FC2ブログ

【芸能】乃木坂46次世代エース・山下美月が連続ドラマで初ヒロイン!看護師役に初挑戦

2018年11月24日 10:12

 人気アイドルグループ・乃木坂46の山下美月が、BSテレ東の連続ドラマ『神酒クリニックで乾杯を』(1月スタート、毎週土曜 後9:00)に、神酒クリニックの看護師・一ノ瀬真美役で出演することが明らかになった。乃木坂46の次世代エースとして注目されている山下は、映画『日日是好日』(2018年)にも出演し、『CanCam』の専属モデルに抜てきされるなど、活躍の場を広げている。連続ドラマでヒロインを務めるのは初めてとなる。山下は「自分自身も驚いていますし、そんな大きいところが務まるのかなと思うのですが、一ノ瀬真美ちゃんをたくさんの方に愛していただけるけるように頑張ります!」と張り切っている。

 同ドラマは、知念実希人氏の小説の初映像化作品となり、三浦貴大・安藤政信がダブル主演を務める。院長の神酒章一郎(安藤)をはじめ、腕は立つが一癖も二癖もある医師たちが、世間に知られることなく超VIPな患者に対して高度な医療を提供する“神酒クリニック”。医療事故で働き場所を失ってしまった外科医の九十九勝己(三浦)働くことになり、物語が展開していく。

 「一ノ瀬真美役は、フレッシュかつ新たなチャレンジになるようなキャスティングにしたかった。神酒クリニックメンバー全員から愛されて、一番若くてフレッシュで、明るく元気でちょっとドジで、そのかわいらしい笑顔で初めて会った三浦さん演じる九十九を一目惚れさせちゃうような女性を探していた」(倉地雄大プロデューサー)という制作サイドの期待を一身に受ける山下。

 「原作を読んだときに、とても面白いなと思いました。本作が決まって、すごくびっくりしたし、うれしかったです。真美ちゃんは、普段おっとりしていて、ちょっと抜けているところがあるドジな女の子だけど急に突然エンジンがかかっちゃう一面を持っているところにすごくひかれました。あと真美ちゃんは23歳ということで、自分より年上の役を演じるのは初めてなのですが、真美ちゃんが持ち合わせている大人な雰囲気、大人な一面も引き出していきたいです。真美ちゃんは何にも染められていない真っ白な女の子かなとも思うので、そういうところも丁寧に描いていきたいなと思います」と意気込んでいる。

■山下美月のコメント

 看護師さんって、患者さんを手当したり症状を治したりするお仕事ですが、不安を取り除いてあげたり、患者さんを笑顔にするっていうのも看護師さんの大事な病院での役割だと思います。真美ちゃんは、この神酒クリニックの中では唯一の看護師なので、ちょっとシリアスな場面でも温かさや優しさを出していけたらいいなと思います。

 普段は、乃木坂46のメンバーの中で後輩として、いつも先輩方に頼りながら、背中についていくような感じだったので、今回こうやって他のメンバーがいない中、一人でお仕事をさせていただくというのは不安でいっぱいです。でも西野七瀬さんや高山一実さんとか、ほかのメンバーからも“楽しみにしてる””頑張ってね””おめでとう”などの言葉をいただきましたので、精一杯頑張ります!

 本作のキャストの皆さんはいろんな作品で活躍されている俳優陣の方々ばかりなので、そんな皆さんとご一緒させていただけるというのは、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 周りのキャストの皆さんからいろんなことを吸収して、この作品のためにも、私自身にとっても力にもなれるように、真美ちゃんを演じながら学んでいきたいなって思います!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000313-oric-ent


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)