FC2ブログ

【芸能】元祖“セレブタレント”のマリエの姉も覚醒剤を使用、逮捕歴7回!自宅から大麻が見つかり現行犯逮捕されていた!

2019年11月19日 10:12

 麻薬取締法違反容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)は、以前から合成麻薬MDMAだけでなく他の違法薬物にも手を出していたと供述し、薬物依存の深刻さが浮かび上がった。薬物事件では、元祖“セレブタレント”でアーティストのマリエ(32)の姉・玉木カリーヌ桂被告(37)も覚せい剤取締法違反で逮捕・起訴されていたことが判明。公判では逮捕歴7回、薬物依存に加え、“性依存”の壮絶な人生を送ってきたことが明らかになった。

 カリーヌ被告は慶応幼稚舎からエスカレーター式に慶大に進学。「嵐」の櫻井翔(37)とも同級生だった。かつてマリエがバラエティー「嵐の宿題くん」(2006~10年、日本テレビ系)にゲスト出演した際、嵐と初対面のマリエは「櫻井さんのことは知ってるんです。お姉ちゃんが同級生。カリーヌ」と言うと、櫻井は「おー、そっくりじゃん」と仰天していたことがあった。

 そのカリーヌ被告が覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた初公判が先日、横浜地裁(横倉雄一郎裁判官)で行われた。

 起訴状によると、今年の8月中旬から同27日の間、都内またはその周辺で覚醒剤を摂取して使用したとされる。同27日、交際する男と同居していた自宅に捜査当局の家宅捜索が入った。自宅から大麻が押収されて現行犯逮捕。その後、任意の尿検査で覚醒剤の陽性反応が出て使用が発覚した。

 カリーヌ被告は幼少時からモデルとして活動し、女性向けファッション誌や国産車CMに出演している。すでに保釈中の被告は上下黒のスーツで、髪はやや茶髪がかったショート。目鼻立ちは整っており、モデルだけに背筋はピンと伸びていた。

 しかし、美しいルックスからは想像もつかないような壮絶な過去が検察の冒頭陳述で明らかになる。離婚歴は2回で、犯行当時は前述のように交際相手と同居していた。そして驚くべきは7件の前歴(逮捕歴)があったことだ。

 初めて違法薬物を使用したのは19歳。それ以後も、クラブに出入りしていた際に好意を持った男からの勧めで違法薬物を使用するようになった。23歳のときには、当時交際中の男から小さな塊を口に入れられ、後になって覚醒剤だと言われたという。

 被告人質問では、「19歳ぐらいのときに、父が住むカリフォルニアへ行った時に大麻を使った」と初めて違法薬物に手を出した出来事を淡々と振り返った。「必ず交際相手が持っていて、それを勧められた」。なぜ、使ったのかというと「相手から暴力を受けないため。大麻を吸うと優しくなる」と話した。

 大麻、覚醒剤など違法薬物は過去の男関係と切っても切れないものらしい。「性行為の際にも使っていた?」という弁護人の質問に「感覚がいつもより気持ちが良い」と答えた。ただ、自ら「使いたい」と言って求めたことはなく「相手に勧められたから。交際相手に嫌われるのが嫌だった」と語った。

 金を払って入手したのは一度だけ。「暴力を振るわれたくないから、交際相手の同級生の男から買った」という。

 今回の事件で最後に覚醒剤を使用したのは8月26日で、「覚醒剤を使えば、交際相手の男も喜ぶと思った」と取り調べで供述している。

 10代後半の息子もいるが、今は祖母、母親と3人で生活。母親は自宅ビルのテナント管理などをしている。証人出廷した母親は、娘の性格を「感情の起伏が激しくて、人に頼る。寂しがり屋でもある」と表現。娘の薬物使用・依存は知らなかったという。今後の更生を支えると約束した。

 7度の逮捕にもかかわらず、一度も起訴されていなかったのは異例だ。「売人でない」「自ら購入していない」「交際相手の影響で断れない」などの事情から起訴猶予なり不起訴なり判断されてきたのだろう。

 検察は「19歳から使用するなど違法薬物に対する親和性・依存性が認められる」として懲役1年6月を求刑した。

 最終陳述でカリーヌ被告は「子供にも言えないようなことをして、恥ずかしいと思っている…」と言葉を若干詰まらせていた。

 弁護側は執行猶予を求めて即日結審。判決は本人の誕生日である今月28日に言い渡される。

https://news.livedoor.com/article/detail/17398779/


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)