【芸能】AKB48選抜総選挙、辞退者続出の異常事態で「オワコンまっしぐら!?」テレビ中継は惨敗確定か

2015年03月31日 09:15

 6月6日に開票イベントが行われる「AKB48 41stシングル選抜総選挙」の立候補者の受付が29日で締め切られ、メディアで辞退者に関する報道が相次いでいる。

 同選挙は今年で7回目で、おととしから立候補制を採用。おととしは12人、昨年は14人が辞退したが、今年は34人と過去最高。AKB48との兼任解除予定の乃木坂46・生駒里奈や、すでに卒業発表済みのメンバーを除いても、21人という異常事態だ。

 それぞれの辞退理由をブログからうかがうと、SKE48・松井玲奈は「地に足をつけて頑張りたいから、みなさんと自分としっかり向き合っていきたい」、AKB48・松井咲子は「総選挙とはまた違うかたちで応援していただけたら幸せ」、同・倉持明日香は「自分のやりたいこと、そして自分の立ち位置を見つめ直すため」(すべて、原文ママ)などとしている。

「今年は、昨年5位の松井や、8位の小嶋陽菜、16位の川栄李奈、20位の入山杏奈など、人気メンバーの辞退が目立つため、ネット上では『選抜総選挙の面白さが半減する』『こんな総選挙、やっても意味がない』『オワコンへまっしぐら』との声も。メンバーが強制参加させられていた頃は、少女たちが順位付けされる“残酷ショー”的な下世話な面白さがあったが、その要素がすっかり薄れてしまった。単純に『飽きた』ということもあるでしょうが、今年は世間の食いつきも悪そうです」(芸能記者)

 2012年以降、3年連続でフジテレビが生中継している同選挙だが、昨年の平均視聴率は第2部(午後7時~9時22分)が16.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第3部(午後9時22分~11時10分)が11.4%。おととしは20%超えを達成していたため、視聴者離れが話題となった。

「今年、さらに世間の関心度が低下するのは明白。民放での中継の有無についてはまだ未発表ですが、視聴率が出ることで、AKB48グループの人気低迷ぶりがはっきりしてしまう可能性も。昨年は、フジが生中継した大島優子の卒業公演が、ゴールデン帯にもかかわらず6.9%と惨敗。痛い目に遭ったフジが、辞退者続出の選抜総選挙に今年、手を出すかどうか……」(同)

 立候補制というルールの自由さが、盛り下がりを招きそうな同選挙。もはや誰が望んでいるイベントなのかすら、見失ってしまいそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/9950041/