【芸能】クラス中から無視…陰湿イジメ克服したモデル、歌手・西内まりやの精神力!

2015年01月31日 10:45

月曜に放送されたバラエティー「しゃべくり007」(日本テレビ系)で、意外な“スポーツ少女”の素顔を明かした。
現在はモデル、女優、歌手として活躍するが、中学2年まで6年間、バドミントンに打ち込み、
出身地である福岡市の大会で4度も優勝。いずれは日本一、オリンピック出場を目指していたという。

両親ともにスポーツの愛好者。父親は身長180センチで、バレーやバスケ、水泳をしていた。
母親も身長170センチで、水泳の元国体選手として優勝経験も。
親戚には、ラグビーやボート、バドミントンの全国レベルだった選手もいるというスポーツ一家だ。

5歳の時から母親が経営するスイミングスクールで泳ぎ、体を鍛え始めた西内。
食事は毎朝、茶碗に山盛りにしたご飯に、納豆とタマゴ、ネギをのせてモリモリ食べ、プロテインも欠かさず飲み体をつくっていた。
持久力アップと疲労回復のために、梅干しもセッセと食べていたという。

小学校3年のとき、4歳上の姉が先に始めていたバドミントンを始め、“鬼コーチ”のもと週5日、
腹筋500回、6キロを走るトレーニングで汗を流した西内は、試合で負けると泣いてしまうほど負けず嫌いだったという。

それほどに打ち込んだバドミントンだったが、福岡市立当仁中学1年でスカウトされ、華やかなモデルの世界に足を踏み入れると、
スポーツではなく芸能界の道を選択。07年10月、母親とともに上京。
渋谷区立原宿外苑中学に転校。堀越高校に進み、その後、八雲学園高校に転校。
学校に通いながら、ファッション誌「nicola」(新潮社)や「Seventeen」(集英社)で活躍した。

「学校ではひどいイジメにあっていたそうです。『なんでアンタがモデルやってんの』と悪口を言われ、クラス全員に無視されたり、
私物を隠されたり、西内さんが載っている雑誌を破られたり。お母さんに励まされ、
意を決してイジメの首謀者に『ほかの人を巻き込まないで、堂々とぜんぶ私の前でやって』とハッキリ告げたらイジメはなくなったそうですが、
それまでは毎日のように泣いていたそうです」(芸能ライター)

28日にラゾーナ川崎で開催したセカンドシングル「7 WONDERS」リリース記念イベントでは寒さをものともせず、膝上20センチのミニスカ・ナマ足で登場。
年末のNHK紅白への出場願望も告白した。「モデルやお芝居の仕事も全部得るものがある」と語る超ポジティブ思考の裏には、
陰湿なイジメをもはね返したスポーツ仕込みの精神力があった。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/156834/1
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/156834/2
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/156834/3