から約100m離れた路地で待機。元国民的アイドルは文句ひとつ言わず、彼のもとまで歩いて行った。

 その後、ポルシェは六本木へ移動。二人は六本木ヒルズで約2時間過ごした後、再びポルシェでともちんのマンションへ向かい、そこで朝まで過ごすのだった。

 今年7月、初代神セブン仲間の前田敦子(27)が俳優・勝地涼(32)と結婚。彼女を祝福しつつ、ともちんは「結婚(の予定)は全然ないですが、恋はしていたい」と語るにとどめていたが、宮崎氏というパートナーを得たいま、ともちんが神セブン2番目のゴールを切っても不思議ではない。

 9月28日発売のFRIDAY最新号では、板野友美の別カット写真、二人のデートの模様やなれそめを掲載。さらに宮崎氏がビジネスを成功させたパーティー人脈、元カノ、そして板野の元カレEXILEのTAKAHIROと宮崎氏の関係などを詳細にレポートしている。 
※宮崎泰成氏:崎は立ち崎

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00010000-friday-ent

【芸能】“熱湯風呂で熱がらずに長湯するSKE48・須田亜香里”に騒然!「須田と鈴木奈々のコントラストがすごい(笑)」

2018年08月27日 10:37

アイドルグループ・SKE48の須田亜香里(26歳)が、8月25日に放送された「24時間テレビ41」(日本テレビ系)内の「しゃべくり007『人生を変えるガチンコ対決007』」に出演。熱湯風呂に挑戦したが、熱がることなく“長湯”する姿が映し出され、ネットを騒然とさせている。

番組ではこの日、森三中・大島美幸、鈴木奈々、そして須田が熱湯風呂に挑戦。“アツアツの熱湯風呂”に落ちた鈴木は「熱い!熱い!あちーー!あちーー!」と絶叫しながらもんどりうつ、お手本のようなリアクションを見せ、スタジオを盛り上げる。

続けて須田、大島も熱湯風呂に落ちたが、やはり同じように激しいリアクションを見せる大島のそばで、呆然と湯に浸かりながら2人の様子を見つめている須田。なにかに気付いたかのように熱湯風呂から出て、用意してあった氷で顔を冷やす動きを見せたが、2週目も絶叫を続ける鈴木、熱がる大島とは異なり、やはり須田は湯の中で2人に圧倒されている様子で、熱がることはなかった。

この一部始終に、ネットでは「須田は熱くないのか、お湯が熱くないのかwwww」「須田と鈴木奈々のコントラストがすごい(笑)」「お約束の団体芸が崩れてしまったな」「鈴木奈々の頑張りがムダに……」「なぜ鈴木奈々が番組に呼ばれるのかよくわかる例だった」「熱湯じゃないのはみんな知ってるけど、そういう芸だからw」「バカバカしいけど、須田はもっと上手くやって欲しいよね」「平成も終わるのに熱湯風呂かぁ」「で、24時間のチャリティ番組と熱湯風呂が何の関係があるの?」など、さまざまな声が上がっている。

http://news.livedoor.com/article/detail/15213081/

【芸能】AKB48「前代未聞」センター不在“未完成”MV公開!松井珠理奈を絵コンテ&CGで表現

2018年08月23日 10:00

 6月に行われた『第10回AKB48世界選抜総選挙』の結果を反映したAKB48の53枚目シングル「センチメンタルトレイン」(9月19日発売)のミュージックビデオ(MV)とアートワークが23日、公開された。総選挙1位に輝き、センターを務めるはずだった松井珠理奈(SKE48)は体調不良による長期休養のため不参加。出演予定シーンは絵コンテやCGで代用し、前代未聞の“未完成作品”としてYouTubeで公開された。復帰後、追撮・再編集を行った“完全版”を制作予定としている。

 松井は6月16日に地元ナゴヤドームで開催された総選挙当日、午前から行われたコンサート中に過呼吸のような症状で倒れ、スタッフに抱きかかえられて退場。公演中にステージ復帰し、開票イベントにも参加したものの、翌17日の握手会、19日の生誕祭は体調不良のため中止に。その後もイベントなどの欠席が続き、7月7日にしばらくの間休養することが発表された。

 発売元のキングレコードはギリギリまで待ったものの復帰のめどが立たず、今月3日に「苦渋の決断」で、センター不参加でリリースに踏み切ることを決定。きょう公開されたMVも映像冒頭「本作品は、センターを務めるSKE48松井珠理奈が体調不良のため、不参加となっております。そのため、松井珠理奈の出演予定シーンには、絵コンテやCGイメージを使用した表現をしており、未完成の部分があります」とのテロップを入れた。絵コンテは『放浪息子』『青い花』『こいいじ』などの作品で知られる漫画家・志村貴子氏が描き下ろし、繊細なタッチで松井の表情の変化が描かれている。

