【芸能】覚醒剤逮捕の元俳優・高知東生はおまけだった! 本命は五十川容疑者で愛人関係がビッグネームばかり! 次の標的は超大物女優

2016年06月30日 09:37

 覚醒剤取締法及び大麻取締法違反(所持)容疑で元俳優・高知東生(本名・大崎丈二)容疑者(51)と元レースクイーンでホステス・五十川敦子容疑者(33)が逮捕された事件の捜査線上に「超大物女優A」が浮上していることが28日、本紙の取材で分かった。このAは芸能界薬物汚染問題で一度も名前が取りざたされなかった人物。逮捕となれば酒井法子(45)、ASKA(58)、清原和博(48)以上の衝撃となる。さらに逮捕劇の“新事実”も判明。関東信越厚生局麻薬取締部(麻取=マトリ)がもともと狙っていたのは五十川容疑者の方で、高知は“おまけ”だった。

 麻取の地道な捜査に超大物女優Aの名前が引っかかった。逮捕となれば芸能界どころか日本中に激震が走る。

 薬物捜査がAまで及んだ経緯は、実は五十川容疑者が発端だった。

「もともと麻取が関心を持っていたのは広域指定暴力団幹部。その幹部を追っている過程で五十川がイロ(情婦)であることが分かったんです」(捜査関係者)

 本紙昨報スクープ通り、五十川容疑者は芸能人御用達で東京・西麻布にある有名クラブの横浜店でホステスとして働いていたが、その前からレースクイーンとして活動していたことも判明。

「五十川容疑者は14年ほど前に、広域指定暴力団幹部と知り合ったそうです。1~2年で別れたみたいですが、その後もクラブや友人の紹介でセレブたちと知り合い、人脈を拡大。有名政治家の愛人だとの噂も流れた。その過程で徐々に覚醒剤に溺れるようになったらしい」(前出関係者)という。

 レースクイーンとして芸能界に進出して名声を得ることはできなかった五十川容疑者だが、実は薬物捜査上では、かなりの“大物”だった。

「五十川の愛人関係は暴力団幹部だけでなく、政治家や経済界など複数の“お抱え”だった。その名前がビッグネームばかりなので、全ての情報を吸い上げるまで泳がせて捜査を続けていた」(前同)。つまり裏世界のキーパーソンだったのだ。

 だが、報道でクローズアップされたのは、芸能人だった高知容疑者の方だった。28日放送のフジテレビ系「バイキング」では、前横浜市長の中田宏氏(51)が知り合いの麻薬Gメンから直接、聞いた話として「もともと高知容疑者をマークしていて、なんでマークがきつくなったかというと、芸能界引退のとき、引退会見をしていなかったでしょう。それで『表に出られない事情があるな』となった」と明かした。24日の逮捕の際には高知容疑者が「来てもらってありがとうございます」と話したことまで報じられ、事件の“主役”は高知というのがこれまでの報道だった。

 だが、捜査の内幕を探ると実態はまったく逆だった。「五十川を内偵していたところに高知が引っかかった。そこから高知の行確(行動確認)が始まり、最終的に2人が捕れるとなったので今回の逮捕となった。2人の行動パターンの分析はもちろんのこと、相当確実な情報を入手してホテルの部屋に踏み込んだ」(前出関係者)と、高知容疑者は“おまけ”にすぎなかったというのだ。

 今度は高知容疑者を徹底的に調べ上げた。すると…大物女優Aが浮上。鍵を握っていたのは高知容疑者の“親友”で、覚醒剤での逮捕歴がある会社経営者Xだった。

「Xは五十川のルートとは違うが、闇勢力にも精通している人物。高知とXが“シャブ友”だった可能性もゼロではない。このXはスポーツ界、政財界、芸能界など多岐にわたる人脈があり顔が広い。もちろんAのこともよく知っている。高知の逮捕で自分にも捜査の手が及ばないか恐れている人間は多いと思う」(同関係者)

 AとX、そしてXと高知容疑者…。これまで酒井法子、ASKA、清原和博など大物の逮捕で芸能界薬物汚染の闇が明るみに出たが、その中でもAは名前はおろか、噂すら出てこなかった。麻取の間でも「まさかAが!」と思わずうなったそうだ。

 高知、五十川容疑者が所持していた4グラムという大量の覚醒剤は、シャブセックス目的にしては多すぎるため、営利目的での所持の疑いも追及する方針だ。

 警視庁が立て続けにASKA、清原など大物を逮捕し、麻取は煮え湯を飲まされ続けていた。だが、今回の高知、五十川容疑者の逮捕は芸能界薬物汚染の闇解明に向け、想像以上に大きいものとなりそうだ。今夏に向けて激震は続く――。

http://news.livedoor.com/article/detail/11703938/