【芸能】歌手・安室奈美恵、紅白大トリ確実!結婚、出産、復帰…節目ともにした特別な場所!

2017年09月21日 10:03

 安室奈美恵(40)が来年9月16日での引退を発表したことを受け、大みそかの「NHK紅白歌合戦」に集大成の大トリ出場を果たすことが確実になった。9回連続出場となった03年以来、14年ぶりの大舞台が劇的引退の記念碑となる。

 安室は95年「NHK紅白歌合戦」に初出場。ロングブーツ、ヒョウ柄など若い女性を中心にした“アムラー”旋風とともに、瞬く間に年末の顔となった。

 産休を控えた97年は紅組トリで「CAN YOU CELEBRATE?」を歌唱。翌98年の紅白では同じ曲で公の場に復帰を果たし、歌手別最高の瞬間視聴率64・9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。関係者は「安室にとって紅白は大ブレークから結婚、出産まで、人生の節目をともにした存在」とその特別さを語る。

 以後、03年まで毎年出場を続けることになるが、02年にZeebra(46)らと組んだプロジェクトをきっかけにR&Bやヒップホップ志向を固めた安室は、04年からは紅白をシンボルとした日本のミュージックシーンから、明確に一線を引くことになる。

 日本の中でのトップシンガーから、ビヨンセ(36)やクリスティーナ・アギレラ(36)ら、世界に通用する歌って踊れる「ディーバ」への飛躍を明確な目標とし、以降は事務所からの独立をはじめ、信じた道へと歩みを進めてきた。

 そんな安室が、昨年のNHKリオ五輪・パラリンピックのテーマソング「Hero」を手掛けたときに取り沙汰され始めたのが、40歳での引退だった。「五輪テーマの提供は、日本と世界との懸け橋に足る存在になれたという自負」と関係者は語る。それでも昨年、NHKの三顧の礼にもかかわらず、安室は紅白の舞台を踏まなかった。そこには「本当に、思い入れの舞台に立つのは来年と、心に誓っていたのでは」とNHK関係者は証言する。

 NHKは、引退がホームページで告知されるのとほぼ同時に真っ先にニュース速報を流した。これから1年、あらゆる集大成を遂げる道程に紅白はある。今年が歌手として最後の大みそか。「伝説の歌姫」となる中で、安室が出るべき場所は「大トリ」しかない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000073-spnannex-ent

【芸能】「MAX」NANA、引退の安室奈美恵にメッセージ!「尊敬と感謝 心からありがとう」

2017年09月21日 10:02

 女性グループ「MAX」のNANA(41)が21日、自身のブログを更新し、来年9月16日をもって芸能界引退することを20日に電撃発表した歌手の安室奈美恵(40)にメッセージを送った。

 NANAと安室はともに沖縄アクターズスクール出身で、1992年に5人グループ「SUPER MONKEY’S」としてメジャーデビューした。「☆Respect☆」のタイトルでブログを更新したNANAは「SUPER MONKEY’Sとしてデビューが決まり25年前に一緒に上京してきた奈美恵」と書き出し安室への思いを吐露。「デビュー当時、子供ながらに色んな事に悩んで励まし合って時にはぶつかって、泣いて笑ってとても濃く、充実した楽しい想い出ばかりです」と振り返った。

 「エンターテイナーとして一人の女性として自分らしい生き方。どんな時も前を見てどんどん先へ進んで行く姿に尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです!!」とつづり、「心から。。。ありがとう」と旧友へ感謝のメッセージ。1年後の引退の日へ向けて「私ながらにこの一年精一杯、応援していきたいと思います」と思いを記した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000083-spnannex-ent

【芸能】歌手・安室奈美恵、来年に引退と発表!「私らしく2018年9月16日を迎えたい」

2017年09月21日 10:00

 歌手、安室奈美恵が40歳の誕生日を迎えた20日、自身の公式ホームページで来年9月16日をもって引退することを発表した。

 安室はこの日、「ファンの皆様へ」というタイトルで、ホームページに声明をアップ。「ファンの皆様、いつも応援していただきありがとうございます。先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に心から感謝しております。ありがとうございます」と冒頭で感謝の言葉をつづった。

 続けて「今日は、私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います」と切り出すと、「わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます」と、芸能界からの引退を発表した。

 そして、「引退までのこの1年 アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます」と意気込みを語り、「そして、私らしく2018年9月16日を迎えたいと思います」と締めた。

 最後に「皆様、安室奈美恵の最後の1年を、どうぞよろしくお願い致します 安室奈美恵」とつづった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000564-sanspo-ent

【芸能】西内まりや、平山あや、小西真奈美…“消えた女優”たちは今!