 ドラマパートとダンスパートからなるMVは、附属女子高併設の女子大が舞台。宮沢賢治の小説『風の又三郎』をモチーフに、風のように現れ、風のように去った転校生とのふれあいをセンチメンタルに描く。ドラマパート後半の“対話”シーンでは、総選挙2位の須田亜香里(SKE48)、同3位の宮脇咲良(HKT48)の「素」の表情をとらえた。作中に1カットだけ挿入されている松井の画は、2011年2月発売の20thシングル「桜の木になろう」MV(是枝裕和監督)のシーンで、まだあどけなさが残る当時13歳の松井が笑顔を向ける。

 須田は「ダンスシーンの撮影の際は、のちのちCGで珠理奈さんを表現できるように振付の先生に珠理奈さんのポジションに立っていただいたり、撮り方をいろいろと工夫したり」と撮影秘話を明かし、「今回このMVを観て私にはまるで『幻』のように、そこにいないはずの珠理奈さんの姿が見えて…、目を疑ってつい巻き戻してしまいました」と振り返る。

 監督を務めたのは高橋栄樹氏。48グループをはじめ数多くのMVを手がけているが「前代未聞でした。それなりに長い監督生活の中でも、今回の『未完成』MVのような作品は一度も作ったことがありませんでした」と語り、「選抜総選挙を戦ったメンバー、そして投票していただいた皆さんが、『参加して良かった』と思える作品を心がけました。このMVは『未完成』と銘打たれるかもしれませんが、僕は、個人的にはこれは一つの完成形だと思っています」と自信をにじませた。

 なお、キングレコードは「松井珠理奈が元気に戻ってきた際には、追撮・再編集のうえ、本作の『完全版』を制作予定です。CDをご購入いただいたお客様には封入のシリアルナンバーにて『完全版』を視聴できるよう対応を予定しております」と説明。ジャケット写真も初回限定盤Type-Aのみ、メンバーのビジュアルが入っていない異例のジャケットとなっており、復帰後、松井の写真を入れて改めて制作予定としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000349-oric-ent

【芸能】STU48キャプテン・岡田奈々、喉の不調続き声帯結節の手術!経過観測のため療養

2018年08月17日 09:45

 AKB48チーム4のメンバーで、STU48キャプテンを務める岡田奈々(20)が喉の不調が続いたため声帯結節の手術を受けたことを、グループの公式サイトで発表した。

 サイトで「以前より喉の不調が続いたため、病院にて診察を受け、声帯結節と診断されました。先日無事に手術を終え、経過も順調ですが、現在経過観測のため療養をしております」と報告。

 術後の報告となったことに「本人の希望により、ファンの皆様方へご心配を掛けたくないという想いから、術後のご報告とさせていただきました」と説明。今後の活動については「リハビリをしながら徐々に再開させていただきますので少しの間、活動に制限が出てしまいます」としている。

 岡田は6月の第10回AKB48世界選抜総選挙では昨年の9位を大きく上回る自己最高の5位に躍進。AKBの次代のエース候補として期待されている。

 本人のコメントは以下の通り。

いつも応援ありがとうございます。

数カ月前から声の不調が続き、病院で診てもらったところ

声帯結節と診断され、先日手術を行ってきました。

数日間声を出せなかったり、ライブ等の声を出すお仕事は

当分の間出来ないのですが、身体は元気です!

どうか御心配なさらずに…!

また皆さまに元気な姿と歌声をお届け出来るようしっかり治します

岡田奈々

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000160-spnannex-ent

【芸能】AKBじゃんけん大会、今年は“地下で開催”が決定!収容人数は過去最少へ

2018年08月13日 11:23

 アイドルグループ・AKB48の「ユニットじゃんけん大会」の、9月23日に行われる本戦の開催地が、東京・大田区の日本工学院専門学校の敷地内にある地下施設「片柳アリーナ」に決定したことが12日、発表された。

 片柳アリーナは床面積2800平方メートル、最大収容人員約4000人で、国内最大級の地下アリーナ施設。関係者は同所が選ばれた理由を「交通アクセスを優先し、過去に実施したことのない会場を選んだ」と説明した。

 AKB48グループのじゃんけん大会は2010年から毎年行われ、今年で9回目。昨年から「ユニットじゃんけん大会」となった。過去は10~14年が東京・日本武道館、15年が神奈川・横浜アリーナ、16年が兵庫・神戸ワールド記念ホール、17年が愛知・日本ガイシホールで行われており、今回は歴代初の“地下開催”で、収容人数は過去最少となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000140-dal-ent

【芸能】タレント・小嶋陽菜、自身のショップへお客が自作シールを貼る謎な行為に注意喚起し反響!「優しい」

2018年08月07日 10:08

元AKB48の小嶋陽菜が4日、自身のTwitterに投稿した内容が反響を呼んでいる。

小嶋は現在、自身がプロデュースするポップアップショップ『22;MARKET』を期間限定でオープンしており、自身のTwitterアカウントに「【注意】」として「スタッフからの報告で、22;MARKET店内に、謎の自作のシールを貼っていく男性がいたそうです」と、猫のキャラクターをかたどったピンクのシールの写真を公開した。

