FC2ブログ

【芸能】岡山市幹部がお笑い芸人・河本準一に怒る「再三お願いして、やっと一部を援助」「毎日のようにテレビに出るようになってから母親への支援を頼んだが、いつも素知らぬ顔をしていた」

2012年05月29日 09:17

片山さつき氏は、番組内では、深い闇の内容については語らなかった。ニュースサイトのインタビューでは、問題の重大さは、母親以外の親族も生活保護を受給していたことにあるなどとしていたが、それが当たるのか。事務所に取材すると、片山氏は出張中などとして話は聞けなかった。

岡山市の関係者は、取材に対し、深い闇については、うわさレベルでしか聞いていないとした。しかし、この関係者は、準一さんについて市の幹部に聞いたところ、この幹部は「頭に来ていますよ。私は許せません」と怒っていたと明かした。準一さんが毎日のようにテレビに出るようになってから母親への支援を頼んだが、いつも素知らぬ顔をしていたからだという。再三お願いして、やっと一部を援助してもらったそうだ。

福祉事務所に批判が出ているが、この関係者は、「『仲が悪い』と偽装する可能性があるので、国の法律を変えないといけません。例えば、年収1000万円以上なら援助しないといけないというようにです」とも指摘している。

なお、準一さんの妻が月に40万円を稼いでいたことについては、必ずしも援助しなければいけないとは言えないようだ。厚労省の保護課によると、扶養義務のある三親等内に妻も含まれているが、負債や子どもの有無などの個別事情が勘案される。当時、準一さんが月10万円以下の収入だったとして、世帯の年収はせいぜい580万円で、しかも子どももそのときまでには生まれていた。

http://www.j-cast.com/2012/05/28133607.html?p=2

【芸能】河本準一への激励ツイートを一般人から批判された「オリエンタルラジオ」藤森慎吾「(河本は)詐欺ではない」「はいさようなら!ブロック!」

2012年05月29日 09:12

25日、母親の生活保護受給について謝罪会見を行ったお笑いコンビ「次長課長」の河本準一が、
翌日ツイッター上でも改めて謝罪した。

その発言を受け、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾が河本へ激励のコメントを送ったが、
それを一般ユーザーが批判し、藤森もこれに応戦したため、ネット掲示板で大きな話題となった。

発端は藤森が河本の謝罪に対して「笑わせてくれればいいです!」と激励のツイートをしたことに始まる。
このコメントを見た一般ユーザーが
「(河本の母親が生活保護受給していたことは)立派な詐欺なのによくこういうこと言えるね芸人って」と
ツイッター上で批判したが、
藤森は「芸人全般に対する侮辱ですかー?謝罪はしたけど詐欺ではないでしょ。
自分の発言に責任を持った方がうぃーねー!」と反論。

さらに別のユーザーから「身勝手で無責任な事ほざくな。お前も社会人なら世の中に対する責任あるだろ」と指摘されると、
「少なくともあなたよりは社会人としての自覚はあります。
こういう公の場であなたのような乱暴で幼稚な言葉使いはしないからー」と返している。

他にも、藤森は「ちょっとなにいってるかわかりましぇーーん!」
「はいさようならー!ブロックー!」など、一般ユーザーに対して煽るような口調で返信したため、
一連のやり取りが掲示板やツイッター上で広がると、ネットユーザーからは
「藤森も黙ってりゃいいのに…なんでみんな自分からコメントしたがるのかね 」
「芸人同士で擁護しあって、自分が不祥事起こしたときに擁護してもらおうという算段か」などと
批判的な意見が相次いだが、中には「吉本芸人が先輩を批判できるわけないだろ」
「芸人ってくくりで侮辱されたのがむかついたんだろうな」
「ツイッターでもキャラ保ってるのは凄い」といった発言も見られた。

http://news.livedoor.com/article/detail/6601493/

【芸能】お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太も母が生活保護!昨年3月から140万円

2012年05月29日 09:02

お笑いコンビ「次長課長」の河本準一(37)の母親が生活保護を15年間受給していたことが問題となった中、
同じ吉本興業所属のお笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(31)の母親(63)が昨年3月から
生活保護を受給していることが28日、分かった。祖母の介護とパート先を失ったことが重なり、
福祉事務所に相談し受給が決まった。母親の住居のローンを全額負担している梶原は
「今年8月に完済したら、受給を打ち切ることにしていた」と話している。

梶原は都内でスポニチ本紙の取材に応じ「誤解をされたくないし、隠すこともないので
自分から全てお話ししたい」と受給の経緯と事情を説明した。

母親への受給が始まったのは昨年3月。祖母の介護をしながら弁当店で働いていたが、
その会社が倒産して収入がなくなった。その上、足を骨折し、年齢的にも働き口が
見つからなくなったのがきっかけ。梶原によると、母親が知人に相談したところ
福祉事務所に行くことを勧められた。そこで「祖母ではなく、あなたが生活保護の受給者になった方がいい」と
アドバイスをされ、梶原ら親族の経済状況の申告書類を提出後、受給が決まった。

