FC2ブログ

【芸能】女優・沢尻エリカ容疑者、逮捕2か月前にはコンプライアンス講習会に参加!

2019年11月18日 10:01

 合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)が、薬物を常習的に使用していたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。「長年にわたって違法薬物を使っていた。MDMAも以前から使用していた」という趣旨の供述をしている。警視庁組織犯罪対策5課は情報提供をもとに約1か月前から内偵捜査を進めていたが、沢尻容疑者は逮捕2か月前の9月、所属事務所が実施した薬物を含むコンプライアンス講習会を受けていたことも明らかになった。

 沢尻容疑者を乗せた車は午前8時10分頃、送検のために数十人の報道陣が集まった留置先の東京湾岸署を出発。16日の身柄移送時同様、この日も後部座席がカーテンで仕切られ、表情をのぞかせることはなかった。

 沢尻容疑者は取り調べに対し、長年の薬物使用を供述したことが明らかになった。常習的に薬物を使用していた疑いがあり、組対5課が詳しく調べる。

 逮捕の約1か月前、警視庁にMDMAとは別の「違法薬物を所持している」などとの情報提供があり、組対5課が内偵捜査していた。沢尻容疑者は逮捕前夜の15日夜に都内の自宅を出て渋谷のクラブへ行き、同課は“朝帰り”したタイミングで家宅捜索。自室の棚に置かれていたアクセサリーケースの中からチャック付きの小さなポリ袋に入ったカプセル2錠を発見した。帰宅時の手荷物に薬物はなく、以前から自宅に保管していたとみられる。

鑑定進める 同課はうち1錠を鑑定しMDMAと特定。粉末は0・09グラム(90ミリグラム)で1回の使用分とみられる。残る1錠と尿の鑑定を進めている。

 所属事務所「エイベックス・マネジメント」が、不測の事態に備えて対策を講じていた直後の逮捕劇だった。内偵捜査が始まる1か月前の9月18、19日に社員と所属アーティストを対象にコンプライアンス講習会が行われ、沢尻容疑者も参加していたことが分かった。同事務所では4月にAAA・浦田直也(37)が暴行事件を起こしたこともあり、芸能界での様々な事案を例に「自らの“価値”を守るための行動指針」をテーマに約90分間の講習が行われた。内容は薬物についても及び、沢尻容疑者も話を聞いていたはずだが、それでも薬物を続けていたことになり、強い常習性がうかがえる。

 最近の仕事現場での様子を知る関係者は一様に「特に変わった様子はなかった」と語るが、一方で逮捕直前にも訪れていた“クラブ遊び”は有名だった。今月には同じ渋谷のクラブで「KAZMAX」を名乗る人気金融トレーダーもMDMAを使用したとして逮捕されたばかりだった。沢尻容疑者は逮捕時に携帯電話も押収されており、交友関係や入手経路などの解明にも着手している。

 私生活では09年に結婚したハイパーメディアクリエイターの高城剛氏と13年に離婚後、デザイナーの男性と交際。既に破局しているが、友人関係は続いているという。

https://news.livedoor.com/article/detail/17396032/


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)