FC2ブログ

【芸能】俳優・塩谷瞬の壮絶な生い立ち…母の名前も知らず、小4から働きはじめ両親や社会を憎んだ

2012年05月02日 09:39

モデルの冨永愛と料理研究家の園山真希絵との二股交際が報じられた俳優の塩谷瞬。
2人の女性への誠意ない対応で世間の批判を浴びている彼だが、
その生い立ちはあまりにもつらいものだったようだ。

 塩谷は石川県金沢市生まれ。幼少期に両親が離婚しており、物心ついた時にはすでに母親のいない生活で、
母の名前も連絡先も知らなかったという。塩谷の父は仕事で忙しく、家ではいつもひとり。
小学3年生まで不登校に近い状態だったそうだ。

 母親の手料理を知らない塩谷は、“食べる必要性がわからなかった”といい、
お菓子やカップラーメンが主食。栄養不足のため、路上で倒れてしまうこともあったとか。
近所の人々はそんな彼を見かねて、食事を与えたこともあったらしい。

“生きるため”に働き始めたのは、小学4年生の時。
最初は、新聞配達やスーパーの掃除の手伝い。中学に入ると、土木作業もやるようになった。
小6で自転車を父親にプレゼントされたことがきっかけで、競輪選手を目指そうと、
高校で自転車部に入部。しかし、働かなければならなかった塩谷は、家庭の事情を
学校側に理解してもらえず、結局高校を中退してしまったという。

自分の境遇を呪い、両親や社会を憎んだという塩谷。
心に怒りを抱えつつも、近所の人々が与えてくれた“無償の愛”のおかげで、
「何があっても生きていかなきゃいけない」と前を向けたようだ。

 大きな転機が訪れたのは、15歳の時。ゲームセンターのプリクラの画像で審査する
オーディションで合格し、芸能事務所に声をかけられ、役者の道を進むことを決心したという。

 あまりにもつらすぎる子供時代。特に母親の愛情を知らずに育ったことが、
その後の対人関係の築き方に何らかの影響を及ぼしたのかもしれない。
とはいえ、2人の女性を傷つけてもいいという理由にはならないのだが・・・。

http://www.kon-katsu-news.com/news_aMASjLHeUs.html


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)