FC2ブログ

【芸能】「離婚強制の証拠も!」“大麻”に揺れる女優・沢尻エリカ問題、エイベックスは「事実無根」の一点張り

2012年06月09日 16:47

「週刊文春」(文藝春秋)に、2週にわたって大麻使用の証拠を報じられた沢尻エリカ。離婚協議中の夫・高城剛氏も沢尻の大麻使用を認め、重ねて沢尻の薬物汚染を裏付ける前所属事務所スターダストプロモーションの「通知書」も出てきている。にもかかわらず、沢尻のマネジメントを手掛けるエイベックスは「事実無根」の一点張りで押し通そうとしている。

「いつものごとく“プッツン病”再発で無期限の芸能活動休止中の沢尻だが、主演映画『ヘルタースケルター』(7月14日公開)の公開を控えているだけに、大麻騒動が大ごとに発展し公開中止にでも追い込まれたら、エイベックスをはじめ製作に携わった各社は大打撃を受ける。そのため、エイベックスは各スポーツ紙やテレビ各局に『文春』の後追い報道を自粛させ、製作に携わった各社にも『事実無根』と説明し、なんとか事態を沈静化させている」(スポーツ紙デスク)

 「通知書」により、2009年9月に沢尻と契約を解除したスターダストだが、「文春」6月14日号は、同年12月に沢尻が代理人を通じ同社と交わした「合意書」で、芸能活動再開にあたり高城氏との離婚が条件に盛り込まれていたことを報じている。

 同誌によると、沢尻が芸能活動を再開する際に同事務所の関連会社がバックアップを行う場合の条件として、薬物検査の義務化、薬物使用・所持の禁止とともに「高城剛氏との間の婚姻関係が解消されていること」と盛り込まれているのだ。契約書に離婚についての文言を入れることについて、芸能プロなどの有料職業紹介事業者を所管する厚労省の担当者は同誌に対して、「(離婚の強制は)指導対象になる」とコメント。大手芸能プロとしてはあるまじき違法スレスレの行為だが、そこまでして高城氏を“排除”したかったようだ。

「高城氏と交際後、沢尻は高城氏の言うことしか聞かなくなり、事務所の意見に聞く耳を持たず。おまけに、高城氏は欧米でのタフな交渉を重ねて仕事をしているため、契約関係にはかなりナーバスで、沢尻のことについて事務所に意見するようになった。事務所としては、そのままだと沢尻を思うがままにコントロールできないので、最後の手段として契約書に盛り込んでしまったようだ。一方、エイベックスも同社が沢尻のマネジメントを手掛ける条件として高城氏との離婚を迫り、それを機に離婚騒動が勃発。高城氏は沢尻に離婚条件として『離婚騒動後に起こったことをすべて話すこと』と突きつけているが、それを話せばエイベックスの“仕掛け”もバレてしまうので、沢尻としてはその条件を呑むわけにはいかない」(週刊誌記者)

 沢尻にとっては夫であり、この上ないブレーンとなっていた高城氏だが、スターダスト・エイベックスの両社からしたら、目障りで仕方なかったようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/6641693/

【芸能】前所属事務所から離婚を“強制”されていた女優・沢尻エリカ

2012年06月08日 09:21

主演映画「ヘルタースケルター」(7月14日)の公開を控える女優の沢尻エリカだが、先週まで2週に渡り「週刊文春」(文藝春秋)が薬物検査で大麻について陽性反応が出たことを理由に専属契約を解除されていたことを報じ、沢尻が無期限の活動休止状態であるため公開が危ぶまれている。

 そんな沢尻について、発売中の同誌が前所属事務所から、現在も離婚騒動で渦中の夫でハイパーメディアクリエイターの高城剛氏との離婚を“強制”されていたこをと報じている。

 同誌はすでに、入手した09年9月末で契約解除された際の通知書について報じているが、同年12月に代理人を通じ、前所属事務所と合意書を取り交わしていたという。その書面にはギャラなどの残務処理などについて明記されているほか、沢尻が芸能活動を再開する際に同社関連会社が支援を行う場合の条件を提示。「薬物使用・所持の禁止」、「薬物検査に応じること」などとともに、「高城剛氏との間の婚姻関係が解消されていること」と半ば離婚を“強制”しているのだ。

