【芸能】AKB48、ベトナム拠点「SGO48」結成へ!海外7グループ目

2018年06月22日 09:58

 アイドルグループ・AKB48の運営会社AKSは21日、ベトナム・ホーチミンで記者会見を開き、同所を拠点とする新たな姉妹グループ「SGO48」を結成することを発表した。グループ名は市街中心部の旧称サイゴンの英語表記「Saigon」に由来する。

 AKB48は国内でSKE48(名古屋・栄)、NMB48(大阪・難波)、HKT48(福岡・博多)、NGT48(新潟)、STU48(瀬戸内)の6グループを展開。海外の姉妹グループはJKT48(インドネシア・ジャカルタ)、BNK48(タイ・バンコク)、TPE48(台湾・台北)、MNL48(フィリピン・マニラ)、AKB48 TeamSH(中国・上海)、MUM48(インド・ムンバイ)に続く7グループ目となる。

 オーディションへの応募は7月からベトナム全土で募集開始。今年末にお披露目予定としている。なお、運営会社「YAG Entertainment」がホーチミンで発足したこともあわせて発表された。ロゴカラーはベトナムの国花「蓮の花」をイメージしたとしている。

 国内外に勢力を拡げるAKB48グループは、10年目を迎えた恒例イベントに海外姉妹グループBNK48とTPE48が初参戦。名称を『AKB48世界選抜総選挙』としたほか、コンサートでは国内外593人のメンバーから選抜した16人による「WRD48」をお披露目するなどしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000354-oric-ent


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)