梶原は生活援助が可能な年収を得ている。ただ、02年11月に大阪市内に
2千数百万円のマンションを購入し、女手ひとつで育ててくれた母親にプレゼント。
収入が不安定な個人事業者になるお笑い芸人は、銀行で長期ローンを組むのは難しく
「梶原もノンバンクから短期で借りている」(関係者)とみられ、ローンと共益費で
毎月40数万円を負担してきた。母親には「雄太にはこれ以上迷惑を掛けられない」との思いがあったようだ。

当初の受給額は毎月11万6000円。祖母が昨年12月に他界後は、
見つけたパート先で毎月約4万円の収入を得ており、受給額は5万円に減額されている。

梶原によると、ローンが完済する今年8月で受給を打ち切る予定になっていたが、
河本の問題が波紋を広げる中、母親は「このままもらい続けると誤解されかねない」と
今月で打ち切ることを決断。8月までの3カ月間に受給されるはずだった計15万円は吉本興業から借りるという。

祖母の介護に失業が重なった昨年3月から1年3カ月間の受給額は計約140万円。
梶原は「おかんが苦しんでいたので“助かった”というのが率直な気持ち」と感謝。
自身も2人の子供を育てており「生活費が赤字の時もあり、福祉事務所が勧めてくれたことに
疑問を持たなかった。今は生活の不安以上に母親の精神面が心配」と話している。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/05/29/kiji/K20120529003348840.html

【芸能】「次長課長」河本準一の母親「勝手に世間の人が勘違いして騒いでいる。言う人は言うし、わたしはあんまり気にしていない」

2012年05月26日 10:07

お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん(37)の母親が、生活保護を受給していると週刊誌で
 報じられた問題で、河本さんが25日午前、都内で会見を開き、謝罪した。そして、生活保護を
 受けていた河本さんの母親(65)が、FNNの単独取材に答えた。

 母親は「そんなこと(不正受給は)事実ではないので。勝手に世間の人が勘違いして騒いでいる。
 言う人は言うし、わたしはあんまり気にしていない」と話した。
(略)
 会見後、FNNの取材に応じた河本さんの母親は、「わたしがしっかり頑張って話をしなさいと。
 一切そういう事実はないんだからと言いました。決して悪いことは何もしてないですから。(5月いっぱいは
 河本さんから仕送りは?)はい、そうです」と話した。
 国会で、生活保護の問題点を追及する構えを見せていた片山議員は、25日の会見を受け、
 「高収入の人間が、親が生活保護をもらうということは許されないということについて、認識が
 甘かったとおっしゃってたので、その認識を変えるのに1カ月かかったんですかね。そう推測
 するしかないですね」と述べた。(抜粋)

 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00224043.html

【芸能】「次長課長」河本準一の母・姉・叔母二人の4人もが生活保護を受給していた、

2012年05月26日 10:06

母親の生活保護不正受給問題について会見し、神妙な面持ちで認識の甘さを謝罪した河本準一。
同問題の幕引きを狙ったものとみられるが、騒動は沈静化するどころか、新たな疑惑が浮上している。

週刊誌『週刊新潮』最新号は、“生活保護大騒動!
「河本準一」の「伯母」「母」「姉」の生活水準”という記事の中で、
母親のほかに、姉、叔母Aと叔母Bも生活保護を受給していると報道。
母親の自宅の隣のアパートに伯母A・Bが、
その近所の2階建ての家に姉が住んでおり、それぞれが生活保護費を受けていたという。

なお、会見では、「母親以外にも受給を受けている親族はいるのか」という質問に対し、
同席した弁護士が「親族の生活状況はきわめて個人的な話になるので、
お答えを控えさせていただきます」と返答。母親以外の親族の受給については明言を避けた。

http://www.kon-katsu-news.com/news_aQoyVVtXGI.html

【芸能】「次長課長」河本準一が声を詰まらせ謝罪「不正ではないが道義的責任を感じるので、生活保護15年受給分のうち5年は返納したい」

2012年05月26日 10:02

5、6年前の分からのお金はお返ししたい」と謝罪した。

一部の週刊誌が4月に「年収5000万円の人気芸人の母親が生活保護を受給している」
と匿名で報道。
その後、国会議員のブログなどで河本の名前が明らかになり、騒動になっていた。

河本は母親の生活保護の受給について「これまで福祉の方と相談して決めてきた。
何か問題があると想像できなかったが、今思うとむちゃくちゃ甘い考えだった」と述べた。
母親が受けた生活保護費について「お金はきちんとお返ししたい。
税金を負担している皆さんに大変申し訳ない」と話した。

所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーは今月16日、
「本人や親族に不正受給のそしりを受けるような違法行為はない」との見解を発表していた。

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120525-OHT1T00103.htm?from=yol

【芸能】次長課長の河本準一、25日に母親の生活保護不正受給疑惑について記者会見が決定!

2012年05月24日 21:41

母親の生活保護受給騒動の渦中にあるお笑いコンビ・次長課長の河本準一(37)が、
あす記者会見を開くことが決まった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000328-oric-ent