【テレビ】嵐・櫻井翔もビックリ!歌手・小林幸子、総量2・5トン、黄金ド派手衣装公開

2011年12月30日 16:34

「第62回NHK紅白歌合戦」(31日後7・15)のリハーサルが30日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、33回目の出場となる小林幸子(58)がド派手な衣装と演出を公開した。

幕が開けると暗闇の中からまばゆい黄金の衣装で登場。次第に小林が乗っていたステージが上昇し、ステージを覆っていた布がひらりとめくれると、巨大な獅子が姿を見せた。

 頭からしっぽまでの胴体の長さが約8メートルを超え、総重量は2.5トン。獅子に一度飲み込まれた形でステージ上から一瞬姿を消した小林は、次の瞬間、獅子の頭上に立ち、6メートルの高さから「おんなの酒場」を熱唱した。

 衣装には、小林自身が新潟で育てた米の稲穂を実際に多数使用し、稲穂の型を作って飾りも施されている。

 報道陣取材陣から「食べられちゃいましたね」と聞かれると、「“出てきましたね”って(櫻井)翔君から言われました」と笑顔。衣装は10月から制作し、この日の朝までかかったという大作だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111230-00000082-spnannex-ent