2017年09月20日 10:32

 表舞台からすっかり姿を消してしまった西内まりやが、米・ニューヨークのファッションショーに来場していたことが話題になっている。レコード大受新人賞受賞から、ドラマ・映画主演と、事務所によるゴリ押しぶりがネット上で批判にさらされていた西内だったが、いまやSNSでの情報発信すら行わなくなったことで、一部ネットユーザーからは“消えた女優”扱いされている状況だ。スキャンダルにより、芸能界での活躍の場を失う者は少なくない中、今回は“干された”わけではないのに、“消えかけている”女優について調査した。

 西内は、今年1月期の月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)主演し、大爆死を喫した後、目立った活動は一切なく、公式Twitterなど、SNSの更新もストップした状態だった。

「そもそも月9主演は、出演者が発表される直前にオファーを受けたことを、西内自ら明かしています。本来であれば、この時期は語学留学のため海外にいたはずだったのに、急きょ出演が決まったため取りやめた……という話でした。月9主演という大仕事を終えた後に、晴れて海外へ向かったということなのかもしれませんが、SNSの更新までやめるのは、『仕事が嫌になったのでは』と疑問を抱かずにはいられません。実際に、交際報道があったモデル・呂敏のせいで仕事を軽視するようになった、ゴリ押しバッシングでやる気を失ったなど、諸説飛び交うこととなりました」(スポーツ紙記者)

 ちなみに西内の所属事務所・ライジングプロダクションは、稼ぎ頭の安室奈美恵が、2015年に他事務所へ移籍。また平愛梨も、結婚後は芸能活動をセーブしており、さらに先日、元SPEED・上原多香子の不倫騒動も勃発している。

「ライジングとしては、なんとしても西内の活動再開に期待したいところでしょうが、帰国がいつになるのか、本人が現在も再始動を考えているのか、不明確な点ばかりとなっています。このまま“消えた女優”になる可能性もありますよ」(同)

 1990年代後半からグラドルとして活動を始め、主演を含む数々の連続ドラマに出演した平山あやも、いつしか“消えかけ女優”となってしまっている。

「今年は、嵐・相葉雅紀主演の月9『貴族探偵』(フジテレビ系)にゲスト出演など、完全に引退したわけではないものの、ドラマにせよバラエティにせよ、出演は激減。一昔前のホリプロは、平山の営業に関して、類を見ないほどの情熱を見せていただけに、なぜこんな状況に陥ったのだろうか、と不思議がっている関係者も多いのでは。当時のような営業を続けていれば、平山は、現在の深田恭子や綾瀬はるかに並ぶようなポジションになっていたはず」(芸能プロ関係者)

 小西真奈美も、なぜ消えかけているか真相が不明な女優の1人だ。

「一時期はドラマ主演、映画主演と超人気女優だったものの、現在では年に数回、ゲスト出演があるかどうかというレベルに。ネット上では『福山雅治との熱愛で干された』とささやかれていますが、マスコミ関係者の間では、“ガセ”とされています」(週刊誌記者)

 10年、一部週刊誌が「小西と福山が結婚へ!」と報じたことで、両者は交際をウワサされることに。

「当時、小西が関係者に発送した、ある“招待状”に関して、『福山との結婚式の招待状なのではないか?』といったウワサが流れたんです。それを週刊誌が記事化したものの、実際には、まったく関係のないパーティーだったといわれています。この一件が原因で干されたとなれば、それはそれで事件ですが、実際に小西が活動の場を失っているのは事実。所属事務所を転々としているところをみると、小西自身になんらかの問題があるのではと思われますが」(同)

 彼女たちは、今後も“消えた女優”予備軍を続けるのか、もしくは起死回生を狙っているのか――。

http://news.livedoor.com/article/detail/13632284/

【芸能】女優・鈴木砂羽“土下座降板”だけじゃない!共演者凍った激昂騒動!

