FC2ブログ

【芸能】元俳優・高知東生、同時逮捕の女性と「7年シャブ愛人関係」発覚! 妻の高島礼子とは「仮面夫婦説」

2016年06月29日 09:23

 覚せい剤と大麻の所持で逮捕された高知東生容疑者。ここへきて各マスコミがいっせいに高知容疑者の「実態」を暴露している。

「女性自身」(光文社)では、高知容疑者を引退後にインタビィーした際、「義父の介護をしていない」趣旨の発言や「女大好き」という発言などが取り上げられ、世間で話題になった「美談」とは異なる実態を紹介している。

 ただ、やはり一番の衝撃は、高知と一緒に逮捕された五十川敦子容疑者の正体を報じた「週刊文春」(文藝春秋)の内容だろう。2009年から高知と愛人関係にあり、シャブに興じていたという。レースクイーン時代の仲間が「あの人とクスリをやると2~3日はホテルに籠もりっきり」と五十川が語っていたという情報がある。もともと大物芸能人の情婦だったという話もあり、キナ臭い女性ではあったようだ。

 ここで注目すべきは、2009年から愛人関係を結んでいたということだろう。実に7年である。かなりの長期間にわたり高知と五十川が薬物に溺れていたことの何よりの証明と言えるだろう。

 実際のところ、これだけ長期間薬物を使用していたにもかかわらず、妻である高島礼子が「知らなかった」という論調に疑問の声が沸くのは当然。しかも「おしどり夫婦」であるならなおさら話の辻褄が合わない。

 マスコミ関係者の中でも「仮面夫婦説」はすでに語られており、自宅近くを取材してもツーショットなどは見たことがないという情報もすでに出回っている。

 高島が「ただただ驚いて困惑している状況です」と語ったのは、夫婦の“本当の関係”を暴かれないがための逃げ口上なのか……話に矛盾がある以上、そう感じてしまう人は多い違いない。

 今回の衝撃の逮捕は、まだまだ収束の域を見せていない。次々と衝撃の事実が飛び出してきそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/11698869/

【芸能】覚せい剤逮捕の元俳優・高知東生の「7年愛人」はアイドルやお笑い芸人との“交際”も

2016年06月28日 16:24

 6月24日、覚せい剤取締法違反などの容疑で逮捕された高知東生(本名・大崎丈二、51)と共に逮捕された五十川敦子容疑者(33)は、20代からレースクイーンの仕事を続け、遅くとも2009年春には高知の“シャブ愛人”になっていたことが週刊文春の取材により明らかとなった。週刊文春はその時代に書かれた五十川のブログを発見。右写真は2009年3月に書かれたブログに掲載されたものだ。

「当時、彼女は父親に買ってもらった1500万円するメルセデス・ベンツのCクラスAMGに乗って、高知に会いに行き、週に1回は、六本木や麻布のラブホテルに泊まっていました。彼女は『あの人とクスリをやると2~3日はホテルに籠もりっきりで、一歩も外に出ないの』と話していました」(レースクイーン仲間のひとり)

 06年当時、五十川は現在もテレビに出演している男性アイドルグループのメンバーAと継続的に肉体関係を持つ傍ら、大手事務所所属の大物お笑い芸人Bとも“交際”していた。Bと破局後、“交際”を始めたのが高知だったという。

 高知と五十川との関係については、週刊文春6月30日発売号で詳しく報じる。

http://news.livedoor.com/article/detail/11697387/

【芸能】女優・高島礼子、夫の高知東生の逮捕を受けてCM降板!「イメージを考えて終了させていただくことになりました」

2016年06月28日 09:48

 元俳優の高知東生(のぼる、本名・大崎丈二)容疑者(51)が24日に覚醒剤取締法と大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕されたことを受け、妻の女優・高島礼子(51)が花王のCMを降板したことが27日、分かった。