 「沢尻は高城氏と09年1月に結婚したが、それ以前に高城氏と交際を開始してから、沢尻は事務所のコントロールがまったく効かなくなり、挙式・披露宴の取材対応なども高城氏サイドが仕切った。そのことに対して前事務所は不快感をあらわにし、素行不良の原因も高城氏になすりつける形にしたかったのでは」(芸能プロ関係者)

 契約書で離婚を“強制”することについて、芸能プロなどの有料職業紹介事業者などを所管する厚労省の担当者は同誌に対し「通常は(離婚の強制は)指導対象になる。芸能プロだからいいということではない」とコメント。

 裏を返せば、沢尻はそこまでしてマネージメントするほどの“商品価値”があったということか?

http://news.livedoor.com/article/detail/6636508/

【芸能】これが突然休養の真相だ!女優・沢尻エリカは大麻中毒(週刊文春)

2012年05月23日 19:28

約5年ぶりの映画主演復帰作「ヘルタースケルター」のPR活動をドタキャンし、「体調不良」を理由に突如、休業状態に入った沢尻エリカ。

だが、その“体調”は予想以上に深刻なのだ。週刊文春ではその真相を掴んだ。

小誌が入手したのは1枚の「通知書」。書面に記された宛先「高城エリカ」の名は、現在も高城剛氏と婚姻関係にある沢尻の本名だ。

送り主は、沢尻の前所属事務所スターダストプロモーションの代理人A弁護士。2009年9月29日付で、沢尻に「契約解除」を通知したペーパーである。

この書面には、これまで芸能界の“闇”に葬られてきた衝撃的な事実が綴られていた。

〈本解除は、平成21年9月10日に本人同意のもと薬物検査を実施したところ大麻について陽性反応が示され、本人は大麻使用の事実を認めた上で、
今後大麻の使用を止めることはできない旨を表明したことなどが、専属契約の第9条(1)に該当することによるものです〉

これは沢尻の“大麻中毒”を裏付ける決定的文書なのだ。小誌では、書面に押されたA弁護士の職印の真贋を過去の裁判記録と照合するなど、
様々な角度からペーパーを検証し、これが紛れもなく本物であることを確認した。

押尾学、酒井法子と芸能界の薬物事犯が続いていた当時、沢尻は薬物検査で“陽性反応”が出たにも拘わらず、本人は止める気がないと開き直ったのである。

そして沢尻の大麻問題は決して過去の話ではない。小誌は取材を進めるなかで、スペインの「大麻インストラクター」という一人の男に辿り着いた。

小誌はバルセロナに飛び、現地で彼を取材。「会うときは毎回必ずマリファナを吸った」など、驚くべき告白を聞いた。
そして、彼は人妻である沢尻とただならぬ関係にまで発展したという――。

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1340

【芸能】女優・沢尻エリカ、休業直前「うるせぇ!!」と鬼の形相で路上絶叫

2012年05月22日 09:40

5月15日、所属事務所から突然の休業が発表された沢尻エリカ(26)
4月30日放送の主演ドラマ『悪女について』(TBS系)は順調な視聴率を獲得。
そして7月公開予定の主演映画『ヘルタースケルター』も大きな話題を呼んでいる。
そんな彼女に、いったい何が起きたのか。所属事務所は、沢尻の病名を公表しなかったが、
“うつ状態”とも報じられている。

「精神のバランスを崩したように、急に不機嫌になったり、急に笑顔で喋りまくったり。
沢尻さんにこんな症状が出始めたのは、映画『ヘルタースケルター』を撮り終えた直後からだと聞いています」(芸能関係者)

だが実は、沢尻の“異変の現場”を本誌は目撃していたのだ。休業発表の約3週間前の4月下旬、
実家の近所のスーパーで食材や日用品を大量に買い込む沢尻を発見。
話を聞こうとした記者に気付いた沢尻は、いきなり速足で近寄ってきた。