2017年09月20日 10:28

「今年2月にうちの事務所が主催した舞台が増席するほど好評で、そういう舞台がやりたいと脚本家の江頭美智留先生から相談がありました。そこでうちの女優2名をお貸しするかたちで始まった話でした。看板となる女優が欲しいという話をしたところ、江頭先生が『最近、鈴木砂羽さんからメールが来る』と話していたので、『それなら主演は鈴木さんでいいじゃないですか』ということになった。鈴木さんは主演を受けてくれたのですが、演出も自分でやりたいと言い出して……」

そう語るのは、鈴木砂羽(44)の演出・主演舞台『結婚の条件』を降板した鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が所属する事務所の関口忠相社長だ。鈴木は並々ならぬ情熱をこの舞台に注いでいたという。

「鈴木さんは今回が舞台初演出。彼女は以前から、来年には自身のプロデュース公演をしたいと公言していました。今作をその足掛かりと考えていたようです」(演劇関係者)

だが、その“やる気”は時に空回りしているかのように見えたという。

「舐められたくないという思いが強かったためか、舞台の稽古初日から威圧的に見えました。8月初頭に、本読みが始まったのですが、鳳さんと牧野さんは9月から始まるネットドラマの撮影のために、稽古に来られないことがあった。ここで甘い顔を見せてはいけないと考えたのではないでしょうか」(前出・演劇関係者)

関口社長は、当初から鈴木の演出家としての手腕に疑問を抱いていたという。

「演出経験の少ない鈴木さんは、自分が連れてきた女性演出助手に頼りっぱなしでした。一方の演出助手は鈴木さんの言いなり。演出助手が『食えない劇団員のために鈴木砂羽が演出してるんだから』と、ウチの女優も含めてみんなの前で言ったときにはびっくりしました」

鈴木は稽古で、“女王”のように振る舞っていたという。

「初日が近づくにつれて、イライラが激しくなってきて。鳳さんと牧野さんに『何で役の心情がわからないかなぁ!』と、よく怒鳴っていました」(前出・舞台関係者)


鈴木は以前から、許せないことがあると激昂する癖があったと語るのは芸能関係者だ。

「鈴木さんはプロ意識が高いぶん、いい加減なことが許せなかったようです。ある連続ドラマの制作発表で、出演者の控室が全員同じ大部屋だったことがあったんですが……会見が終わり、控室に戻ると鈴木さんのバッグが置きっぱなしになっていたんです。すると付き人を控室の外に呼び出して、『盗まれたらどうするのよ!』と怒鳴っていました。ミスだとしても、そこまで怒鳴ることかと、共演者たちは凍り付いたと」

舞台への強い“情熱”と“激昂癖”。両者が重なり合い、共演者との軋轢を生んでしまったのかもしれない。

http://news.livedoor.com/article/detail/13635350/

【芸能】女優・大島優子、先月渡米しNY留学!期間は1年、語学と本場のエンタメ学ぶ

2017年09月20日 10:20

 元AKB48の大島優子(28)が語学留学のため、米ニューヨークに渡航したことが19日、分かった。

 AKB48総選挙では2度女王に輝き、2014年6月の卒業後は女優として活躍している大島が、さらなる飛躍を目指して海を渡っていた。

 複数の関係者の話を総合すると、大島は先月に渡米しており、期間は約1年になるという。NYでは語学勉強に加え、エンターテインメントの本場、ブロードウェーの雰囲気を肌で感じながら表現者として刺激的な生活を送ることになる。

 大島は7月2日に仙台市で行われたファンミーティングで「人生チャレンジということで、海外に行きます」と宣言。卒業後は多忙の合間を縫い、積極的に海外旅行に出かけており、昨年7月のツイッターでは留学先であるNY訪問を報告。「毎日濃い生活を送ってます!」と充実感をつづり、今回の決断につながったようだ。

 大島は11月スタートでWOWOWと動画配信サービス・Huluが共同制作した連続ドラマ「コートダジュールN°10」(放送枠など未定)に出演するが、撮影はすでに終了。大島側は留学を視野に9月以降は仕事をセーブしており、8月中にテレビ番組(放送日時未定)の海外ロケも終えたという。

 所属事務所はサンケイスポーツの取材に、渡航について「スケジュールを調整して決まった。1人の女性として見聞を広げるためです」と認めているが、渡航場所や時期については「プライベートについては、お答えできません」としている。

 常に前向きで努力家な大島だけに、人間・表現者として刺激を受け、さらなる成長を遂げるに違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000501-sanspo-ent

【芸能】稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がSNS開設を前向きに検討!