 高島は2006年から同社の白髪用カラーリング剤「ブローネ」のCMに出演。26日までは同社のホームページにも写真が掲載されていたが、27日昼までに削除された。スポーツ報知の取材に花王の担当者は「高知さんの逮捕を受け、イメージを考えて終了させていただくことになりました」と打ち切りを認めた。

 高島は花王以外に太田胃散、アパレルメーカーの「キング」とCM契約を結んでいる。太田胃散とキングは今後の対応について「担当者が不在」として明言しなかった。太田胃散は今年1月に不倫騒動があったベッキーのCM起用を打ち切っている。所属事務所では24日に逮捕の一報が入って以来、スポンサーや広告代理店に状況説明を行っているが、詳しい内容は「ノーコメントとさせてください」とした。

 本人の不祥事ではないが、夫の薬物と不倫が報じられることで、上品で美しい印象を持たれている高島のイメージダウンは避けられない。特に花王は、優れたマーケティング戦略を持つことで知られ、スキャンダルに敏感な主婦層を主な顧客としているため、迅速に対応した。ほかの2社も打ち切りにならなくても休止は避けられそうにない。

 高島はこの日も京都市内の撮影所で警察官役で主演するテレビ朝日系ドラマ「女たちの特捜最前線」(7月21日スタート、木曜・後8時)の撮影に参加。関係者によると夫の逮捕にショックを受けているが、気丈に高畑淳子(61)、宮崎美子(57)らと息の合った掛け合いを見せていたという。ドラマへの影響も考えられるが、同局では「現在のところ、予定通り放送します」としている。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160627-OHT1T50230.html

【芸能】元俳優・高知東生容疑者送検…「特性熟知している」“シャブセックス”の常習だった可能性!

2016年06月27日 10:22

 24日に覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反(所持)の疑いで厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された元俳優で会社経営の高知東生(本名大崎丈二)容疑者(51)=東京都世田谷区=が26日午前、勾留先の警視庁東京湾岸署から東京地検に送検された。黒のワンボックスカーの後部座席には幕がかけられ、姿を見ることはできなかった。

 逮捕現場となった横浜市南区のラブホテルでは、ともに逮捕された知人でクラブホステスの五十川(いそかわ)敦子容疑者(33)とベッドで裸で寝ていたが、その際、覚醒剤を吸うためのガラス瓶が2セットあったことが新たに判明。どちらも底に焦げた跡があり、2人で同時に使用したとみられる。

 元警視庁刑事で薬物事件を多く手掛けた吉川祐二氏は「性的な用途であったのは間違いない」と指摘。2セットあった理由を「覚醒剤はあぶると一瞬で気化し、使い回すのに適していない。その特性を熟知して、効率よく快感を共有するため」と話し、「手慣れており、常習性が高いと言わざるを得ない」とした。

 2人は都内のホテルにも出入りしていたという。状況から“シャブセックス”の常習だった可能性が高まり、麻薬取締部は2人が常用していた可能性を捜査している。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/27/kiji/K20160627012855450.html

【芸能】女優・高島礼子、夫・高知容疑者逮捕に憔悴「どうしていいかわからない」

2016年06月26日 10:46

 元俳優の高知東生(のぼる、本名・大崎丈二)容疑者(51)が覚醒剤取締法と大麻取締法違反(所持)の疑いで24日に現行犯逮捕されたことを受け、妻で女優の高島礼子(51)がショックのあまり「どうしていいかわからない」と語り、憔悴(しょうすい)していることが25日、分かった。

 高島は現在、警察官役で主演するテレビ朝日系連続ドラマ「女たちの特捜最前線」(7月21日スタート、木曜・後8時)の撮影のため、京都に滞在。関係者によると、夫が逮捕された直後から、番組出演者やスタッフ、所属事務所ら関わるすべての人に対して「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と深々と頭を下げて謝罪しているという。

