FC2ブログ

【芸能】モデル・土屋アンナ反撃!中傷ソングで甲斐智陽氏を提訴!

2015年04月28日 09:16

 歌手でモデルの土屋アンナ(31)が、上演中止になった主演舞台「誓い~奇跡のシンガー~」を巡って係争中のプロデューサー・甲斐智陽氏(63)を訴えたことが27日、分かった。甲斐氏が制作し、動画サイトに投稿した曲が名誉毀損(きそん)に当たるとして提訴。この日、東京地裁で第1回弁論が行われた。甲斐氏側の損害賠償訴訟と同時審理となり、8月にもアンナ本人が出廷する可能性が浮上した。

 アンナが反撃に出た。甲斐氏に提訴されて始まった13年10月の第1回口頭弁論から1年半。甲斐氏が歌った楽曲「ANNA」の音源がネット上の動画に投稿されたのは名誉毀損に当たるとして甲斐氏を訴えた。この日、甲斐氏側が約3000万円の損害賠償を請求した訴訟の第5回口頭弁論の中で、アンナ側が約1000万円の損害賠償を請求した訴訟が明らかに。今後、2件を同時審理することになった。

 アンナ側の請求について、甲斐氏は法廷で「棄却を求めます」と主張した。閉廷後には報道陣の取材に応じ、昨夏にレコーディングしたロック調の同曲を知人が投稿したものと明かした。「実在の人物とは無関係です」との注釈付きで、数日で削除したというが、歌詞の内容を問われると「『どうしようもない女』『すっぴんになるとしわだらけだねえ』なんて。アンナさん、キレイだから違うんじゃない? 誹謗(ひぼう)中傷じゃなくてシャレ。土屋アンナだと思いながら聴くとそうなるけど、違うんだけどね。表現の自由だと思った」と釈明した。

 また、甲斐氏側はアンナを証人申請したが、アンナ側の弁護士は、所属事務所代表のアンナの母親が出廷すれば十分として拒否した。今回から交代した原克也裁判長はアンナの証人の採否について次回公判の7月13日までに決めたいとした。これまでアンナは法廷に現れておらず、甲斐氏側の申請が認められれば、8~9月とみられる次々回に初出廷することになる。

 一方、アンナはこの日夜、都内で取材に応じた。「裁判所のジャッジメントに任せるしかない」と話したが、楽曲の歌詞については「普通の人が感じるのと同じように感じています」とえん曲的な表現ながら傷ついていることを示唆した。

 昨年12月の和解勧告案を甲斐氏が拒否し、決着が見えなかった訴訟は、さらなる長期化の様相をみせてきた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150427-00000217-sph-ent


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)