2017年09月20日 10:18

 ジャニーズ事務所から独立した元SMAPの稲垣吾郎(43)草なぎ剛(43)香取慎吾(40)が、ツイッターやインスタグラムなどのSNS開設を前向きに検討していることが19日、分かった。

 3人の代理人を務める弁護士が、日刊スポーツの取材に書面で回答した。「SNSの開設については、現在3人と前向きに検討していますが、具体的にはまだ決まっておりません」と答えた。

 ジャニーズ事務所のタレントは基本的にSNSの公式アカウントなどを所有していない。元SMAPの3人も同様で、ファンクラブサイトなどを除き、インターネットを通じてメッセージを発信することはほとんどなかった。独立に伴い、SNS“解禁”の方向で話が進んでいるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00007295-nksports-ent

【芸能】ピースの又吉に触発!タレント・ビートたけし、初の恋愛小説を出版!「本当に大変だった」

2017年09月20日 10:17

 タレントのビートたけし(70)が19日、都内で行われた自身初となる恋愛小説『アナログ』(22日発売 新潮社)出版記念取材会に出席。同書の執筆にかなり苦労したといい「映画だったら、映像で3秒だけで表現できることが、言葉にするとあらゆることを説明しないといけなくなっちゃうから4ページくらいになって、そこが本当に大変だった」と明かした。

 芥川賞を受賞したピースの又吉直樹に触発されて、小説に取りかかったというたけしだが「又吉が書けるなら、オレも書けると思っていたんだけど、実際にやってみたらとんでもねーなって感じだった。やっぱり映画の方が圧倒的に得意だなって思って、そこがジレンマだったね」と本音をポツリ。そんなつらい執筆の支えになったものを聞かれると「やっぱり、又吉とか作家連中に対する恨みつらみだね」と笑わせた。

 タイトルに込めた思いについては「デジタルとかスマホとか嫌いで、あれってIT業界が世界中の奴らに手錠をかけたって思っていて、それによってお金の流れとか行動が規制されるようになった。便利なことは便利なんだけど、そんな風にお金を搾り取るシステムになっていて、それによって中間層っていうのがいなくなって、2極化が進んだんじゃないかな」と力説。

 ノートに必要な要素を手書きしながら執筆にあたったようで「映画の脚本と一緒で、設定を決めて書いていった。喫茶店が出てくるんだけど、実際にあるところじゃないから、その内部を説明するために自分で喫茶店の絵を描いてみたりした。言葉だけで表現するにはそこまでしないといけないから本当に作家って難しいよな」としみじみ。「書いていて感じたけど、漫才と小説は本当に正反対。漫才は5分って時間が決まっているけど、小説は制限がないから」と言葉に力を込めた。

 フジテレビ系長編特別番組『FNS27時間テレビ にほんのれきし』の総合司会、自身が手がけるシリーズプロジェクト「アウトレイジ」最新作の公開と、今年に入ってさらに精力的に活動を行っているが「今年はよくやったよ…」とかみしめるように話し、「本当はやらなくてもいいんだけど、やっぱり自分に負荷をかけないといけないと思っているし、新しいことをやれなくなるのが怖いから、チャンスをくれるんだったらやりたいなと思います」と自身の哲学を語っていた。

■『アナログ』のあらすじ
「お互いに会いたいという気持ちがあれば、絶対に会えますよ」。すべてがデジタル化する世界で悟とみゆきが交わした、たったひとつの不器用な約束。素性も連絡先も知らないまま、なぜか強烈に惹かれあう2人の「アナログ」な関係が始まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000333-oric-ent

【芸能】香取慎吾『スマステ』最終回…「ゲスト山本耕史」に隠された裏事情とは?「友人の少なさ」が今後の仕事にも影響か

2017年09月19日 10:18

 元SMAPメンバーの香取慎吾が司会をつとめる『SmaSTATION!!』が9月23日に最終回を迎える。ゲストは香取が主演した大河ドラマ『新選組!』での共演以来「親友」となった俳優の山本耕史ということで古くからの香取ファン・スマステファンから大きな注目を集めているという。