 関係者の間では高島は気遣いの人で知られ、共演者から「またご一緒したい」と言われるほど先輩後輩問わず慕われている。自身の不祥事ではないが、関係各所への影響が計り知れないことを十分認識し、責任を重く受け止めているという。

 高知容疑者はこの日、留置されている警視庁湾岸署で関東信越厚生局麻薬取締部の取り調べを受けた。同局はスポーツ報知の取材に「事実関係の確認など形式的なこと。本格的な取り調べは月曜(27日)以降になる」と説明。取り乱すこともなく、落ち着いた様子だったという。

 また、高島の事情聴取について同局は「一般的に、家族の方にも生活態度などを聞くのが通常ですので」と近く行う方針。

 高知容疑者と、知人でクラブホステスの五十川敦子容疑者(33)は24日、横浜市南区のラブホテルで覚醒剤と大麻を所持した疑いで同局が現行犯逮捕。室内から覚醒剤約4グラム、大麻たばこと乾燥大麻計約2グラム、ガラス製の小瓶などを押収した。都内の自宅からも薬物が入っていたとみられるパケ(ポリ袋)が見つかったが、新たにストロー1本が押収されていたことがこの日、判明した。同局は使用についても調べを進める。高知容疑者と五十川容疑者は26日に送検される予定。

http://news.livedoor.com/article/detail/11688195/

【芸能】元俳優・高知東生容疑者、女性と「覚せい剤・大麻2段構え」は常習の証明!? 妻・高島礼子イメージ失墜避けられず、女優・矢田亜希子と同じ道?

2016年06月25日 09:28

 元俳優の高知東生容疑者が覚せい剤・大麻所持容疑で逮捕されたが、逮捕時は女性と一緒におり、「一緒にいた女性と使おうと思った」などと供述していると報道が出た。

 結果として「薬物」「不倫」という2つのワードが飛び出すこととなってしまった。これにより、「妻である高島礼子の父を介護する」という理由での引退の「美談」にも当然ながら影が差すこととなってしまった。

 多くの人が高知の引退時の理由に感動していただけに、そのショックは大きい。「介護で引退なのに女とクスリで不倫て」「うさんくさい美談とは思っていた」など様々な意見が。生活を支えているのが高島だけに「妻の金で不倫とは……」と呆れ返る声もある。

 また、逮捕時に高知が「覚せい剤」「大麻」と2つを所持していた点も話題となっている。2つの薬物を同時に所有していたことで「常習性」を疑うコメントも後を絶たない。

「あの『引退』が義父の介護を目的としたものであることは本当でしょうが、その一方、薬物がからんだものだとすると1年以上前から使用していたことになります。大麻と覚せい剤を同時に持つというのは常習者に多いという話もありますので……」(記者)

 今回の高知の逮捕により、妻である高島礼子のイメージにも大きな影響が出ることは避けられないだろう。現在でもCM出演などをこなしているが、ある程度の減少は避けられそうにない。

「押尾学が逮捕された際も、当時妻だった矢田亜希子のイメージは失墜してしまいました。今回も同じ状況になる可能性は非常に高い。芸能界の薬物依存のイメージは強まるばかりの中ですから、スポンサーやテレビ局もそういったタレントを使う動きはしないはず。高島としては気の毒ではありますが……」(記者)

 女優業で生活を支えていた高島にとっては余りにショックな、そして今後も尾を引きそうな夫の逮捕である。

http://news.livedoor.com/article/detail/11683912/

【芸能】女優・高島礼子、夫・高知東生容疑者逮捕に「驚いて困惑している状況」

2016年06月25日 09:16

 元俳優で会社経営の高知東生容疑者(51)が24日、覚せい剤取締法と大麻取締法違反(所持)の疑いで、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕されたことを受け、妻で女優の高島礼子(51)は同日夜、所属事務所を通じファクスでコメントを発表。「驚いて困惑している状況です」とした。

