【トリノ五輪】スピードスケート団体追抜きメンバー・安田直樹がトリノ出場資格失う!

2006年01月31日 17:42

ソース:日刊スポーツ

 トリノ冬季五輪のスピードスケート男子団体追い抜きのメンバーに選ばれた安田直樹(25=たてしなク)が、五輪出場資格を失ったことが31日、明らかになった。選手の総数を抑える目的で、国際スケート連盟(ISU)が、日本選手団発表後に実施した参加標準記録の引き上げで、安田は基準に達しなかった。

 国際オリンピック委員会(IOC)が定めたスピードスケートの出場選手総枠は170人。ISUは昨年8月に発表した標準記録をもとに各国からエントリーを受け付けたが、総枠を大幅にオーバーした。ISUは選手総数を枠内に収めるため、標準記録を見直す方法で対処した。

 ISUは参加標準記録を見直す可能性があることを、日本スケート連盟に事前に通知していたという。


限定っ!!イチオシ!最新書き込みIMAGEBlancafeセンター
 ISU規定では、五輪に出場する選手は、いずれかの種目で標準記録を突破していなければならない。安田は当初、男子1500メートルと5000メートルの2種目で条件を満たしていたが、変更後の標準記録には到達しなかった。

 関係者によると、約30人が資格を失ったという。チンクアンタISU会長は「出場できなくなった選手は気の毒に思う。ただ、五輪への出場選手数はIOCが決めること」としている。