 ところがファンの盛り上がりとは別に芸能界の一部では今回の最終回ゲストは様々な事情があり「なし崩しに」山本耕史になったのではないかと予想されている。山本耕史は香取慎吾の芸能界唯一の親友であるが、山本はデビュー以来、特定の劇団や芸能事務所に籍を置かないフリー(個人事務所)の立場を貫く珍しいタイプの俳優。一方の香取は大手であるジャニーズを退所して現在はフリーの芸能人ということで「他の大手事務所の芸能人を呼びにくかったのではないか」との話もあるという。

 とある芸能雑誌の記者はこう語る。

 「SMAP脱退組の3名については退所前から個人が担当していた冠番組の一部はジャニーズの計らいで打ち切りこそなりませんでしたが現場の責任者としてジャニーズの社員が脱退組に同行することが決められています。これは監視の意味もあるのですが番組ゲストなどのキャスティングについてはもちろんジャニーズも一枚噛みますのでフリーの俳優である山本耕史は無難な選択だったと言えます。もちろんファンとしては『スマステ』準レギュラーである木村拓哉、草なぎ剛、稲垣吾郎のそろい踏み画のほうが見たかったとは思いますが…」

 また、前述の通り香取慎吾には芸能界の友人が非常に少ないのだが、この友達の少なさが今後の芸能活動に大きな影響を及ぼすのではないか、と懸念されている。

 「フリーの芸能人は事務所に所属していない分、横のつながりが大事になります。それこそ大物俳優や売れっ子芸人、大物プロデューサーやディレクター、はたまた若手放送作家に至るまで企画会議上で頻繁に名前が出ないと仕事すら振られません。現在、脱退組には営業担当がいないのでタレント自身が局を回って名刺を配らないといけません。人見知りで友達も少ない香取慎吾には少し厳しい状況かと思われます」(前述の芸能雑誌記者)

 40歳になって独り立ちした香取慎吾。やはり今後は茨の道か…。

http://news.livedoor.com/article/detail/13630251/

【芸能】歌舞伎俳優・中村七之助、恋人と極秘婚前旅行!目撃された驚きの急接近ぶり

2017年09月19日 10:16

「こんなところに七之助さんがいるなんて思わなかったので、びっくりしました!しかも彼女さんもいっしょで……。帰り際にはしっかりと手まで繋いでいて、とても仲がよさそうでした」(居合わせた客)

8月27日に八月納涼歌舞伎の千秋楽を迎えた中村七之助(34)。1日3公演を約3週間という超過密スケジュールを乗り切った彼は、“意外な場所”にいた。9月9日、沖縄県の南にある波照間島で目撃されていたのだ。

波照間島とは、日本最南端の有人島。透き通るような波照間ブルーの海や南十字星が見られる満天の星空が人気のリゾート地だ。石垣島から高速船で約1時間かかる「日本の果て」の孤島とあって“お忍びデート”には持ってこいの秘境スポット。七之助はそこに彼女と “婚前旅行”へ出かけていたという。

「お二人ともサングラスをかけていましたが、人気も少ないとあってかなりラブラブでしたね。私が朝イチの船に乗って行ったらもういらっしゃったので、昨晩から泊まっていたようです。お店でのやりとりは彼がしていて、彼女はそれを嬉しそうに見つめていました」(前出・居合わせた客)

七之助が連れていた彼女とは、14年8月に写真週刊誌『FLASH』で交際を報じられたAさんだ。今年8月には、八月納涼歌舞伎の公演合間にAさんのもとへ駆けつける七之助を本誌が目撃。たった30分間だけでも逢いに行くほどの“本気ぶり”に、梨園関係者からも「恋多き男もいよいよ年貢の納め時か」と驚きの声があがっていた。

交際発覚から早や3年、いつもそばで支えてくれる彼女を労いたいという思いもあったのだろう。七之助はこの“婚前旅行”をAさんといっしょに決めたという。

「Aさんは七之助さんと付き合ってから、彼の公演に足しげく通うようになりました。今回の旅行でもしっかりとサポートしていましたし、梨園妻になろうと頑張っているのではないでしょうか。周囲からは『あんなに遠くまで行かせるなんて……。台風とか大丈夫なのかしら?』と心配する人もいます。でも七之助さんは『結婚相手くらいは自分で決めたい!』と意を決しているようです」(梨園関係者)

http://news.livedoor.com/article/detail/13630164/