 高知容疑者の逮捕容疑は同日午前、横浜市南区のホテルで覚醒剤と大麻を所持した疑い。容疑を認めており、麻薬取締部はホテルの室内から覚醒剤や大麻、使用器具などを押収。入手先などを捜査する。

 高島は現在、京都市で、主演するテレビ朝日の連続ドラマ「女たちの特捜最前線」(7月21日スタート)を撮影中。

 コメントは以下の通り。

 平素は大変お世話になっております。この度は、夫の報道の件で皆様に大変、大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

 私自身、報道でこのことを知り、ただただ驚いて困惑している状況です。今はこれしか申し上げられません。

 今後、事実関係が明らかになることを見守らせていただければと思っております。

 書中をもちまして、取り急ぎお詫びを申し上げます。

 高島礼子

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000147-spnannex-ent

【芸能】元俳優・高知東生容疑者、覚せい剤と大麻所持で現行犯逮捕!女優・高島礼子の夫

2016年06月24日 18:08

 元俳優の高知東生容疑者(のぼる、51 本名=大崎丈二)が24日、覚せい剤と大麻を所持していたとして、覚せい剤取締法違反などの容疑で関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。

 24日午前、横浜市内のホテルに知人女性と一緒にいたところを逮捕された。

 高知容疑者は女優の高島礼子(51)の夫で、最近は芸能活動から遠ざかっていた。

 高知容疑者は93年に「高知東急」の名前で俳優デビュー。著名になった96年に、東京急行電鉄から「高知に東急が誤解を受ける」と不正競争防止法を根拠にした芸名使用停止を求めて訴訟を起こされ、敗訴。控訴することなく、現在の芸名に変更した。

 私生活では、90年にセクシー女優のあいだもも(46)と結婚し、96年に離婚。99年に女優・高島礼子と再婚した。同容疑者とあいだ、高島の間に子供はいない。

 2015年6月いっぱいで芸能界から引退し、パーキンソン病を患う義父(高島礼子の父)の介護に専念するように。また、今年5月には、神奈川県横浜市でエステサロン「エスクラ」をオープンしていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000117-spnannex-ent

【芸能】俳優・高知東生、秋にも芸能活動引退!妻で女優・高島礼子と難病の義父サポートに専念

2015年07月01日 09:40

 俳優の高知東生(のぼる、50)が引退することが30日、分かった。妻で女優の高島礼子(50)の父が患うパーキンソン病の介護や家庭のサポートのため、仕事にひと区切りをつけて高島の活動を支えるという。今秋公開予定の映画の封切りをめどに一線を退く予定で、すでに新たなオファーは断っている状態。愛妻家として知られる高知が、50歳の節目に新たな決断をしていた。

 関係者によると、高知は今年に入ってから俳優業に区切りをつけ、家庭に入ることを決断。NHKの紀行バラエティー「コロッケぱらだいす ごきげん歌謡笑劇団」(後8時)が9日に放送され、映画「忘れ雪」(ハン・サンヒ監督)は今秋公開予定だが、いずれも撮影を終えている。新たなオファーは受けずに高島と義父のサポートに集中していくとみられる。

 1999年に結婚して以来、高島と芸能界屈指のおしどり夫婦として歩んできた高知の「男の決断」だ。高島の父は2004年にパーキンソン病を患い、寝たきりの状態となった。当初は入院生活を続けていたが、04年末に自宅をバリアフリーに改装。高知も賛成し自宅介護に切り替え、10年以上介護を続けている。

 当初から義父を車に乗せたり、ベッドへの移動など、体力が必要とされる部分は高知が買って出ており、夫婦で協力して介護していた。しかし、高島は主演舞台や映画、レギュラーの旅番組など、仕事が相次ぐ売れっ子女優。稽古やプロモーション、撮影などのため、やむなく家を空けることも多かったが、高知は「嫁の芝居は世界一」と女優としての才能を誰よりも買っており、仕事は積極的に受けていくように勧めたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000007-sph-ent