FC2ブログ

【芸能】女優・中谷美紀が国際結婚!ドイツ出身50歳ビオラ奏者と2年間の遠距離恋愛実らせた!

2018年11月27日 09:07

 女優の中谷美紀(42)が、ウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でビオラ奏者を務めるドイツ出身のティロ・フェヒナー氏(50)と結婚したことが26日、スポーツ報知の取材で分かった。2年間に及ぶ遠距離恋愛を実らせ、国際結婚した。関係者によると、時期は非公表という。中谷は幸せいっぱいの2ショット写真と直筆の手紙を寄せ、喜びの心境を語った。

 トップ女優として走り続けてきた中谷が、海を越えて結ばれることになった。中谷はこの日、スポーツ報知に「音楽家ティロ・フェヒナー氏と結婚の運びとなりました」と直筆コメントを寄せた。「オーストリアを拠点にビオラを奏でる彼と、演じる者として日本を主戦場とする私は、互いの文化に敬意を払いつつ、共に齢(よわい)を重ねて参りたいと存じますので、あたたかく見守っていただけましたら幸いです」と思いをつづった。

 関係者によると、挙式・披露宴は行わない。結婚後も、これまで通り精力的に仕事を続けていく。交際をスタートさせて以降、欧州に活動拠点を移したが、変わらず仕事の度に日本を訪れるスタンスを取る。

 出会いは2016年10月だった。小澤征爾氏(83)、ズービン・メータ氏(82)が指揮を務めた東京・サントリーホールの30周年記念ガラ・コンサートのため、フェヒナー氏がウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の一員として来日。その際、知人を通じて知り合った。中谷は語学が堪能でクラシック好き。英語でコミュニケーションを図り、意気投合。ほどなくして交際に発展した。

 同氏は世界3大オーケストラに数えられるウィーンフィルの奏者。世界を飛び回って活動する多忙ぶりだが、中谷は仕事のない時期に欧州に渡り、献身的に彼を支えた。「数々の偶然が重なって」と、運命的な出会いだったことを表現。交際中の様子について「芸術を愛し、自然に親しみ、旅を楽しむ心を分かち合うことで絆を育んで参りました」と明かした。

 1月に舞台「黒蜥蜴(とかげ)」に主演。2組の夫婦が翻弄されていく様子を描いた4月期のTBS系連続ドラマ「あなたには帰る家がある」では、仕事復帰した主婦役を好演した。来年も出演作を控え、充実の日々を送る。結婚を機に、演技にも美貌にも一層の磨きがかかりそうだ。

 フェヒナー氏は音楽一家のもとに育ち、ベルリン芸術大学、ニューヨークのジュリアード音楽院で学んだ超エリート。ウィーンフィルの日本ツアーのため、今月24日まで日本公演を行ったばかり。12月14日からは、ウィーンフィルとベルリンフィルの精鋭たちによる管弦楽アンサンブル「ザ・フィルハーモニクス」として来日公演が予定されている。

 ◆中谷 美紀(なかたに・みき)1976年1月12日、東京都出身。42歳。93年にフジ系「ひとつ屋根の下」で女優デビュー。TBS系「ケイゾク」でドラマ初主演。2006年、映画「嫌われ松子の一生」で報知映画賞主演女優賞。11年、舞台「猟銃」で紀伊國屋演劇賞個人賞、13年、「ロスト・イン・ヨンカーズ」で読売演劇大賞最優秀女優賞。代表作にドラマ「JIN―仁―」、映画「電車男」「LOFT ロフト」など。

 ◆ティロ・フェヒナー 1968年、ドイツ・ベルリン生まれ。50歳。大学在学中から多くのオーケストラで経験を積む。96年ジュネーブのスイス・ロマンド管弦楽団、97年にミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団入団。2004年にウィーン国立歌劇場管弦楽団の楽団員、05年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に加わる。12月15日に埼玉・熊谷文化創造館、同16日に神奈川・大和市文化創造拠点で来日公演を行う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00010000-spht-ent


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)