この猫のキャラクターは、ぬいぐるみやペイントとして店内に装飾されており、小嶋のTwitterにも度々登場している。

続けて「ちなみに、黒い壁には黒い自作のシールを貼っていったそうです こだわりは感じますが、、22;MARKET内でのストリートアートは禁止です」と呼びかけた。

この投稿にファンは「ルールやマナーを守って欲しいですね!」「謎すぎるwwwwwww」「そんな方がいるとは、、、笑」などのコメントを寄せる一方、「ストリートアートって解釈してくれるの優しい…」「小嶋さんの注意の促し方ほんと好き」「心も可愛い」「優しい注意ですね」といった声も目立った。

『22;MARKET』は7月21日~8月5日までラフォーレ原宿で、8月3日~12日までを福岡PARCO、8月17日~26日までを名古屋PARCOで期間限定でオープン。さらに大阪・広島でも開催が決定している。

http://news.livedoor.com/article/detail/15122879/

【芸能】総選挙1位も…AKB48の新曲は体調不良で休養のSKE48・松井珠理奈が不参加のまま発売へ!

2018年08月04日 09:21

 AKB48の53枚目シングル「センチメンタルトレイン」(9月19日発売)が、6月に行われた『第10回AKB48世界選抜総選挙』で1位に輝き、センターを務めることが決まっていたSKE48の松井珠理奈(21)不参加のままリリースされることが3日、わかった。所属レコード会社キングレコードのホームページで発表された。松井は体調不良のため、開票イベント翌日から握手会やイベントなどを欠席し、7月7日にしばらくの間休養することが発表されていた。

 総選挙で選ばれた上位16人で歌唱することになっていた表題曲「センチメンタルトレイン」は、7月7日の日本テレビ系特番『THE MUSIC DAY』を皮切りに、きのう2日に横浜アリーナで行われた『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート~』でもセンターポジションを空けたまま、2位の須田亜香里(SKE48)、3位の宮脇咲良(HKT48)を中心に選抜メンバー15人でパフォーマンスしてきた。ファン投票を受けてのシングルとあり、ギリギリまで松井の復帰を待っていたが、復帰のめどが立たず、苦渋の決断でセンター不参加でのリリースに踏み切る。

 キングレコードはホームページで「すでにしばらく活動のお休みを発表させていただいておりますSKE48松井珠理奈ですが、53rdシングル表題曲「センチメンタルトレイン」へ参加ができないことが正式に決定致しました」と報告。

 前代未聞のセンター不在の事態となり「今回わたくしたちは、彼女の復帰を信じ、その前提で『センチメンタルトレイン』での彼女の歌唱部分、出演部分を追加で録音・撮影できるよう、制作スケジュールを調整して待っておりました。しかし、残念ながら今回、CD/DVD制作、製造の最終締め切りに間に合わない形となりました」と事情を説明。「今回のシングルは、年に一度の選抜総選挙の結果であり、ファンの皆様に選んでいただいたメンバーによる作品のため、非常に苦渋の決断となりますが、AKB48グループを応援し今回のシングルを待って下さっている大勢のファンの方々のためにも予定通り発売を決定させていただきました」と理解を求めた。

 なお、ミュージックビデオに関しては「将来的に彼女の体調が回復した際に再撮影を行い、再編集の後、あらためて作品として完成させる予定」とし、音源に関しても「同じ方向で検討しております」と説明した。

 選抜総選挙はそもそも、AKB48のシングル表題曲の選抜メンバー16人およびセンターをファン投票によって決めるイベント。10月に劇場デビュー10周年を迎えるSKE48の絶対的エース・松井珠理奈は、6月16日に地元のナゴヤドームで開催された開票イベントで19万4453票を獲得して悲願の1位に輝き、初の総選挙選抜シングルのセンターに決まっていた。

 しかし、総選挙当日の午前から行われたコンサート中、松井は過呼吸のような症状で倒れ、スタッフに抱きかかえられて退場。公演中にステージ復帰し、開票イベントにも参加したものの、翌17日の握手会、19日の生誕祭は体調不良のため中止に。その後もイベントなどの欠席が続いた。7月7日には公式サイトで「以前から体調不良が続いており、一部の活動をお休みさせていただいておりましたが、このたび、SKE48および48Gの活動をしばらくの間休止しまして、療養に専念することと致しました」と正式に発表された。

 休養前最後に更新したツイッターは、総選挙2日後の6月18日午後1時半過ぎ、「まだ体調が良くないのですこしお休みします。ごめんなさい。あしたの生誕祭出れなくてごめんなさい。本当にごめんなさい」などと投稿。SKE48公式サイトで「松井珠理奈生誕祭中止のお知らせ」と告知されていたことから、「安心してください! 生誕祭延期です! 中止じゃない!」とツイートしたのを最後に更新が途絶えている。

 総選挙選抜シングルはAKB48の代表曲のほとんどが含まれ、総選挙1位が務めるセンターはこれまで、13th「言い訳Maybe」と22nd「フライングゲット」は前田敦子、17th「ヘビーローテーション」と27th「ギンガムチェック」は大島優子、32nd「恋するフォーチュンクッキー」、41st「ハロウィン・ナイト」、45th「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」、49th「#好きなんだ」は指原莉乃、37th「心のプラカード」は渡辺麻友が歴任してきた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15109026/