【芸能】HKT48・指原莉乃、“放送事故”で大ピンチ!? 運営スタッフが「指原人事」の実態をポロリ

2017年03月31日 10:08

 今年6月に沖縄で開催される予定の「AKB48 49thシングル選抜総選挙」。この立候補受付の模様が、ネット放送で生中継されたのだが、AKB48運営スタッフが、“放送事故”を起こしてしまったという。

 問題の放送は、3月26日に「SHOWROOM」で配信された。関係者によるトークシーンの途中、休憩を挟む場面があったのだが、誰も気がつかないまま、配信が続行されてしまったという。

「そのシーンに登場していたのは、グループ総支配人の茅野しのぶ氏ほか、光文社、NHK、日刊スポーツら一般メディアの“AKB担”。彼らが、『純粋にルックスがいいメンバーを取り上げる』という企画案について話をし始めたんです」(アイドル誌関係者)

 配信が続いているとはつゆ知らず、出演者らはNMB48・白間美瑠、HKT48・宮脇咲良らの名前を挙げて盛り上がっていたが、HKTの研究生・月足天音の名前が出た瞬間、事件が起こった。

「茅野氏が、『さっしー(指原莉乃)が全然伸び率ないとか言ってたよ』と発言し、ほかの出演者が『え~……』と落胆。急に重たい空気が広がったんです。指原はHKT内で強大な“人事権”を持っており、実際に指原から敵視されたことで“窓際族”となってしまったメンバーも存在しています。これを許しているHKTの運営にも問題はあるものの、そのことが若手メンバー、さらには一部ファンにまで伝わってしまっていることが、グループにとって一番の問題ですね」(同)

 この翌日、月足は「SHOWROOM」で生配信を行い、突然前触れもなく号泣し始めたことが、ファンの間で物議を醸していた。

「間接的にとはいえ『指原から期待されていない』と知って、絶望したため泣いてしまったと聞いています。しかし、スタッフ内では当たり前とされている“指原人事”が公になったことで、指原自身も大きな焦りを覚えているようです。内部スタッフも『この騒動が、指原政権交代のきっかけになってしまうかも』とささやき合っていますよ」(AKB運営関係者)

 指原は26日、『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「もし(総選挙に)出るとしたら今年が最後と決めている」などと発言していた。その結果が発表される前に、自身の醜悪さが身内から露見してしまうとは、まさに想定外だったことだろう。

http://news.livedoor.com/article/detail/12867908/