「沢尻さん、すみません」と口にしたとたん、「名刺出せ!早く出せって言ってんだろ!」と
全く取り付くしまのないほど沢尻は激高。記者が口を挟む間もなく、
彼女は「うるせぇ!ウゼーんだよ!」とまくし立ててきた。

道行く人々も思わず立ち止まるほど往来の真ん中で絶叫する沢尻。表情はまさに“鬼の形相”だ。
やっとのことで“話を聞きたい”と伝えるも、「あたしの今の仕事について?そんなの関係ねえだろう!
うるせぇんだよ!!」と言いたい放題ぶちまけてきた。

しかし、ついさっきまで凄い剣幕だった彼女は本誌記者にクルりと背を向け歩き出すと、
なぜか呆気にとられるくらい上機嫌な様子に豹変。足取りも軽く、タクシーをつかまえて消えていった。
一瞬で激変した“感情の落差”は、驚くばかりだった。

調べてみると、本誌記者が路上で絶叫する沢尻と対面したのは、仕事をキャンセルし始めたのとほぼ同じ時期に当たる。
記者が目の当たりにした沢尻は確かに公の場に出られる状態ではなかったようだ……。

http://jisin.jp/news/2540/4074/

【芸能】女優・沢尻エリカまた休業、心身のバランス崩す

2012年05月15日 09:34

女優沢尻エリカ(26)が、再び活動を休止していることが14日、分かった。
7月14日公開の主演映画「ヘルタースケルター」(蜷川実花監督)でオールヌードや
激しいセックスシーンに初挑戦。エキセントリックな役柄にのめり込んだことも影響し、
撮影を終えた今月に入り、心身のバランスを崩してダウンしたという。

PR取材などもドタキャン。4年半ぶりの女優再開から、
わずか半年で再度の活動休止状態になった。今後の仕事もすべて白紙という。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120515-951063.html

【芸能】沢尻エリカ、自身初の1人2役で4年半ぶり女優復帰!

2011年11月29日 10:32

沢尻エリカが、携帯専用放送局BeeTVの新ドラマ「L et M わたしがあなたを愛する理由、そのほかの物語」に主演し、女優復帰を果たすことがわかった。「クローズド・ノート」(2007)以来の女優業について「約4年半、役者業から遠ざかっていましたが、そこで経験したこと、感じたこと、すべて演技に生かしていきたいと思います。私の新たな演技にご期待ください」とコメントを寄せている。

11月27日にクランクインした今作で、沢尻は自身初となる1人2役で女優活動を再始動する。2つの役を、同時に演じ分けていく難役だからこそ挑戦したいという思いがあったそうで、企画段階から参加。自らの恋愛感や価値観を積極的に役作りに生かしたといい、「スタッフの皆さんとともに脚本の段階から『いい女って何だろう?』と恋愛感について話し合い、衣装やメイクアップにいたるまで、制作からかかわらせていただいたことで、この作品への思い入れがクランクイン前から深まり、撮影を迎えられました」と並々ならぬ意欲をうかがわせた。

 「天使の恋」の寒竹ゆり監督がメガホンをとる今作は、見た目も性格も対照的な女性“エル”と“エム”を主人公に展開する、2つの物語から構成されたラブストーリー。「本当にいい女とは?」「自分の運命の人とは?」など、女性にとって気になる永遠のテーマに基づき、対照的な2人の女性を通して繊細な女心をリアルに描く。

 また、主人公のエル、エムの劇中衣装は、20代の女性に人気のファッション誌「sweet」(宝島社)、「GLAMOROUS」(講談社)による全面プロデュースが決定。それぞれのキャラクターに合わせて使い分け、沢尻が約50着におよぶ最新ファッションを着こなし、物語に彩りを添える。

 配信開始は2月1日。2つの異なるラブストーリーを同時に更新し、別々に進行する恋愛模様が後に絡み合い、ひとつのストーリーにつながっていくという新機軸を打ち出す。毎週月曜更新で、各12話。最終話は4月9日配信を予定している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111129-00000005-eiga-movi

