FC2ブログ

【芸能】芸能人の進出加速するも、、成功例はごくわずか。知名度通用しないタレントのYouTuberの壁!

2019年08月15日 12:01

 斎藤工やデヴィ夫人、辻希美、夏菜、小嶋陽菜など芸能人たちのYouTuberデビューが続いている。これまでも数多くのテレビタレントがYouTube進出を果たしてきたが、成功例はごくわずか。一方、YouTuberのテレビ進出も見られるが、目立っているのはヒカキンぐらいか。同じ動画メディアであるテレビとYouTubeのボーダーレス化は日に日に強まっていくと思われたが、やはりそこには相容れない需要の違いが存在する。その違いとは。

■所ジョージ・草なぎ剛も苦戦、知名度に比例しない再生回数

 芸能人がYouTubeに進出すると、「芸能人がYouTubeくるな!」と批判が飛ぶのもお約束。それに対し、藤田ニコルはTwitterで、「YouTubeの方もテレビや雑誌でてるからウィンウィンな関係な時代だと思う!」と発言している。

 たしかに8.6秒バズーカーは「ラッスンゴレライ」の動画がブレイクのきっかけとなったし、「PERFECT HUMAN」のライブ動画が話題になると、オリエンタルラジオが『MUSIC STATION』(テレビ朝日系)への出演を果たすなど、“ウィンウィン”な時代のようにも思える。しかし、「ラッスンゴレライ」がバズったのはすでに4年前。それからYouTubeとテレビの二刀流タレントが続々と出てくると思われたが、その流れはいまだ来ていない。

 所ジョージは6年前からギターの弾き語り動画などを更新しているが、国民的大物タレントにしてチャンネル登録者数は13万程度。元SMAPの草なぎ剛でも、チャンネル登録者数90万を超えてはいるものの、最近の動画は再生回数が10万回を切ることもある。本人も、動画内で「最近、俺がやっていることにみんな慣れちゃってね、視聴回数ちょっと減ってきちゃって」と嘆いている。

 今やテレビ界では安定した人気を誇る博多華丸・大吉でさえ、チャンネル登録者数は5万ほどで、4年前から更新が止まっている。ねづっち、ひょっこりはん、小島よしおなどは再生回数が1万にも満たないこともしばしば。スギちゃんも約1年間更新を続けてきたが、チャンネル登録者数は1万に達せず、5月にひっそりチャンネルを閉鎖していたりする。

 あくまで趣味レベルで動画をアップしている芸能人もいれば、“駆け込み寺”として心機一転をかける芸人もいるだろうが、YouTubeは知名度だけでは勝負できない場であることがうかがえるのだ。

リンク先続く
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000305-oric-ent


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)