FC2ブログ

【芸能】堀北真希、女優にもう未練はない?所属事務所社長と冷戦状態もまったり「定食屋通い」

2016年08月12日 10:06

昨年8月に俳優の山本耕史(38)と電撃結婚した堀北真希(27)が、ついにオメデタを発表した。
ほのぼのとした妊婦生活を送りながら、「女優引退」の決意を固めたというが真相は‥‥。

東京・新宿にある定食屋に、山本・堀北夫妻がそろって姿を現したのは7月中旬のことだった。
店内でランチを楽しんでいたOL客の視線は、一斉に堀北へと注がれた。

「若干おなかも出てふっくらしていましたが、テレビで見るよりも美人でしたよ。ジロジロ見てはいけないと思いつつも、ついつい見とれてしまいました。
堀北さんは周囲を気にすることなく会話と食事を楽しんでいました」(目撃した女性客)

新婚カップルの話題の中心は、来年1月に誕生予定の第1子だった。

「堀北さんのほうが積極的に山本さんに話しかけていました。有名ブランドの抱っこヒモを買おうとして、どの柄にするか盛り上がっていましたね。
時折、いとおしむようにおなかをさすっていたのが印象的でした」(前出・女性客)

この店は新鮮な有機野菜にこだわったメニューがウリで、堀北がこの店に通っているのも、おなかの赤ちゃんを気遣ってのことだろう。
別の常連客が言う。

「店には個室がなく、人通りが多い立地なのに、変装などは一切しないで来店されますね。先日見た時は、デニムにTシャツというラフな格好でした」

産休中の定食屋通いがキャッチされた堀北だが、復帰の見通しは立っていない。

「このまま芸能界を引退することになる」

と、断言するのは所属事務所の関係者だ。14歳のデビューから、堀北をマネージメントしてきた女性社長O女史との関係がギクシャクしているというのだ。

「O社長との間で産休明けのプランについて話し合いを進めていたのですが、堀北のほうから一方的に『私は女優にもう未練はない』と告げてきたようです。
最近では、堀北本人が交渉のテーブルにつくこともなく、全て弁護士を通していると聞いています」(前出・所属事務所の関係者)

産休前の最後の仕事になったのが、今年1月スタートの連続ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査7課~」(日本テレビ系)。その収録現場でも、2人の“冷戦”が目撃されていた。

http://dailynewsonline.jp/article/1178170/


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)