FC2ブログ

【芸能】タレント・小向美奈子容疑者が今後について「出頭します」「逃亡犯じゃない」「実刑判決も平気」などと激白

2011年02月21日 09:27

覚せい剤取締法違反(譲り受け)容疑で逮捕状が出ているタレント、小向美奈子容疑者(25)が、
事件発覚後初めて取材に応じていたことが20日、分かった。
21日発売の「週刊ポスト」(3月4日号)が潜伏先のフィリピン・マニラ市内で直撃。小向容疑者は容疑を否定。
「私は逃亡犯じゃない」とし、帰国して出頭すると断言しているが、取材から1週間経っても“逃亡生活”は続いている。

 フィリピンの首都マニラで“逃亡生活”を送っているとみられていた小向美奈子容疑者が、同地で重い口を開いた。
21日発売の「週刊ポスト」によると、フィリピンに飛んだ同誌記者が直撃に成功したのは今月14日。
『小向美奈子「覚醒剤と妊娠とイラン人」』のタイトルで、見開き4ページにわたり報じている。

 今回の容疑が浮上したのは、東京・品川区を拠点に覚せい剤を売買していた
イラン人密売人グループの摘発(昨年10月)がきっかけだったが、小向容疑者は容疑を否定。
今後について「出頭します」「逃亡犯じゃない」「実刑判決も平気」などと話している。
また、一部の関係者から指摘されていた“妊娠説”についても、
「妊娠はしていない」などと否定した。

小向容疑者は取材を受けた2日後の16日、マニラ発成田行き「デルタ航空172便」を予約していた。
しかし、搭乗寸前にキャンセルして姿を消し、再び“逃亡生活”に入っている。

 小向容疑者はマニラ首都圏マカティ市のホテルを2月10日にチェックアウト。
翌11日に同ホテル近くで、コーヒーを手に男性と2人で歩いているところを
テレビ朝日記者に取材されたのを最後に所在は不明のままだ。このときも無言だった。

 日本の警察関係者は、依然として「外国に捜査協力を要請しても、身柄確保まではなかなか至らない。
帰国させたところで逮捕するのが現実的」という見解を崩していないが、
一方では外務省の協力を仰ぎ、水面下で「旅券返納命令執行」を進めている。
小向容疑者がフィリピンから“やっかい払い”されるのは、いずれにしても時間の問題とみられる。

http://www.sanspo.com/geino/news/110221/gnd1102210505000-n1.htm
http://www.sanspo.com/geino/news/110221/gnd1102210505000-n2.htm


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)