【芸能】女優・沢尻エリカ、週刊誌に暴力団幹部との同席写真を掲載される

2011年10月18日 09:11

女優・沢尻エリカ(25)が暴力団幹部と撮った複数の写真を、
18日発売の写真週刊誌「フラッシュ」が掲載している。

 同誌によると撮られたのは04年の秋。当時、住吉会系の幹部だった男性と
銀座で飲んだときのツーショットのほか、六本木のクラブでハロウィーンパーティーの際に
女優の岩佐真悠子(24)と共に同じ男性と3人で撮った写真も載っている。

 所属事務所関係者はデイリースポーツの取材に
「過去の話で、現在はそのような交際はないと聞いている。
過去のこととはいえ、今後も厳しく指導していく」とコメントした。

http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/10/18/0004555815.shtml

沢尻エリカ 岩佐真悠子 ヤクザ幹部と制服コスプレ画像
http://phassy.net/nomake/1/news_405.shtml
http://phassy.net/nomake/1/news_406.shtml

【芸能】「沢尻エリカ殺害予告」警察が捜査中…高城剛氏ブログで明かす

2011年05月16日 09:12

女優・沢尻エリカ(25)の夫でクリエイターの高城剛氏(46)が16日午前0時過ぎに更新したブログで、
インターネット上で沢尻が殺害予告を受けている事件に関し、現在も警察による捜査が続いていることを明かした。

 沢尻への殺害予告は「2ちゃんねる」で今月3日に書き込まれ、通報を受けた埼玉県警から高城氏の事務所に連絡があった。
また16日は、沢尻が離婚届を提出できる“Xデー”としていたが、離婚について触れていない。

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110516-OHT1T00037.htm

【芸能】高城剛氏「(沢尻)エリカが、もし事実を公表しないのであれば、5月16日以降に実名を挙げ、エリカから聞いたすべてを公表します」

2011年03月02日 09:02

ハイパーメディアクリエーターの高城剛氏(46)が、妻で女優の沢尻エリカ(24)の会見から一夜明けた1日、
「エリカがもし(離婚騒動の)事実を公表しないのであれば、5月16日以降に実名を挙げ、
エリカから聞いたすべてを公表します。未練は全くない」と訴えた。
「離婚の意思合意を翻す可能性は?」と聞かれ「当然です」と強調した。

 高城氏はこの日、沢尻が前日に否定した「黒幕」の存在も強調。
09年1月の結婚後「高城は金に汚い」などと沢尻に伝えた人物がいるとし、
「そのうちの1人は俳優」とした。その人物からは同年末に謝罪されたというが、
10年1月以降に、沢尻のCM製作に関わった別の人物も「黒幕」になったという。

 沢尻からは実名と、誹謗(ひぼう)中傷の内容も聞いたという。
高城氏は「僕自身が営業妨害されて一番困っている。
去年1年、断られた仕事は億単位。単純な離婚問題じゃない」と憤った。
その上で「できればすべてを話して、卒業シーズンに卒業していただきたい」と話した。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110302-742950.html

【芸能】沢尻エリカとその兄が体調不良で寝込んでいる高城氏の母(78)が住む実家に乗り込んだ・・・高城氏の妹は「迷惑な行為」と法的措置も検討

2011年02月25日 09:02

女優で歌手の沢尻エリカ(24)が24日、夫のハイパーメディアクリエーター高城剛氏(46)の実家を、
兄と2人で押しかけたことが分かった。

 関係者によると、沢尻の兄から高城氏の母(78)に、「エリカを連れて説明にいく」と電話連絡があった。
同氏の妹は、訪問を拒否して母を連れて外出したが、沢尻は強引に訪問。
たかの友梨新CM会見が28日に行われる4日前に、何らかの主張をしたかったのではとみられる。
同氏の妹は法的措置も検討しているという。

 関係者によると、この日、体調不良で寝込んでいる高城氏の母の元に、
沢尻の兄から「これからエリカを連れて説明にいく」と電話が入った。
同氏の妹は急きょ出先から戻り、母を実家から連れ出したため、沢尻の訪問は空振りに終わった。
帰宅後、高城氏の実家の留守番電話には、訪問した旨のメッセージが残されていた。
高城氏の妹は、沢尻の訪問について周囲に「迷惑な行為。法的手段も辞さない。沢尻家に対して弁護士を立てる」などと話している。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110225-741005.html